転職を考えている20代の女性が知っておくべき転職事情

転職したい20代の女性

20代の女性は、これから迎えるライフイベントや将来のキャリアなど、さまざまなことに悩むことが多いものです。

そこで今回は、20代の女性が知っておくべき転職事情、転職成功のポイントや注意点について解説していきたいと思います。

20代女性の転職事情とは?

まずは、20代の女性を取り巻く転職事情について解説していきたいと思います。

20代での転職では、20代前半か後半かによって求職者に何が求められるのか変わってくるものです。

社会や企業からどのように見られるのか、転職に適したタイミングはいつなのか、しっかり理解したうえで転職活動を行うことが大切です。

20代前半ならポテンシャルが重視される

20代前半の女性が転職する場合、企業側が重視するのはあなたのポテンシャルです。

20代前半というとまだまだ社会人経験が少ないもの。そのため、企業側は20代前半の求職者をイチから教育していこうと考えているケースがほとんどです。

そのため、将来的に大きく成長して会社に貢献してくれそうか、先輩社員などのいうことを素直に聞けそうか、業務内容を早く習得してくれそうか、などのような点が重視されることになります。

いいかえれば、比較的転職がしやすい時期であるともいえるでしょう。自分が本当にやりたいと思える仕事が見つかっているのであれば、思い切って転職することをおすすめできる年代なのです。

20代後半になるとこれまでの経験が大切になる

一方で、20代も後半に差し掛かると、これまでの経験やキャリア、スキルなどが大切になってきます。

特に26歳以上になると、これまでの職種で身につけてきたスキルや担当してきた業務、そこでの実績などが評価の対象になり始めると考えておきましょう。

もちろん、未経験採用の求人もたくさんありますが、採用担当者の求職者を見る目が厳しくなっていくのも事実です。前職が営業職なら、数値を伴った具体的な実績が、事務職ならExcelなどを使った業務改善実績などが求められることもあります。

つまり、20代後半での転職では、これまでの経験を活かした転職を考えるべきといえます。自分の将来のキャリアビジョンと照らし合わせながら、どのように成長していきたいのかをしっかりと考えたうえで、転職先の企業を選択するようにしましょう。

未経験職への転職は26歳までを目安に

これまでに解説したことからもわかるように、未経験職への転職は26歳までを目安に考えたほうがいいでしょう。

というのも、これくらいの年齢まではこれまでのスキルや経験を活かした「キャリアアップのための転職」も、未経験の業界や職種へと挑戦する「キャリアチェンジのための転職」も、どちらも選択できる年齢であるからです。

ある転職エージェントが保有している女性向け求人の内訳を見てみると、23~24歳の女性をターゲットにした求人のうち、半分以上が未経験者を歓迎、もしくは応募可能な求人となっています。また、25歳以上では、30%前後と割合こそ低くなるものの、それでも30%の求人は未経験者の応募が可能です。

しかし、27歳以上になると、未経験でも応募可能な求人は20%を割り込むほど少なくなります。

このデータから見ても、未経験からキャリアチェンジをする場合は26歳が一つのボーダーラインとなっていることがわかります。ですから、この年齢までに自分のキャリアや将来像についてしっかりと考え、キャリアアップするのか、キャリアチェンジするのか決めるようにしてください。

26~28歳は転職のチャンス

20代女性の転職では、26~28歳が転職のチャンスといえます。

仕事に対する吸収力のある20代ならではの能力に加え、これまでの経験値も増えてきている年齢であることから、将来の管理職候補としてさらなるスキルの向上が期待できる年齢であるためです。

実際に、26~28歳の女性を求める求人情報が、全年齢のなかでも最も多くなるといわれているため、転職を考えている人にとっては、行動に移すための絶好のタイミングといえるでしょう。

特に、キャリアアップのための転職なら、この時期に決断することをおすすめします。

20代女性が知っておきたい転職のイメージと現実とのギャップ

ここからは、20代女性が知っておきたい転職のイメージと現実とのギャップについて解説したいと思います。

転職に対してはさまざまなイメージを持っておられると思いますが、実際にはイメージと違うというケースも多く見られます。

転職の幅が広がる可能性もありますので、しっかり理解しておきましょう。

女性の転職は若年層だけがメインでない

女性の転職では若年層だけがメインではないということを知っておきましょう。

これまでに解説した通り、未経験職への転職では20代前半が有利になることは事実ですが、キャリアアップを目指す転職の場合は、20代後半の女性への需要が高いといえます。

また、これは女性だけではなく男性にもいえること。社会人経験が長くなるほど、経験やスキルが求められるのは当たり前のことなのです。

女性の転職は若年層だけが求められるわけではないということを覚えておいてください。

出産前後の転職には注意が必要

女性の転職の場合、出産前後の転職に関しては注意が必要になります。

特に、出産後の転職は難しいというイメージがあるかもしれません。これは、転職先がないということではなく、転職活動を行うための時間調整や、希望する条件下で働くことができないという状況にあるということになります。

また、子育てのために時短勤務を希望する場合、同じ求人にフルタイムで働ける求職者が応募しているなら、企業としては後者を採用するケースが多くなります。

ですから、出産後に転職活動を行う場合は、メリットとデメリットについてしっかり考えるべきといえるでしょう。

また、出産前に転職する場合も、注意が必要になります。というのも、転職後すぐは産休や育休などの制度を利用しづらいケースがあるためです。

ですから、出産前に転職するのではなく、もっと早くに転職をして周囲と信頼関係を築いておくことが大切です。

女性にとって働きやすい会社について考えよう

20代女性が転職する場合、「働きやすい会社に転職したい」と考えることが多いと思います。

ただ、ここで大切になるのは、あなたにとって働きやすい会社とは何かを考えておくことなのです。

女性向けの求人情報を見ていると、「女性が働きやすい」とか「女性が活躍している」などといったフレーズをよく目にすると思います。

しかし、働きやすい会社というのは、人それぞれ違って当然です。業種や職種はもちろん、企業によってもさまざまな特長があるので、求人情報を見ながら自分に合っているのかどうかを読み解いていく必要があるということです。

「働きやすさ」の要素
  • 育児に対する理解があり、制度も整っている
  • ワークライフバランスが取れる
  • 職場の女性の比率が高い
  • 男女の性別に関係なく、平等に評価される

など。このような「働きやすさ」の要素のなかから、自分が理想とするものは何かをしっかりと考えたうえで、転職先の企業を選択するようにしましょう。

転職だけがすべての解決策とは限らない

仕事に対してより良い環境を手に入れるために行うのが転職というものですが、現状を打破するための手段は転職だけではないということも頭の片隅には入れておいた方がいいでしょう。

自分のキャリアを見直し、長く働ける環境とは何かということを考えると、意外にも現職の良さに気が付くことがあるからです。

ですから、今所属している会社にはどのような制度があるのか、先輩や同僚がどのように働いているのかなどを良くリサーチしてみてください。

こうすることで、会社の良さや働きやすさなどに気付くことができるかもしれません。

また、会社側も女性に向けたサポート体制の強化などを考えている可能性があります。信頼できる上司や人事部などに相談してみれば、状況に何らかの変化が起こるかもしれませんよ。

転職活動を始める前に準備しておくこと

ここからは、転職を考えている20代の女性が転職活動を始める前に準備しておくことについて解説していきたいと思います。

転職活動において大切なことは、事前の準備です。どのようなことを準備しておくべきなのかを知らなければ、転職活動をスムーズに進めることはできなくなってしまうので、よく理解しておいてください。

転職に対する優先順位を付けること

転職活動を始める前の準備として、転職に対する優先順位を付けるようにしましょう。

というのも、転職に対する希望をすべて叶えてくれる企業を見つけることはほぼ不可能だからです。

そのため、希望する条件に対して優先順位を付けておくことが大切になります。こうすることで、応募する企業選びがスムーズになるでしょう。

将来の自分のキャリアプランも見据えて、自分にとって大切な転職先の企業条件は何か、じっくり考えてみてください。

自分にとって「働きやすい」とはどういうことかを考える

希望する条件に優先順位を付ける場合、自分にとって「働きやすい」とはどういうことかを考えてみるとわかりやすくなるでしょう。

転職先に求めることといえば、給料や仕事の内容、労働時間、休日、福利厚生、自宅から勤務地までの距離などさまざまです。

あなたにとってどれを優先することで働きやすいと感じられるのかを一度考えてみてください。

ただし、ここで注意したいのは、条件だけで転職先を選択してはいけないということです。あなたが希望する条件は企業にとっては何ら関係がないからです。

あくまでも会社にとってどのような貢献ができ、将来的にどうなりたいのかを考えることが第一優先。そのうえで、あなたが希望する条件とは何かということを付け加えるようにしてください。

どのような仕事があるのか知っておくこと

転職活動を始める前には、どのような仕事があるのかしっかり調べておくことも大切です。

あなたが想像している以上に、世の中には多くの仕事が存在していて、それらを知っておくことであなたのキャリアや可能性を大幅に広げてくれる可能性があるからです。

実際に、あなたが希望している職種と、あなたにとって本当にマッチしている職種が違うというのはよくあることです。それは、転職前にイメージしていた自分の働き方と、実際の働き方にギャップがあるということでもあります。

また、あなたが業種に対して持っているイメージとは違う働き方ができる可能性も十分にあります。例えば、残業が多いと思っていた職種でも、残業が少なく、女性もたくさん活躍している求人情報があるものなのです。

そのためには、あなたが転職で実現したいことがどういうことで、それを叶えられる仕事にはどのようなものがあるのか、しっかりと確認しておくことが大切になります。

転職エージェントに相談する

転職活動を始めようと考えているのであれば、転職エージェントに相談してみるというのも大切なことです。

一言に「転職したい」「転職活動を始めたい」といっても、どうすればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

それならば、転職エージェントに相談することをおすすめします。なぜなら、転職エージェントは転職のプロとして、あなたの転職活動をしっかりサポートしてくれるからです。

実際に、転職活動を行っている多くの人が転職エージェントに相談をし、転職活動のサポートを受けています。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルとして、あなたが希望する転職の実現へと導いてくれるでしょう。

転職エージェントへの登録・相談は無料であることが多いので、ぜひ利用してみてください。

転職を考える20代女性が注意すべきこと

ここからは、転職を考える20代の女性が注意しておくべきことについて解説していきたいと思います。

実際に転職を考える場合、転職に失敗してしまわないか不安に感じることも多いものです。そのためには、どのようなことに注意しながら転職活動を行うべきかを知っておくことが重要になります。

一人で転職活動を行わないほうがいい

最初の注意点として、一人で転職活動を行わないということが挙げられます。

現在の勤め先や周りに相談できる人がいないため、自分一人で転職活動を行おうとしている方もきっといることでしょう。

しかし、たった一人で行動するには限界がありますし、仮に転職活動が間違った方向に進んだ場合、自分で軌道修正を行う必要があります。このような状態に自分で気が付けるかといえば、なかなか難しいといわざるを得ないでしょう。

このような状況に陥らないためには、何らかの転職支援サービスを活用して、第三者の意見を取り入れながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

誰かとコミュニケーションを取ることで、転職に対する考え方の幅が広がりますし、改善点なども指摘してもらうことができるでしょう。

特に、先述した転職エージェントは、あなたの転職について真剣に考えてくれるうえで、しっかりとサポートしてくれるので利用する価値は高いといえるでしょう。

ワークライフバランスを気にしすぎてはいけない

転職を考える場合は、ワークライフバランスばかりを気にしすぎてはいけません。

既に説明しましたが、転職に対するあなたの希望を完全に叶えてくれる企業に出会える可能性はゼロの等しいと考えるべきだからです。

もちろん、残業の少なさや休日の多さなど、転職先に求めるものが多くなるのは仕方がないことでもあります。しかし、このような企業はほぼ見つからないため、いつまでたっても企業に応募することすらできない状況に陥ってしまうでしょう。

また、ワークライフバランスばかりを気にしてしまうと、実際に入社した後に企業や仕事内容とのミスマッチが起こってしまう可能性も高くなってしまいます。

それらを防ぐためには、転職の条件に優先順位を付けると同時に、自分が妥協できるポイントを探り、そのなかでマッチする企業を探していくことが大切になります。

職種だけで転職先を選択してはいけない

20代女性が転職を考える場合は、職種だけで転職先を選択してはいけません。

このような場合も、転職後のミスマッチが起こる原因になってしまうからです。

また、希望の職種を見つけておくことは大切ではありますが、それだけでは長く働くことができるということにはなりません。あなたのキャリアプランを考え、あなたが会社に対してどのような貢献ができるかがハッキリすることで、初めて安定して働くことが可能にあります。

それに、先述したようにあなたが希望している職種以外にも、あなたに合っている職種があるかもしれません。ですから、どんな企業が自分に合うのかしっかり見極める必要があります。

転職先は職種だけなく、さまざまな視点から判断して選択することが大切です。

自分の長所や短所を決めつけない

20代女性が転職を考える場合、自分の長所や短所を決めつけないように注意しましょう。

例えば、自分の事を「人と話すことが苦手で性格もおとなしい」と決めつけているとしましょう。そのような人のなかには「だから、自分は営業に向いていない」と考えるケースが多いのではないでしょうか?

しかし、他に人から見れば「人の話をしっかり聞くことができて、問題や課題を把握する能力が高い」とみられることもあります。そうなると「営業職に最適な人材」と評価されることもあるでしょう。

つまり、自分が考える長所や短所は、他の人にとってはそう映っていない可能性があるということです。また、あなたの本当の長所にあなた自身が気付けていないだけということもあります。

ですから、自分の判断だけを頼りに転職先の業種や職種、企業を決めてしまわない方がいいのです。そのためには、転職エージェントなど第三者に相談しながら転職先について検討するのが、最も効率的な方法となります。

このように、自分の長所や短所を決めつけてしまうのは、特に20代前半の女性に多い傾向にあります。誰かの意見を仰ぎながら、転職先について考えるようにするのが大切です。

20代女性が転職を成功させるためのポイント

ここからは、20代女性が転職を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

具体的には、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

転職の成功率をアップさせるポイント
  1. 自分のキャリアビジョンを描くこと
  2. 転職の目的をはっきりさせること
  3. 現職を続けながら転職活動を行うこと
  4. 社会人3年目までなら第二新卒枠を狙うこと
  5. 転職エージェントを活用すること

これらを理解しておくことで、転職の成功率がアップする可能性がありますので、意識しておいてください。

自分のキャリアビジョンを描くこと

20代女性が転職を成功させるためには、自分のキャリアビジョンをしっかりと描くことが大切になります。

キャリアビジョンを描くことで、何のために転職をするのかがハッキリとし、転職活動の軸を作ることができるので、スムーズに行動することができるようになります。

キャリアビジョンを明確にするためには、以下の2つについてじっくりと考えてみることから始めましょう。

  1. あなたが転職に対して何を求めているのか?
  2. そのうえで、将来的にどのようなキャリアを積んでいきたいと考えているのか?

逆に、「今よりもいい企業で働きたい」などの理由で、やみくもに転職活動を行っていても、自分が希望する転職を実現できる可能性は低くなりますし、入社後にミスマッチが発生してすぐに退職してしまうことにもなりかねません。

自分に適した職種や企業を把握し、理想的な転職を実現するためにも、キャリアビジョンを描くことは非常に重要である、ということを理解しておきましょう。

転職の目的をはっきりさせる

20代女性が転職を成功させるためのポイントとして、転職の目的をはっきりさせることが大切です。

先述したように、キャリアビジョンを描くことで、今後どうしていきたいのかという方針が定まることになります。その方針に沿って転職活動を行うことでブレずに行動できるため、採用担当者からも一貫性を持っていると判断されやすくなり、転職の成功率がアップすることになります。

一方で、転職の目的をはっきりさせない限り、採用担当者を納得させるような自己PRや面接での受け答えは難しくなってしまいます。

何に不満や不安を抱えているのか、それを解消するためにどうしていきたいのか、しっかりと突き詰めて考えるようにしましょう。

現職を続けながら転職活動を行う

20代女性が転職を成功させたいのであれば、現在の仕事を継続しながら転職活動を行うことが重要です。

こうすることで、転職が決まるまでの期間に無収入であることを避けることができるからです。

転職活動においては、自分で期限を決めて効率的に行動していくことが大切です。しかし、転職は、自分の思い通りに決まるものとは限りません。早く決まることもあれば、内定を勝ち取るまでに時間がかかってしまうこともあり得るのです。

仕事を辞めてから転職活動を始めて、万が一次の仕事が決まらなかった場合、失業保険の期限が切れたり、貯蓄がなくなってしまったりして無収入となり、生活すること自体が難しくなってしまうかもしれません。

そうような状況では、自分が全く希望しない転職を余儀なくされてしまったり、ブランク期間が長引いてしまって転職に不利に働いてしまったりする可能性があります。

ですから、必ず現職での仕事を継続しながら転職活動を行わなければなりません。これから自分の希望するキャリアを進んでいくためにも、たいへん重要なことですからよく理解しておきましょう。

社会人3年目までなら第二新卒枠を狙う

20代の女性が社会人3年目までに転職を考えているのであれば、第二新卒枠を狙うのが転職成功のポイントです。

というのも、第二新卒というのはある程度のビジネスマナーを身につけていることに加え、20代としてのポテンシャルも秘めているという理由で、転職市場において非常に需要が高い人材であるからです。

新卒での採用を狙えないような中小企業では、最初から第二新卒を狙って求人募集を行う場合もあるので、このタイミングでの転職では積極的に第二新卒を求める求人に挑戦することをおすすめします。

ちなみに、第二新卒という言葉にはっきりとした定義はありませんが、転職市場においては新卒などで入社してから3年以内の人材を指すというのが一般的となっています。

転職の成功率もアップしやすいですので、タイミングを見計らって転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを活用する

20代女性が転職を成功させるための最大のポイントが、転職エージェントを活用するということです。

その理由は、転職エージェントのサポートを受けることで、転職の成功率がアップするからです。

先述したように、転職エージェントを利用することで、転職活動のサポートを受けることができます。具体的には、以下のようなサポートを受けることが可能です。

転職エージェントで受けられるサポート内容
  • キャリアカウンセリングを受けることができる
  • 転職希望者に合うさまざまな求人情報を提供してくれる
  • 非公開の優良求人を紹介してくれる
  • 転職希望者の市場価値を客観的に評価してくれる
  • 転職希望者の魅力を応募先企業の担当者に伝えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策と適切なフィードバックをしてくれる など

また、転職エージェントに登録することで、転職のプロフェッショナルである担当のコンサルタントがつくことになります。コンサルタントの支援を受けながら転職活動を行うことができるわけですから、おのずと転職の成功率はアップするというわけです。

さらに、転職エージェントは一部のサービスを除いて、基本的には無料で登録・利用が可能です。そのため、余計な経費を掛けることなく、転職活動を有利に進めることができるのです。

ですから、本気で転職を成功させたいのであれば、転職エージェントの活用は不可欠であるといえるでしょう。

女性の転職に強い転職エージェントを選ぶのがおすすめ

現在、数多くの転職エージェントによる転職支援を受けることができるので、どのようなサービスを選択すればいいのかわからないというケースもあるでしょう。

まず、転職エージェントは大きく2つに分類することができます。

  1. 総合型転職エージェント
  2. 特化型転職エージェント

総合型転職エージェントというのは、利用する求職者の年齢や性別、転職を希望する業界や職種について幅広く対応している転職エージェントのことをいいます。有名な総合型転職エージェントには以下のようなものがあります。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • DODA(デューダ)

総合型転職エージェントは、紹介できる求人の数が多いのが特徴で、転職先の企業を見つけやすいというメリットがあります。

一方で、求職者の特定の状況や条件、業界、職種などへの転職支援に特化している転職エージェントが特化型転職エージェントです。

特に、20代女性の転職の場合、「女性の転職」に特化している転職エージェントの利用をおすすめします。

女性向けの転職エージェントを活用することで、女性にとって働きやすい企業への転職が実現する可能性が高くなります。

また、女性のコンサルタントが担当してくれることが多いので、女性ならでは不安や悩み、希望なども相談しやすくなるでしょう。さらに、内定後の条件交渉なども代行してくれるので、転職活動に対する負担をかなり軽くすることもできます。

女性向け転職エージェントを活用しながら、希望の転職を実現させましょう。

転職を考える20代女性におすすめしたい転職エージェント5選

ここからは、転職を希望する20代女性におすすめな転職エージェントを5つ紹介したいと思います。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

 公開求人非公開求人対象年代対応地域
type女性の転職エージェント8500件7500件20~30代の女性東京・神奈川・千葉・埼玉
doda(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
パソナキャリア1万5000件2万3000件全年齢全国+海外
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外

どの転職エージェントも無料で登録・利用が可能です。うまく活用するためには、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめですので、気になるものをチェックしてみてください。

type女性の転職エージェント

はじめに紹介する転職エージェントは「type女性の転職エージェント」です。

type転職エージェントを運営する株式会社キャリアデザインセンターが、女性の転職支援に特化する目的で2017年からサービス提供を行っている転職エージェントです。

女性向けの転職エージェントとあって、女性を募集する求人情報を多数取り扱っており、女性特有のワークライフバランスに理解がある企業や、女性が働きやすく活躍しやすい企業を紹介してもらうことができます。

求人の質については、企業の内部調査を行っていることもあり、ある程度保証されています。さらに、面接時や転職後の印象をアップすることができる特別セミナーも開催されているとのこと。

20代女性が転職を考えているなら、ぜひ登録しておきたい転職エージェントの一つといえるでしょう。

type女性の転職エージェント

年代20~30代の女性雇用形態正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パート・その他
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア広告/クリエイティブ営業職経営企画/管理事務事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 女性の転職支援に特化した転職エージェント!
  • このエージェントを利用した女性の7割以上が年収アップを実現している!
  • 大手の有名企業から注目のベンチャー企業まで幅広く優良求人を取り扱う!

doda(デューダ)

次におすすめする転職エージェントは「doda(デューダ)」です。

dodaは転職エージェントだけではなく、転職サイトやスカウトサービスとしても利用可能。転職希望者を幅広いニーズに応えられる総合転職支援サービスとなっています。

dodaの特長は、取り扱う求人数が多いこと。10万件を超える非公開求人を扱っているため、自分の希望にピッタリの転職先を見つけやすいといえるでしょう。また、求人の量だけではなく、質が高いことに定評があり、安心して転職活動のサポートを任せることができます。

さらに、転職支援には2名のアドバイザーが対応。転職相談に加え、内定後の交渉なども一手に引き受けてくれるため、あなたにとって心強い味方となってくれるでしょう。

さまざまなニーズに応えらえるdodaを利用して、転職を成功させましょう!

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 転職エージェント、転職サイト、スカウトサービスなど幅広いニーズに応える転職支援サービス!
  • 圧倒的な求人数を誇り、希望の転職先を見つけやすい!
  • 求人の質が高く、専門アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので安心して利用可能!

マイナビエージェント

次に紹介するのは「マイナビエージェント」です。

人材業界最大手企業の株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェント。20代に最も支持されている、転職活動には欠かせない転職エージェントです。

マイナビエージェントの特長は、非公開求人を多く取り扱うということ。人材サービス業界での企業とのつながりを十分に活かし、全国の企業を対象にした優良求人を保有しているため、希望通りの転職先を見つけやすくなっています。

また、転職実現のために、書類作成と面接に対する対策に力を入れているのもポイント。マイナビエージェントに添削してもらうことで、書類通過率は5割近くまで上昇するとも言われています。

20代の転職活動には欠かせない、安心の総合型エージェントですので、ぜひ利用してみてください!

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 人材業界最大手の株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェント!
  • 20代から圧倒的な支持を集める転職活動には欠かせないサービスの一つ!
  • 非公開求人も多く、理想の転職先に出会える可能性大!

リクルートエージェント

最後に紹介するのは「リクルートエージェント」です。

就活や転職サイトをはじめ、さまざまなサービスを提供しているリクルートによって運営されている総合型転職エージェントで、業界内でも最大手クラスの規模を誇ります。

なかでも、圧倒的な非公開求人数を取り扱っており、他の転職サイトなどでは出会うことができない、優良企業に出会える可能性が高いのが特徴。年収や福利厚生など、さまざまな条件の求人を揃えているので、転職先を探しやすいといえます。

また、登録することで、転職活動の参考にすることができる様々なコンテンツやサービスを無料利用可能。さらに、面接力をアップさせられるセミナーが開催されているなど、求職者にとって嬉しいサービスが充実しているのも大きな特長といえるでしょう。

転職エージェントに迷ってしまうときは、とりあえずリクルートエージェントに登録することから始めてみましょう!

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 国内最大級の総合型転職エージェント!
  • 非公開求人数は約16万件と圧倒的な規模の大きさを誇る!
  • 年代、業種などにも幅広く対応し、年収アップ率も高いため安心して利用できる!

パソナキャリア

次に紹介するのは「パソナキャリア」です。

全国の40以上の地域に拠点を構える人材派遣最大手のパソナキャリアが運営する転職エージェントで、これまでに1万6000社を超える企業との取引や、25万人もの転職支援を行ってきたなど、泣く子も黙る実績を誇っています。

幅広い業種・職種の求人情報を取り扱っているほか、女性の目線から働きやすい職場を紹介してくれるのがポイント。女性にとっては利用しやすい転職エージェントといえるでしょう。

非公開求人数も多く、スカウトサービスとして利用することも可能。専門のキャリアアドバイザーの質も高いと評判ですので、転職活動のサポートを依頼してみてはいかがでしょうか?

パソナキャリア

パソナキャリア
年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 人材派遣大手のパソナキャリアが運営する転職エージェント!
  • 1万6000社との取引、25万人の転職支援など、実績は申し分なし!
  • 女性目線で働きやすい職場を紹介してもらうことが可能!

20代女性だからこそ将来を見据えた転職を実現しよう!

今回は、転職を考える20代の女性に向けて、転職を成功させるための注意点やポイントなどについて解説してきました。

20代というのは、転職市場においては「若い人材」とみなされるため、比較的転職を成功させやすいといえます。特に、20代前半の場合はポテンシャルが重視されるので、未経験職種への転職を考えているなら、いいタイミングといえるでしょう。

また、転職する場合は自身が抱えているイメージと現実に違いがあることについても理解しておきましょう。

さらに、20代女性の転職では、「一人で転職活動を行わないこと」「ワークライフバランスばかりを気にしないこと」「自分の長所や短所を決めつけないこと」など、さまざまなことに注意する必要があります。

そして、転職を成功させるためには、いくつかのポイントがありますので、しっかり理解しておいてください。特に、転職について真剣に考えているなら、転職エージェントの利用を欠かすことはできません。女性の転職に特化したサポートを行ってくれる転職エージェントもありますので、積極的に利用してみてください。

本記事が、転職を考える20代女性の方の参考になれば幸いです。