img_020【30歳のあなたへ】

転職市場で最も多いと言われるのが20代・30代。ですが30歳という年齢は意外にも転職で苦戦する場合が増えてくる年齢でもあります。

ではなぜ30歳という年齢は転職で苦戦するのでしょうか?

30歳は新卒でそのまま就職していた場合、職務経歴として10年前後。転職市場では「即戦力」、「中間管理職候補」として活躍が期待される年齢。それなりに高い資質や専門性、指導力などが求められはじめます。30歳は20代のように「若さ」を売りにできず、かといって経験が物を言う専門性や管理能力といった面では40代に比べるとまだまだ浅いため、中途採用における評価で不利になってくる年齢と言われています。
でも実際、人件費のかかる40代よりも30代のほうがよっぽど採用されやすいのです。

あなたが生きてきた人生はたったの30年。働いてきた月日はたったの10年。これからの人生を想像してみて下さい。現在の日本で年齢支給が開始されるのは65歳から。この先、もっと開始年齢は遅くなることが予想されます。

あなたはこの先不満を抱えたまま35年間、環境を変えることを諦めますか?

30歳の方へオススメの腕利き転職エージェントベスト3!

まず、当サイトでは30歳の方には転職サイトよりも転職エージェントの利用をおすすめします。これは断然です!
なぜ転職サイトよりも転職エージェントをおすすめするのか?それは後ほどじっくりご説明するとして、まずはイチオシの転職エージェントを見ていただきましょう。

30歳の転職にオススメ1位:リクルートエージェント

%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%88リクルートエージェントのポイントはココ!

第3位は就職・転職ではお馴染みの大企業リクルートグループの転職エージェント企業である「リクルートエージェント」です。

30万人の登録者が利用してきた豊富な実績と、非公開求人案件10万件以上は転職エージェント業界最大級です。
転職はある意味で「情報戦」でもあります。
その点でリクルートエージェントはこれまで築いてきた多数の企業とのネットワークを誇っており、この点では疑念を挟む必要はないと言えます。

しかも、同社の良さは大手でありながら顧客満足度を大変重視していることです。
大手だから事務的、機械的とならないよう、利用者の方々の意見に真摯に耳を傾け、日々サービスの向上にも努めてきたことがこうした実績の背景にもなったと評価できます。

求人件数の豊富さだけでなく人間味溢れる転職支援に感動!(30歳・男性)

img_007転職するにあたって30歳は難しい年齢だとよく言われますよね。
その対策として、求人数の多さを重視してリクルートエージェントを利用することにした訳ですが、正直、大手だから事務的な対応になるのではという心配もありました。
でもそうした心配は不要でしたね。
たまたまかも知れないけど、私を担当しくれたアドバイザーの方はとても人間味溢れる方で、自分にとっては気軽に相談できる「良い兄貴」って存在でした。
その良い兄貴からこれでもかというぐらいたくさんの求人情報を紹介してもらい、その中から条件面でも将来性という面でも納得の一社へ転職を果たすことができました。
求人件数が豊富な上、決して事務的ではない心のこもった転職支援サービスを提供してくれたリクルートエージェントを利用して、本当に良かったと思っています。

\サービスは全て無料/

⇒リクルートエージェントの公式サイト

リクルートエージェントの評判を見る!

⇒TOPへ戻る

30歳の転職にオススメ2位:DODA

DODAのポイントはココ!

大手転職サービスとして有名なDODAは、実は転職サイトと転職エージェントの両方の機能を備えています。登録会員数では300万人、非公開の求人件数では10万件をそれぞれ超えており、文句なしの日本最大級の総合的な転職サービス。
単に求人情報をみるだけでも利用できますが、やはり30歳の転職ならエージェントに登録してガッチリとサポートしてもらうべきでしょう。DODAに登録したならぜひ積極的に参加していただきたいのが豊富なイベントと転職フェア。様々な企業の採用担当者と直接話をする機会があるのですから活用しないともったいない!様々な業界の説明会も開催されていますので未経験で違う業界に行ってみたいという方にはうってつけ。合同転職面談会やキャリアセミナーもどんどん参加して転職市場がどんなものか学び、自分の市場価値を的確に把握しておきましょう。

キャリアアドバイザーになんでも聞けたので初めての転職も頑張れた(30歳・女性)

30歳直前に転職を決意。初めての転職だったので何から始めて良いかさっぱり分からず…そんな私が無事に転職できたのはDODAのキャリアアドバイザーになんでも相談出来たからです。書類選考や面接対策から徹底的に指導してくださり、職務経歴書の書き方まで詳細をアドバイスしてくださったので、自分なり強みをしっかり企業にアピールできました。おかげさまで非常に満足の行く結果となりました。

\サービスは全て無料/

⇒DODA(デューダ)の公式サイト

DODA(デューダ)の評判を見る!

⇒TOPへ戻る

30歳の転職にオススメ3位:JAC Recruitment

jac-recruitment

JAC Recruitmentのポイントはココ!

転職エージェント選びで最も大切と言って良いのが求職者を転職成功へと導いてくれる専任の担当者(JACでは「コンサルタント」と呼称)の経験や力量の高さ、そして親切度です。
そのようなコンサルタントの力量や熱心さ、親身さといった点で30歳をはじめとした30代転職者から抜群の評価を得ているのがJAC Recruitmentです。

JAC Recruitmentに在籍しているコンサルタントは何と総勢で500名。
しかもコンサルタントは各業界・職種に専門特化されており、中には一人で600名以上も転職に成功させた猛者もいます。

コンサルタントで選ぶならJAC Recruitmentで間違いありません。

複数の転職エージェントに在籍したがJAC Recruitmentが一番親身な対応だった(30歳・女性)

img_008転職するなら転職エージェントを利用しようと最初から決めていましたが、どこを利用すれば良いかわからなかったために大手数社と、コンサルタントの評判が良かったJAC Recruitmentに登録することにしました。
結果としてJAC Recruitmentで紹介された企業へ最終的に転職を果たしたのですが、大きな理由となったのはコンサルタントの方が親身になって私を支援し続けてくれたことにあります。
他社が時間の経過と共に事務的な対応に変わってゆく中、同社のコンサルタントだけは終始一貫して対応が変わらず、親身に、熱心に私を支援してくれましたね。
そのため転職エージェントと言うより人間として心から信頼できました。そうした信頼関係が良い結果を生んだと振り返ってみて思います。

\サービスは全て無料/

⇒JACリクルートメントの公式サイト

JACリクルートメントの評判を見る!

⇒TOPへ戻る

30歳・転職未経験の人へ転職サイトより転職エージェントをおすすめする理由

30歳の方が初めて転職に取り組む場合には、「転職サイト」ではなく「転職エージェント」を利用することをオススメします。

ではなぜ転職サイトではなく、転職エージェントを利用するべきなのでしょうか。

転職とは「自分という商品を企業へ売り込むこと」

img_018
前述したように、30歳になってくると

「もう若くないし、転職なんて無理なんじゃないか…」
「オレのスキルなんてたかが知れている。転職しても使い物にならない」

などと後ろ向きに考えてしまいがちです。

これらのネガティブな思考の根源は、「現状維持バイアス」という物事の変化に恐れる心理によるものです。太古の昔から人間は自分の身を守るため物事の大きな変化を避けようとする機能が働き、あらゆるリスクを回避しながら生き延びてきました。それは現代になっても人々の潜在意識にインプットされています。頭では現状を変えたほうが得策と分かっていても、現状維持バイアスはあなたを全力で引き止めます。このワナにかかってはいけません。
あなたが何か新しいことを始めようとした時に湧き上がるネガティブで後ろ向きな考えは、ほぼこの現状維持バイアスのワナだと思って下さい。そして後ろ向きな考えで転職に臨むと、多くの場合自分を安売りしてしまいがちです。

転職サイトで求人を探しても自己判断で自分の市場価値を必要以上に低く見積もってしまうので、なかなか採用されない、または転職しても思うような条件で働けなかった、という自体に陥りかねません。

だからこそ、転職エージェントに相談してアドバイザーに自分の市場価値を客観的に判断してもらうことが重要なのです。そしてあなたという「代わりのいない唯一の存在」を大いに売り込んでもらいましょう!

転職エージェントの役割とは「皆さんを企業へ売り込むこと」

ではここで改めて「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについて確認しておきましょう。

「転職サイト」と「転職エージェント」の違いは次のように整理することができます。

転職サイト・転職エージェント比較

⇒TOPへ戻る

転職エージェントのメリット・デメリット

【転職エージェントのデメリット】

・自分のペースで転職活動を行いにくい
・担当者とのカウンセリングや打ち合わせが面倒、時間が奪われる

⇒しかしカウンセリングすら面倒がる人が転職を成功するかどうかは疑問です

【転職エージェントのメリット】

・カウンセリングによって今まで気づかなかった自分の市場価値がわかる
・自分の希望を伝えることによって、よりマッチした求人企業に出会える

⇒まず、信頼できるアドバイザーに出会えるかどうかが成功のポイント。

もし合わないと思ったら思い切って変更を申し出る勇気も必要。変更しても無料で利用できることは変わりません
複数のエージェントに登録していれば相性の良いアドバイザーと出会える確率も必然的に高くなりますので、そういった意味でも転職エージェントには複数登録しておくべきです。
⇒TOPへ戻る

転職サイトには載っていない非公開求人が転職エージェントの強み

転職エージェントには検索でヒットする求人情報には載っていない非公開求人があります。各エージェントが独自に抱えている独占案件もあります。それらは転職エージェントに登録しなければ紹介してもらうことが出来ません。しかも、非公開や独占求人ほど条件が良いものが多いのです。それは、公開にしてしまうとあまりの好条件のため応募が殺到すると予想される案件が多いため。このような非公開求人が紹介してもらえるのも転職エージェントに登録すればこそ。だからこそ、転職エージェントにはまず登録すべきなのです。

中には求人内容の9割が非公開といったエージェントもあるので、まずは気になる転職エージェントを複数利用することで、担当者の相性や求人内容がどのぐらい好条件がそろっているか、雇用内容をしっかり確認して見極めるためにも2社以上比較してみるのがおすすめですよ。

(※転職サイトと転職エージェントの違いについては当サイト記事「知っ得!転職サイトと転職エージェントは同じではない?!その違いとビジネスモデル」でも詳述しておりますので、こちらの記事もぜひ参考にしてください)

30歳・未経験でも転職しやすい?この職業に注目

30代で転職に挑戦する場合、まず難問はその仕事が経験者か未経験かで採用される可能性はかなり違ってくると言えます。第二新卒や、20代なら経験不足を補えるこれからの部分がありますが、30代に突入した30歳で、採用されやすい職種をまとめてみました。

経験が無くとも比較的採用されやすい一般的な職業

・営業職
・事務職
・接客業

これらの職業は基本的にそれほど専門的な知識がなくともできることが多いので、未経験でも中途採用されやすいと言えるでしょう。経験者が優遇されるのは当然ですが、30歳ならいくらでもその時点から経験を積んでいけます。自分が人と接するのが好きなら営業や接客、コツコツとデスクワークが得意なら事務職をおすすめします。
事務職の場合PCがある程度使えることはほぼ必須条件ですので、全く使えないという方はワードとエクセル程度は使えるようになっておきましょう。転職を考え始めたらすぐにPC教室などに通い、最低限は身につけておくことをおすすめします。

働きながら技術を習得していくことができる職業

・製造業
・介護福祉

製造業は幅広いのですが一般的に未経験でも採用されやすいといえます。働きながら技術を習得していき、実力次第でキャリアアップしていくことも可能でしょう。
介護職は拡大するニーズに人材が追いついていないため、最も採用されやすい職業といえるのではないでしょうか。こちらも資格があるに越したことはありませんが、仕事をしながら資格を取得することも可能です。

転職したい30歳がいま気になっている職業は?

・WEB・IT・エンジニア

未経験者ながらIT・WEB業界に転職したいと思っている方はかなり多いのではないでしょうか?
30歳で未経験からIT業界へというのは、簡単なことではないかも知れません。しかし、あなたがもし「本当にやりたかったこと」から目を背けたまま10年の月日が流れてしまっていたなら…
今すぐ、起動修正すべきかと思います。30歳からできることはいくらでもあります。本当にその仕事がしたいのならまず勉強しましょう。技術を習得しましょう。そして、本気で学んだことはあなたの武器になります。

自分の気持ちに嘘をついた状態でいると…また5年、10年後同じことで悩むでしょう。今ならいくらでも巻き返せるのです。自分が本当にやりたいことから逃げないで下さい。

働きながらWEBやIT、デザインの知識を身につける学校も多くあります。まず、最初の一歩を踏み出して下さい。

WEB・IT関連の転職なら

30歳が異業種(未経験)でも転職を成功させるには

未経験でも採用されるにはどのようなポイントが重要なのでしょう?

いままでの経験やスキルを最大限に活用する

未経験の場合、同じ職業を20代から続けてきた人よりは経験値がどうしても低くなります。前職でどのような業務内容を任されてきたか、その上でどのような業績を残せたか。などアピールポイントはどんどん活用していきましょう。

もちろん挑戦する異業種には全く関係のない資格やスキルを持っていたとしても、資格を取るために努力した結果は無駄にはなりません。新しい職場やどんな場面にも活用できる功績になるでしょう。

未経験の場合、挑戦したい熱意や志望動機を明確に伝える

30代で未経験の職種へ飛び込むことは安易なことではなかなかできません。
採用する人事担当者もなぜ経験のない職種へ応募するのか。必ず聞かれる質問だと思います。単純に「安定感のある仕事」だからと言うよりも、異業種に興味をもったきっかけやりたい気持ちや熱意、向いていると思う自己アピール部分を伝えましょう。ここが一番大事です。いかにこの仕事をやりたいか。それを理解してもらうことで、経験値は低いけれど任せてみようという気持ちになるのではでしょうか。
⇒TOPへ戻る

30歳・転職未経験のまとめ

いかがでしたか?30歳はまだまだこれから!ということを理解していただけましたでしょうか。
この記事の編集者である私も実は「やりたいこと」があったにも関わらず、「変わるチャンス」も何度もあったにも関わらず、勇気を出せず尻込みして自分で勝手に限界を作って諦め続けてきた一人です。ご縁あって今はWEBサイトに携わる仕事をさせていただき、とても充実した日々を送っていますが30~40代は後悔の連続でした。30歳で自分を変えることを諦めるなんてバカバカしすぎますよ。

まだ変わる勇気のない方にお尋ねします。

今の職場で納得行かぬまま、この後何十年も働いた後、あなたが手にしているものは何でしょう?

収入に十分満足している人なら、それなりの財は築いているかも知れませんね。しかし、収入にも今の仕事の内容にも満足していない方は、今の手取りの月収からあなたの生涯年収を一度計算してみて下さい。あなたの人生を全てつぎ込んでも良いと思えるだけの額でしょうか?

楽しくもない仕事で人生の最後、手元に残ったお金は幾らでしょう?

お察しの良いあなたならすでにお気付きですね。そうです。今からすべきことは次の仕事に思いを馳せること。そのためには、まず今すぐ転職エージェントに登録しましょう。きっとあなたの人生をガラッと変えてくれる仕事に出会えるはずです。
あなたの人生はあなたのもの。他の誰のものでもありません。今日、この時から全てが始まります。

30歳の転職向けランキング
リクルートエージェント 転職の成功実績No.1 公式HP
DODA(デューダ) 転職フェアやイベントが魅力! 公式HP
ジャックリクルートメント 好条件の非公開求人が6割 公式HP
⇒TOPへ戻る

30代のための情報

もう若手とは言えない…しかし、管理職世代ほどのスキルがあるか自信はない…
30代ならではの悩みは尽きないものですね。

しかし、30代だからこその魅力が必ずあり、それを求めている企業も多数存在します。

転職エージェントに相談すれば、きっとあなたにマッチした企業と出会えます。そのためにこちらでは、そんな30代の皆様のお役に立つような情報をお届けしていきます。

30代のあなたにこちらの記事もおすすめ
⇒アラサー女性に聞いた転職のコツ|無資格・未経験で上京は無謀?

転職NEWS

転職する際に一番優先させたい、譲れない条件は、年代別でこうも違う?
30代の方が転職するときに優先させるべきポイントの押さえ方も紹介しています。
各世代の方々に読んでいただきたい新着記事はこちら
転職の最優先条件は給与?待遇?勤務地?各世代別で調査してみた

各世代別のおすすめ記事

30代以外の方のおすすめエージェントはこちら
⇒20代に強い転職エージェント
⇒40代に強い転職エージェント
⇒50代に強い転職エージェント