勤務先の歯科医師を辞めたい・・・・

歯科医院を取り巻く経営環境が悪化していることから、そこで働く歯科医師(勤務医の場合以下同)にとって待遇や労働条件の向上は期待しにくい状況にあります。

しかしながら、歯科医師が勤務先を辞めたいと考える理由は決して待遇や労働条件だけが原因ではなさそうです。

ではどのような理由なのか、歯科医師の勤務実態などを紹介しつつその理由を明らかにすると共に、辞めたいと考えている歯科医師の方々はどうすべきか、その提言についてもご紹介して参ります。

歯科医師の1日のスケジュールはどうなっている?

歯科医師の方が辞めたくなる理由として勤務状況が原因になっていないか、歯科医師の1日のスケジュールを事例で確認してみましょう。

歯科医医師の1日のスケジュール例

8:00 出勤
8:30 治療に向けた準備、カルテや予約状況確認、朝礼
9:00 午前中の診察・治療
12:30 昼休み(昼食や仮眠休憩)
14:00 午後の治療に向けた準備、カルテや予約状況確認、ミーティング
14:30 午後の診察・治療
18:30 治療終了、片付け、ミーティング
19:00 帰宅
※19:00以降(※新人歯科医師は19:00~21:00近くまで研修があったり、新人以外でも19時以降に学会などに参加する場合が多い)

歯科医院は診察開始時間と終了時間が明確に決まっていますので、飛び込みや急患を除けば定時に出勤し、定時に帰宅できるのが普通です。

少なくとも、毎日のように残業や休日出勤を強いられている過酷な勤務状況にはなっていないようです。

ただし※印で表示したとおり、例えば新人の歯科医師は実践的な技術や知識を習得する必要がありますので、業務終了後に院長や先輩歯科医師からの指導を21時頃まで受ける場合があります。

そのため、新人歯科医師なら帰宅が21時以降になることは珍しくないようです。

また、新人ではない歯科医師はどうかというと、歯科医師を対象とした各種学会は診療を終えてから出席できるよう19時頃から開催されますので、熱心に学会に参加している歯科医師の帰宅時間は学会終了後となるため遅くなります。

しかしながら学会への参加は、院長指示の場合もありますが、多くは自主的判断によるものです。そのため、勤務状況とは別の自己啓発的取組みとして考えた方が良いと言えます。

歯科医師の年収は?

では医療機関に勤務している歯科医師の年収についてはどうでしょうか。

厚生労働省が平成27年に実施した賃金構造基本統計調査によりますと、歯科医師全体の平均年収では「約655万円」です。

ちなみに平均年齢は38.2歳です。

ただし、この平均年収には開業医の年収も含まれています。

歯科医師の大半が勤務医として5年から10年程度勤めてから独立・開業するのが一般的ななので、平均年齢別の年収を把握すれば勤務医のおよその年収がわかります。

賃金構造基本統計調査を元にした場合の年代別平均年収では、次のような年収になっています。

●25歳~29歳:約470万円

●30歳~34歳:約545万円

勤務医の多くは35歳前後で独立を果たすケースが多いことを踏まえますと、「25歳~29歳」と「30歳~34歳」が勤務医の平均年収に大変近いと考えられます。

これらの数字から、勤務している歯科医師の平均年収は500万円~530万円程度と想定されます。

全サラリーマンの平均年収が400万円前後ですから、35歳未満の段階でその年収を大きく上回ってはいますので、サラリーマンとの比較では悪くない年収と言えます。

しかしながら、歯科医師という高度な知識と技術が問われる専門職という性格を踏まえた場合、勤務中の歯科医師は十分な報酬を得ているとは言えそうにありません。

年収は多い方が良いに違いはないが・・・

では歯科医師にとって、仕事に対する年収が低いことが辞めたい大きな要因となっているのでしょうか。

歯科医師の目標は勤務医として腕を磨いた上で、開業することにあります。

そのため、将来の開業に向けて資金を貯める必要があります。

高収入を得て贅沢な生活をしたいからではなく、独立資金を貯める必要性があることから歯科医師はできるだけ多くの収入を得たいという気持ちを抱く方が多いのは事実です。

しかし、歯科医師へのヒアリングを通じて浮かび上がってきた事実としては、年収は多いに越したことはないけれども、年収が辞めたいと考える大きな要因にはなっていないようです。

ではどのような要因が辞めたいと考える要因になっているのでしょうか。

ヒアリングを通じてわかった歯科医師の不満とは?


歯科医師の方々が口にしている不満を整理しますと、概ね次のような内容となりました。

・1日に課されるノルマがきついため、毎日の仕事がただノルマをこなすだけになっている。

・助手がメインの仕事になっており、本格的な診療をする機会がなかなか得られない。

・診療できても保険診療の患者に限られている。自費診療の患者を任せてもらえない。

・院長や先輩歯科医師から指導を受けたり、学んだりする機会がなかな得られない。

・新しい技術や診療方法を学んでも実践する機会が得られない。そのため、技術を向上させることができない。

歯科医師の方々は、歯科医院の経営環境は厳しく、開業後は生き残りをかけて厳しい競争に勝ち抜いてゆかなければならないことを自覚されています。

それだけに、ただ仕事をこなすだけでなく、将来の経営に役立てることができる経験を積みたい、技術や知識を身に付けたいという切実な思いがある訳です。

そうした切実な思いに応えてくれない、あるいは応えることができない歯科医院に勤めている歯科医師がご紹介したような不満を抱き、辞めいたいと考えるようになることが明らかとなりました。

職場の人間関係では?歯科衛生士や歯科助手の方が優遇される場合もある?


歯科医師の方々は職場の人間関係については全く不満を抱いていないか、この点についても念のためヒアリングを行ってみました。

すると、歯科衛生士や歯科助手の方が優遇されていると感じている歯科医師の方々の意見が少数ながらあることもわかりました。

意見が一部だった理由は、歯科業界全体ではなく、そうした対応をしている院長が一部に限られるからということのようですが、一部の院長は

・歯科衛生士や助手:自分の仕事を直接手助けしてくれるパートナー

と考える一方

・歯科医師:開業までの腰掛けで働いている立場

あるいは

・将来自分の経営を脅かす存在になる立場(極端な言い方をすれば邪魔になる立場)

といった考え方をする方もいるようです。

その結果、給与こそ歯科衛生士や助手より高いもの、歯科衛生士や助手は大変可愛がり、大切にするのに対し、歯科医師には冷たい対応をする場合があるようです。

歯科医院は大半が小規模な人員で運営されていますので、職場の誰かと関係が悪くなれば、その後の勤務に大きな影響が生じます。

まして院長は上司として従わなければならない立場ですので、院長によるそうしたモラハラ的行為があれば、勤務している歯科医師の方にとっては大変辛い状況に陥ることになってしまいます。

違うクリニックへの転職を検討してみては如何でしょうか?

ご紹介したような不満を抱いた歯科医師の方々は今後どうすればよいかですが、一番オススメできることは職場環境を変えること、即ち転職することです。

歯科医師は将来独立することが前提となりますので、サラリーマンと比べれば転職が経歴に与える影響はそれほど大きくありません。

短期間で頻繁に転職を繰り返すといったことでなければ、働いている環境を変えることはむしろ腕を磨き、多様な経験を積む上でプラスにもなるからです。

では転職する場合にはどうすれば良いかですが、歯科医師の方々が転職する場合に断然オススメなのが歯科医師専門の転職エージェントを利用することです。

歯科医師専門の転職エージェントを上手に活用すれば、自分で求人先を探さなくとも歯科医師の方々が希望する条件にマッチした職場を紹介してもらうことができるからです。

オススメの転職エージェントは「メディカルリンケージ」

メする転職エージェントとは「メディカルリンケージ」です。

・メディカルリンケージは丁寧な対応と正確な情報提供が自慢の優良転職エージェント

メディカルリンケージの主な特徴として

・1万5千件以上(※)の豊富な求人件数
(※ただし歯科衛生士の求人なども含まれています)

・「年収アップ」や「分院長候補」、「研修制度充実」といった転職ニーズを満たした
求人医療機関を紹介

・悪い情報も含めた詳細な求人医療機関の情報提供

といったことがあげられます。

これらの中で特筆すべき点は最後にあげた「悪い情報も含めた詳細な求人医療機関の情報提供」にあります。

転職エージェントは求人事業者から紹介料を報酬として受け取りますので、求人側は転職エージェントにとって大切なお客様という存在です。

そのため、お客様となる医療機関の悪い情報を積極的に提供しようとする転職エージェントは限られています。

その点でメディカルリンケージは自社の利益に反しても、できるだけ詳しい情報を提供しようとしてくれる数少ない転職エージェントなのです。

メディカルリンケージは、利用者となる歯科医師の満足度を重視しています。

歯科医師の方々の利用満足度が高ければ、優秀な歯科医師の方々がメディカルリンケージを利用するようになり、歯科医師の方々の利用が増えれば、仮に悪い情報を伝えられることがあったとしてもメディカルリンケージに求人を依頼しようと考える医療機関も増える・・・こうした発想が根底にあるからです。

つまりメディカルリンケージでは求人医療機関側の立場ではなく、利用される歯科医師の立場になってサービスを提供してくれる転職エージェントということです。

メディカルリンケージを利用し、ぜひ希望通りの職場への転職を果たしてください。