ニートだった人がいきなり社旗復帰するには、ハードルが高いです。

・このままではダメだ
・今のこの生活から脱出しなくては

働く意欲が少しだけ出てきた!そう思ったときが、就職活動をするチャンスです!

やる気があるうちに正社員で就職できるように準備をしていきましょう。

ニートが正社員になるために、まず何をしたらいいのか?まとめました。

現実は厳しい・・・30代で職歴なしやニートだとやっぱり就職できない?

・ニート歴が長すぎて、30代に突入したものの職歴はない
・職務経歴書にアルバイト経験を書いたら【正社員の経験がないなら職歴なしと一緒】と言われた
・求人を見て応募しても30代後半で職歴がないと、履歴書すらみてもらえない

20代の場合、新卒で就職してすぐ会社を辞めてしまった、あるいは職務経歴書に書けるほど働いていない場合でも、まだ正社員で雇ってもらえる可能性があります。
職種の選択肢も幅広いです。
しかし30代に突入すると、職歴があったとしても前職の実績がないと、転職も厳しくなります。
もちろん職歴なしニートの30代の風当たりは厳しいです。家庭の事情や、健康上の理由で働くことができなかった人もいるかもしれませんが、ムダにニート歴が長くて職歴が全くない人もいますよね。
一念発起して就職活動をしよう!と思っても、30代で職歴がない人の就職は現実的に厳しいですし、何から始めたらよいのか分からない人も多いのでは?

諦めるのはまだ早い!30代で職歴がなくても、しっかり社会に出て働いている人もたくさんいます。
やみくもに求人に応募するだけでは、採用はもらえません。

こちらの記事では、30代で職歴がなくても就職したい!ニートが正社員になるためにすべきことを詳しくご紹介していきます。

30代後半で職歴なしの男女比率って?

総務省では、毎年労働力調査が行われています。
実際、30代後半で非労働力人口が2017年9月時点でどれくらいいるのか調べてみました。
※非労働力人口とは・・・満15歳以上の人口のうち、病気などの理由があって働けない人と働く意思がない人を足した合計人数のこと

男性 女性
1月 30 220
2月 29 231
3月 39 224
4月 42 209
5月 36 206
6月 31 211
7月 31 212
8月 33 209
9月 32 208
※単位:万人

平均すると男性が33万人、女性が214万人という記録が出ています。

女性の場合、結婚して専業主婦になった人も対象になるので、多くなる傾向があります。
しかし男性でも33万人は働けていない人がいるということです。

非労働力人口の数字を見ただけでは、一概に30代後半で職歴がない人の割合は出ませんが、統計的に約3割の人が30代後半で職歴がないと言われています。

なぜ30代後半まで職に就かなかったのか?

家族の介護をしなければいけなかった、自分自身が病気で入院しがちや、働きたくても働けなかった人が多かったです。

・突然病気に襲われて20代からずっと闘病生活をしている
・持病が悪化して、入退院を繰り返しているため働けなかった
・母が障碍者手帳を持っていて、病気も進行して介護が必要だった

30代で職歴がない理由のメインは【介護や病気】という背景があったようです。夢を追いかけていた人の中で目立ったのが

・資格を要する仕事がしたくても、なかなか取得できなかった
・歌を仕事にしたくてバンド活動をしていたけど、軌道に乗らなかった
・手に職をつけたくて修行していたけど、結果が出なかった

という人も割と多かったです。
世界一周旅行やボランティアで海外に出ていて職歴がないなど、割と明確な理由がある人が多い反面、ごく一部は引きこもりやニートで社会にでるタイミングを逃してしまったという人もいるようです。

30代後半職歴なしでも就職は可能なの?

結論から言うと【職種を選ばなければ十分可能】です。
わかりやすく言うと、30代で職歴もなく、ニート生活だった人がいきなり高収入の外資系の大手商社を狙うのは難しいですよね?100%とは言い切れませんが99.9%無理だと思います。
職歴なしの30代ニートだけど、よっぽどズバ抜けて魅力的なスキルを持っていて、採用担当の人が興味を示さない限りは、0.1%の期待もできないでしょう。しかし、

・小さな会社だけれど、徐々にスキルをつけていずれ正社員になる
・飲食店などのサービス業で、研修期間を経て契約社員から正社員になる

アルバイトや研修期間経てから正社員になることが多いとおもいますが、飲食店や個人経営の会社の場合、スタートから正社員で雇ってくれる可能性もあります。

どんな職業なら正社員になれる可能性がある?

・住みこみや寮がある仕事
・BtoBではなく、BtoCの営業マン
・年齢制限がなく、資格を取得してから働けるもの(介護・美容師・医療事務など)

体力勝負の住みこみの仕事の場合、最初から正社員雇用をしてくれる可能性があります。車のライン工場や大工などは需要が高いです。企業相手ではなく、一般のお客様相手の飛び込み営業マンも、試用期間が経過したのち正社員になれることもあります。しかし、やはり職歴がなく30代になって就職すると【お給料が低い】といのも現状です。正社員雇用が1番のゴールだけど、ある程度収入が欲しいという人は、資格を取ることをオススメします。資格を持っていないと仕事をすることができない職業は、職歴や学歴に関係なく、工場や営業で働くよりも給与が高いことが多いです。資格取得には何歳までという制限もありませんし、時間がある人は専門学校などに通うと、新卒扱いになるのでさらに有利になります。

30代で職歴がないけど、就活をするにはまず何から始めればいい?

やみくもに求人広告をチェックして、応募し続けても就活は成功しません。

まずは、就職サイトに登録をして情報収集をしましょう。
就職サイトは、自分プロフィールを登録すると、興味をもった先方からオファーが来ることもあります。
個人的に就職活動をする場合、自分だけが売り込みすることになりますが、就職サイトに登録すると、相手からもコンタクトしてきてくれるので効率良く就活ができるのがポイントです。

リクナビNEXT

リクルートが運用する転職サイトです。専任のアドバイザーが就職活動のアドバイスをしてくれるだけでなく、非公開求人を紹介してくれる、自分に興味を持った企業からスカウトされることもあります。
求人情報だけでなく、就職活動で必要なことやポイントなどが特集されていたり、条件検索がしやすい&毎日新着求人が届く優良サイトです。未経験者可案件が多いのも正社員になれる近道!

⇒リクナビNEXTの公式サイトはこちら

ニートが正社員になるためにするべきこととは?

その1【仕事を探す以前にまずは規則正しい生活をする】

いきなり仕事を探すのではなく、まずは生活リズムを働いている人と同じスタイルに合わせることから始めましょう。
仕事をするということは、毎日外に出て会社に出社しなくてはいけません。

また、就職活動をするための面接は日中に行われます。
就職したらは好きなときに起きて、好きなときに食事をするなど、今まで同じスタイルというわけにはいかなくなります。

仕事を始めたときに、毎日の生活リズムがストレスになって働くことがイヤになり、またニート生活に戻らないためにも生活習慣を身につけておきましょう。

・まずは9時までに起きるように努力する。徐々に早めて最終的に7時起床を目指す
・カーテンをしっかりあけて1日30分は部屋の換気をする
・朝食をしっかり取る
・日付が変わる前には寝るようにする。23時までにベッドに入る習慣をつける
・1日のうち1時間は求人や就職活動に関する情報をチェックする
・就職できる・できない以前に興味がわく職種をしぼる

規則正しい生活を送ることに慣れたら、就職に関する情報を入れる作業に入ってみましょう。

イメージを作ることは、ニートにかぎらず就職活動をする上でとても大切なことです。

職種をしぼることが難しい人は
・かわいい&かっこいい制服が着たい
・ヘッドマイクを使う仕事がしたい
・人と密に関わるのではなく、一回限りの付き合いで済むのがいい(販売や受付など)
・室内で働きたい
・髪の色などの指定が厳しくない仕事がいい
・土日休みよりも平日がいい
など、条件から探すのも◎!

その2【履歴書を書く練習を何回もする】

履歴書は、ただの書類ではありません。
その仕事に応募してきた人がどんな人なのか?を判断するための非常に重要な書類です。

履歴書を応募しても、担当者が「この人に会ってみたい!」と思わなければ、面接までたどりつけません。
毎日たくさんの履歴書をチェックされる中で、特に印象つける必要があります。

・字の上手い、下手ではなくどれだけていねいにキレイにかけているか?
・どんな資格をもっているのか?
・志望動機や自己PRに興味がそそられるか?

特にニートからの就職の場合、書ける職歴は学生時代のアルバイトだけだと思います。
職歴で勝負するのではなく、【ニートだったのになぜこの会社で働きたいと思ったのか?】をアピールするといいと思います。

・このままじゃだめだと思った理由やきっかけのできごと
・ニートからみてもここでなら仕事をしたい!と魅力的に感じたこと
・ニート脱却するためにどんな努力をしたのか

自分と身近な会社の場合、ニート時代にサービスを受けて感動したこと(サービス業や飲食店など)
ニートだったという過去は捨てられません。

マイナス評価になるのでは・・・と不安になるかもしれませんが、ここはニートであった事実を武器にして正社員をめざしましょう。

その3【契約社員から正社員にアップできる会社も視野にいれる】

ニートでなくても、就職や転職で正社員を狙うのは難しい時代です。
ましてやニートに対する社会的イメージは良いものではありません。

・正社員雇用しても、すぐ辞められるのでは?
・本当にこの人は仕事内容についていけるのか?
・文句ばかり言って仕事しないのでは?
企業側も不安に覚えることが多いです。

そんなときは、正社員希望を一発目から狙うのではなく、まずは契約社員で就職をして、自分のやる気をみてもらいましょう。
実際に自分の働きぶりをみてもらってから評価してもらうことも1つの手段です。

・遅刻や欠勤は絶対しない
・仕事に対して知識を吸収しようとする、やる気をしっかりみせる
・技術がいる仕事なら仕事以外での時間で練習して早く身につけられるように努力する

ニートだった人が社会復帰することは、かなり大きな挑戦です。
採用してくれた会社にがっかりさせないように気をつけましょう。

ただし注意したいのが【契約社員から正社員にアップしている実績があるかどうかをチェックする】ということです。

求人票には正社員雇用制度ありとか、契約社員からの正社員も夢じゃない!といったことが書かれているところが多いです。
しかし、実際書いているだけで、なかなか実行してくれない会社がたくさんあります。

どのくらいの人が正社員に昇格しているのか?毎年審査があるのか?などを事前にリサーチしておきましょう。

その4【就職をサポートしてくれるサービスに登録する】

ニートだった人が、いきなり就職活動をしよう!と思ってもまず何をしたらいいのか?何を気をつけたらいいのか?なんてわからないですよね。

・規則正しい生活リズムを身につけて社会復帰の準備をするスタート地点に立てた
・ある程度自分が挑戦したい職種が定まった
・資格の有無などもチェックした

そんな人は、就職情報サイトやエージェントに登録しましょう。
もちろん無料のサービスです。

これらのサービスは、ただ求人情報がたくさんあるだけではありません。

・面接のときに気をつけたい最新版のマナー
・こんなフレーズをつかうと◎!といった情報コンテンツ
・履歴書で書くとポイントが高いことや気をつけたいこと

・履歴書の添削サービス
・面接の模擬練習やレクチャー
・適した企業やオファーがある企業を紹介
・どんな人物か?を企業に紹介してサポートしてくれる
・雇用条件の交渉

ただ求人に応募して審査されるのを待つのではなく、成功させるためのサポートをしてくれるのがポイントです。
職歴がなくても自分の趣味の知識をいかせたり、学生時代に培ったスキルが役に立つ仕事の場合、提示されている条件より良い契約内容になるように交渉してくれることも!

自分に担当のスタッフがつくので、就職に向けて相談しやすいのもポイントです。
効率よく就活ができるため、ニートじゃなくても就活をしている人にも良く使われているサービスです。

履歴書や職務経歴書の書き方 絶対やってはいけない事3つ

就職活動をするにあたって必ず必要なのが、履歴書や職務経歴書です。
どうやって書いたら良いのかわからないという人のために、絶対やってはいけないNGポイントをまとめました。

【その1】職歴にウソを書きこむ

職歴がない人にとっては一番悩む項目ですが、職歴詐称は絶対やめましょう。
会社によっては、正社員で働いてきた職歴のみを書いてほしいというところもありますが、中にはアルバイト経験可という会社もあります。

・大学生のころはバイトをしていた
・学生のころに派遣に登録して単発のアルバイトをしたことがある
・高校生のころに短期のバイトをした記憶がある
・夏休みに友達とリゾートバイトをしたことがある

という人は職務経歴書に書きましょう。
その際、働いていた年数などもしっかり記入します。本当に1度も働いたことがない人は、自己PR文をしっかり書きましょう。

【その2】自己PR文は自分の経験から得たことを書いてみよう

自己PRは、職歴がない人にとって一番重要なポイントです。
職歴よりも人間味を重視している会社の場合、十分アビールできるからです。職歴がないことに悲観するのではなく、【職歴がないことで、他の面接を受けに来ているライバルよりもグッと印象に残せる】というメリットにもなります。

・今まで働いてこなかった理由と、働かなかったからこそ見えて得たもの
・働かなかった自分が何をきっかけにどういう転機で今ここにいるのか
・ニートを貫いたけれど自分を奮い立たせるできごとがあって、こういうことを実感してこの経験を面接に行った会社のこういう部分自分なら役立てられると思った
・ニートだったけれど、自分のこういう部分は認められる

などをまとめると良いかもしれません。アルバイトをしたことがある人は、【そのときの経験から自分はこういうこと得て、今の自分に繋がっている】などといったことを書いても◎。

【その3】間違えたからといって修正テープを使わない

履歴書などの書類は基本的にボールペンで書きます。
ちなみにオススメはゲルインクタイプのボールペンです。(書きやすいのはサラサの0.7ミリ)

濃くはっきりとした発色で、面接官も書類を読みやすいからです。
ボールペンで書くので、誤字脱字もあると思います。そのときに修正テープを使うのは絶対NG!

間違えたら書き直しましょう。

履歴書はササッと簡単に書くのではなく、ゆっくりていねいに時間をかけて、大きな字で書くのがポイントです。

病気や介護など通勤するのが困難な方には在宅ワークもオススメです

・就職したい気持ちはずっとあったけど、やっぱり現実的にできない
・せっかく就職しても休みがちになってしまうならできないかも

そんな人は家でもできる在宅ワークもオススメです。在宅ワークというと内職のイメージが強いかもしれませんが、インターネットが普及している現代では、データ入力の事務仕事やウェブコンテンツライターなど、さまざまな在宅ワークがあります。

・出社の必要がなく自分のペースで働ける
・場所を選ばず、パソコンやスマホがあればできる
・ライターの場合、自分の介護や病気の経験が記事になる

といったメリットがあります。スタートの単価は低く、外で働いた方が収入になると思うかもしれませんが、0円ではありません。スキルをつけたり、長く在宅ワークをすることで、パートの人と同じ位稼げる可能性も十分にあります。

・30代で職歴がない人に求人はないと思ったけど、意外とあった
・何からスタートしたら良いか分からなかったけど、サポートしてもらえた
・30代後半にしてやっとニートから脱出できた

実際に転職サイトに登録して、就職活動に成功した30代の人もたくさんいます。
やむ終えず働けなかった人、働くことに一歩踏み出せなかった人も【正社員になりたい】と思ったら、まずは転職サイトに登録することをオススメします。

転職サイトの中でもリクナビNEXTは、サポート体制や未経験者でもできる&福利厚生が整っている求人を多く取り扱っているのでオススメです。
ぜひチェックしてみてくださいね♪

⇒リクナビNEXTの公式サイトはこちら

⇒在宅ワークについてはコチラ