Uターン転職で後悔しないためにメリット・デメリットを考える

Uターンの図解イラスト

みなさん「Uターン就職」という言葉を耳にしたことがあると思います。都会に出て、そのままそこで就職するのではなく、故郷に戻るわけですが、一度戻ってしまうと、再び都会に戻って生活の基盤を作るのは至難の業です。

Uターン就職や転職について、よく理解していただいたうえで、大切な決断をしていただきたいと思います。

この記事でわかること

  • Uターン就職・転職の具体的な例がわかります
  • 他のIターンやJターンとの違いもわかります
  • Uターン就職や転職のメリット・デメリットがわかります
  • Uターンに向いている人とそうでない人がわかります
  • Uターンをする前にリサーチすべきことがわかります

Uターン転職とは?

Uターン転職の例


UIJターンの「U」にあたるのが「Uターン」ですが、これはアルファベットの文字形態から最も理解しやすい就職、転職パターンです。

Uターンとは自分の生まれ育った故郷と異なる他県の大学へ進学したり就職したりした後、再び故郷に戻ってきて就職又は転職を果たすことを言います。

具体例で紹介しますと、

長野県で生まれ育った

進学を機に東京都の○○区に転居

東京では就職せず長野に戻って就職を果たす

このパターンが「Uターン就職」となります。

Uターン転職の例

長野県の田舎(諏訪市)に生まれ

東京の会社に就職

(経験を積んだのち)故郷の諏訪市に転職で戻る

というようなケースです。

地元に帰るので、コネや支援者もいます。都会で身につけたスキルを今度は生まれ故郷のために使うというのが基本形です。

Uターン転職を選ぶ理由

Uターンによる転職理由を図解

Uターン就職は決して珍しいものではありません。なぜ、せっかく都会で就職して積んだキャリアを捨ててまでUターンをするのでしょうか?

Uターンを選ぶ理由

都会の人混み・通勤電車や渋滞に疲れた

「満員電車」「人混み」「喧噪」、そうしたものに飽きて、耐えられず、人が少ない生まれ育った故郷に戻って、かつての自分を取り戻したいという人もいます。
あの電車に乗る人は、なんだか意思のないロボットみたいですよね。

就職に失敗した

就職戦線はかつてに比べると求人倍率も増え「売り手市場」になっていますが、それでも希望する会社への就職が叶わない人もいます。

結果的に内定が出たのがブラック企業で、完全に就職に失敗してしまいました。このままブラック企業に潰されたり、転職を繰り返したりするくらいならば、故郷に戻り、家業を継いだり、知り合いの会社を紹介してもらって転職した方がマシだと思う人がUターンしていきます。

両親の介護

ご両親も若くありません。けがや病気で要介護状態になることもあります。
親の世話は自分でしたい、そういう人は仕事を辞めて故郷に戻ることも十分考えられます。

夢破れて、都会にいる目的を見失った

ミュージシャンになりたくて、俳優になりたくて都会に出てきたのに、30歳過ぎても芽が出ず実質フリーター生活をしています。このままでは、芽が出ないどころか都会で貧困層になってしまいます

戻れるところがあるうちに、周囲のサポートも期待してUターン就職(転職)するのは、人生における最大のリスクヘッジかもしれません。

生まれ故郷に貢献したい

過疎化が進む地元の姿を見て、都会ならば自分の代わりはたくさんいますが、故郷に戻っていろいろな人脈を使って地域振興をできるのは自分しかいないかもしれません。都会で身につけたスキルや資格を、生まれ育った故郷に恩返しに使うためにUターンします。

地元の方が居心地良い

都会の人間関係の希薄さや、光化学スモッグ注意報が出る環境、汚い空気はやはり自分には合いません。
昔の友人も残っている故郷のコミュニティの方が断然居心地がよく、戻ってきてしまいました。

大学を卒業したら戻る約束だった

ご両親から「都会の大学に行かせてやるが、卒業後は地元に戻るように」という条件付きで進学をしました。
学費も仕送りも両親が支払ったのですから、是非もなく地元にUターン就職をします。

Uターン転職をするメリット

Uターンで働くメリット&デメリットを図解

 

なぜUターンがいいのでしょうか?
そこにはやはり多くのメリットがあるからです。

Uターンのメリット

満員電車の通勤地獄から解放される

地元では車で出勤しますから、あの満員電車に乗る必要がありません。
これは本当に助かります。あの電車に1時間半とか、ありえません。

人との距離感が近く、コミュニケーションが多い

故郷ならば知っている人もいますし、都会のように他人に無関心ではありません。
人の温かさを感じることができ、隣近所との付き合いも盛んです。

地域の産業の発展に貢献できる

地元の伝統産業、地場産業の発展に貢献できます。
生まれ育った地域だからできる産業を振興させ、地元に恩返しすることができます。

親の近くで暮らせる

実家に戻れば(実家暮らし)当然親と再び暮らすことができますし、近くに住んでもすぐに駆け付けられます。
病気などの時も安心ですし、それ以上に家族の温かみやサポートを受けることができるでしょう。

慣れ親しんだ土地ならではの安心感

Uターン先は知らない土地ではなく「知っている土地」です。
慣れ親しんだ土地だからこそ、子どものころからの安心感があります。
精神的安定は生きていくうえではとても大きなものです。

自然が豊かである

都会に比べて自然が圧倒的に多いはずです。
ここならば健康面でも、子育ての面でも安心できるのではないでしょうか?

受動的ではなく能動的な働き方が出来る

都会で「働かされる」のではなく、Uターンした地元ならばもっと自分の裁量を持って働くことができるかもしれません。
家業を継いだのならまさにそうですし、農業や林業などは完全に能動的な働き方になります。

Uターン支援が手厚く手当や家賃補助など充実

最近は過疎化解消のために、地方自治体がUターン希望者に、様々な手当や住居の準備、家賃補助などを行っています。
また、就職活動に関する費用を負担してくれる自治体もあります。

そのような制度はどんどん活用すべきです。

【自治体の支援例】

鳥取市
鳥取市Uターン者就職活動交通費支援事業補助金
・この制度に登録した者が、鳥取市内で行う就職活動にかかる交通費の一部を補助。

旬の新鮮な食材が食べられる

農村や漁村にUターンするのであれば、地元のおいしい食べ物、新鮮な食べ物を格安で食べることができます。
もちろん、農業などをするのであれば、自分で作って自分たちで食べるという理想的なオーガニックライフになるでしょう。

物価や家賃が安い

家賃を見れば明らかですが、都会と比べて様々なものの価格が安いです。

単身用1Kのアパートでも東京の都心区(新宿、渋谷、千代田、中央・・)であれば、家賃10万円でも住めないかもしれません。
しかし、Uターン先ならば、5万円あれば2DK(3DK?)などの物件に住めますから、住環境は大きく改善します。

Uターン転職のデメリット

Uターンのデメリット

一方で、Uターン先の方がよくないというデメリットも存在します。

給料が安い

一般的に給料が安いのは事実です。
最低賃金で見ても約230円、25%違います。

  • 東京都  985円
  • 神奈川県 983円
  • 大阪府  936円
    ・・・
  • 鹿児島県 761円

平成30年度地域別最低賃金改定状況|厚生労働省より

また、都市部だと「都市手当」「○○手当」などが加算されることもあり、単純に収入面だけ見ると安いのは事実でしょう。

福利厚生が整っている企業が少ない

福利厚生制度を持っている企業が少ないです。もっとも、福利厚生するための施設も少ないので、あってもあまり役には立ちそうもありませんが・・・。
業種・職種が少なく単純作業やいわゆる低所得の仕事が多い

Uターン先では都会のように、様々な業種、職種から仕事を選ぶことはできません。田舎にコンサルティング会社はないですよね。銀行も地銀だけで、都銀は支店しかなくそもそも転職を受けいれていません。

できる仕事は工場のライン工や単純作業などが多く、選択の余地がなく、低収入の
仕事ばかりです。

ハラスメントの概念が薄い人が多い

「昔の価値観」で生きている人が多いので、パワハラ、セクハラが当たり前に行われているかもしれません。これはちょっと困りますね。

人口が少ない分人間関係が悪化すると逃げ場がない

人間関係が濃いということは、それになじめなかったり、一度関係が悪化してしまったりすると、「村八分」になってしまいます。

最近も複数のUターンを受けいれている自治体の自治会などで、村八分が公然と行われている実態が明らかになりいました。

娯楽や商業施設が少ない

娯楽が少なく、要は楽しくありません。行くところは、郊外のショッピングモール、昼はフードコートで家族の食事、というのは悲し過ぎます。

気候が厳しい

これはご実家の場所によります。最近は都会の方がゲリラ豪雨等で大変なことになるのはご存じのとおりです。生まれ育ったところですからそれほど不安にならなくてもいいかもしれません。

医療施設、教育機関が充実していない

学校の選択肢が少なく、地元公立校しかないところもあります。また、病院も小さなクリニックだけだと、病気になった時に何かと不便です。最近は医師自体がいない「無医村」も増えてきています。

送料・交通費が高い

通販などで物を買っても、送料が高く時間がかかります。もちろん、都会に出るときの交通費もバカにはなりません。生活費は安くても、こういうところで余計な費用がかかってしまうかもしれません。

交通が不便で車なしでは生活できない

自家用車がないと何もできない場所もたくさんあります。免許を持っていないといろいろ詰んでしまうかもしれません。

Uターンで後悔しないために知っておくべき4つの誤解

Uターンによるありがちな誤解を図解

「Uターンは都心の喧騒から離れて自由にのびのび暮らせる」というイメージを持っている人がいますが、誤解の部分もあります。バラ色一色ではないので注意して下さい。

のんびり暮らせると思ったら大間違い

のんびり暮らせるとは限らない

地元は時の流れがゆっくりだからのんびり暮らせる、これ、根拠がありますか?

過疎化が進行しているということは若い人が減っているということでもあります。
つまり、仕事のコアとなる若い人が少ないので、皆さんに業務負荷が集中してしまうかもしれません。

のんびりどころか休日出勤が当たり前の藤堂環境になる可能性もあります(しかも狭い社会なので転職もできない)。

さらに、村八分にならないために、町内会の役職や、青年団、消防団などに(無理やり)加入させられ、活動圧力がかかるかもしれません。
都会であれば無視できることも、Uターン先ではできなくなり、のんびりとは程遠くなるかもしれません。

「地方だから生活費がかからない」は嘘?

生活費は地方だから余計かかるものもある

Uターン先では寒いところでしょうか?暑いところでしょうか?
冷房や暖房代も無視できるものではありません。
「燃料手当」のようなものが出る会社もありますが、すべてではありません。

また、車が必須ということは、自動車代、駐車場代、ガソリン代に加えて車検費用なども掛かります。
すべて自腹かもしれません。

都会なら車がなくても生活できますが、Uターン先では車や移動に掛かる費用が発生します。

  • 光熱費
  • 車の維持費
  • 交通費

等、地方だから余計かかるものもあり、生活費がかからないことにはならないかもしれません。

※寒暖の差が激しいので光熱費がかかる、車の維持費、郊外に行けば行くほど交通費や配送料も割高に

本当に田舎はいい人ばっかり?

人間関係はプラスばかりではない

実家に戻るのであれば村八分の可能性は少ないのかもしれませんが、周囲はみなさんの過去を知る人たちばかりです。

都会に出て新しい人間関係を築けていた人も、小学校や中学校時代の人間関係に絡めとられてしまい、嫌な過去に戻ってしまうかもしれません。

親戚づきあい、近所づきあい、閉鎖的な人間関係はプラスに働くことばかりではありません。
引っ越して逃げることもできないかもしれませんよ。

子育てには地方の方が良いという思い込み

幼児期は良いけれど…

子どもは田舎の自然の中でのびのび育てたい、これは正しいと思います。
幼児期まではそれでいいと思いますが、学校に入ってから選択肢がない田舎の方が本当にいいのでしょうか?

大きくなるに従って、習い事も塾も行く必要が出てきます。
その場合、遠くまで送り迎えが必要になります。

地元に良い公立学校がなければ、どうしましょう。
荒れている学校に行かなければならないとしたら?
結局、また都会に戻る必要が出てくるかもしれません。

Uターン転職には向き・不向きがある

このようにUターン就職、Uターン転職にはメリット、デメリットがあり、「都会の生活に疲れた」からと言って、すべての人におススメできるものではありません。地元の逃げられない人間関係で余計ストレスがたまって心身を崩してしまうケースもあります。

そこで、Uターンに向いている人と向いていない人の特徴をまとめてみました。

Uターン就職・転職に向いている人

Uターン就職・転職に向いている人

人とのコミュニケーションが好きな人

こちらから故意人間関係に割って入れるような人ならば、Uターン後のコミュニティにも安心して溶け込むことができるはずです。

生活の不便さを楽しめる人

都会の喧騒を忘れて田舎に来たのですから、多少不便があってもそれを許容できる人なら問題ありません。
「多少不自由がある生活」を楽しめる人ならUターン向きでしょうね。

ショッピングや都会の娯楽にさほど興味がない人

お店はありませんが、今ならばamazonなどのネット通販で、日本全国(日数はかかりますが)買えないものはありません。
ショッピングセンターがなくてもいいではありませんか?

また、ネット環境も全くないところはさすがに少なくなってきました。
ネットができれば、都会の人とつながることもできます。

自然が豊かな環境で子育てしたい人

自然が都会よりも多いのは事実です。自然の中で育った経験はきっと、親子ともに糧になるはずで、そうした子育て環境を求めている人にはUターンは向いています。

農業や漁業など第一次産業に興味のある人

地元(地方)だからできる農業や漁業など第一次産業ならば、求人も多いですし、自分で始めることもできます(特に農業)。
都会の基軸産業である第三次産業(サービス業)ではなく、第一次産業に興味がある人ならば、地元の環境の中でもやっていけるはずです。

寒暖の差が苦にならない人

都会よりも激しい気象や、寒暖の差などにも耐えられる人ならば、Uターン就職に向いています。
まぁ、古い家でなければクーラーはさすがにあると思いますが、職場環境がかなり旧式である可能性もあります。

Uターン転職に向いていない人

Uターン就職・転職に向いていない人

人付き合いが苦手な人

田舎の濃い人間関係がダメと言う人は、やはりUターン就職には向いていないでしょうね。

車の免許を持っていない人

車が必須なのですから、車の免許も必須です。戻ってきて教習所に行きますか?そうなると就活とのタイムラグが発生してしまいます。

子供に高い水準の教育を受けさせたい人

有名私立学校も含めて教育環境は都会の方が充実しています。塾へも行かず、地方のナンバーワン公立進学校へ行ける人は本当に一握りです。

企画・営業など大きなプロジェクトで仕事がしたい人

うまく地方創生のプロジェクトを担当できればいいのですが、田舎の田園の中を自転車でドサ廻りする仕事かもしれません。スケールが大きい仕事をしたいのならば、やはり都会になるでしょう。

地元での友人関係がうまく行っていなかった人

Uターンということは地元に帰るということなので、小中学生時代の人間関係が復活するかもしれません。嫌な思い出がある人、「あいつだけは絶対に許さない!」という人、そういう人はUターンではなくJターンなどを目指すべきです。

都会の便利な生活に未練のある人

やはり近所にコンビニがあり、映画館もファストフードも歩いて行ける環境から離れられない人は、無理にUターンを行うとストレスがたまってしまうでしょう。

Uターン転職をする前にリサーチすべきこと4つ

ポイント

故郷といっても農業、漁業、林業などの第一次産業が盛んなところだけでなく、工業地域で有名なところもあります。
もちろん、故郷が田舎であるとは限らず、東京から大阪に出て、また東京に戻ろうとしている人も立派なUターンです。

自然豊かな土地ばかりとは限らず、自分の故郷がどんな産業が盛んで、どのような特色があるのか、具体的に就活をする前に、改めて考える必要があります。

ポイント

  • 地元で盛んな産業は何か?自分はそれに合っているか
  • どんな企業があるか?給与相場や募集職種は?
  • 家賃や光熱費、車の維持費の相場はいくらくらいか?(特に夏場や冬場の光熱費に注意する)
  • 自分の故郷がどんなUターン支援策を打ち出しているか?

以上4点について、地元の自治体や地域がどのようになっているのか、十分に確認することが大切です。

Uターン支援が充実している自治体

国土交通省

自治体によっては、Uターンを希望する人への支援策、制度が充実しているところがあります。上でも鳥取市、伊東市の例を紹介しましたが、他にもいくつか紹介したいと思います。

なお、全国各地のUターン(IJターン含む)を支援している自治体をまとめた、国土交通省のサイトも紹介します。

※国土交通省
地方振興:ふるさとSearch(ふるさとサーチ) – 国土交通省

地方から移住してくる人(Uターンを含む)を対象にした住宅建築の際の補助制度です。
最大50万円の補助があります。

「新築でわずか50万円」と思うかもしれませんが、補助制度でここまでの金額を支給してくれることはあまりありません。

県外からの若者等の定住人口拡大のため、市町村等が実施する「にいがたで「暮らす・働く」プロジェクトモデル事業」に要する経費に対し、補助金を交付するために定めたもの。

  • インターンシップ生に係る経費
    (インターンシップ中の滞在住居費、保険料、情報発信活動費など)
  • コーディネート料
  • 受入先謝金

などの支給を行っています。

Uターンを含む移住を検討している方が、

  • 1か月までの「短期お試し移住施設『じんべえ館』」
  • 1~6か月までの「中長期お試し滞在施設」

の2つの移住体験プログラムに参加できます。

前者は1日あたりひとり1000円、後者はひと月あたり3万円で地方の暮らしを体験できます。
敷金や礼金がいらないので、「まず働いてみたい」という人にはおススメです。

Uターンはみなさんの故郷に戻るということですので、故郷の自治体のHPなどでUターン支援策があるのかどうか、ぜひ確認してみてください。

Uターン向け転職サイト

Uターン就職・転職におすすめの転職サイト

Uターンをしたい人向けの転職サイトを紹介したいと思います。

doda

doda

大手転職サイトの「doda」ですが、特設コーナーとして「Uターン・Iターン転職」のページがあります。

Uターン転職に向いた求人をここで探すことができ、エージェントに登録すれば個別に対応してくれますので、ぜひUターン転職に興味がある人は登録していただければと思います。

また都道府県ごとのUターン転職支援制度や、相談窓口のページもあるため、みなさんの故郷の自治体をすぐにチェックできるのも大きなメリットです。

Uターン就職・転職まとめ

まとめ
  • Uターン就職、Uターン転職とは自分が生まれ育った自治体に戻って就職することである
  • Uターン転職を希望する人の理由はさまざまである
  • 都会で働くのとは全く違う部分がある
  • メリットばかりではなくデメリットもある
  • 「地方は物価が安くお金がかからない」は必ずしも当てはまらない
  • 自治体によってはUターンを支援する制度があるところも
  • 自分の故郷の自治体のHPなどで支援制度を確認する
  • 転職エージェントに登録してUターン求人を紹介してもらうとよい

Iターン・Jターンとの違いについて知りたい方は以下 ↓

Uターンと似ていますが、生まれ育った故郷から進学や就職で都会に転居、移住したまでは同じで、戻る先が故郷ではなく「故郷に近い地方都市」なのがJターンです。
⇒Jターンの詳細はこちら

Iターンとは?

都市部に生まれた人が、出身地とは違う地方(田舎)に移住して働くことです。故郷に戻るのではなく、「第二の故郷」に移住するという方法です。
⇒Iターンの詳細はこちら