海外発祥のハイブランドは、日本人にも大変人気がありますよね。
ファッションが好きな方はもちろん、それほど興味がない方でも一度は名前を聞いたことのあるブランド。
そんな外資系ハイブランド企業で働きたい!と考えたことはありませんか?
今回は、外資系ハイブランドへの転職を希望する方へ向け、必要なスキルやマナーなどを紹介していきます。
さらにおすすめの転職エージェント情報も盛り込んでいますので、ぜひ参考にしてみてください。

外資系ハイブランドへの転職・就職には何が必要?

外資系のハイブランドは、日本のアパレル業界よりも高い年収を実現することが可能です。
しかし、当然年収に見合ったスキルも必要となるでしょう。
そこで、必要とされるスキルを整理してみました。
もちろん、全てを必要とされるわけではありませんが、いくつかは必須のものがあります。

語学力

企業によってはほぼ必須です。
例えば、全く英語ができないのに英語圏のハイブランド企業へ転職しようとしても、
コミュニケーションが成立しないとして採用されないでしょう。
実際に接客する顧客層は日本人であっても、企業文化として英語を多用する場合もあります。
実際に、ミーティング時に使う会社の共通用語などは英語のことが多いようです。

自分を売り込むスキル

少し抽象的ですが、外資系企業への転職を成功させるためには、自分を売り込むスキルも必要です。
実際、外資系企業への転職には「カバーレター」という書類が必要になります。
このカバーレターは、自分のアピールポイントをまとめた売り込み用の書類で、履歴書や職務経歴書とは一味違うもの。
書類ひとつとってみても、売り込みスキルがいかに重要かわかりますよね。
また、自分が年間どれだけの売り上げを上げてきたのか、どんな資格を所持しているかなど、
数字や文字でわかりやすい売り込みポイントを作っておくことも必要でしょう。

専門的な能力

アピールできる専門性があることも必須です。
語学力の専門性を磨くためにTOEICで高得点をとったり、カラーコーディネーターや販売士を取得したり、
シューフィッターの資格をとったりと、自分の能力を深堀りしていきましょう。
また、接客スキルのように資格で証明しにくいものは、ライバル企業や他店舗で実際に接客を受けながら磨きをかけることもあるようです。

ある程度の年齢

これはスキルとは言いにくいのですが、外資系ハイブランドでは、30歳前後から採用対象となることがあります。
ハイブランドの顧客はいわゆる富裕層で、世間のことをよく知っており、落ち着きと知性のある店員が好まれます
もちろん、若年層にも優秀な人材はいるのです。しかし、高額なブランド品を買いに行ったとき、あまりにも若すぎる店員が
どんなおすすめ文句を言っても、「若いのにそんなことわかるの?」と、薄っぺらさが出てしまう可能性も否めません。
逆にある程度の年齢を重ねた店員の言葉は、重みや安心感を感じさせます。

ヒアリング能力

接客業は「聴く」仕事でもあります。短時間に顧客の真意をくみとって、潜在的な欲求をキャッチするためには、
何よりもまず聴く能力が重要です。

素材に対する知識

商品にどんな素材が使われていて、その素材がどんな特性を持っているのか、説明できるスキルも求められます。
例えば単に毛皮(ファー)をとってみても種類は非常に多く、それぞれに特徴がありますからね。
顧客への一押しが「素材の特徴」であることも珍しくありません。

接客マナーは日本と違うの?身に着けておきたいマナーは?

こちらもある意味スキルの一部かもしれませんが、マナーや文化に対する意識も重要です。
外資系ハイブランドと日本国内のアパレルメーカーとの違いに戸惑うこともあるでしょう。
そこで、事前に知っておきたいものをピックアップしました。

スピード感覚

外資系ハイブランドの顧客は、いわゆる「お金持ち」や「成功者」に属する人が多いのです。
「お金持ちなんだから時間とお金に余裕があるのでは?」と感じるかもしれません。
しかし実際のところは逆で、こういった人たちほど常に「時短」を意識していてせっかちです。
もたついていたり、まったりと会話を進めていたりする、とブランドの価値を落としかねません。
常にスピード感をもってテキパキとした態度が求められます。

鏡に写りこまない

顧客が試着などで使っている鏡には、決して映り込まないよう配慮しましょう。
店員の視線や姿が気になって、商品を選ぶことに集中できません。

待機時の姿勢は美しく

販売員もブランドの価値を証明するもののひとつです。
待機時であっても立ち姿、姿勢などには注意する必要があります。
また、細かい作業は顧客から見える店頭では行わないというマナーもあります。

言葉遣いや服装・髪型

ブランドとは「世界観」と言い換えることもできます。
顧客はその世界観にお金を払っている面もあるのです。
常に正しい敬語で接するのはもちろんのこと、ユニフォームの着用やメイク、ヘアスタイルの規則を守らなくてはいけません。
ちなみに、このような規則は「グルーミング(日本語では”毛づくろい”)」と呼ばれることもあるそうです。
動物がきれいに毛づくろいや羽繕いをするように、容姿を整えることが求められます。
また、スタッフ同士の会話も砕けすぎないように気を配らなくてはなりません。
これも世界観のひとつですからね。

外資系ハイブランドへの転職に役立つエージェントは?

外資系企業への転職は、専門性をもった転職エージェントを利用するのが近道です。
日本ではまだまだ外資系企業の求人は一般的ではないですからね。
コネクションやノウハウを持った専門家のサポートを受けておきたいところ。
そこで、外資系ハイブランドへの転職に役立つエージェントを紹介します。

リクルートエージェント

国内最大の転職エージェントのひとつで、カバーできない業界・職種はないと言われるほど。
さらに、リクルートエージェントは元々、語学力(特に英語)を強みとする人材の転職支援を打ち出していました。
このことから、今でも外資系企業の求人を取り扱っています。
どちらかといえばマネジメント層の求人が多いかもしれません。

クリーデンス

アパレル業界の転職に特化した転職エージェントです。
国内のハイブランドはもとより、外資系のハイブランドの求人も取り扱っています。
非公開求人が多いことが特徴。
実際に店舗で勤務する職種の求人が豊富です。

JACリクルートメント

日本国内の転職エージェントの中で、特に外資系企業への転職に特化しているのがJACリクルートメント。
筆者も実際に利用したことがありますが、コンサルタントが持っている情報の質や量ともにレベルが高いです。
即戦力重視の求人が多いものの、マッチングには非常に気を使ってくれます。
量よりも質で勝負するタイプの転職エージェントといえるでしょう。

ISSコンサルティング

こちらも外資系企業への転職に特化したエージェント。
消費財・高級財業界の求人情報が豊富なため、外資系ハイブランドの情報を数多く所持しています。
年収700万円から1000万円オーバーの求人が多く、高年収を狙うかたにおすすめです。

アージスジャパン(AEGIS JAPAN)

こちらも外資系企業求人に特化しています。
知名度こそそれほど高くないものの、きめ細やかな対応が期待できる転職エージェントです。
少人数でひとつひとつの案件を大切に紹介していることから、案件数はそれほど多くないものの、
職種の幅は非常に広いようです。

まとめ

外資系ハイブランドでは、日本のアパレルメーカーよりも高い年収を得ながら、さまざまなビジネススキルが身に着けられます。
高級品を扱い、顧客も富裕層が多いからこそ、働く人間にもスキルや意識が求められるようですね。
全てを一度に身に着けるのは難しいでしょう。
しかし、日本企業のように「若さ」を重視していないため、焦る必要はありません。
しっかりと足りないものを身に着けつつ、ハイブランドへの転職に挑戦してみてください。
自分自身に付加価値をつけつつ、憧れの企業への転職を成功させましょう。