疑問 男性

WEB・ITの世界って仕事がきついし給料も少ない…よりよい環境や待遇の企業に転職したいなぁ…

女性

それならエンジニアの正社員転職に特化したエージェント、レバテックキャリアに登録してみてはいかがでしょうか?

エンジニアとクリエイターに特化していながら、魅力的な求人や業務委託案件を豊富に抱えているので、希望に合った仕事を見つけられるのかもしれません。

ここではITやWeb業界からも人気の高いレバテックキャリアの強みや特徴を紹介します。

⇒レバテックキャリアの公式サイト

レバテックキャリアの評判と感想は?

キャリアアップの満足できる転職を実現!Aさん(年齢:20代 性別:男性 職種:クリエイター/正社員)

おすすめ度:★★★★★
IT業界でキャリアアップが図れる転職をしたいと考え、転職エージェント選びにはかなり迷いましたが、求人の質が高そうだったことと、将来フリーランスとして独立する可能性も考慮し、レバテックキャリアを選ぶことにしました。
レバテックは自分の期待通り、大変条件の良い求人案件を多数紹介してくれましたね。しかも「もし本人が希望するなら○○○万円まで年収アップを考えても良い」といった求人情報だけでは得ることができない「ここだけの話」もたくさん聞けましたから、とても納得度の高い転職活動ができました。
おかげで年収では100万円以上アップし、しかも社員のリフレッシュにとても気を使ってくれる企業なので休暇もしっかりととれるようになりました。
しばらくは社員を続けるつもりですが、数年後にはフリーランスとして独立することも考えています。
その際はまたレバテックキャリアを利用するつもりですよ。
男性

すごく満足しているようだね。でもどうして、この人は「フリーランスとして独立も考えた」という理由でレバテックキャリアを選んだのかなぁ?

ポイント 女性

レバテックキャリアは「レバテック」というIT・WEBのエンジニアやクリエイターに特化したエージェントのサービスのひとつ。レバテックはこの他にもあらゆるサービスを手がけていて、その中にはフリーランス専門のエージェントもあるんですよ。

転職・派遣・フリーランス案件まですべて網羅しているレバテックだからこそ、IT業界の求人にずば抜けて強いんです。

レバテックキャリアのメリット


疑問 男性

IT系のサービスなら他にもたくさんありそうだけど…
レバテックキャリアのメリットって一体どんなところ?

ポイント 女性

IT業界やエンジニア関係の転職支援サービスを行っている企業は少なくありませんが、レバテックキャリアはレバテックキャリアにしかできないサービスがあるんです。
順を追ってご説明いたします。

レバテックキャリアならエンジニアやクリエイター転職に100%特化!

ポイント 女性

レバテックキャリアの最大の特徴は100%エンジニアやクリエイターに特化しているという点。

登録者には専門のコンサルタントまたはアドバイザーがつきますが、彼らはIT業界に精通したテクニカルカウンターであり、求人の紹介だけでなく詳しい仕事内容の説明もわかりやすく話してくれると評判です。

IT業界は専門用語やIT特有のスキルが必須であることが多く、知識がなければ話が通じないこともあるので、カウンセラーの知識が豊富であるとスムーズに意思の疎通が取れそうですね。

またレバテックキャリアのコンサルトは年間3,000件もの現場訪問を行っていて、IT業界全体や企業ひとつひとつの内情を細かく周知しています。
経験豊富であるため企業や人を見る目も確かで、自分に合った求人や企業や業界の裏事情を教えてもらうことができるでしょう。

レバテックキャリアなら転職がスピーディーに!

担当者からの連絡を待ったり、コンサルタントとの予約を取るのに時間がかかったりして転職活動がずるずると長引いてしまうことは少なくはありません。
レバテックキャリアでは転職活動のスピード感を重視していて、登録者にはすぐに案件を紹介し、書類提出や面接の日時取り決めまでをスピーディーに行ってくれると評判です。
最短9日で転職に成功した人がいるほどです。

ポイント 女性

転職活動にあまり時間をかけられない人や、モチベーションを長く維持できないという人も、レバテックキャリアを利用すれば短期間集中で転職先を見つけられそうですね。

レバテックキャリアなら「特別推薦状」を用意してくれる!

レバテックキャリアに登録した後は、コンサルタントやアドバイザーから求人案内を受け、応募を決めたら書類選考、面接試験、企業によっては筆記試験を受けなければなりません。
この際にはもちろんコンサルタントが書類の書き方や面接の模擬練習を行ってくれますが、それ自体は転職支援サービスとしてはよくあるサービスです。
レバテックキャリアでは応募企業によりよい印象を持ってもらうために、応募者の長所や採用するメリットを記載した「特別推薦状」を企業に渡しています。
第三者からの推薦があると合格率はぐっと高くなります。

ポイント 女性

「少しぐらい面接で失敗しても、特別推薦状が自分の良さを伝えてくれる」と考えれば気持ちにゆとりが出来ますよ。
自己アピールが苦手な人やあがり性の人も多少はリラックスして試験にのぞめるでしょう。

レバテックキャリアなら未経験でもサポート体制は万全

エンジニアやクリエイターというと高い専門知識が要されると思われがちですが、レバテックキャリアでは実務経験皆無の人が転職に成功したという評判があります。

女性

成功した理由には4,000社以上にのぼる成功実績から生み出した万全のサポート体制にあります。

求人の中で初心者OKの仕事を案内し、入社前に少しでも知識や技術を身に着けられるような指導を行っています。
レバテックキャリアのWebサイトからは経験年数や希望言語を入力すれば求人や業務委託案件を探し出すことができます。
自分のキャリアに合った求人や業務委託案件にはどのようなものがあるのか一度検索してみるとよいでしょう。
自分の市場価値を測るのにも有効です。

レバテックキャリアの求人は種類も内容も豊富

IT業界と結びつきの強いレバテックキャリアには非常に多くの求人や業務委託案件がそろっています。
誰もが知っている国内大手企業から外資系企業、最近注目されているベンチャー企業まで幅広く、仕事内容も千差万別です。
業務委託案件も少なからず存在するので、在宅で働きたいという人や、育児中で時短勤務したいという人も登録してみる価値があります。

女性

インターネットで閲覧できる求人案件はほんの一部で、実際には非公開求人が大部分を占めています。どんな求人があるのかを知るために、ぜひ登録してみましょう。

後々使うのかも?イベントスポンサー制度に注目!

【イベントスポンサー制度とは?】

他の転職支援サービスではなかなか見かけないレバテックキャリア内の制度に「イベントスポンサー制度」があげられます。
イベントや勉強会を開きたいと考えるクリエイターやエンジニアにレバテックキャリアが場所や協賛金を提供するという制度です。

自分の作品や活動内容を発表したいと考えるクリエイター・エンジニアは非常に多いので、この制度は大変魅力的ですね。
東京・渋谷ヒカリエにあるレバテックキャリアのオフィスを借りられるので、関東圏在住の人にはぴったりです。
活動内容をFacebookなどのSNSで広報してもらえるので、自分の活動を広く知ってもらうことができるでしょう。

レバテックキャリアはITやWeb業界の中で最大級の規模を誇りますが、求人数に対して登録者が少ないのが現状です。
ということは今から登録すれば、掘り出し物の案件やみんなに知られていない好条件の仕事を見つけられる可能性が高いということです。

男性

よりよい職場環境を求めている人や、エンジニアやクリエイターに転身したいと考えている人は、ぜひオンライン登録から始めてみよう。

⇒レバテックキャリアの公式サイト

レバテックとは?

en9

男性

ここからはレバテックキャリアをはじめ、他にもいろいろなエンジニア向け求人サービスを展開している「レバテック」についてみていこう。

レバテックの運営会社「レバジーズ」について

レバテックを運営しているのは。レバレジーズ株式会社という会社で、2005年に設立後IT関連を中心とした人材紹介や派遣事業で着実に成長を遂げている企業です。

(同社が取得している職業紹介、人材派遣許可番号)

check-c081有料職業紹介事業許可番号(13-ユ-302698)

check-c081労働者派遣事業(派13-302333)

現在東京本社を軸に福岡や札幌など全国に10ヶ所の拠点を有し、更にはベトナムにも支社を構えグローバルな事業展開に取り組んでいます。

株式会社レバレテージが運営するレバテックと呼ばれるサービスは「キャリア」の他にも「フリーランス」「クリエイター」「ビギナー」「エキスパート」というサービスがあり、どれもWEB・IT業界のエンジニアやクリエイター求人に特化しています。


疑問 男性

いろいろありすぎてごっちゃになるよ。結局、レバテックキャリアは何のサービスなの?

レバテックのエージェントサービスその他一覧

サービス名 対象 勤務形態
レバテックキャリア IT・WEB 全般 主に正社員求人
レバテックエキスパート エンジニア・クリエイター(ハイクラス・高年収) 主に正社員求人
レバテックフリーランス IT システムエンジニア・プログラマー フリーランス・派遣
レバテッククリエイター WEB・ゲーム クリエイター・デザイナー フリーランス・派遣

レバテックビギナー

エンジニアを目指す未経験者 スクール紹介
ポイント 女性

この一覧を見ていただけるとお分かりになると思いますが、レバテックキャリアはIT・WEB業界でも特に「正社員」の転職に特化しているのです。

レバテックの実績

ではレバテックの実力について主に数字の面から確認してみることにしましょう。

check-c081フリーランス登録者数:約3万6千名(2016年5月現在)

check-c081エンジニア、クリエイターの非公開を含む正社員求人案件数:5千件以上(2016年11月現在)

check-c081フリーランス向けの非公開を含む案件:4千件以上(2016年11月現在)

 

このようにIT業界のエンジニア、クリエイターという専門業界・職種に特化されているにも関わらず、多数の求人や業務依頼案件が寄せられていることがわかります。

転職サイトで求人検索を行うと「IT業界」で絞ったとしても検索結果に「営業職」や「SE」、「事務職」なども含まれてくるため、効率的ではないといった場合が多々あります。

その点でレバテックは正真正銘エンジニア、クリエイターに特化された数千件以上の求人や仕事の依頼の中から自分に合った仕事や転職先を選びだすことができます。

レバテックの強みやメリット

meレバテックの強みは数の豊富さだけではありません。

レバテックには次のような強みや利用者のメリットがあります。

IT知識が豊富なコンサルタントのきめ細かな支援

IT業界でエンジニアやクリエイターとして活躍している方々へ仕事や求人の紹介を行う上で、その仲介役となるコーディネーター(フリーランスの方へ仕事の紹介を行なう担当者)やコンサルタント(就職、転職支援を行なう担当者)がIT業界の実情やITに関する知識が疎いようでは、利用される方々の職務上の要望などに的確に応えることはできません。

その点でレバテックは高度なIT知識を有する人材がコーディネーター、あるいはコンサルタントとして利用される皆様方の支援や相談に応じます。

そのため、利用者の皆様はいちいち用語解説や言語の説明を求められる心配がなく、専門用語を遠慮なく交えて自分の希望や条件を伝えたり、相談に乗ってもらえたりできます。

「フリーランスになりたい」という悩みにも対応

冒頭でお伝えしたとおり、レバテックは転職エージェントとしてだけでなく、フリーランスの方々に対する仕事の斡旋や仲介においても豊富な経験や実績を有しています。

そのため、レバテックならば転職に関する相談は勿論のこと、例えば

check-c081フリーランスとして独立するか迷っている、どうすれば良いかわからない

check-c081現役フリーランスだが将来に不安がある

check-c081フリーランスとしてキャリアップを図りたいがなかなか上手くゆかない

check-c081現在フリーランスだが正社員に転向したい

等々、フリーランスに関する多様な相談にも対応してくれます。

つまり、エンジニアやクリエイターの方々がレバテックを利用すれば、転職だけではなくフリーランスとしての独立を含めた多様な選択肢や可能性を探ることができるということです。

年間3千回という取引先訪問で培った豊富な企業情報

レバテックが特長としてもう一つ強調している点が、コーディネーターやコンサルタントの「企業訪問回数」で、その回数は年間3千回以上にのぼります。

豊富な求人件数を誇っている大手求人サイトの中には、取引先企業とはメールと電話でのやり取りしか行なっていないという場合も少なくありません。

その点でレバテックは実際に取引先企業へ訪問し、直接企業側の意向や考え、あるいは要望や悩みなどを直に聞いた上で利用者の方々に紹介することを心がけています。

そのため、リアルな現場情報や求人情報だけでは得られない企業側の本音などを聞くことができます。

レバテックのデメリット

deIT業界のエンジニアやクリエイターの方々にとって大変頼もしい存在であるレバテックですが、次のようなデメリットもあります。

check-c081求人や仕事の紹介案件は関東と大阪エリアのみで、地方には対応していない

check-c081即戦力の人材を重視しているため、未経験の方々のキャリアチェンジには不向き

これらのデメリットも踏まえた上で、レバテックを利用して頂くことが肝要です。

年収800万以上に特化!レバテックエキスパートとは?


レバテック株式会社が運営する転職サービスには、ハイクラス求人専門のレバテックエキスパートというものもあります。
レバテック株式会社は「レバテックフリーランス」や「レバテッククリエイター」などを運営している実績があります。

年収800万以上に特化したサポート体制


レバテックエキスパート最大の特徴は、ハイクラス(高年収)のいエンジニアやクリエイターに特化していること。
転職求人サイトの運営で10年以上の実績を持つレバテックが、これまでのノウハウを元に高年収求人を紹介します。
人材紹介をサポートするのは、国家資格保有者や業界経験・知識の豊富なキャリアアドバイザーです。

また、レバテックキスパートでは、年間3000回を超える企業訪問を通じてCTOやPMとの人脈を築いています。
これがエンジニアやクリエイターと企業を繋ぎ、年収800万以上の転職を成功させる秘訣になっているのでしょう。

エンジニア・クリエイターの仕事に対する理解

日本国内のIT業界において、エンジニアやクリエイターは、スキルや経験を正当に評価されているとは言えない実情があります。
ここ2、3年でかなり改善されてきましたが、まだまだ「スキルを持っている人材が求めるもの」や「どんな価値を生み出すのか」を理解していない経営者が多いです。
レバテックエキスパートは、現場から吸い上げた生の情報を基に、エンジニアやクリエイターの仕事を良く理解しています。
エンジニアやクリエイターが転職時に感じる「この担当者、わかったフリをしているな」という不満を解消してくれるでしょう。

レバテックエキスパートのハイクラス求人例

ITコンサルタント…年収1200万円

ITを使って企業の経営課題を解決するため、広範な業務知識と高度なITスキル・知見が必要です。
SEやプログラマーからキャリアアップする方が多いといえるでしょう。
ロジカルシンキング・ゼロベース思考・仮説思考等の論理的思考能力が問われます。
難題が多い一方で、報酬も高額なためやりがいがあります。

フルスタックエンジニア…年収1000万円

定義が難しい職業ですが、簡単に言うと「異なる分野の仕事を一人で全てこなす」タイプのエンジニアです。
ITシステムを構築するためには、サーバー、ネットワーク、OS、アプリケーション、プログラミング言語、OSSなど様々な知識やスキルが必要になります。これらを一手に引き受け、一人でひとつのサービス、システムを構築するのがフルスタックエンジニアです。
成長の早いベンチャー企業などでは、フルスタックエンジニアが大変重宝されます。
もちろん、報酬も高額です。

データサイエンティスト…年収800万

IoTやAIと連携するビッグデータの活用に欠かすことができない職業といえます。
近年、需要が伸びている職種で、日本ではまだまだ数が足りていません。
求人数もそれほど多くはありませんが、レバテックエキスパートではエンジニア特化の求人紹介を行っているため、データサイエンティストへの転職も可能です。

レバテックエキスパートの使い方

男性

どんな手順で登録するのかな?見てみよう。

まずは無料サポート登録から

レバテックエキスパートを使うには、公式サイトから無料サポート登録が必要です。
無料サポート登録では、

・転職希望時期
・氏名、生年月日、電話番号、メールアドレスなどの基本情報

などを登録します。申し込みが完了すると3営業日以内に連絡がきます。

カウンセリング

転職希望者の強みを発見するためのカウンセリングを行います。
自分の強みは第三者との対話の中で気づくものも多いため、プロによるカウンセリングは是非受けておきましょう。
表面的なスキルや経験のほかに、あなた独自の強みが隠されているかもしれません。

女性

求人はエンジニアとクリエイターに特化しています。

現場で働くエンジニアやクリエイターから収集した情報と、企業との密接な距離感をフル活用し、高年収求人を紹介します。
また、転職戦略のアドバイスをもらえるのも嬉しいですね。

ざっくばらんに企業と対話!カジュアル面談(希望者のみ)

応募者が希望すれば、企業との本格的な面接の前に「カジュアル面談」が受けられます。
これは希望者のみのサービスですが、企業とのマッチングを確認するために、是非利用しておきたいところですね。
ちなみに、「面談」と「面接」は似ているようで全く異なります。

・「面接」⇒企業からの質問に答えていく形で進む。企業が応募者の見極めを行うための機会。
・「面談」⇒企業と応募者が対等な関係でお互いの理解を深めるために設けるもの。
 企業側から「是非面接に進んでほしい」といったアプローチが多い。

エンジニアやクリエイターは特に人手が不足していて売り手市場ですから、企業がどれだけ自分を欲しがっているかを確認するためにも、
面談は活用すべきといえるでしょう。

応募と面接

一般的な転職エージェントと同様に、キャリアアドバイザーが面接日の日程調整を行います。
また、企業風土の調査や担当面接官の把握も行い、面接に対する心理的ハードルを低くしてくれます。

レバテックエキスパートのメリット

高年収の求人だけにアクセスできる

年収800万以上のレンジはいわゆる「限られた人の場」でもあります。
そのため、一般的な転職サービスから高年収求人だけをピックアップするのは手間がかかるもの。
レバテックエキスパートのように年収800万以上に特化した転職サービスの利用が、スムーズな転職成功につながります。

技術職のニーズを理解している

エンジニアやクリエイターは、「ものづくり」を仕事にしていますよね。
こういった技術職は、スキルや経験が評価されていなかったり、会社の方針でうまくキャリアが形成できなかったりと、独自の悩みを抱えがちです。
レバテックエキスパートでは、現場から吸い上げた情報が豊富で、エンジニアやクリエイターの心理に寄り添ったアドバイスが受けられます。

非公開求人の紹介が受けられる

転職サービスの大半では、登録者のみに公開する非公開求人を持っています。
特にレバテックエキスパートでは、年収800万から1200万という高額な求人が多いため、非公開の情報は重要です。
一般的な求人サイトには、ほとんどこういった高年収の求人が出ませんからね。

レバテックエキスパートのデメリットは?

今のところ、エンジニアやクリエイターが使う分にはデメリットがないように感じます。
ただし、どれだけの非公開求人が紹介されるかは、本人のスキル・適性・経験による部分が多いのではないでしょうか?レバテックエキスパートはIT業界のエンジニアやクリエイターに特化していますし、年収レンジも高めです。そのため、未経験者の転職には向いていないかも知れませんね。

ポイント 女性

レバテックエキスパートは経験5年以上でキャリアアップ志向が強いエンジニア、クリエイターに向いているといえます。
また、職人気質で技術にこだわりがある方も、キャリアアドバイザーからのサポートが役立つはずです。
レバテックエキスパートでは、現場との連携によって、エンジニアやクリエイターの実情を把握していますからね。

⇒レバテックエキスパートの公式サイト

レバテックキャリアのまとめ


レバテックには様々なIT・WEB系の求人サービスがありますが、特に転職に特化しているのはこのレバテックキャリア。エンジニアの皆さん、レバテックキャリアの力を借りてご自分のスキルを新しい職場で存分に試してみませんか?

IT業界に強いレバテックなら次こそは納得の行く職場に出会えるかも知れません。

⇒レバテックキャリアの公式サイト

こちらの記事も読まれています

レバテックのエージェントサービス
レバテックキャリア エンジニアの正社員転職に 公式HP
レバテックフリーランス ITエンジニアのフリーランス求人 公式HP