うざくてやばい?ウズキャリ(UZUZ)の口コミ評判|既卒やフリーターに最適な転職サイト!

ウズキャリ(UZUZ)は既卒や20代のフリーター、ニートの採用に特化した転職サイトです。

今回はそんなウズキャリのメリットやデメリット、注意点、口コミ評判などを紹介していきます。

自宅での相談にも対応していますのでぜひ参考にして下さい。

うざくてやばい?ウズキャリ(UZUZ)とは

ウズキャリ(UZUZ)とは、株式会社UZUZが運営している転職サイトです。

その特徴は冒頭にも紹介した通り既卒やフリーター、ニートといった他サービスでは就職が難しい方々の採用に特化している点です。

自宅でキャリア相談もできる他、内定率も81.6%と非常に高いため、既卒、フリーター、ニートのいずれかの条件に合っている方は登録しておいて損はありません。

ウズキャリの公式サイトはこちら

ウズキャリ(UZUZ)の特徴・メリット

キャリアカウンセラー全員が元既卒・第二新卒

これは強いですね。

通常、キャリアカウンセラーやキャリアアドバイザーはキャリアを積んでいる方が多く、既卒や第二新卒ということは稀です。

例えばマイナビなどの大手転職エージェントなどは、運営が大手有名企業なので新卒や高学歴のエリートで構成されています。

そのため、既卒やニート特有の不安や悩みにリーチできる「共感力」が乏しいのです。

しかも取り扱っている求人もキャリアがあることを前提としたものが多いです。

これに対し、ウズキャリは全員が既卒者の不安を経験していることから、親身になってサポートする土壌ができているといえます。

キャリアカウンセラーが若い

全員が既卒や第二新卒を経験しているだけでなく、サイトを利用する既卒者と年代が近いので、話題や物事の感じ方に共通点が生まれてきます。

実際の就職サポートを進めるにあたりスムーズなコミュニケーションを促進できるので、内定も出やすくなるでしょう。

公式サイトを見て驚いたのですが、キャリカウンセラーに20代が多いのです。

自宅での相談やSkypeに対応可能

ウズキャリのメリットとして、キャリアカウンセリングを自宅でのZOOMやSkypeでも対応可能な点があります。

感染症リスクが低いだけでなく、外に出る手間がないので気軽に利用することが可能です。

また、自宅でキャリア相談に対応しているので、他サービスのように在住している地域も問いません。

通話料無料のツールですから、電話代もかからず安心ですね。

就職内定率や入社後の定着率も高い

また、ウズキャリはただ案件を紹介して終わりではなく、内定をするまではもちろん、入社後もサポートも徹底しています。

その結果、就職内定率は驚異の86%、入社後の定着率も96.8%という非常に高い数字を叩き出しています。

ブラック企業の求人は排除されている

ウズキャリは求人もブラック企業を排除しているので優良なものが多く、中には大手上場企業の求人もあります。

求人情報ではいくらでも綺麗ごとが並べられますが、厳密な審査により、「社保無し」「離職率が高い」「残業が多い」といったブラック企業を避けることが可能です。

既卒やフリーター、ニートの方はぜひ利用して下さい。

⇒ウズキャリ既卒の公式サイトはこちら

「空白期間」の説明も徹底サポートしてくれる

既卒者にあって新卒者にないもの、それは「空白期間」ですよね。この空白期間は、説明さえできれば強みにもできるのですが、欠点にしてしまう人が大半です。

ウズキャリでは、応募者ごと、求人ごとに面接対策を行うため、こういった既卒者特有の不安もサポートします。

個別or集団サポートを選択できる

個別サポートをうたうエージェントは多いですが、個別と集団を選択できるエージェントは少ないですね。

「個別はありがたいけどやや重い…」「同じ境遇の人と知り合う機会も欲しい」といった既卒者は、集団サポートのほうが向いているでしょう。

一方、個別サポートでじっくり面接対策をしてほしい…という方には、個別にカスタマイズされた面接対策が効いてきます。

ウズキャリ(UZUZ)の登録方法と使い方

まずは公式サイトから会員登録する

まずはウズキャリ公式サイトから、「まずは会員登録 無料」をクリックして下さい。

会員登録画面で以下の情報を入力します。

・性別
・最終学歴
・現状ステータス
・現住所
・希望勤務地
・就職もしくは転職希望磁気
・生年月日
・名前(必須項目)
・メールアドレス(必須項目)
・電話番号(必須項目)
・電話がつながりやすい時間帯

登録完了後は連絡を待つ

登録をすると早ければ当日、遅くとも数日内に担当者からメールor電話で連絡が来ますので、やり取りを進めていきましょう。

条件に合わせて様々な求人が紹介されると思いますが、気が乗らない求人は拒否してしまっても大丈夫です。

採用されればこれからの自分の運命を左右することになりますので、慎重に決めると良いでしょう。、

ウズキャリ(UZUZ)のデメリットや注意点

地域によっては求人数が少ない

地方在住でもSkypeなどで遠隔面談を行うなど対策はしていますが、地方によっては企業の求人数が少ないのも事実です。

主要都市なら全く問題ないのですが、田舎だと仕事の選択肢がそれほど多くない可能性があります。

キャリアカウンセラー・コンサルタントが若すぎて頼りない

自分の同年代のコンサルタントに相談できるのはメリットなのですが、若すぎるせいで人によっては頼りなさを感じたり、社会経験の点で不安があります。

応募者との共感力は高いでしょうが、コンサルタントとしての能力や営業力は他社のベテランと比べると劣るでしょう。

ウズキャリ既卒の評判・口コミを紹介

空白期間がハンデにならないようサポートしてくれた/24歳 女性

img_008大学を卒業後、1年半ほど空白期間がありました。職歴はなく、資格試験の勉強をしていました。
結果的にこの試験に不合格で、勉強機関がそのまま空白期間に……。
意を決して就職活動を試みたのですが、全く経験のないことで戸惑うばかり。
そこでウズキャリに相談しました。
応募書類の作成方法や初歩的なビジネスマナー、徹底した面接対策で徐々に自信をつけ、空白期間も自分の強みにしてもらいました。
結果的に勉強していた資格と関連する職種に就職が決まり、無事社会人としてデビューできました。

既卒のハンデをメリットに変えてくれた/27歳 女性

筆者も大学卒業後、公務員試験を目指して1年間勉強したことがあります。

残念ながら不合格で、これがそのまま空白期間となりました。

この期間をどうやってアピールするか、本当に悩んだ思い出があります。

ウズキャリでは、こういった既卒者特有のハンデを、メリットに変えるようサポートしてくれるようです。

ウズキャリ(UZUZ)の口コミ評判まとめ

既卒者のサポートに特化し、集団サポートと個別サポートを選べるなど、きめ細やかで柔軟性の高いサポートが魅力のウズキャリ。
筆者が20代の頃は、ほとんどなかったサービスですね。
労働に対する価値観やライフスタイルが多様化する中、自分の個性と企業をうまくマッチングしてくれるサービスが不可欠です。
ウズキャリでは、「普通の新卒とは違う生き方」を選択した既卒者を、社会の戦力にしてくれるサービスといえるでしょう。
何よりも、決して強引ではなく懇切丁寧なサポート体制が評判ですので、既卒者には自信をもっておすすめできるサービスですね。

ウズキャリ(UZUZ)

ウズキャリ広告
年代20代~40代雇用形態正社員.契約社員.
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア営業職販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度