img_020

近年の転職ブームを背景に、転職する方の数も中途採用する企業数も共に右肩上がりで増加しており、「転職は当たり前」とすら言われる時代になってきました。

中でも転職ブームの主役としてメディアが位置づけているのが20代、30代のサラリーマンですが、こうした事実に着目した場合、30歳という年齢の方は容易に転職できそうに思えます。

ところが30歳という年齢は転職ブームとは裏腹に、意外にも転職で苦戦する場合が多い年齢なのです。

ではなぜ30歳という年齢では転職で苦戦するのかその理由と共に、30歳の方が転職する場合にはぜひとも利用をオススメしたい転職エージェントをランキング形式でご紹介して参ります。

30歳がなぜ転職において苦戦する場合が多いのか

img_017

20代、30代といった若年サラリーマンの皆さんを中心に転職は当たり前といった見方すら生まれつつある現状において、「30歳」が意外に転職で苦戦するという指摘には驚きや疑問を感じている方も多いと思われます。

30歳という年齢は短大や専門学校、大学を卒業してそのまま就職していた場合、職務経歴として約8年~10年程度重ねたことになります。
そのため転職市場では「即戦力」として、「中間管理職候補」として活躍が期待される年齢です。

具体的には求人企業側から

check-c081 即戦力として期待できる専門性や知識、技術を備えていること

check-c081中間管理職としての経験を有するか一定のマネジメント力や指導力を有していること

check-c08110年前後の経験やキャリアを通じた高い社会見識や人間的な成熟度を持っていること

といった資質や要件を求められことになります。

一方20代にはそれほど高い資質や専門性、指導力などは求められません。
20代に求人企業側が期待しているのには、新しい仕事や環境への適応力や吸収力、柔軟性などです。

また、20代なら仮に思ったほど仕事の覚えが良くなかったとしても、年功的な賃金体系を前提としている企業にとっては20代の給与は安価に抑えることができることも、20代を積極的に採用したくなる動機につながっています。

つまり20代は個人的な能力より「若さ」といった年齢的な評価や要因から20代は転職しやすい背景がありますが、30歳はそうした年齢的な評価から、本人の資質や要件が求められる評価に丁度切り替わる年齢なのです。ところが高い専門性や特に管理能力といった面で30歳の方は30代後半~40歳ぐらいの方々より経験が浅い分、劣ることになってしまいます。

このように30歳とは「若さ」を売りにできず、かといって経験が物を言う専門性や管理能力といった面ではまだまだ浅いため、中途採用における評価で不利になってくる年齢となる訳です。

なぜ「転職サイト」ではなく「転職エージェント」を利用すべきなのか

30歳の方が初めて転職に取り組む場合には、「転職サイト」ではなく「転職エージェント」を利用することをオススメします。

ではなぜ転職サイトではなく、転職エージェントを利用するべきなのでしょうか。

転職とは「自分という商品を企業へ売り込むこと」:独り善がりな評価や判断では成果は生まれない

img_018

先ほどお伝えしたとおり、30歳の方は年齢的な若さが期待されるのではなく、即戦力や中間管理職候補としての活躍が期待される年齢です。
では、自分が即戦力として他企業でどの程度活躍できるか、自己評価だけで適切に判断できるものでしょうか。

企業側の人材に対する評価やニーズは、実はそれほど単純な尺度で測れるものではありません。
業界や職種によってもその尺度は異なりますし、極論すれば個々の会社ごとに人材に対するニーズや考え方、評価基準は異なります。転職未経験の方がそれらを正確に探り出すことは決して容易ではありませんし、増して多様な尺度に自分の能力を照らし合わせた場合に、どのような評価になるかといったことを的確に判断することはほぼ無理といって良いでしょう。

一方、そもそも自分には誇れるような経験やキャリア、即戦力としての専門性やスキルなどないと思い込んでしまっている30歳の方もいるかも知れませんね。
10年前後の職務経歴があれば実は自分が気付けていないだけで、求人企業からみれば申し分ない専門性やスキル、資質などを備えているといった場合も十分あるのです。

いずれにせよ、自分を売り込むためには客観的で適切な評価を前提とした上での戦略が求められることは間違いなく、その前提が適切ではない、即ち良くも悪くも独り善がりな自己評価に基づいていたのでは、激戦の転職市場で容易に結果を生み出すことはできません。

つまり、30歳で尚且つ転職経験がない皆さんが転職に挑むなら、転職市場における企業側のニーズを知り尽くしたプロ、即ち転職エージェントによる客観的な評価やアドバイス、指導や支援が不可欠なのです。

転職エージェントの役割とは皆さんを企業へ売り込むこと

ではここで改めて「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについて確認しておきましょう。

「転職サイト」と「転職エージェント」の違いは次のように整理することができます。(※)
(※転職サイトと転職エージェントの違いについては当サイト記事「知っ得!転職サイトと転職エージェントは同じではない?!その違いとビジネスモデル」でも詳述しておりますので、こちらの記事もぜひ参考にしてください)

転職サイト

check-c081求人企業→自分で探し出す

check-c081自分の転職市場における市場価値→自分だけで判断する

check-c081応募書類の作成や面接対策→自分だけで自己PR内容や志望動機を考え、全て作成する

check-c081求人企業側の求人に対する詳細な評価基準や本音→事前に知ることは困難

転職エージェント

check-c081求人企業→希望にマッチした条件の求人企業を転職エージェントが探し、紹介してくれる

check-c081自分の転職市場における市場価値→これまでの豊富なデータや転職事例等を踏まえて、客観的な評価を下してくれる

check-c081応募書類の作成や面接対策→企業側の詳細ニーズ等に基づいた応募書類の添削やアドバイス、面接指導を受けられる

check-c081求人企業側の求人に対する詳細な評価基準や本音→仲介役として転職エージェントが聞きだしてくれる

転職エージェントには「自分のペースで転職活動を行いにくい」、「担当者とのカウンセリングや打ち合わせが面倒、時間が奪われる」といったデメリットもあります。

しかし、転職未経験ということに加え、30歳という転職においてスポット的に難しくなる年齢であることを考えれば、そうしたデメリットを問題にしている状況ではないと言えます。

転職市場という大きな海原において自分の市場価値を正しく、客観的に評価した上で、企業側の本音を探りながら転職活動を行えるという大きなメリットを考えれば、30歳の方が転職エージェントを利用しない手はないと言って良いでしょう。

30歳の方へオススメの腕利き転職エージェントベスト3!

JAC Recruitment

jac-recruitment

JAC Recruitmentのポイントはココ!

転職エージェント選びで最も大切と言って良いのが求職者を転職成功へと導いてくれる専任の担当者(JACでは「コンサルタント」と呼称)の経験や力量の高さ、そして親切度です。
そのようなコンサルタントの力量や熱心さ、親身さといった点で30歳をはじめとした30代転職者から抜群の評価を得ているのがJAC Recruitmentです。

JAC Recruitmentに在籍しているコンサルタントは何と総勢で500名。
しかもコンサルタントは各業界・職種に専門特化されており、中には一人で600名以上も転職に成功させた猛者もいます。

コンサルタントで選ぶならJAC Recruitmentで間違いありません。

複数の転職エージェントに在籍したがJAC Recruitmentが一番親身な対応だった(30歳・女性)

img_008転職するなら転職エージェントを利用しようと最初から決めていましたが、どこを利用すれば良いかわからなかったために大手数社と、コンサルタントの評判が良かったJAC Recruitmentに登録することにしました。
結果としてJAC Recruitmentで紹介された企業へ最終的に転職を果たしたのですが、大きな理由となったのはコンサルタントの方が親身になって私を支援し続けてくれたことにあります。
他社が時間の経過と共に事務的な対応に変わってゆく中、同社のコンサルタントだけは終始一貫して対応が変わらず、親身に、熱心に私を支援してくれましたね。
そのため転職エージェントと言うより人間として心から信頼できました。そうした信頼関係が良い結果を生んだと振り返ってみて思います。

\サービスは全て無料/

type転職エージェント

type%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88

type転職エージェントのポイントはココ!

type転職エージェントも転職支援を担当者として行なうキャリアドバイザーの方々に対する評判がすこぶる高いことと、中堅規模の転職エージェントながら大手に負けない行き届いた転職支援サービスを展開している点が高く評価されましたので、今回第2位となりました。

転職エージェントとして中堅規模だからと言って、求人企業が中堅ばかりということではありません。
誰もが知る大手有名企業など、東証一部上場企業なども多数同社を利用しており、求人内容の充実度は決して大手に劣っていません。

またtype転職エージェントを通じて転職を果たした方の71%が年収アップを実現している点も、特筆すべき点と言えます。

広告に偽りなし!年収で約70万円アップを実現(30歳・男性)

img_021私の場合は71%が年収アップを実現したという広告につられて(笑)type転職エージェントを選んだんですが、広告に偽りはありませんでした。
実際のところ、type転職エージェントから紹介を受けた企業へ転職したことで70万円も年収アップが実現しましたから。
また、小回りの効いた、本当にかゆいところに手が届く転職エージェントしてのきめ細かなサービスも文句なしといったところです。
転職を成功させるにはアドバイザーの方と密に細かくやり取りを行なうことが大切です。その点でtype転職エージェントは安心して利用できる転職エージェントですよ。

bn01
リクルートエージェント

%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88

リクルートエージェントのポイントはココ!

第3位は就職・転職ではお馴染みの大企業リクルートグループの転職エージェント企業である「リクルートエージェント」です。

30万人の登録者が利用してきた豊富な実績と、非公開求人案件10万件以上は転職エージェント業界最大級です。
転職はある意味で「情報戦」でもあります。
その点でリクルートエージェントはこれまで築いてきた多数の企業とのネットワークを誇っており、この点では疑念を挟む必要はないと言えます。

しかも、同社の良さは大手でありながら顧客満足度を大変重視していることです。
大手だから事務的、機械的とならないよう、利用者の方々の意見に真摯に耳を傾け、日々サービスの向上にも努めてきたことがこうした実績の背景にもなったと評価できます。

求人件数の豊富さだけでなく人間味溢れる転職支援に感動!(30歳・男性)

img_007転職するにあたって30歳は難しい年齢だとよく言われますよね。
その対策として、求人数の多さを重視してリクルートエージェントを利用することにした訳ですが、正直、大手だから事務的な対応になるのではという心配もありました。
でもそうした心配は不要でしたね。
たまたまかも知れないけど、私を担当しくれたアドバイザーの方はとても人間味溢れる方で、自分にとっては気軽に相談できる「良い兄貴」って存在でした。
その良い兄貴からこれでもかというぐらいたくさんの求人情報を紹介してもらい、その中から条件面でも将来性という面でも納得の一社へ転職を果たすことができました。
求人件数が豊富な上、決して事務的ではない心のこもった転職支援サービスを提供してくれたリクルートエージェントを利用して、本当に良かったと思っています。」

\サービスは全て無料/

bn01

30代の転職情報&NEWS

もう若手とは言えない…しかし、管理職世代ほどのスキルがあるか自信はない…
30代ならではの悩みは尽きないものですね。

しかし、30代だからこその魅力が必ずあり、それを求めている企業も多数存在します。

転職エージェントに相談すれば、きっとあなたにマッチした企業と出会えます。そのためにこちらでは、そんな30代の皆様のお役に立つような情報をお届けしていきます。

30代のあなたにこちらの記事もおすすめ
⇒30歳で転職未経験の人が転職エージェントをオススメする理由とランキング

転職NEWS

転職する際に一番優先させたい、譲れない条件は、年代別でこうも違う?
30代の方が転職するときに優先させるべきポイントの押さえ方も紹介しています。
各世代の方々に読んでいただきたい新着記事はこちら
転職の最優先条件は給与?待遇?勤務地?各世代別で調査してみた