頭で考えずにまず行動!仕事がつまらない、楽しくないと感じた時の具体的行動まとめ

頭で考えずにまず行動!仕事がつまらない、楽しくないと感じた時の具体的行動まとめ

仕事がつまらない、楽しくないと感じた場合、そうした思いを何もせず放置してしまうと雪だるま式に思いが増幅し、出社すること自体が嫌になり、最悪働けなくなってしまうこともあります。

仕事がつまらない、楽しくないと感じたらできるだけ早めに解消すること、せめて小さくなるよう努めることが大切です。

では具体的にどのような取り組みを行えば良いのでしょうか。
仕事がつまらない、楽しくないと感じた時にオススメしたい具体的な対策や行動についてまとめてみました。仕事のモチベーションの上げ方コラムも参考にどうぞ

仕事は楽しくないもの?仕事がつまらないと感じる理由

仕事がつまらない、楽しくない場合の対策は大別すると2つ!

仕事がつまらない、楽しくないとなった場合、その対策は大きく2つに分けることができます。

一つはつまらない、楽しくないという感情から自分の感情を遠ざけたり、そらしたりすること。
もう一つは原因を究明し、原因に応じた対策を打つことです。

自分の感情をそらす方法は仕事がつまらないという感情が比較的軽度であったり、部分的であったりする場合に有効で、重い場合には後者を選んだ方が良いと言えます。

仕事がつまらないといった感情が比較的軽度な場合、そうした感情をそらす方法からご紹介して参りましょう。

仕事がつまらない、楽しくないという感情をそらす

仕事とはつまらないことがあって当然

仕事は「つまらないことがあって当然」と考える

仕事は楽しく、快適なものだとの思いが強いと、仕事がつまらなく感じられた場面に遭遇すると余計にそのことが気になってしょうがなくなります。
「仕事とはつまらないことがあって当然」との割り切りがあれば、仕事がつまらない、楽しくないという思いに悩まされる機会はかなり解消できます。

そもそも仕事とは他者の要望を満たすことであり、自分の要望を満たすことではありません。
他者の要望が自分のやりたいことや望むことと一致するとは限らないのは、むしろ当然のことです。

ならば他者の要望を満たす場合に時として自分がやりたくない、つまらないと思う仕事に遭遇するのも当然と言うわけですね。

勿論仕事には楽しさや面白さ、やりがいもあります。
その範囲だけで仕事が成立するなら誰しもハッピーなことですが、それは不可能です。

つまり大なり小なり、仕事上でつまらないと思える部分に遭遇しているものであり、つまらないことがあって当然なのが「仕事」と割り切るようにすることです。
そう考えるだけでも気分がずいぶん楽になります。

週に一度程度は気分転換できる楽しみを持つ

ドライブ

プライベートな時間で楽しみがないと、ついつい仕事ばかりに意識がいってしまうため、仕事上でつまらないことがあると余計にそうした思いが膨らんでしまいがちになります。
逆にプライベートで定期的な楽しみがある方は、その楽しみが仕事のストレス緩和剤となり、仕事がつまらない思う場面も少なくなります。

皆様はアフターファイブや土日の休日にワクワクしたり、日常を忘れて没頭できたりするような楽しみはありますか?
と言っても、難しく考える必要はありません。

映画が好きな方なら大スクリーンで3D映画を見るのも良いですし、ラーメンが大好きだという方はたまには遠出して行列ができる人気ラーメン店に行ってみるのも良いでしょう。
交際相手がいる方なら、週末時間をかけてデートを存分に楽しむのでも構いません。

日常を忘れて心から楽しめるイベントを理想的には週1度程度企画し、思い切り楽しむようにすれば仕事上のストレスもつまらなさもかなり解消できるようになりますね。

楽しくないと感じる業務時間中にも実践できる「ささやかな楽しみ」を見出す

休憩する女性

週に一度程度の楽しみに加えてもう一つご提案したいのが、業務時間中であっても実践できる「ささやかな楽しみ」や気分転換できる方法を確保することです。

オフィス勤務の方に限られるかも知れませんが、例えば仕事中に飲むコーヒーが美味しいという方なら、つまらない、楽しくないと思っている仕事を命じられたタイミングでコーヒーを飲むようにするとそうした感情を和らげることができます。

好きな音楽を聞ける機会があるという方はコーヒー代わりにお気に入りの音楽を聴くのも良いでしょうし、オフィスのビルから見える景色で好きな景色があるという方は、景色が見える窓まで行って眺めることで気分のリフレッシュさせるのも一つの方法ですね。

他には、自分のデスクの上に家族の写真を飾り、モチベーションが低下した場合には家族の写真を眺めて気持ちを鼓舞させるという方法もあります。
尚、家族写真を飾るなら写真館で撮影した写真ではなく、つい微笑んでしまうような場面を撮影した写真の方がより効果的です。

考えずに済むルーティンワークなら楽しいことを考えながら行う

グランピング

仕事の中で多くの方が「単調でつまらない」と思う仕事がルーティンワークです。
やることが機械的で、工夫できることもなく、ただ同じ作業の繰り返しという作業は誰だって楽しく思えなくなってしまうものです。

しかしルーティンワークは完全に覚えてしまった段階なら、他のことを考えながらでも行えますのでこの特徴を活かすのが有効です。

具体的にはルーティンワーク中に仕事以外で楽しいことを思い浮かべなら、取り組めば良いのです。

例えば次回の週末に実施する自分へのご褒美イベントを考えることはそれ自体楽しいことですし、週末に何をしようかと悩まずにも済みますので一石二鳥ですね!

仕事がつまらないと感じる原因を探り、原因に応じた対策に取り組む

落ち込む女性

仕事に対しつまらない、面白くないという感情がかなり重い場合にはしっかりと原因を探り、原因に応じた対策に取り組むことが大切です。

具体的にどうすれば良いか、原因を探るためのポイントから伝授致します。

仕事がつまらないと感じる原因の探り方

5つの視点から該当する原因がないかを探る

なぜ仕事がつまらないのか、楽しく感じられないのか、漠然と考えてみても意外に原因がはっきりしない場合があります。
あるいは思い付いたことだけを全ての原因と考えてしまい、本質的な原因を見落としてしまうこともあります。

そこで、自分で原因を漫然と考えるのではなく、次にご紹介する7つの視点から該当する具体的な理由がないかを潰しながら考えるようにすると、何が原因かわからず悩んだり、原因を一つに決め付けたりすることを回避できるようになります。

仕事がつまらない、楽しくないと感じさせる主な7つの視点

  1. 仕事に対する関心や好き、嫌いに起因するもの
  2. 仕事の単調さや変化のなさにもとづくもの
  3. 仕事の段取りやプロセスに起因するもの
  4. 仕事の結果や成果に基づくもの
  5. 人間関係にもとづくもの
  6. 勤務時間や待遇が悪く、プライベートが充実できない
  7. 正当な評価がされず、昇給されない

ではそれぞれの視点で該当する原因があった場合にはどのような対策に取り組めば良いか、一つずつご紹介して参りましょう。

仕事に対する関心や好き、嫌いに起因するもの

泣きながら歩く会社員

例えば建物が建設される様子が子供の頃から大好きだという建設作業員なら、少々のことがあっても仕事がつまらない、楽しくないとは感じないでしょう。

一方、建物に全く興味や関心が持てない方が建設作業員になったり、建設会社の営業マンになったりしていれば、仕事がつまらなく感じるのは時間の問題と言えるかも知れません。

業界や職種研究を徹底的に行ってみる

子供の食わず嫌いがそうであるように、関心が持てない、嫌いという感情は実は無知や印象、イメージだけにもとづいており、確固たる理由がない場合が意外に多いものです。

そこで自分の業界や職種、あるいは商品やサービスについて関心が持てないという方は、少々我慢して業界や職種などについて徹底的に研究してみることをオススメします。
そうすれば、自分の興味がそそられるような発見があり、そこから一気に興味や関心が高まることも期待できるためです。

自分が真に興味や関心を抱ける業界や職種へ転職する

徹底した業界や職種研究を行ってみても、やはりどうしても好きになれない、関心が持てないという結果になったのであれば現職に居続けることは苦行となってしまいます。

そのような場合には、同じ轍を二度と踏まないよう、自分が真に興味や関心を抱ける業界や職種をしっかりと研究・検討した上で、そちらへ一刻もはやく転職することをオススメします。

仕事の単調さや刺激のなさにもとづくもの

やる気のない会社員

気分をそらす方法でも登場した「ルーティンワーク」などが、仕事がつまらないという強い感情を引き起こす要因になる場合もあります。
人間は単調な作業や刺激のない取り組みがずっと続けば飽きたり、嫌になったりするものなので、仕事がつまらないと感じるのも無理のないことです。

「仕事の単調さや刺激のなさにもとづくもの」の対策は?

気分転換や気分をそらう方法がベター

仕事の単調さや刺激のなさからくる仕事がつまらないという感情には、すでにご紹介した自分の気分をそらしたり、休日などを活用して気分転換を図る方法をまず試みることです。
仕事の単調さは単調な面に意識がゆけばゆくほど、つまらなさが増大することになります。

他に楽しいことを考えながら仕事を行えば、単調さだけに意識が奪われないため、つまらなさを和らげられる可能性があります。

集中力が問われる上に大きな苦痛を感じている場合

しかし同じ単調な仕事であっても、集中しないと取り組めない仕事もあります。

例えば精密機械の部品組み立てなどがそうですが、作業自体は全く同じであっても、作業中はミスがないよう仕事へ集中することが求められます。
通常、単調な作業であっても集中しなければならない場合は、集中することで仕事がつまらないと考える余裕はあまりありません。

おそらく仕事が終わってから、ホッと我にかえった場面で仕事に対するつまらなさがこみ上げてくる状態だと考えられますので、そのような場合にはプライベートの時間で楽しみを持つことが対処策として有効です。

ところが、集中しなければならないはずの作業中につまらない、楽しくないという思いが頻繁にこみ上げてくるようなら、かなり重症です。
マイナス感情によってすでに集中力にも悪影響が生じている状態ですので、このまま仕事を続けていれば重大な失敗を招くおそれもあります。

こうした状況に陥った場合には仕事そのものを変えること、即ち「転職」を考えることが望ましいと言えます。

自分のスキルアップが実感できない

多くの人は仕事をする中で、なにかしら自分の成長を望んでいるでしょう。そして自分の成長を感じた時には喜びを感じます。
しかし、自分のスキルを活かせず、成長が実感できないでいると、その仕事に対してやりがいや楽しさを感じなくなるものです。

仕事がどれだけ大変であっても、日々の成長が実感できるのであれば、それがやりがいになってくるものです。

スキルアップの機会を与えられないような職場だと、仕事そのものに嫌気を感じるようになり、会社で働く意味が見いだせなくなる人もいるでしょう。

改善点を考えながら工夫して仕事に取り組む

誰にでもできるような淡々とした仕事を任されているのなら、その中でも自分なりに改善点を探しながら仕事に取り組んでみましょう。
パターン化された業務の中にでも、探してみると改善の余地はあるはずです。もっと効率的に、もっと早く、もっと楽にできる方法がないか、考え、チャレンジしてみることで仕事への取り組み方にも変化が出てくるでしょう。

その中で、思った通りの結果が出れば、同僚や上司など周りからの評価にも繋がり、仕事に対する意欲も湧いてくるでしょう。

自分の思った結果が出ると、仕事が楽しく感じるし、それが人から評価されると、やりがいもアップだね。

別の部署へ異動ができないか検討・申告してみる

やはり、自分のやりたい仕事・スキルアップのできる仕事内容でないと満足できない人もいるでしょう。

意外にも、自社の制度を正しく理解できていない人は多く、調べてみると、部署ごとに人材の異動を申告できる「社内公募」という制度があったりします。また、制度がないとしても、異動が役職者同士の話し合いで決まるケースなどもあり、役職者に自分の希望を伝えておけば、異動させてもらえる可能性もあります。

異動シーズンを待たずとも、自分から積極的に行動を起こすことで異動できる可能性を探り、広げていくことも非常に大切なのです。
部署が変われば仕事内容も全く違ってくるので、興味のある部署へ異動できるかどうか、いちど調べてみるのも有効ですね。

仕事の段取りやプロセスに起因するもの

マニュアル

ほとんど人が、自分のスキルをはるかに超えるような質や量の仕事を与えられても、何をどうすればいいのかわかりません。仕事に着手するための段取りや手順、仕事のプロセスが不明なまま仕事に取り組んでいる場合に多く見られる要因です。

仕事に対して思うように結果や成果が出ないときは、どうしてもマイナス意識が働きやすくなるもの。上司や周りにも評価されず、ついネガティブな感情が出てきて、負のスパイラルに陥ります。

スキルアップを図り、新しい知識を取り込む

営業や販売で契約数や売上数を伸ばすためにまずは弱点を分析。

その上で、自分のトーク力や商品知識を高めるなど、違う展開で打破してみましょう。

自らがスキルアップすれば、おのずと結果や成果はついてきます。自分の持っているスキルや資格の有無にかかわらず、趣味や過去の経験を通じて得意なことを取り入れてみるのもいいかもしれません。

マニュアル学習や指導を受ける

現状を改善する方法は「正しい方法を学ぶこと」に尽きます。
もし仕事の段取りやプロセスがマニュアル化されているなら、時間を割いてマニュアル学習に取り組むことです。

マニュアルを通じて知識が習得されれば、すぐにその通りできなくとも少なくとも不安は解消されます。
また、マニュアルがないという場合には仕事を上手にこなせる先輩社員や上司に時間をとってもらい、仕事の段取りやプロセスについて一から丁寧に指導を受けることです。

マニュアルもない、指導も受けられないなら転職を検討すべし!

今時「仕事は見て覚えろ、盗め」といった古めかしい発想では、企業は競争に勝てません。

社員の生産性という観点からマニュアル化できる部分はマニュアル化すること、指導が必要な部分は指導体制を構築して指導を行うことは企業にとって必須の取り組みと言えます。

そうした必要な取り組みが満足にできない企業にいても、この先、仕事がつまらないという感情は解消できません。

となると、マニュアルや指導体制が整っていることなどを重視しつつ、新しい職場へ転職することが良策ですね。

人間関係にもとづくもの

無視される男性

この要因は仕事自体が楽しくない、つまらないというより、共に仕事を行う上司や同僚、あるいは部下などに対するストレスや悪感情が、その職場での仕事をつまらなくさせている場合です。

人間関係に基づく場合の3つの対策

この場合どうすれば良いかですが、方法は3つです。

  1. 一定期間我慢する
  2. 関係を改善する
  3. 転職
一定期間我慢する

一つは「(一定期間だけ)我慢する」という方法です。

会社、特に大手企業なら組織のマンネリ化防止のため定期的に人事異動が行われますから、そうした組織に属しているなら関係が悪化している対象者、もしくは自分自身が他の所属先へ移動するまでの間と割り切り、我慢するという方法があります。

無期限に我慢することはできなくとも、例えばあと半年だけ我慢すればこの人物とおさらばできるとなればそれを目標にネガティブな感情も封じることは可能になってきます。

関係を改善する

二つ目は「関係を改善する」ことです。

組織で共に働いている以上毎日接触はあるでしょうし、その中で一定のコミュニケーションも必要でしょうから、気持ちをそらす方法だけでは解決困難です。
ならば思い切って自分の気持ちを正直に伝え、関係改善に向けて話し合うことは人間関係問題を解消するための王道的方法です。

ただし相手が上司や先輩であれば気持ちを伝える場合に慎重に言葉を選ぶこと、感謝の気持ちも持って臨むことが大切なのは言うまでもありません。

転職し環境を変える

三つ目は「転職」です。

我慢することも困難、関係改善もはかれない、しかもそうした状況が仕事に対する意欲も奪っているなら状況はとても深刻です。
待つことも関係改善も図ることもできなければその組織から飛び出すこと、即ち転職という最終手段を取らざるを得ないと言えます。

労働時間や待遇が悪く、プライベートが充実できない

「残業があたりまえで定時に帰れない」「長時間働いているのに思っているような給料がもらえない」ワークライフバランスが悪く、プライベートな時間よりも、仕事の拘束時間が長いことへの不満がつのった結果です。

1日の仕事内容を見返してタスク化する

  1. 当日中にどうしてもやらなくてはいけない仕事、次の日に回しても支障が出ない仕事の2つにジャンル分けをする。
  2. まずはどうしてもやらなくてはいけない仕事をタスク化して、1つずつ順序立ててクリア
  3. 余裕があるなら次の日に回しても問題ない仕事をスタート。
  4. もし残業になりそうなら30分~1時間程度ときっぱり区切りをつけて、時間内でクリアできそうな仕事からスタートする。

どうしても仕事が終わりそうにないなら、上司に相談してアドバイスをもらうなど、まずは自分で拘束時間を短くする環境づくりからスタートしてみましょう。週末に次週のスケジュールをチェックしタスク化。週の真ん中に見直すと◎!空いた時間で習い事をスタートさせて、プライベートを充実させられます。

正当な評価がされず、昇給されない

スキルを持っているのにも関わらず給料に反映されないと、仕事に対するモチベーションが下がる一方。「給料が上がらず、数年間基本給が変わらない」「資格取得や実績が評価されず、手当がもらえない」など、自分のスキルに対して正当な評価がされないパターンです。

社内の別部署への異動や公募をチェックする

基本給や手当てなどの賃金アップは、上司に主張しても反映されないことが多いでしょう。自分のスキルが十分に活かせて、きちんと評価される部署で異動できないかを検討してみてください。社内公募がされていないか?もチェックしてみましょう。辞令を待つのではなく、自分から動くことが大切です。

思い切って転職する

仕事内容や業種・業界に不満がないのなら、思い切って違う会社に転職してみるのも1つの手です。本当に正当な評価がされているのか?他社では、自分のスキルが評価されるのか?自分の市場価値をチェックしてみましょう。

      
こちらの記事も読まれています