転職を考える理由について当サイトでヒアリング調査を実施したところ、最も多い理由となったのが「人間関係」でした。

しかし一言で「人間関係」と言っても様々なケースが考えられますよね。

そこで今回は、転職を考える理由No.1となった「人間関係」について具体的にどのような人間関係の悩みが理由となったかを追求し、その結果をランキング形式でお伝えすると共に、人間関係に悩んでいる方にオススメの転職方法をご紹介いたします。

転職理由No.1の「人間関係」とはどんな悩み?

転職理由で「人間関係」をあげた方を対象に「どのような人間関係の悩みだったか」をヒアリング調査を行い、その結果を整理・集計したところ、次のような悩みがベスト3であったことが判明しました。

1位.上司との相性が悪い、反りが合わない

一番の人間関係の悩みとして「上司との関係」を予測された方は多かったと思われますが、そうした予測通り、上司との相性が悪い、反りが合わないといった理由が人間関係に関する悩みの中で最も多いという結果になりました。

もし同僚であれば性格的に合わない、意見が合わないという人物がいても、多少距離をおいたり、接触する機会を少なくしたりすることも可能です。

ところが上司は仕事上での指示や確認をもらう必要があることから、接触する機会を少なくしたり、避けたりするといった手段は取れません。

そのため2位で紹介するモラハラタイプの上司ではなかったとしても、性格的な相性が悪ければ、職場の人間関係において重大な悩みとなることが改めて確認されたと言えます。

2位.上司や先輩社員によるモラハラ(またはモラハラまがいの行為)が辛い

2位は上司と先輩社員によるモラハラ、もしくはモラハラまがいの行為に悩んでいるというものです。

モラハラの具体例としては

  • 仕事でミスをしたら、周囲に聞こえる声でミスを指摘され叱られる
  • 仕事での成績が悪いと仕事に関する指摘に留まらず、「無能だ」「馬鹿だ」と人格面も否定される
  • 仕事の割り振りで上司や先輩社員からきつい仕事や嫌な仕事を押し付けられる、自分だけ重要な仕事から外さる

といったもので、1位の「上司と性格的に合わない」という悩みとはかなり事情が異なっていることがわかります。

また、モラハラは法定定義があいまいなため、どこまでが大丈夫でどこからがモラハラになるかをはっきりさせることが難しく、解決が困難なことも転職という選択に傾く背景になっていると考えられます。

3位.同僚との関係がとても悪くなってしまった

3位となった人間関係上の悩みとは同僚と例えば仕事上のことで大きく対立したり、感情的に激しくぶつかったりしたことで、その後の関係がぎくしゃくしてしまったというケースです。

特に、プライベートでも仲が良かった同僚とぎくしゃくしてしまえば、例えば一緒に飲みに行くといった楽しみもなくなります。

回答を寄せて頂いた方の中には上司とぶつかってしまう場合より辛い、深刻であるとの意見もありました。

転職によって人間関係のストレスが解消した体験談をご紹介!

人間関係だけを理由に転職へ踏み切ることはやめた方が良いという意見もあります。

転職先でまた同様な人間関係上のトラブルに遭うかも知れないというのが主な理由ですが、確かに転職を果たしてみなければその点はわかりませんので、そうした可能性までは否定できません。

しかしながら、転職すれば現職での人間関係上の悩みから解放されることは間違いありません。

そこで実例として、転職によって人間関係上の悩みから解放され、新しい職場で活き活きと働いている二人の体験談をご紹介することにします。

「転職したことで二度と顔も見たくないと思った上司とおさらばでき、現在は人間関係でストレス無縁な職場で働けています」(A氏・30代男性・メーカー勤務)

「私は新卒としてあるメーカーに入社しましたが、最初の上司はとても面倒見が良い方で、大変慕っていました。
ところが二年前その上司が栄転となり、代わって就任した上司が自分にとっては最悪の上司となりました。
指示通りに仕事が進んでいないと不機嫌になり、何かにつけて部下を呼びつけ長時間に渡りネチネチ説教するタイプだったのです。
特に私に対しては他の部下以上に対応が酷く、他の部下であれば30分程度で終わるような場合でも私の場合には1時間ぐらい説教されたこともありました。
私を特に目の敵にしていたことは明らかだったと思います。
それでもしばらくはぐっと堪えていましたが、ある日あまりにも理不尽な理由で長時間説教されたことに我慢ができなくなり、自分だけ長時間説教するのは辞めて欲しいと訴えてしまったのです。
勿論そんな訴えに耳を貸す上司ではなく、その日を境に説教される機会が逆に増えてしまい、とうとう耐えられなくなり退職届を提出しました。
その後ある中堅メーカーに転職して現在に至っていますが、当時と比べると今の職場はパラダイスのようにすら思えます。
転職先の上司はとても良い人で、私が前職時代にお世話になった最初の上司に再び会えたような思いであり、上司との関係でストレスを感じることは全くなくなりました。
また、仮にこの上司が代わったとしても前職のような結果になることは心配はしていません。
なぜなら転職先では部下も上司を評価できる人事システムが確立されているからです。
そのため、部下に慕われない上司は長くその座に居座ることはできません。
今思えば、こうした人事制度を備えている会社を最初から選んでおけば転職せずに済んだかもしれませんね。」

 

「仲間に裏切られたことで人間不信に。在宅勤務も可能な企業へ転職を果たしたことで人間関係の悩みも解消!」(B氏・30代女性・IT企業勤務)

「私は同僚と共にソフト開発のプロジェクトに取り組んでいたのですが、ある日開発中のソフトに致命的な欠陥が見つかり、ほとんど一から作り直しに近いような状況になってしまいました。
納品前ですからやり直しに要する工数やコストは全部会社でかぶる必要が生じ、その費用は馬鹿にできない額だったので経営幹部はカンカンでした。
その結果、プロジェクト終了後に原因究明という名の犯人探しをプロジェクトに関わった全員に命じられた訳ですが・・・まさか仲間が共謀して私にだけ責任を押し付けるとは思ってもみませんでした。
私にも責任の一端があったのは確かですが、仲間による指摘は大半が濡れ衣と言えるような内容で、最初は激しく抗弁していました。
しかし仲間に裏切られたことがものすごくショックで、人間不信となってしまい、途中で抗議することもあきらめ、気付いたら自分で依願退職していました。
それからしばらくは人と会うことも苦痛で、引きこもりがちになってしまいましたが生活できなくなってしまうため、ある転職エージェントに登録し、人間関係で悩まなくて済む職場を紹介して欲しいと頼みました。
そのときに紹介してもらった会社が現在の勤務先ですが、現在の勤務先は週1回出勤すれば良く、後は在宅で全て仕事ができるというとても斬新な勤務体制になっている会社です。
自宅で自分のペースで仕事ができる上、役割分担や責任の範囲もはっきりとしているため、前職のような濡れ衣を着せられる心配は一切ありません。
何より出勤するのは週1回で済むので、同僚とのコミュニケーションでトラブルが生じる可能性が低いことも大変気に入っています。(逆に言えば同僚と密な人間関係は築きにくいですが・・・)
お陰でなんとか人間不信の克服や精神的な安定も取り戻せそうです。」

 

2パターンの転職方法とは

人間関係を理由に転職を決断した方は、転職先で再び人間関係で悩まなくて済むような転職を実現する必要があります。

ではどうすればそうした転職を実現できるのか、オススメの転職方法を二つご紹介します。

人間関係で悩んでいる方は転職エージェントの利用がオススメ

人間関係で悩んでいる方が転職する場合にオススメなのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントを利用すれば求人広告だけではわからない職場の人間関係や雰囲気、風土、離職率といったことまで利用者の求めに応じてエージェントが教えてくれるからです。

例えば先程ご紹介した成功例に部下が上司を評価するシステムがあるか等は、求人広告だけでは得られにくい情報です。

転職エージェントを利用すればそうした内部情報もスムーズに入手できますので、たった一人で求人広告だけを頼りに転職活動を行う場合より、求人先選びでの失敗を回避しやすくなります。

ただし、転職エージェントであればどこでも良いという訳ではありません。

組織や体制がしっかりしており、特に求人企業に対する内部情報収集力に長けている転職エージェントを選ぶことが大切です。

そこでオススメなのが「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは就職情報支援で日本最大級の企業であるリクルートグループの転職エージェント専門組織であり、実績や経験量、これまでの求人企業との取引数といった点で文句なしナンバー1の企業です。

しかも特筆すべき点は40年以上にわたる求人企業との取引を通じて、企業内部の情報収集力が抜群に高いことがあげられます。

二度と人間関係で悩まなくて済む、間違いのない転職を実現したいという方は、リクルートエージェントを利用することが手堅い選択と言えます。

リクルートエージェントをもっと詳しく見る!

 

在宅で人と関わらない仕事を探したい方には「ランサーズ」という選択もある!

転職で成功した二番目の体験談に比較的近い事例と言えますが、人間関係に悩んで転職を決断した方のもう一つの選択として、在宅ワーカーになるという方法もあります。

在宅ワーカーとはフリーランスの一種で、会社に勤めるのではなく自宅で仕事を行う方々のことですが、在宅ワーカーになれば集団組織の中で長時間働く必要はありませんので、人間関係で悩む可能性もほとんどなくなります。

では在宅ワーカーとして自立するためにどうすれば良いかということですが、オススメの方法が「ランサーズ」を利用するという方法です。

ランサーズとはクラウドソーシングサービスを提供しているサイトのことで、クラウド上、即ちオンライン上で仕事を発注したい方と在宅でできる仕事を探している在宅ワーカーの方々の出会いの場を提供しています。

ちなみにランサーズを通じて依頼されてきた仕事の実績数はなんと100万件以上。

依頼額に換算した場合、その額は1千億円を超えます。

つまり1千億円分の仕事が登録されていますので、在宅できる仕事を得るのに困ることはまずありません。

ランサーズを利用して仕事を受注すれば、発注先ともオンライン上でのやり取りだけで済むため人間関係に悩まされることなく、在宅でずっと仕事を行える環境を手に入れることができるのです。

ランサーズをもっと詳しく見る!