現職との退職交渉や応募先企業との面接、複数社の応募を同時進行など、転職活動ではやるべきことが沢山あります。

その中で、精神的な疲労から不安や焦りが生まれていませんか?

特になかなか転職先が決まらない場合、これらは日々大きくなっていくことも。
しかし転職活動での不安や焦りは、適切なサポートを受けることで軽減できるのです。

今回はそんな転職活動をしっかり支えてくれる転職エージェントを紹介しながら、転職時の不安や焦り対策についてまとめています。

転職に伴う不安や焦りによるデメリット

転職には様々な不安や焦りが伴うことがあります。中でも最も負担が大きくなりがちなのは「次がなかなか決まらない」という内定に関するもの。
筆者も実際に転職活動をした際、退職日が近づいているにも関わらず転職先が決まらなかったことがあります。
転職先の採用プロセスが長引いたり、最終選考でお断りの連絡が入ったりすると、ジリジリと目に見えないプレッシャーが襲ってきますよね。

特に、現職に退職の意を伝え、すでに退職日が決まっているにも関わらず転職先が決まらないと、空白期間や生活面での不安がでてきます。
「履歴書に空白期間を作りたくない」「無収入になってしまう」といった不安、焦りは転職活動自体へのモチベーション低下を招くでしょう。
転職活動はモチベーションが重要ですから、モチベーションの低下は命取り。また、自己分析や書類のチェックという作業もなかなか進まないようになってしまいます。

さらに、一人で抱え込むことで本来なら起こらないようなことを心配してしまい、「不安の先取り」をしてしまうことがあります。この「不安の先取り」は、転職活動のみならず、日常生活全体に影響を与えるのです。体やメンタルの調子を崩してしまっては元も子もありません。

「不安や心配事の先取り」を回避しよう!

不安や焦り自体は本来、簡単に実現するものではありません。
「不安の9割は起こらない」「心配事の85%は起こらない」といった言葉を目にしませんか?

筆者も、これらの言葉は当たっているなと感じたことが何度もあります。
なかなか連絡がこなかった応募先からひょっこりと次ステップへの案内が届いたり、ダメだろうと諦めていた応募先から高い評価を得られたりと、実際には行動したぶんだけ成果がついてきます。

また、実際に不安に感じていることが実現したとしても、必ず何かしらの解決方法があります。

転職ナビ

例えば、3つの企業に応募し、その全てで内定が出なかったとしても、また3つ4つと応募を重ねればよいだけです。
転職エージェントを使えば、しっかりと紹介を受けられますし、永遠に内定がでない確率のほうが圧倒的に低いのですから。

つまり、ほとんどが「取り越し苦労」なのです。しかし、ひとりでこれらのことに気が付くのは本当に難しいもの。不安や焦りにとらわれていると、それが世界のすべてになったように感じてしまいがちですからね。こういった転職における不安や焦りを少しでもやわらげ、気分転換や方向転換のきっかけになってくれるのが、転職エージェント。
担当するコンサルタントとの相性がければ、一人での活動よりも圧倒的に楽になります。信頼できるコンサルタントの存在は、それほど不安や焦りの解消に役立つのです。

信頼できる転職エージェントランキング!おすすめはここ!

では筆者の転職経験や実際の評判を踏まえながら、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。信頼できるプロのサポートを受けながら、転職活動を乗り切り、新天地で思う存分自分の力を発揮しましょう!

1位:リクルートエージェント

国内最大手の一角で、その歴史や実績をみてもトップクラスに位置するのがリクルートエージェント。転職エージェントとしては、文字通りナンバー1に最も近い存在といえるかもしれません。

まず、リクルート自体が知名度の高い1流企業なため、求人案件も自然と質が高いものになります。さらに、リクルートエージェントのコンサルタントは非常に優秀な人が多い、という印象があります。
これは実際の評判でも、同じ感想を持つ方多いようですね。筆者も20代のころ、合計4回の転職を経験しましたが、そのすべてでリクルートエージェントに相談していました。

どの転職活動でもリクルートエージェントのコンサルタントに教わることは多く、自分が不安に思っていたり焦っていたりする点はすぐに見抜かれていましたね。
リクルートエージェントの優秀なコンサルタントからしてみれば、多くの転職希望者の不安や焦りは「想定の範囲内」なんだなと感じました。
話しやすく落ち着いた雰囲気でありながらも、着々と書類対策や応募先企業の紹介を行ってくれます。
面接時前にアドバイスをくれたり、面接終了後はすぐ電話でアフターフォローをしてもらえたりと、非常に心強い存在でしたね。

bn01

2位:マイナビエージェント


こちらも老舗の部類に入る転職エージェントで、他のエージェントではあまり見かけない求人を紹介してくれます。筆者はIT業界での経験が長く、同僚やプロジェクトで知り合った他社社員との交流から、いろんな会社の情報を得ていました。
そのため、転職エージェントで紹介される企業の多くは、一度は名前を耳にしたことがあったのです。しかし、マイナビエージェントで紹介された求人は、それまで一度も目にしたことがなく、規模は大きくないものの間違いなく優良企業。
筆者の経歴の中で、もっとも安定した企業を紹介してくれたのがマイナビエージェントです。

求人の数こそリクルートなどには劣るものの、独自求人が優秀で、なおかつサポート体制もしっかりしています。
面談をしながら徐々にこちらの適性を見極めつつ、ピンポイントでマッチした求人を紹介してくれるので、信頼できましたね。
マッチしない求人というのはほとんどありませんでした。数は少なくても大きく外さないという点では、ナンバー1かもしれないですね。
内定後はすぐに想定年収などをエクセルでまとめてくれたので、生活がどう変わるのかをイメージしやすかったのを覚えています。(これは公式のサービスではないかもしれませんが)

bn01

3位:パソナキャリア


こちらも「パソナだけに出ている」という独占求人が特徴です。大手企業や上場企業の紹介も多かったですね。
転職エージェントが独占求人を獲得するためには、企業側との太いパイプが必要です。
つまり、何度も優秀な人材を紹介し、長年にわたって取引実績を積み上げている必要があります。
パソナグループは人材派遣業を通じて多くの企業とパイプを築き上げているといえるでしょう。

さらに、年収や仕事内容ももちろんのこと、「満足度」をターゲットにした求人紹介を行ってくれることがポイント。
利益至上主義ではないところが、非常に好感を持てましたし、信頼できましたね。
無理に高年収の求人をプッシュしてくるということはなく、地の足の着いた求人で、なおかつスキルアップやキャリアアップも考慮してくれたという印象があります。

bn01

 

以上、筆者が実際に利用した経験をもつ3社をご紹介しました。ランキング形式ですので順位はつけましたが、信頼できるという点ではどれも甲乙つけがたいなと感じています。
このような転職エージェントをうまく活用すれば、転職の不安や焦りはぐっとやわらぐもの。無意味な不安の先取りをせず、転職をスムーズに進めていきましょう。

★こちらのページもよく読まれています!