1
「マイナビ」といえば就活を行われた方は十分御存知だと思われますが、新卒採用においてリクルートと双璧をなす有名な人材紹介会社ですよね。

その株式会社マイナビが取り組んでいる 人材紹介サービスが「マイナビエージェント」です。
ではマイナビエージェントは転職エージェントとしてどのような特徴があるのか、利用者はどのような評価をしているのか等々、マイナビエージェントについて詳しく解説致します。

bn01

 

マイナビエージェントの使い方や特徴は

logo_mynavi_01_pc
マイナビエージェントは「転職エージェント」であり、求人情報を提供することだけが役割ではありません。

求人企業と転職希望者の仲介役として特定の企業へ人材を紹介し、求人企業にとっては「必要な人材の採用」を、登録者にとっては「希望にマッチした企業への転職」を実現することにあります。

そのためマイナビエージェントを利用するにはまず「登録」を行うことが第一歩となってきます。

登録する場合は「転職支援サービス申し込み」をクリック!

2
ではマイナビエージェントに登録するにはどうすれば良いかですが、その手続きはとても簡単です。

マイナビエージェントに登録するにはマイナビエージェントのWEBサイトトップページにある「転職支援サービス申し込み」をクリックすることで行えます。
「申し込み」となっているので不安を感じる方がいるかも知れませんが、登録は勿論、登録した後、同社が登録者に提供しているサービスをいくら利用しても、費用を請求される心配は一切ありません。また、仮に転職の意志が完全に固まっていなくとも大丈夫です。
無理に求人企業を斡旋されたり、面接を命じられたりすることもありません。まずは気軽な気持ちで登録を行うようにしましょう。

1.「転職支援サービス申し込み」

ボタンをクリックすると、プロフィール入力画面が表示されますので、画面の入力項目にそって名前、性別、住所、学歴や職歴等の情報を入力します。

2.「無料転職サポートを申し込む」

必須事項で入力漏れがないことを確認したら、画面の一番下にある「無料転職サポートを申し込む」をクリックします。

3.「登録完了メール」

そうするとプロフィール登録したeメールアドレスに「登録完了メール」が届きますので、メールを受け取ったら無事登録完了となります。
3

キャリアドバイザーとの面談

登録が完了し、マイナビエージェントを通じて本格的に転職活動に取り組みたいとなれば職務経歴書やエントリーシートを作成し、提出した上で、求人企業を紹介してくれるキャリアアドバイザーと面談を行うことになります。他の転職サービスでは担当者のことを担当エージェントやキャリアコンサルタントなどという呼び方もありますが、マイナビエージェントでは「キャリアアドバイザー」と呼びます。
マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの特徴は「業界別」の専任者制度になっている点です。
即ち、それぞれの業界事情に精通したプロフェッショナルなアドバイザーが、豊富な知識や経験をもとに、転職における希望条件等を踏まえた上で懇切丁寧なアドバイスを時間をかけて行ってくれます。もし転職先の業界について不明な点や聞きたいことがあれば、遠慮なく質問をぶつけるようにしましょう。

推薦状の作成や応募書類の添削指導、面接指導など豊富な転職サポートを受けられる!

キャリアアドバイザーとの面談が終われば、いよいよ求人企業の紹介を受けることになります。

勿論ですが、紹介される求人企業の全てに応募する必要はありません。「これだ!」と思える企業だけを選んで応募すれば良いだけです。

紹介された求人企業へ応募するとなった場合には、求人企業の求めに従って応募書類を提出した上で、求人企業との面接に臨むことになります。

そのプロセスにおいてマイナビエージェントでは、応募書類の添削指導、質問を想定した面接指導、といった転職を成功させるための指導を行ってくれる他、アドバイザーにおいても、相手企業に対して推薦状を作成してくれるという援護射撃を行ってくれます。

履歴書など、応募書類の添削指導や面接指導は転職エージェント業界で決して珍しくはありませんが、推薦状作成というきめ細かなサービスはなかなか受けられるものではありません。

この点は、マイナビ社の「一人一人の登録者の転職成功に寄り添いたい」と考える姿勢の表れとして理解できます。

内定→入社日までしっかりとサポート!

4
面接を乗り切り無事内定が確定したら、マイナビエージェントのサービスは終了・・・ではありません。

a_085-1マイナビエージェントでは内定後の現職企業の退職交渉支援の他、内定先企業について求職者が直接尋ねにくいことがあればアドバイザーが皆さんに代わって内定企業に尋ねてくれるなど、転職先への入社日を無事迎えるまで、きめ細かなフォローや支援を継続的に行ってくれます。

こうした転職者の立場に立ったきめ細かなサービスやフォローを入社日まで行ってくれる「温かさ」も、マイナビエージェントの特長と言ってよいでしょう。

マイナビエージェントの求人の種類と強い求人とは?

5
マイナビエージェントは公開求人が2016年9月現在で約1,600件、非公開求人が約9,400件の計約11,000件もの求人数を誇ります。優良企業が多いのもマイナビの強みです。

ではマイナビエージェントの求人種別にはどのようなものがあるのでしょうか。業種、職種の検索カテゴリーで確認してみましょう。検索ページもシンプルな作りで簡単に求人を探し出すことが出来ますよ。

業種は大区分で9つ!

マイナビエージェントが対応している主な業種は、次の9つの区分です。「その他」が含まれますので、少ない件数ながら他の8つ以外の業種もあると理解して構いません。

・IT、通信系
・メーカー系
・医療サービス系
・商社系
・流通、小売、専門店系
・サービス、マスコミ系
・不動産、建設系
・金融、コンサルティング系
・その他

職種の大区分は11

次にマイナビエージェントの職種区分ですが、職種では次のとおり11あります。

職種にも「その他」がありますので、「その他」を除いた10の職種が特に求人件数として充実している職種と考えれば良いと言えます。

・IT/インターネット/通信
・機械/電気・電子/素材
・営業
・医薬/医療機器/バイオ
・金融/コンサルティング
・不動産/建設
・クリエイティブ系
・経営企画/管理部門全般
・流通/消費財/アパレル/フード
・医療系/医師/看護師/薬剤師
・その他

同社が強みとしている職種は「営業・IT・管理部門」!

6
マイナビエージェントは大区分として11の職種をカバーしていることがわかりましたが、同社が強みとして対外的にアピールしている職種は「営業・IT・管理部門」の3つです。

この3職種を強みとしている情報は登録者向けの広告データではなく、求人企業向けの広告プロフィールの中で紹介されています。

同社が行った登録者データ調査(2012年~2013年実施)によると「営業」が占める割合が29%、ITが20%、経営企画/管理部門が19%となっており、この点を求人企業にアピールすることで求人企業の獲得や掘り起こしに取り組んでいることからも、同社として「営業・IT・管理部門」の三職種の求人案件に特に力を入れていることがわかります。

IT・コンピューター関係の中でも特にWEBやゲームに携わった仕事がしたい方は、マイナビクリエイターというサービスがあります。クリエイターやWEBデザインに特化した求人が豊富で、WEBやゲーム専門のアドバイザーがポートフォリオの作成の仕方から丁寧に指導。セミナーも充実しています。

⇒マイナビクリエイターの評判|本当にWeb・ゲーム転職の味方?

⇒WEBに強いマイナビクリエイターはこちら

マイナビ転職とはどう違うの?

同じマイナビのサービスで、マイナビ転職というものもありますが、こちらはマイナビエージェントと違い、転職サイトです。

マイナビ転職とマイナビエージェントの違い

マイナビエージェント(転職エージェント) マイナビ転職(転職サイト)
求人 8割が非公開求人のため、人気企業や人気の案件が多い 幅広い業界の求人を掲載
転職支援 業界別のキャリアアドバイザーが応募書類の添削や、面接の指導、スケジュール調整まできめ細やかなサポート。 自分で自由にサイトから求人を見つけて直接応募。
サービス 面談にて希望条件をヒアリングし、より希望にマッチした求人情報を紹介。 登録も検索も簡単。スカウトサービスに登録知ればオファーが届くことも。
企業への応募 求職者に代わって面接日の設定や条件面など、様々な交渉を全て代行してくれる。 自分で応募するため、複数の企業に素早いアプローチが可能。
情報収集 公開されていない情報や聞きにくい質問などもキャリアアドバイザーに相談できる 幅広い求人と豊富な情報がサイトに掲載されているので自分のペースで情報収集できる。

気軽さや自由さを求める方は転職サイトの方が良いかも知れませんが、サービスのきめ細やかさや安心感ではエージェントに軍配が上がりますね。これらのサービスが無料で受けられるのなら、登録するだけでも価値がありそうです。ご自分に合った方法で賢くサービスを利用しましょう。

マイナビエージェントに対する評判

ではマイナビエージェント利用者からマイナビエージェントはどのような評価を得ているのか、実際に寄せられた意見をご紹介することに致します。

親切だった点が好印象!(女性・20代)

「マイナビが大企業であるため、対応が事務的ではないかと思っていましたが、その点は良い意味で期待を裏切られました。

私を担当してくれたアドバイザーはとても親切丁寧な対応で、決して事務的ではありませんでした。お陰で転職活動中は特に不安を感じることもなく、本当に大船に乗ったつもりで活動できました。」

こちらの立場を踏まえた的確なアドバイスや支援を行ってくれた(女性・30代)

img_008「子育て中の転職だったので転職するにはハンディが大きいと考え、半ば諦め気味にマイナビエージェントへ登録しました。

ところがそんな諦め気分を吹き飛ばしてくれたのが、私を担当してくれたアドバイザーの方の親身できめ細かな対応です。

私が置かれていた状況を踏まえた実にきめ細かく対応してくれたことが奏功し、無事転職を果たすことができました。」

一番良い求人企業を紹介してくれたのがマイナビエージェントだった (男性・30代)

img_007「転職エージェントには複数登録していましたが、毎回最も良い求人案件を紹介してくれたのはずばりマイナビエージェントです。

他社の求人紹介では、自分の希望とは全く異なる案件などが含まれることもそれほど珍しくありませんでした。また、一応希望には合致していても魅力的に思える案件があまりありませんでした。

大変良い条件の求人を多数紹介してくれたという点で、マイナビエージェントにはとても感謝しています。」

転職指導は的確だった(男性・20代)

img_021「最初はエージェントに頼らず転職活動をしていましたが、なかなか上手くゆきませんでした。

そこでマイナビエージェントに登録しましたが、登録して何とわずか1ヵ月で無事転職を果たすことができました。

早期に転職を実現できた理由としてもっとも大きかったのは、アドバイザーによる応募書類や面接指導です。

一人で活動してれば、きっと気付けなった貴重なアドバイスをたくさんもらえたことで内定を獲得できたと思っています。

bn01

ご紹介した他にも、マイナビはニーズに合わせて専門性の高い求人サイトを数多く運営しています。
アドバイザーはそれぞれの業界に特化したプロフェッショナルばかり。
だからこそマイナビグループは結果を出す転職サービスと言われているのですね。

女性のキャリアアップ支援:マイナビエージェント女性の転職
学生の就職活動をサポート:マイナビ新卒紹介
第二新卒の職探しに頼れる:マイナビジョブ20’s
看護師の転職に評判の良い:マイナビ看護師
薬剤師の転職満足度が高い:マイナビ薬剤師
業界を熟知したアドバイス:マイナビ税理士
会計士の非公開求人が多数:マイナビ会計士
WEB・ゲーム関係の仕事なら:マイナビクリエイター