資系企業や海外企業の日本への進出は加速し、また逆に、日本企業が海外への進出も活発です。
そんな中、外国語ができるバイリンガル人材は企業にとってますます貴重な存在となり、英語や中国語などの外国語を使いこなせる人材は、近年特に企業から求められる傾向にあります。

でも、バイリンガル人材を求める企業と、どのようにして出会ったら良いのでしょうか?
あなたがビジネスレベルの外国語ができるなら、バイリンガル人材向けの転職フェアに足を運んでみることをおすすめします。

近年の企業のグローバル化に伴いバイリンガル人材を求める企業は増加しており、バイリンガル人材向けの転職フェアが人気なのです。

ここでは、バイリンガル人材向け転職フェアとはどのようなものなのか、どこに行けば参加できるのかなど、詳しいことを調べてみました。外国語のスキルを活かして外資系企業や海外企業に転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

バイリンガル人材を求める企業の思い

まず、企業にとって、バイリンガルに外国語を使いこなすことができる人材とは、どのような存在なのでしょうか?企業がバイリンガル人材を求める、その思いについて探ってみました。

バイリンガル人材は不足している

そもそも、企業の中でバイリンガルな人材は不足しているのでしょうか?
「バイリンガルな」人材に限らず、どの企業でも人材の不足はかなり深刻な状況なようです。

最近では、電通の過労死事件という大きな事件が起こりました。その根底には、慢性的な人手不足な現状があるのは間違いありません。
そして、近年急激に進んだ、海外企業による日本企業の買収、また、日本企業の海外進出という状況の中、特にバイリンガルな人材は不足しているのです。

バイリンガル人材が不足していることによる企業への影響とは

バイリンガルな人材が不足すると、具体的に企業にどのような影響をもたらすのでしょうか?
まず、一つには、「生産性の低下」があります。
外国語ができない人材ばかりだと、海外の支社や顧客との調整や交渉、接客をする担当者はおのずと限られてしまいます。外国語ができる人材がいないと仕事が回らないということになれば、生産性の低下が起こるのは避けられません。

また、不足しているバイリンガル人材が酷使されることで、「離職率が上がる」という問題も起こります。すると、人材の流出を防ぐために給与額を上げざるを得ず、結果として「大幅なコストの増大」につながってしまうでしょう。

このように、バイリンガルな人材の不足による企業への影響は、大きなものがあるのです。

企業はバイリンガル人材を獲得するために苦労している

このような慢性的なバイリンガル人材の不足を受け、企業はかなり苦労をしてバイリンガル人材を獲得しようとしています。
一番良いのが、社内の人材をバイリンガルな人材に育てる方法です。この方法がうまくいけば、すでに仕事の知識や経験は十分な社員なので新たに仕事を教える手間がありませんし、人材獲得のためのコストよりも社員教育のコストの方が格段に安いため、コストをかけずに問題解決ができます。

しかし、この方法には問題があります。それは、社員教育には時間がかかるということです。社員を教育してビジネスレベルの外国語を習得させるのは、一日や二日では終わりません。
そのため、手っ取り早い方法として、中途採用でバイリンガル人材を獲得するという方法を取る企業がほとんどです。

しかし、ここでまた問題が発生します。
中途採用者を幅広く募るために企業について広く知ってもらう必要がありますが、各企業が自前で中途採用活動を行うのはとてもコストがかかるのです。
そこで、多くの企業が集まってバイリンガルな人材の中途採用活動を支援する、転職フェアの存在意義が高まっていきます。

転職フェアとは?

あなたは、転職フェアに参加したことがありますか?
転職フェアとは、転職エージェントや転職サイトなどが主催して、多くの企業が集まって各ブースで求職者と企業が出会うことができるイベントのことです。

企業側のメリットとしては上記でもご説明した通り、自前で中途採用活動を行うよりもコストをかけず、広くアピールすることができるという点です。

求職者側のメリットとしては、何と言っても一度に多くの企業と出会うことができるという点があります。自分でいろいろな企業を調べ個別に応募書類を出すのと比べれば、格段に多くの企業と出会うことができます。

もちろん、企業の人事担当者と直接会って話すことができます。企業のことや仕事内容、求められるスキルなどについて、緊張して堅苦しい面接の場と違いフランクに担当者に聞くことができるのは、かなり魅力的です。

そして、外国語のスキルを生かした転職をしたい求職者にとってみれば、「バイリンガル人材の転職フェア」という転職フェアは、海外で活躍したい求職者と企業との格好の出会いの場と言うことができるのではないでしょうか。

このように、転職フェアは転職を考えている求職者たちが、転職活動の初期に企業との出会いを広げるために、かなり役に立つイベントです。
ですから、ぜひ参加してみることをおすすめします。

転職フェアはいつどこで開催しているの?

では、どこでどんなバイリンガル人材向けの転職フェアが開催されているのかを、見てみましょう。

Daijob Go Global Career Fair 外資系・グローバル企業合同説明会

グローバル企業や外資系企業に特化した転職情報サイトの「Daijob.com」が開催する転職フェアです。

グローバル企業や外資系企業の転職のみを扱う転職サイトならではの、求人数の多さや扱う企業の多さが、外国語を生かして転職したい求職者にとってかなり大きな魅力です。
対象は転職者から新卒者まで、様々です。
毎年、だいたい7月ごろに、秋葉原で開催されます。ホームページをチェックしてみてください。

CFNキャリアフォーラム

CFNキャリアフォーラムは、バイリンガル人材向けの転職フェアの中ではかなり歴史の古いフェアで、1987年から開催されています。ボストン、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、シドニー、東京、大阪で開かれます。
最近では、東京で夏と冬の年二回、秋葉原と大阪で年一回、開かれました。開催年によって、場所や頻度が異なることもありますから、CFNキャリアフォーラムのホームページで調べてみましょう。

参加対象者は、日本語、英語の両方でビジネスを行える人で、海外の大学を卒業した、交換留学中である、現在仕事をしているなどの人です。日英バイリンガルで、海外企業や外資系企業で働きたい人なら誰でも参加できます。

マイナビ国際派就職EXPO

転職・就職サイトの大手マイナビの、マイナビ国際派就職が運営する転職フェアです。
毎年6月頃に、東京と大阪で開催されます。
参加対象者は日本以外の国の大学・大学院を卒業した人、または、卒業見込みの人、海外滞在経験が一年以上ある人、大卒以上で2種類以上のビジネスレベルの言語力を持つ人などです。
マイナビは最大手の転職・就職サイトですから、マイナビが持つ企業情報の多さには期待できるでしょう。

転職フェアに行ったらどうすればいいの?

「バイリンガル人材向けの転職フェアがたくさんあるのは、わかりました。でも、転職フェアに行ったことがないので、どうしたら良いのかわかりません。」
という人は多いと思います。
ここでは、転職フェアに行く際に準備しておきたいこと、そして、当日どう動くべきか、転職フェアから帰ってきたらどう動くかといったことについて、お話しします。

あらかじめ話を聞きたい企業をピックアップしておく

行きたい転職フェアが決まったら、どうしたら良いのでしょうか?
もちろん、気になる企業があるからその転職フェアに行きたいと思ったはず。話を聞きたい企業は決まっていると思います。
そこで、
・絶対に話を聞きたい企業
・興味がある企業
・時間があれば話を聞いても良い企業
というように、回りたい企業の優先順位をつけましょう。時間が限られていますし他の参加者もいますから、必ずしも希望の企業をすべて回ることはできないかもしれません。ですから、絶対に話を聞いてみたい企業を最優先に動き、時間が余れば興味がある企業を回ってみてもいいでしょう。
当日は込み合うことが予想されますから、朝早くから参加して第一希望の企業のところに行く、あらかじめ回る順番を決めておく、などの対策が必要です。

インターネットなどで去年の開催状況をチェックしておく

去年や前回のイベントの開催状況、ブログの記事、口コミなどをチェックしておきましょう。
「スーツの人は全然いなくて、スーツ着ていったら逆に目立った」
「やっぱり、〇〇企業のブースは大人気。大行列ができていた」
「〇時ころが混雑のピークだった。次回は、この時間帯は避けた方が良いかも」
などといった、実際に行ってみなければわからない情報を得ることができます。

持っていくもの・着ていく服を確認しておく

転職フェアに行く際に持っていくもの、着ていく服を確認しておきましょう。
・スーツなのか普段着で良いのか
・筆記用具やメモ帳、付箋、クリアファイルなど
・名刺
・パンフレットなどを入れる袋
・履歴書など自分のアピールポイントをまとめたもの
ほとんどの転職フェアがスーツ着用だと思います。普段スーツではない人は、用意しておきましょう。履歴書はほぼ必要ないようですが、いつでも自分の情報を説明できるようにアピールポイントはまとめておけば良いでしょう。

劇的な展開は期待しない

転職フェアに行く前の心の準備として、
「人事担当者に見初められて、面接の約束を取り付けた」
「話を聞くうちに、『ぜひわが社に来てください!』と誘われた」
などという劇的な展開は期待しない方が良いでしょう。
あくまで、転職セミナーは転職の「とっかかり」にすぎません。効率よく企業ブースを回って、情報を集めることに専念してください。

転職フェアから帰ったら情報を整理する

では、転職フェアから帰ってきたら、どうすれば良いのでしょうか?
もちろん、フェアで得た情報を整理し、今後の転職活動に生かす必要があります。
実際に担当者と話をすると、
「思っていたのとだいぶ違った」
「第一志望だった企業より、こっちの企業の方がよさそう」
などということがあると思います。
これらの貴重な情報を生かし、転職活動に反映していってください。

まとめ

バイリンガル人材向け転職フェアは、近年とても活発になっています。
多言語のスキルを持っているなら、それを生かさない手はありません。
それを、うまく活用させるためには、良い企業に出会う必要があります。そのために、転職フェアを効率よく活用してみてください。