時代が変わっても、未だに厄年であることを懸念して人生の転機となる転職活動を避ける人は少なくはありません。しかしそもそも厄年の成り立ちとはどのようなもので、具体的にどんなことが起こりやすいのかきちんと説明できる人はとても少ないのです。
それでも厄年が気になるという人のために、厄年の基礎知識とおすすめの神社、そして就職活動を成功させる秘訣を紹介します。きちんとした知識を身に着けておけば厄年における転職活動も怖くはありませんよ。

厄年ってどんなもの?なぜ忌み嫌われているの?

厄年とは災難が身に降りかかりやすく、万事において気をつけないといけないと言われる年齢です。俗信である厄年ですが、その歴史は古く平安時代には既に厄年が存在していたとされていますが、庶民に広がるようになったのは江戸時代になってからのことで、
現在まで深く根付いています。
人生の転機となる出来事が起こりやすい厄年は慣れない環境で身体を壊しやすく、また災難にも合いやすいと考えられていることから新しい試みを避けて、慎んだ暮らしを送ることを進められています。厄年に結婚や転職など人生の転機となる出来事を
避ける人も少なくはありません。

男女それぞれの厄年は?

厄年は男性と女性によって異なるもので、
男性:13、25、42、61歳、
女性:13、19、33、37、66歳
で本厄を迎えます。その前後の年齢が前厄と後厄にあたるので、かなり長い期間に渡って厄年は続くと言えるでしょう。
また厄年は一般的に数え年で当てはめるものです。しかし数え年の計算方法も様々で旧暦1月1日時点での年齢で計算したり、立春や新暦の1月1日で計算したりと、地域や家庭によって微妙に違ってくる様子。
ちなみに2017年に本厄を迎えるのは数え年で考えると、男性は1993、1976、1957年生まれ、女性は1999、1985、1981、1957年生まれの人です。
この年齢はどのように決められているのでしょうか。諸説ありますが、最も有力なのは33(散々)、42(死に)など語呂が悪い年は縁起が悪いという説です。厄年がダジャレのような語呂合わせで決められているなんてなんだか拍子抜けですね。
また厄年が庶民にも普及した江戸時代には、13歳で元服、男性は25や42歳の時に地域の重要な役目に就くことが多く、転機となる年と言われていました。女性も19歳で結婚・出産、33歳で子育てがひと段落する年であり、環境が一変することから、
身体に疲れがたまりやすく災難に遭遇しがちな年と考える傾向があったようです。
しかしこれは江戸時代の話で、現代に生きる人のライフスタイルには当てはまらないので、あまり気にしすぎることはないでしょう。

厄年にしたほうがいいことと避けた方がいいこと

科学的な根拠は一切ありませんが、俗説で厄年には避けた方がいいと言われることや、反対に進んで行った方がいいということもあります。厄年を気にする人は知っておきたいものですね。

厄年に避けた方がいいこと

結婚・出産

人生の転機となる結婚や出産を厄年にするとうまくいかずに失敗してしまうと考える人もいます。

家の建築・引っ越し

これもまた人生の一大転機となる出来事なので、避けた方がいいと考える人がいます。

転職

他の事例と同様、がらっと生活スタイルが変わる転職は、なるべく避けたいという人も少なからず存在します。

厄年にしておいた方がいいこと

神社やお寺で厄落とし

お布施を払って神主や神官にお清めをしてもらうと厄を落とすことができると言われています。厄落としの方法は寺社によって異なります。

出産

厄年の出産はよくないと考える人がいる一方で、出産は厄落としになると考える人も少なくはありません。特に男の子を産むとよいとか…。なぜ男の子なのか根拠が気になるところです。

節分

節分時には自分の年の数だけ豆を捨てると厄を落とせると考えられています。

玄関の水まき

風水では厄年の際に玄関に水を撒くと開運を呼び込んでくれると考えられています。
その他にも毎日お風呂に入る、帰宅後は必ず手洗いうがいをするなど当たり前のことをより丁寧に行うといいとされています。肩甲骨を回したストレッチや、布団を天日干しすることも身体や心に良い影響を与えてくれます。

厄払いしたい人におすすめの寺社5選

転職活動をすることを決めたものの、どうしても厄年が気になるという人は、厄落としに定評のある寺社で厄払いをしてもらってはいかがでしょうか。豊富にある日本の寺社の中からおすすめを紹介します。

中野不動尊(福島県)

日本三大不動のひとつに数えられている中野不動尊は、魔よけのスポットとして有名で全国から訪れる人が大勢います。敷地内にある不動の滝を眺めているだけで清らかな気分になって厄を落とせそうな気がするでしょう。厄払いは5,000円から依頼できます。

川崎大師(神奈川県)

厄払いと言えば神奈川県にある川崎大師を思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。お譲摩修業では心身を清めた導師が、ごま木を焚いて厄払いをしてくれます。

神田明神(東京都)

1300年鎮座していると言われる神田明神。江戸時代には将軍から庶民までが厄落としに訪れていた有名な場所です。白い狩衣を着て、神官と巫女が20分厄払いをしてくれるでしょう。

上賀茂神社(京都府)

世界遺産にも登録されていて、最も古い歴史を誇る京都の神社は旅行の神様としても有名です。祀られている賀茂別雷大神の雷が災難を払ってくれるでしょう。

法多山尊永寺(静岡県)

東海地方の厄除けと言えば何といっても法多山尊永寺が有名。厄除け観音として知られる名刹です。串団子の厄除け団子はほんのりと甘く、厄落としを期待できるでしょう。

厄落としの時期ですが、一般的に立春前に行くことがよしとされています。元旦から節分の間に空いている時間を見つけて行ってみるといいでしょう。

現在の厄年への捉え方は?

厄年が深く信じられていた江戸時代とは異なり、最近ではあまり重視していない人も多いです。大きな理由はやはり江戸時代とは生活様式や価値観が異なりすぎて、厄年にあたる年齢が昔とずれていること。
確かに今の時代に19歳で結婚や出産をする人はかなり少ないですよね。元服制度がなくなった今、13歳の厄年というのもあまり気にする必要がないでしょう。
また最近ではネガティブなイメージの強い厄年を「躍年」と考え、スキルアップの年とポジティブにとらえる人も少なくはありません。転機を迎える年齢であるからこそ、身体には気を付けつつあえて積極的に動いてみようと考える
人が増えてきています。これは決して悪いことではありませんね、

厄年の転職活動を成功させるためには!

前厄から後厄まで含めると男性は24~26歳、女性は32~34歳、さらに36~38歳とかなり長い期間厄年を過ごすことになり、気にしていると結局転職の時期を逃してしまいそうですね。しかしやっぱり厄年が気になるという人は、
寺社へのお参りだけではなく、日常的に厄払いの習慣を身に着けるといいでしょう。

とにかくネガティブ思考は厳禁!

転職活動をしていれば、残念ながら不採用になってしまうこともあります。そのようなとき「厄年だったから」と考えてしまうと、ネガティブ思考が止まらずなかなか前進できません。嫌なことがあっても絶対に厄年のせいにしてはいけません。

転職先が決定してから退職する

保険をかけるわけではありませんが、今後の生活を考えて転職先が決まる前に退職するのは避けた方がいいでしょう。心を落ち着けてポジティブに就職活動に取り組むのが吉です。

転職エージェントを利用してみる

転職エージェントを利用すれば、いろいろな求人を紹介してくれるので自分に合ったものを見つけることができるでしょう。もしうまくいかなくても専任コンサルタントが相談に乗ってくれるので、上手にストレスを発散しながら就職活動ができそうです。

まとめ

厄年は未だに気にする人が多いですが、あまりとらわれているとうまくいくものも、いかなくなる恐れがあります。厄落としに行くなどさまざまな方法を取ることで厄年への不安を払しょくして、自分のテンションを高めましょう。