薬剤師を辞めたい、辛い8個の理由|将来後悔しない選択の方法

薬剤師_辞めたい_辛い_理由

厳しい道を乗り越えて薬剤師になったものの、様々な事情から「辞めたい」と感じる方はたくさんいます。

そこで当記事では辞めたい人が辞めるべきか、辞めないべきかの判断の助けとなる、薬剤師を辞めたいと思う理由や辞めた後に後悔しないための方法について紹介します。

薬剤師が辞めたい、辛いと感じる8つの理由

薬剤師_辞めたい理由

薬剤師として働くのがつらい!辞めたいと思う主な理由としては、次の8つがあります。

  1. 人の命に関わる仕事で調剤ミスが怖い
  2. 覚えることが多すぎる
  3. 労働時間が長い
  4. 職場の人間関係になじめない
  5. 給料が上がらない
  6. 自分のやりたい仕事ができない
  7. コロナの影響で雇い止めになった
  8. 病院薬剤師は縦割り組織でパワハラがつらい

では、ひとつずつご説明していきます。

人の命に関わる仕事で調剤ミスが怖い

調剤は人命にダイレクトに関わるだけに、常に緊張が伴います。

特に調剤ミスや誤った服薬指導でお客様に迷惑をかけた経験があったり、被害が出てしまうと次からの調剤業務が怖くなるのは当然です、その緊張感や不安から薬剤師を辞めたいと思うケースがあります。

調剤ミスに対する上司・先輩のパワハラが怖い

調剤ミスを職場のスタッフがフォローしてくれる現場ならいいのですが、職場によっては上司や先輩が厳しく叱責するところがあります。

さらに「君の仕事は信頼できない」「何を学んできたんだ」など人格を否定するようなパワハラ、モラハラが横行し、働くのがつらいという薬剤師が多いのが現実です。

覚えることが多すぎる

薬剤師の仕事はそれぞれの病院が採用している採用薬を覚えるのが大変で、それ以外にもピッキングや計量、服役指導などとにかく覚えることがたくさんあります。

本人は早く覚えようと努力していますが、いつまでも覚えられないと「使えないヤツ」というレッテルを貼られてしまいます。とは言っても、そもそもきちんとした研修を実施していない薬局が多く、そのこと自体が問題なのですが職場環境はなかなか改善されません。

その結果、自信をなくして辞めたいと思うようになります。

労働時間が長い

管理薬剤師が少ないドラッグストアでは残業は当たり前で、1ヶ月に100時間近くの残業があるという人もいます。

残業手当がきちんと支給されない職場や有給休暇が取りづらい職場もあり、「こんな環境ではやっていられない」と辞めたくなる薬剤師が多くいます。

この辺りは現役薬剤師である「くすりの勉強」さんも過去に言及していました。

職場の人間関係になじめない

ドラッグストアや調剤薬局、病院の薬局と薬剤師が働く場所はたくさんあります。

しかし基本的にはどの職場も小さな組織なので、そこでの人間関係が悪いと働くのがつらくなってしまいます。

給料が上がらない

薬剤師は一般職と比較すると時給や月給(基本給)が高いですが、資格を取得するまでの学費や努力、現場での大変さを考えると給料は低く、なかなか昇給しません。

特に地方によっては高いと言われている給料すら低いので、辞めたいと思う人が多いようです。

自分のやりたい仕事ができない

薬剤師になったものの、現場でやる業務が「思っていた仕事と違う」と感じる人が多いのが現実です。

例えばドラッグストアで調剤の仕事よりも品出し業務をさせられる、薬品以外の商品販売のノルマがある、流れ作業のように仕事をするだけでお客のケアができない……など思い描いていた仕事と異なり、やりがいを感じられず辞めたいと思うケースがあります。

コロナの影響で雇い止めになった

薬剤師の中には派遣薬剤師としてドラッグストアで働く人も数多くいます。

派遣薬剤師は給料はいいのですが、コロナの影響を受けてドラッグストアの業績が悪化し雇い止めにあったというケースが増えています。

また、雇い止めとまではいかなくとも出勤日数が大幅に減り、生活ができないため薬剤師を辞めたい人も多いです。

病院薬剤師は縦割り組織でパワハラがつらい

病院の薬局は縦割りの組織で、薬剤師の中でも上司や役職に就いている人が威張っています。命令口調で指図する、「こんなこともできないのか」とけなすといったことは日常茶飯事です。

パワハラも横行していて改善提案や意見を言うことなどできず、「このまま一生ここで働くのは無理」と辞めていく薬剤師がいます。

薬剤師の仕事がつらい!辞めるべき?続けるべき?

このように薬剤師の職場はどこも狭い世界で、毎日同じメンバーと顔を合わせなければなりません。

人間関係や職場の雰囲気が合わない状態で働くのは本当につらいものです。どんな職業であっても心身を病んでまで続ける必要はなく、自分に合った生き方をした方がいいですよね。

ただ、薬剤師は立派な仕事であり努力して国家資格を取得したのですから、辞める前に以下を参考に本当に辞めるべきか検討しましょう。

薬剤師を辞める前に考えるべきこと

薬剤師を辞める前に、まず次のことを考えてみましょう。

  1. 薬剤師そのものを辞めたいのか
  2. 今の職場を辞めたいのか

冷静に考えると「今の職場を辞めたいだけで、給料が良くせっかく資格も取った薬剤師そのものは辞めたくない」というのが本音ではないでしょうか。

それなら薬剤師として別の職場で働く道を検討してはどうでしょう。

薬剤師という仕事そのものに嫌気が差しているなら辞めるのもあり

ただ、命への責任や仕事がつまらないなど、薬剤師の業務そのものが嫌で辞めたいと感じているのであれば辞めるのも手です。

薬剤師をしていた、という経験があると面接官にしっかりしている印象を与えられるので、dodaなどの求人サイトを利用すると未経験の一般職でも転職が成功する可能性が高いです。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

公式サイト:https://doda.jp/

ただ職場を変えれば解決しそうな悩みであれば、別の職場に転職をすることをオススメします。

仕事を辞めたい薬剤師が転職で後悔しないためのポイント

薬剤師として働く場所はたくさんありますが、転職した先も自分に合わないと困りますよね。

そこで、転職する前には必ず次の点を考えてみましょう。

  • 転職条件の優先順位を明確にする
  • 長く勤めることを前提に求人を探す
  • 自分に合う職場や仕事を第三者に相談する
  • 転職サイトを利用する

では、ひとつずつ見ていきましょう。

転職条件の優先順位を明確にする

やみくもに転職活動をして新しい職場を見つけても、またつらい思いをするだけかも知れません。まずは自分が転職先に求める優先順位は何かを整理してみましょう。

たとえば次のような項目で自分は何を優先させたいのかを考えてみてください。

  • 給料(賞与を含む)
  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • 福利厚生(有給休暇や育児休暇などの取りやすさなど)
  • 職場の人間関係
  • 職場の雰囲気
  • 転勤の有無

給料を重視するなら給与の高い職場を、勤務時間を重視するなら残業時間が少なかったり、休日日数の多い職場を探しましょう。

ここがぼんやりしたまま転職してしまうと、転職はしたは良いもののまた後悔する事になる可能性が高いです。

長く勤めることを前提に求人を探す

転職するときは長く勤められることを前提に求人を探すことが大切です。

上の優先順位の部分でも触れましたが、将来的に育児休暇や介護休暇が取りやすいかどうか、有給休暇がきちんと取れるかどうか、遠方への転勤がないかどうか……など、自分のライフスタイルを考えて仕事を探してみましょう。

自分に合う職場や仕事を第三者に相談する

「人と接するのが好き」「どちらかというと研究家肌」「黙々と作業をするのが好き」など、自分の性格や得意な分野によって最適な職場が異なります。

しかし、自分の強みや適性は意外とわかっていないことが多いものです。

そこで同業者の先輩や友達に自分の適性を聞いてみましょう。自分では気づいていない意外な適性が見つかる可能性があります。

また、薬剤師専門の転職サイトにいるアドバイザーに相談するのもおすすめです。転職サイトのアドバイザーは多くの薬剤師を転職成功に導いています。

あなたの悩みや現状を聞いた上で、どんな職場や業務が向いているのかアドバイスしてくれるでしょう。

転職サイトを利用する

自分で求人を探すのは結構大変です。給与などの条件は求人票である程度わかりますが、職場の雰囲気や具体的な業務内容などは入職してみないとわからないです。

そこでおすすめなのが、薬剤師専門の転職サイトです。コンサルタントが無料で希望条件や今までの悩みなどを聞いて、条件をクリアする求人を紹介してくれます。

また、面接突破の確率があがる志望動機や自己PRのポイントなども教えてくれるので転職活動がスムーズに進められます。

参考:https://success-job.jp/yakuzaisi01/

薬剤師辞めたいのまとめ

薬剤師になるのは大変ですが、実際に働いてみると雑用が多い、覚えることがいっぱい、勤務時間が長いなど職場環境に問題があるところがたくさんあります。

また、薬局(ドラッグストアを含む)は小さな組織なので、人間関係が合わないと働くことがつらくなってしまいます。

しかし、せっかく努力して資格を取得したのですから、自分に合う職場を探して転職してみましょう。

薬剤師の転職は、自分が年収や福利厚生、休日など何を優先するのかを整理するのが重要です。

ハローワークなどを利用するとブラック求人が多いので、薬剤師の業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれる転職サイトを利用することをおすすめします。

辞めたい薬剤師におすすめの転職サイト

m3運営だから求人の質に優れた薬キャリ

薬キャリ

薬キャリ
年代20代~50代雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
おすすめ度
ポイント
  • 自分だけのオーダメイド求人により理想の転職が出来る
  • 即日求人があるので迅速な転職が可能
  • ハローワークより多数の求人があり
こちらの記事も読まれています
公式サイト:https://pcareer.m3.com/

個別相談をしてくれるファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
年代20代~50代雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
おすすめ度
ポイント
  • 公開求人のみで56,000件以上
  • 全国に15の実拠点ありなので地方にも強い
  • 時給5,000円↑の好条件の派遣求人が多数
こちらの記事も読まれています

公式サイト:https://www.38-8931.com/