「前職を辞めて何日もたつけれど、なかなか次の職場が決まらない。」
「転職活動を長く続けているが、内定が一つももらえない。」
などと、転職が決まらず焦っているあなた、悩み、焦り、不安が募るあまり、ひどい場合は鬱状態になってしまっている人もいるかもしれません。
そんな転職が決まらないという悩みを抱えている人たちは、やっていないことがあるはずです。
転職が決まらないあなたがやっていない、転職成功の鉄則5つについてご説明します。

「なぜ転職が決まらないのか?」という原因分析ができていない

まず、転職がなかなか決まらず焦っている人の特徴として、
「がむしゃらに転職活動をしてしまっている」
というものがあります。

がむしゃらに頑張るのは良いことかもしれませんが、周りや自分を冷静に見ないでただひたすら頑張るだけではうまくいくものもうまくいきません。特に、転職というむつかしい仕事を達成させるためには、冷静に分析しなければいけないことがたくさんあるのです。

最初は、
「転職するにあたって、自己分析をしよう」
「企業分析をしっかりしよう」
などと転職準備を怠りなく行っていたかもしれません。しかし、転職活動が長引くと、だんだんと焦りが生まれ冷静さを失ってしまいます。

そんな不安定な精神状態になると、
「なぜ、転職が決まらないのか?原因は何だろう?」
という冷静な原因分析ができなくなるのも当然です。
ここは、一度落ち着きましょう。転職活動を一度ストップさせて、冷静になることも必要です。

そして、今どのような状態なのか?自分には何が足りないのか?そもそも自分がどうしたいのか?ということを、冷静に分析する時間を持つことが必要なのではないでしょうか?

冷静な自己分析ができていない

転職活動で最初に行うべきなのは、「自己分析」です。
「転職活動を始める時に、ちゃんとしましたよ。」
という人もいるかもしれません。しかし、現状で転職活動がうまくいっていないということは、何かその自己分析に足らない部分があるのです。
・自分の強み、弱みは何か?
・持っているスキルや経験は何か?
・自分はどんな仕事が得意なのか?または不得意なのか?
・自分は何ができるのか?どのような価値があるのか?
・過去にどんな仕事をこなし、どんな成功体験、失敗体験があるのか?
・その成功体験や失敗体験から得たものとは何か?
・自分は何がしたいのか?
・転職理由は何か?転職の目的は?
などという自己分析を、もう一度最初から洗い出してみましょう。

そして、自己分析をする際には、必ず紙やパソコンにその内容を書き出すのです。頭の中に描くだけでは、思い浮かんでもすぐに消えてしまいます。書くことで、後で冷静に振り返ることができるのです。

転職活動がうまくいっていない人は冷静に自己分析をし直すとたいていの場合、
「あ、自分は本当はこれがしたかったんだ。それなのに、焦ってしまったのか手当たり次第にエントリーすることばかり考えるようになってしまった。これでは、転職が決まらないのも当然だな。」
と、転職がうまくいかなかった理由がわかるものです。
冷静に自分を見つめなおすために、もう一度まっさらな状態から自己分析をやり直してみることをおすすめします。

自分が何をしたいのかが見えていない

自己分析を深めていく過程で、
「自分はいったい何をしたかったんだ?」
ということが見えてくると思います。
転職活動がうまくいっていない人は、たいてい「自分が何をしたいのか?」が見えなくなっている人です。
もう一度冷静に自己分析をすることで、
「本当は、もっと顧客よりの営業がしたかっただけなのに、途中から給与面の条件や企業の規模に目が行ってしまっていた」
「年収アップが目的だったのに、なぜか他の条件も厳しく見るようになってしまっていた。」
などと、本来の転職の目的を見失ってしまったことに気が付くはず。

転職をしようと思ったら、転職先の選択肢は無数にあります。条件を絞らなければ、たいていの人がどこにだって転職できてしまうのです。しかし、それでは自分に合った転職先や良い転職先に巡り合うことはできませんよね。

目的を見失ってしまった、糸が切れたタコのような状態で転職活動を続けても、きちんと自分が目指す希望の転職先に行きつくことはできません。目的地がわからなくなってしまっているのですから、当然のことですよね。

自分がそんな状態に陥っていると気づいたら、本来の自分の転職先を再度見つめなおしてみてください。そうすることで、転職活動を仕切りなおすことができるでしょう。

「企業目線」での企業研究が足らない

冷静な自己分析をして自分の本来の目的を再確認したら、次にすべきことは企業研究です。
自分が行きたい企業、目指す転職先の条件が確認できたのですから、研究すべき企業もおのずと見えてきたはず。そこで、もう一度しっかりと企業研究をしてみましょう。
そして、企業研究をする上で大事なのは、
「その企業がどんな人材を求めているのか?」
「自分はその企業に対して何ができるのか?」
ということを、「企業目線で」考えること。
自分がその企業の経営者だったら、その企業の人事担当者だったら、どんなスキルを持った人材がほしいのか?どのような働きができる社員を欲しているのか?を知ることが、絶対に必要です。
その企業に入社したいのなら、その企業が欲しているものを知らなければならないのです。

今までの企業研究には、そのような「企業目線」があったでしょうか?
もしなかったのなら、企業目線での企業研究を加えてみてください。
今までの「自分は〇〇ができます。」とか「自分はこんな仕事がしたいです。」などという、「自分目線」からだけの企業研究では、良い転職活動はできないのです。

息抜きが足らない

そして最後に、転職活動が行き詰ってしまった人に足らないのは、「息抜き」です。
今まで仕事をしていた中で、何時間も何日もぶっ続けで働いたことがありますか?もしあれば、そんな疲れた状態で仕事を続けても、効率がダダ下がりしてしまうことを知っているはず。

効率よく仕事を続けるならば、ここぞという時に取る休息が絶対に必要なのです。
もし、転職活動を焦りと不安の中でずっと続けていたならば、今こそ勇気をもって転職活動を一時ストップすべきです。
「次の職場が決まらない」
というストレスは、かなり強いもの。精神的にも肉体的にも、気づかぬうちにかなり大きなダメージを追っていたはずなのです。そんな手負いの状態で転職活動を続けても、良い活動ができるとは思えません。

しっかりと休息を取り、リフレッシュすると、今までわいてこなかったエネルギーがわいてくるはずです。そうすれば、何か良い考えも浮かんでくるかもしれません。
その後、もう一度自己分析や企業研究をしてみてください。そうすれば、今まで見えてこなかった転職成功への道筋が見えてくるはずです。

まとめ

転職がなかなか決まらないあなたがやってこなかったであろう、転職成功の鉄則を5つご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

もし、
「確かにこんなことはやってこなかった。やってみる価値はあるかもしれない。」
と少しでも思ったら、ぜひ試してみてください。

ここでご紹介した5つの鉄則は、転職を成功させた人たちならば必ずやっていることなのです。なかなか活動がうまくいかない人は、悪い転職活動の流れを変えるために、ぜひ一度試してみることをおすすめします。