広告業界への転職に強いエージェント6選!未経験でも成功させるコツや注意点も紹介

広告_転職エージェント

最近では働き方の多様性が議論される事が多くなっており、昔のように一つの会社に長く勤めるよりも転職をしてステップアップをする方も増えています。特に広告業界は人気が高く、常に流行の最先端にいる華やかなイメージがあるので転職を希望される方も多いでしょう。

転職をする際には多くの方が転職エージェントを利用しますが、数が多くどのサービスを利用するか迷う方も多いです。今回の記事では広告業界に強い転職エージェントについて、メリットなども含めて詳しく解説していきますので、広告業界への転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

広告業界への転職に強いエージェント6選!

広告 転職 エージェント

転職が一般的になってきた事もあり、様々な種類の転職エージェントがサービスを展開しています。

いざ転職活動を始めるとまず驚くのがその数の多さで、いったいどのエージェントを選べば良いか迷ってしまう方も多いでしょう。そんな方のために、広告業界の転職に強いエージェント6選について紹介していきます。

1位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

まず一番におすすめする転職エージェントはマイナビです。マイナビと言えば新卒採用の就職支援でも有名なので、名前を聞いた事のある方も多いでしょう。数ある転職エージェントの中でも、実績も利用者もトップクラスの大手エージェントで転職支援の実績も豊富にあります。

マイナビは広告業界に特化したエージェントという訳ではありませんが、各業界に精通したキャリアアドバイザーがいる事が特徴で、広告業界にも詳しいアドバイザーに専任で担当してもらえます。

また大手企業からベンチャーまで多くの企業の人事部とのパイプがあるので、求人情報だけでは分かりにくい会社の雰囲気や求める人物像など情報が豊富なのも特徴の一つと言えるでしょう。

職務経歴書の書き方や自己PRなどの作り方も丁寧に相談に乗ってくれるので、若者や初めての転職の方からの指示が高く、20代の転職支援実績ではトップクラスを誇るエージェントです。

口コミ・評判

実際にマイナビを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。口コミ情報はとても参考になるので、エージェントを選ぶ際には必ず確認するようにしましょう。

このようにマイナビはキャリアアドバイザーの質が高く、評判が良いのも特徴の一つです。マイナビのキャリアアドバイザーは各業界に精通している方が多いので、広告業界という特殊な業界への転職でも安心して相談出来ます。

応募書類の添削や面接対策などサポート体制がとても手厚いので、初めて転職する方や20代の若い方からの支持が高いのもマイナビの特徴です。

マイナビは業歴も長く様々な企業とのパイプもあるので、独自の求人が多いのも特徴です。マイナビに限らず転職エージェントを利用するメリットの一つに、求人数の多さがあります。

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント_公式
年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大規模の総合型転職エージェント!
  • 求人数の合計が20万件以上!
  • 知名度が高くサポートも充実なので登録必須

次におすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。先程のマイナビ同様に、リクルートと言えば新卒の就職支援で有名なので利用した経験のある方も多いでしょう。そのリクルートが行なっている転職支援が、リクルートエージェントです。

リクルートスーツという言葉を生み出したぐらいリクルートと言えば就職支援で有名な会社で、そのためこれまでの転職支援実績はナンバー1の最大手エージェントです。リクルートエージェントはあらゆる業種の求人情報を扱う総合型のエージェントですが、広告業界だけでも求人数が1,400件もあるなど求人数がとにかく多いのが特徴と言えるでしょう。

またサポート体制も充実しており、過去の面接事例から想定される質問を踏まえたうえでの面接対策や、丁寧な応募書類の添削など親身になって相談に乗ってくれます。キャリアアドバイザーの質が高いのも特徴で、しっかりと要望を聞いた上でキャリアの提案を行ってくれるので、転職活動の心強い伴奏者になってくれるでしょう。

口コミ・評判

続いて実際にリクルートエージェントを利用している方の口コミ情報を紹介していきます。

リクルートエージェントは業界最大手という事もあり、求人数の多さも魅力です。他社にはない独自の情報網での求人があるのが、魅力の一つと言えるでしょう。

リクルートエージェントは担当するキャリアアドバイザーの質が高いことも、人気の秘訣です。様々な業界に詳しいキャリアアドバイザーがいるので適切なサポートをして貰えるだけでなく、業界特有の情報なども教えてもらえます。

最大手のエージェントだけに他社では対応できないような希望条件に当てはまる求人情報を持っているのが、リクルートエージェントの強みとも言えます。転職活動を決意した方であれば、とりあえず登録をしておいて損のないエージェントと言えるのがリクルートエージェントです。

3位:DXキャリア(旧:広告転職.com)

次に紹介する転職エージェントは、広告業界やWEB業界に特化したDXキャリアです。こちらのエージェントはこれまで紹介したマイナビやリクルートエージェントと違って、広告とWEB業界のみに絞って転職支援を行っています。そのため業界の事情に詳しいコンサルタントがいて、丁寧にフォローをしてもらえるのが特徴と言えるでしょう。

求人数だけを見れば大手総合型のエージェントには劣りますが、広告業界に特化しているだけに他社にはない独自の求人情報も多く持っています。またDXキャリアにはハイクラスな求人情報も多く、年収700万円を超えるような高年収の転職者の実績も多いです。

またDXキャリアではフリーランス向けの求人情報も豊富にある点も特徴と言えるでしょう。雇用型の求人ではなく、案件毎に求人を出しているので在宅で出来る仕事なども豊富にあります。独立したばかりで仕事が安定していないフリーランスの方にとってもDXキャリアはおすすめです。

口コミ・評判

それではここからは実際にDXキャリアを利用した事のある方の、口コミ情報を見ていきましょう。

DXキャリアには高年収の求人情報が多いので、収入を上げてステップアップをして行きたい方にもおすすめです。しかし求人情報はどうしても都市部に集中しており、地方などの案件や求人が少ない点には注意しましょう。

DXキャリアは広告業界やWEB業界に特化したエージェントなので、総合型エージェントのように他の業種の求人情報に惑わされることがありません。広告業界に絞って、じっくりと転職活動が出来るのがメリットと言えます。

広告業界に特化したエージェントなので、担当してくれるキャリアアドバイザーの方も業界事情や広告業界の企業には詳しいです。そのため希望に沿った会社の求人情報を紹介してくれるのも、使いやすいポイントと言えるでしょう。

4位:マスメディアン

続いて紹介するのが、広告やマスコミ業界に特化したエージェントのマスメディアンです。先程のDXキャリアと同じく業界特化型のエージェントなので、業界ならではの独特な慣習や業界用語など、一般の業界では伝わりにくい事にも精通したアドバイザーがいます。

そのため希望の職種や仕事内容などのイメージを、アドバイザーと共有しやすく希望の求人が見つかりやすいのがメリットと言えるでしょう。

マスメディアンを運営している宣伝会議グループは、マーケティング界のシンクタンクのような存在で広告業界では知らない方はいないでしょう。それだけに広告業界でのパイプは太く、他社には無い求人情報が豊富な事も特徴です。

求人数だけでなく応募書類の添削や、応募先企業との給与交渉など細かくフォローしてくれるのも特徴で、特に企業毎に過去の面接動向を踏まえたうえでの面接対策をしてくれるので、転職の際には心強い味方になってくれます。広告業界への転職の際には、登録しておきたいエージェントの一社と言えます。

口コミ・評判

続いてマスメディアンを利用している方からの口コミ情報を見ていきましょう。

マスメディアンには高年収など、好条件の求人情報が多いのも特徴です。運営会社が広告業界に精通しているため、他社には無い求人情報には出会えるでしょう。

マスメディアンは東京だけでなく、金沢や大阪、名古屋にも拠点があるので、全国エリアでの対応が出来ます。しかし広告業界の求人数はどうしても東京などの都市部に集中している事には注意しましょう。

やはり求人数や業界についての情報が豊富なのがマスメディアンの強みです。そのため求人情報は多く提供されますが、中にはイメージと違うものもあるのでしっかりと見極める事も重要です。

5位:シンアド転職エージェント

続いて紹介するのも、広告業界に特化したエージェントのシンアド転職エージェントです。

シンアド転職エージェントは現在では名称が変わっており、「プロの転職」という名称になっていますが広告業界に特化したエージェントという点は変わっていません。

シンアド転職エージェントは広告業界だけでなくPR業界やWEB業界の求人数が多いのが特徴なので、広告業界だけでなくPR業界を目指す方にはぴったりでしょう。

在籍しているアドバイザーも数こそ多くは無いものの、広告業界に精通した専門家が中心なので職種が細分化されている仕事でも希望の仕事が共用しやすいです。

またシンアド転職エージェントは比較的若い層をターゲットにしているので、初めて転職する方や20代の方から指示が高いのも特徴です。

一人一人の要望をしっかりと聞いたうえで、じっくりとマッチする企業を探すのでスピード転職を目指している方には向か無い場合もあるでしょう。

口コミ・評判

続いてシンアド転職エージェントの口コミ情報を見ていきましょう。

https://twitter.com/profuku29/status/1114076716270411777?s=21

シンアド転職は業界特化型のエージェントなので、やはり独自の求人情報が多いのが特徴です。転職活動の際には大手だけでなく、このようなエージェントにも登録すると良いでしょう。

シンアド転職のキャリアアドバイザーには実際に広告業界で活躍してこられた方が、多数在籍しています。そのため業界の慣習など踏まえた詳しくアドバイスが受けられるのも特徴でしょう。

シンアド転職エージェントの口コミ情報を見ると、担当アドバイザーの業界に関する知識の深さを活かしたサポートが多いようです。このように広告業界特化型のエージェントの強みを活かした転職支援が、シンアド転職エージェントのメリットと言えるでしょう。

6位:doda

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

最後に紹介するのが大手エージェントのdodaです。マスメディアンやシンアド転職のような特化型エージェントではなく、広告業界以外のあらゆる業界に対応している総合型のエージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントと並んで、利用者や実績の多いトップクラスの転職エージェントと言えるでしょう。

dodaの一番の特徴は、転職サイトと転職エージェントの機能を両方を兼ね備えている点です。

そのためエージェントに相談する事なく自分で求人情報を探したい方は転職サイトとして利用出来ますし、プロのアドバイザーに相談しながら転職活動したい方は転職エージェントとして利用する事が出来ます。

さらに自分で探した求人情報に対して、エージェントからアドバイスをもらうなどの応用的な使い方も出来るので、幅広い使い方が出来るでしょう。

またイベントやセミナーを多く開催しているのもdodaのメリットで、オンラインで転職活動に役立つセミナーが受講出来たり、企業の採用イベントなどに参加する事が出来ます。

質問に答えるだけで適正年収を査定してくれたり、応募書類を添削してくれたりとフォローも手厚いので転職の際には登録しておきたいエージェントの一つです。

口コミ・評判

それでは実際にdodaを利用したことのある方の、口コミ評判を見ていきましょう。

dodaに実際に登録する前でも、匿名でチャットを使って気軽に転職相談をする事が出来ます。初めて転職活動をする場合などは不安も多く、登録するにも勇気がいるので匿名で相談出来るのはとても役立つサービスと言えるでしょう。

dodaは転職エージェントとしてはシェアも高い大手であり、求人数もトップククラスに多い事もメリットです。20代の若者向けの求人も豊富にあるので、口コミのような経験の浅い方でも転職支援をしっかりと行ってくれるでしょう。

https://twitter.com/Kohakusanusa/status/1410742419688099847?s=20

求人情報へ応募するだけでなく、dodaに登録しておくと企業側からスカウトが届く事もあります。

転職サイト・エージェント・スカウトと3つの機能を持っており、ニーズにあった使い方が出来るのもdodaの特徴と言えるでしょう。

広告業界への転職でエージェントを使うメリット

広告 転職 メリット

ここまで広告業界に強いエージェント6社を紹介してきましたが、転職をする際に必ずエージェントを利用しなければいけない訳ではありません。

しかし転職活動をする多くの方は転職エージェントを利用しているのは、メリットが多くあるためです。広告業界での転職の際に、エージェントを使うメリットについて見ていきましょう。

ハローワークにない非公開求人に応募できる

転職エージェントを利用するメリットの一つが、非公開求人に応募できる事があります。ハローワークや転職サイトなどを見れば広告業界の求人情報に数多く出会えますが、求人情報はそれが全てではありません。

企業が求人を出す際は情報を公にしないで水面下で募集するケースも多く、良い企業ほどその傾向が強いです。

あまり求人情報を公に公開してしまうと、良い企業ほど募集が殺到してしまい採用する側の負担も増してしまいます。

そのため企業としても信頼出来る転職エージェントに非公開で求人を依頼して、ニーズにマッチした人材を集める方が効率的と言えます。

転職エージェントはそれぞれ独自のネットワークを持っており、他社にはない非公開求人をどの会社も持っています。

転職エージェントを利用することで、このような他社にはない非公開求人を教えてもらえるのは大きなメリットの一つでしょう。

広告業界のプロに転職のサポートをしてもらえる

転職エージェントを利用すると、プロの転職アドバイザーが担当になってくれて様々な転職のサポートを行ってくれます。

転職活動に慣れている方は少なく、特に初めて転職活動をする場合などは不安も大きいでしょう。まず何をすれば良いかも分からないというような状態からでも、アドバイザーが親身に相談に乗ってくれ転職活動の良き伴奏者となってくれます。

アドバイザーのサポート内容は多岐に亘りますが、具体的には下記のようなサポートを行ってくれます。

  • 転職理由や希望の転職先、条件面、どんな仕事がしたいか・今後のキャリアなどのカウンセリング
  • 希望条件を踏まえた求人先の紹介、企業情報の提供
  • 応募書類の添削や記入方法のサポート
  • 自己分析や自己PR、キャリアの棚卸などのサポート
  • 具体的な質問などを想定した面接対策
  • 給与や労働条件についての交渉

このように転職活動の始めから終わりまでを良き相談役となってサポートをしてくれるので、不安な転職活動においてエージェントの存在はとても心強いでしょう。

離職率や人間関係など求人票にない情報が知れる

エージェントの大きな役割の一つに求人情報の紹介がありますが、エージェントの場合は単なる情報提供にとどまりません。

エージェントに所属しているアドバイザーは広告業界にも詳しく、特に特化型のエージェントの場合は広告業界出身という方も多くいます。

そのため求人情報からは読み取れない会社の社風や職場の雰囲気や、その企業が求めている具体的な人物像などより詳しい情報を教えて貰えます。またそういった具体的な情報をもとにした面接の対策や、アドバイスなどが貰える事も大きなメリットの一つでしょう。

休日や給料などの条件交渉をしてもらえる

転職をする際に重要なのが休日や給料などの労働条件ですが、直接企業側の担当と交渉を出来るケースは多くはありません。一般的には決められた条件に応募する場合が多く、個別の交渉を行うのは言いにくい場合も多いでしょう。このような場合に役立つのがエージェントの存在で、代わりに企業と労働条件の交渉を行ってくれます。

中々直接は言いにくい給料の話などを、自分に変わって企業と交渉してくれるのはとても貴重な存在と言えるでしょう。

このように転職エージェントを利用した場合と一人で転職活動をする場合を比べると、転職エージェントを利用した方が様々なメリットを受ける事が出来ます。

広告業界への転職でエージェントを使うデメリット・注意点

広告 転職 注意点

転職エージェントを活用する事で様々なメリットがあり、スムーズに転職活動を行うことが出来ますがデメリットや注意点がある事も理解しておきましょう。ここでは広告業界で転職エージェントを利用する際の、デメリットについて紹介していきます。

担当者の質が低いとミスマッチ求人を紹介される

転職エージェントを利用すると専任のアドバイザーが担当になってくれて何でも相談出来る事がメリットと説明をしましたが、その担当が逆にデメリットになってしまう場合があります。

担当者にも質があり、全員が業界に明るく信頼出来る訳ではありません。

中には経験が浅かったり、知識があまり無かったりと質の悪い担当者がいるのも事実です。担当者の質が悪かった場合、こちらの要望や希望条件を汲み取れずにミスマッチの求人情報ばかり紹介されてしまう可能性もあります。

そうなってしまうといつまでたっても転職活動が進まなくなってしまうので、転職エージェントを利用する際には複数社を利用すると良いでしょう。

大手エージェント以外は担当の質が安定しない

このように担当者の質によって、転職活動の成否が決まると言っても過言ではありません。そのため良い担当者に巡り合うことがとても重要になりますが、大手エージェント以外は担当の質が安定していない事にも注意しましょう。

担当と話しをしていて、違和感を感じるようであれば他のエージェントを探すか担当の変更を申し出てみるのも一つの方法です。

相手に遠慮してしまって言いにくい部分もあるかもしれませんが、人生を左右する転職活動における重要な事なので、後で後悔をしないためにも思ったことがしっかりと伝える事も大切です。

応募する職種を決めておかないとミスマッチになる

また広告業界に転職する際に重要な事は、事前にしっかりと応募する職種を決めておくことです。

一口に広告業界と言っても多種多様な職種があり、ITの普及によって更に仕事が細分化され始めているのが特徴です。

そのため広告代理店に入りたいのか広告制作をしたいのか、営業がしたいのかクリエイティブな部門を希望をするのかを具体的にイメージしておきましょう。

転職後の具体的な働き方を考えておくことで、ミスマッチを防ぐことが出来て転職活動をスムーズに行うことが出来ます。

ここの整理が事前にしっかりと出来ていないと、せっかく転職をしてもミスマッチとなってしまって再度転職活動をする羽目にもなりかねません。

自分でも決められない場合は、エージェントの担当者とも相談をしながら希望する職種の絞り込みを事前にしっかりと行っておきましょう。

【未経験向け】広告業界への転職におすすめの職種

広告 転職

広告業界で転職を行う際には職種を事前にしっかりと絞っておくことが重要な事は先ほども説明しましたが、初めて広告業界への転職をする方であればどのような職種が良いか決めかねてしまうでしょう。ここでは未経験者の方向けのおすすめの職種を紹介していきます。

インターネット広告関係

広告というと、古くからマス4媒体と言われるテレビ・新聞・雑誌・ラジオが中心でしたが、インターネットの普及により従来の媒体での市場規模は縮小傾向にあります。

一方近年急速に拡大しているのがインターネットを使った広告関連の市場です。

そのため広告の内容も従来のマス4媒体を使った万人受けを狙った広告から、インターネットやITを駆使した利用者毎にターゲットを絞った広告が主流となっています。

そのためインターネット広告関係の企業や職種には新しいものも多く、未経験の方でもチャレンジしやすい分野と言えるでしょう。

インターネット広告関係と言っても様々で、インターネット専門の広告代理店やアプリやインターネット上に広告を配信するアドネットワーク事業者など多岐に亘ります。

不安な場合はエージェントの担当者とも相談しながら、決めて行くと良いでしょう。

未経験OKの販促・マーケティング

様々な職種のある広告業界ですが、コピーライターやデザイナーなどのクリエイティブな部門の仕事は未経験での転職が難しい場合が多いです。

しかしマーケティング部門であれば簡単ではありませんが、未経験OKな求人もあるでしょう。一般的にマーケティングと聞くと、市場調査やリサーチ部門のイメージがあるかもしれませんが、広告業界の場合は違います。

広告業界におけるマーケティング部門とは広告の依頼主の経営判断を左右する重要な位置づけと言えるので、単なる市場調査というよりも広告戦略の土台を成す重要なポジションです。

そのため営業部隊やクリエイティブ部隊などの他の職種を巻き込んで、広告戦略を作り上げていくというリーダーシップが求められる場合もあります。

このように広告業界におけるマーケティングや販促部門は重要な職種である一方、やりがいもある仕事と言えるでしょう。

広告会社の営業スタッフ

広告業界未経験の方でも比較的転職しやすいのが、営業部門の職種でしょう。

一口に営業と言っても会社によって仕事の内容は様々ですが、基本的には広告主に対してプロモーション企画の提案をして案件を受注するのがメインです。

また受注後は予算の管理や、クリエイティブ部門やマーケティング部門とも社内調整をしながら広告を制作していく必要があるので、調整力も必要になります。

クリエイティブな職種に比べると未経験でも入りやすいのと、特にインターネット関連の広告会社の営業スタッフは募集も多くなっていることもあり、広告業界が初めての方でも転職出来る可能性が高いでしょう。

広告業界への転職を成功させるポイント

広告 転職 成功

ここまで今回の記事では広告業界への転職について説明をしてきましたが、広告業界は他の業界に比べても人気の高い業界だけに転職をするにあたっても競争率が高いことが予想されます。

また独特の感性が求められる業界でもあるので、未経験からの転職であれば尚更です。

しかしここで紹介するポイントをしっかりと押さえて転職活動を行うことで、転職活動を成功させる事は十分に可能です。広告業界で転職成功させるためのポイントについて、紹介していきます。

2~3社のエージェントを掛け持ちする

転職の際にはこの記事でも紹介したような広告業界に強い転職エージェントを利用することがおすすめですが、その際には1社だけでなく2~3社のエージェントを登録するようにしましょう。

転職エージェントに登録することで専任の転職アドバイザーが担当になってくれますが、担当者の質が低い場合もあることは先ほども説明をしました。

担当者の質が低いと適切なアドバイスを貰えなかったり、こちらの希望する条件をきちんと理解してもらえない可能性があります。

特に広告業界のように職種が細分化されており、業界に詳しい方でないと理解しにくい特殊な職種が多い業界の場合は、ミスマッチが起こりやすくなってしまいます。

転職活動は今の仕事を続けながら行う場合が圧倒的に多いので、ミスマッチによる時間の無駄は極力避けるべきです。

無駄に時間を浪費してしまいますし、それでなくても疲れる転職活動のモチベーションも下がってしまう事になります。このような事を防ぐためにもエージェントは一社に絞らず、複数社の利用をおすすめします。

またそれぞれのエージェントは独自のルートで非公開求人を持っているので、複数社のエージェントを利用する方が良い求人に出会いやすいと言えるでしょう。

転職サイトも併用し求人を比較する

広告業界で転職活動を行う際には、転職エージェントだけでなく転職サイトも同時併用することもポイントです。

広告業界には様々な職種があるので、やりたい仕事を探すには多くの求人を見ることが重要です。いくら非公開求人の多い大手転職エージェントであっても全ての求人を網羅している訳ではありません。

そのため転職サイトにも登録をして同時に利用することで、求人情報を比較しながら多くの求人を見ることが出来ます。

このように転職エージェントを利用しながらも、「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などのような転職サイトを活用することで、多くの求人情報に出会えるので転職成功の確率もアップするでしょう。

また冒頭のおすすめエージェントでも紹介しましたが、dodaは唯一転職サイトと転職エージェントの機能を兼ね備えたサービスとなっています。

そのため転職サイトで見つけた気になる求人情報を、専門のアドバイザーに相談をする事が出来るという使い方も出来るのでおすすめです。

転職サイトとエージェントの違い

転職サイトと転職エージェントは似ているようですが、大きな違いがあります。転職サイトの場合は転職エージェントと違って、専任のアドバイザーは付きません。

そのためアドバイザーに相談しながら二人三脚で進めていく転職エージェントと違って、転職サイトは自分で求人情報を探して応募していく進め方になります。

どちらもメリット・デメリットがありますが丁寧にサポートをしてくれる転職エージェントに対して、転職サイトは自分のペースで転職を進めたい方に向いていると言えるでしょう。

何度も転職を経験をしている方や、明確にやりたい職種が決まっている方などは転職サイトを利用して転職活動をされているケースが多いです。

採用する企業側からすればどちらのサイトを使っても同じですが、やはり手厚いサポートのある転職エージェントの方が成功率が高いのも事実です。

そのため転職エージェントに登録してサポートを受けつつ、転職サイトの求人情報もチェックするという良いとこ取りのやり方が転職成功のポイントです。

ハローワークや求人サイトは使わない

ここまで紹介をしてきた転職サイトや転職エージェントの他に、転職活動する際にはハローワークを利用するという方法があります。

ハローワークとは国が運営する職業紹介機関のことで、全国の市区町村などに窓口があり求人情報の紹介などを行っているサービスです。

民間が行っている転職サイトや転職エージェントとの一番の違いは、国が行っているため応募を出す企業側の手数料がいっさいかからない点です。

また全国に数多くの窓口がある事から、地元企業の求人などがとても多いのが特徴です。広告業界で転職活動をする際、このハローワークの利用はあまりおすすめしません。

ハローワークは求人の質にばらつきがありブラックも多い

何故なら企業側の手数料がいっさいかからないため、決して経営状況の良いとは言えない企業の募集があったりと求人の質にかなりバラつきがあるためです。

また求人票に書いてある内容と、給料や労働条件などが大きく違ういわゆるブラック求人も中にはあります。

一方転職サイトやエージェントであれば、企業側も費用を払って募集をしているので一定の求人の質は保たれていると言えるでしょう。

またハローワークでも窓口の職員が転職の相談には乗ってくれますが、彼らはどうしても公務員なので親身になってくれるとは限りません。

役所的な対応が多い事に加え、業界に関する専門知識などは皆無と言っても良いでしょう。広告業界に詳しい転職支援のプロが担当してくれる転職エージェントとは、サポート体制の違いは雲泥の際があると言えます。

利用者側からすればハローワークも転職エージェントもどちらも無料で利用出来るので、広告業界への転職の際にはハローワークは利用しない方が良いでしょう。

広告業界への転職で有利になる経験・スキル

広告 転職 スキル

広告業界と聞くと常に流行の最先端にいて、華やかなイメージがある方も多いのではないでしょうか。そのようなイメージに憧れて広告業界への転職を目指す方も多いと思いますが、広告業界で求められるスキルはどのようなものでしょうか。

広告業界に限らず転職をする際には、求められるスキルを適切にアピールする事が重要です。ここでは広告業界で有利になるスキルについて、見ていきましょう。

広告業界での実務経験

やはり広告業界での実務経験があれば、転職の際には有利に働くでしょう。企業が転職で人を採用する場合、即戦力の人材を求める場合が多いです。

そのためどうしても業界経験者を優先させる場合が多いと言えるでしょう。

特に年齢が高くなればなるほど未経験での転職は難しくなる傾向にあるので、未経験から広告業界への転職を目指す場合は若い頃の方が有利と言えます。

営業経験

一口に営業と言っても仕事の内容は様々で、顧客と交渉を行うだけでなく社内調整や予算の管理、適切な人員配置など営業には色々なスキルが必要になります。

そのため営業経験があると言うことは、顧客交渉を行うだけでなく必要部署との社内調整や、自らリーダーシップをとってメンバーをマネジメンしてきた経験があると言えるでしょう。

これらの能力は広告業界にとっても必要な能力で、特に営業関係の職種であれば十分にアピール出来るスキルになります。

広告業界の営業の仕事も、顧客との交渉やクリエイティブ部門との調整や予算管理が求められるので、上手くアピールすることで転職の際には有利に働きます。

スキルをアピールする際には「このような事が出来る、このような経験がある」というな言い方よりも、「このような経験・スキルを活かして御社ではこのような活躍が出来る」という言い方のほうが、インパクトがあってより伝わりやすいでしょう。

流行や最新情報を仕事に落とし込むスキル

やはり広告業界は流行の最先端を追う仕事なので、流行や最新情報などを常にキャッチできるスキルは必要です。

それもただ流行に敏感なだけでなく、いち早く流行をキャッチして仕事へと落とし込んでいく能力が求められるでしょう。広告業界とは流行を作っていく業界とも言えるので、一般の人と同じ感性では活躍出来ません。

広告を依頼してくれる依頼主に対しては最新の流行を押さえた魅力的な広告を打ち出す提案をして受注をとりながら、一般消費者に対しては流行を仕掛けるような斬新な広告を行うことが求められます。

そのため常にアンテナを高くして、様々なジャンルの最新情報をキャッチできるスキルがあると有利になるでしょう。

高いコミュニケーションスキル

職種にもよりますが、特に営業関係の職種のような場合は高いコミュニケーションスキルがあると転職には有利でしょう。

社外の顧客や取引先だけでなく、社内の人とも円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力のある方は、広告業界に限らずどのような職場でも重宝されます。

広告業界の場合は他の業界と違って、デザイナーやライターの方のようなクリエイティブな方達との接点も非常に多くなります。

コミュニケーションよりも芸術性を重視する方がいるのも事実なので、そのような方たちとも信頼関係を築けるようなコミュニーション能力の高い方は転職の際には有利に働くでしょう。

柔軟な発想力

流行の最先端を作るというクリエイティブな業界が広告業界なので、どのような職種であっても固定観念にとらわれない柔軟な発想力が必要になります。

世の中にはテレビでもインターネットでも、既にたくさんの数の広告が溢れています。その中から多くの人を惹き付ける広告を作る必要がある訳ですから、柔軟な発想力による思い付きが求められます。

目立つことを考えるあまり奇抜さばかりを追い求めてしまうのは、その時点で柔軟な発想力があるとは言えません。

奇抜であることが目的ではないはずなので、様々なアイディアの中から過去の固定観念や常識にとらわれないで斬新なアイデアを想い付けるようなスキルが有る方は転職にも有利に働くでしょう。

広告業界への転職に強いエージェントまとめ

広告 転職 まとめ

広告業界は常に流行の最先端にいて華やかなイメージのある業界のため、他の業界に比べても人気があるので転職活動においても競争率が高いです。

そのため広告業界で転職活動をする際には、広告業界に詳しい担当のアドバイザーがしっかりとフォローをしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用することで、転職活動の始めから終わりまでの転職支援のプロがサポートしてくれるので不安な転職活動の心強い味方となってくれます。応募書類の添削や面接対策だけでなく、給与や休日などの交渉も行ってくれるのでとても頼りになるでしょう。

また転職エージェントは様々な企業と独自のパイプを持っているので、一般には公開していない非公開求人を多く持っています。このように広告業界で転職をする際には転職エージェントの利用がおすすめですが、担当者の質が低い場合もある点には注意が必要です。

広告業界では営業経験やコミュニケーションスキル、流行や最新情報を仕事に落とし込んでいく能力や柔軟な発想力が求められますが、転職エージェントの担当と相談しながら上手くアピールすることが成功の秘訣です。

さらに転職エージェントを利用する際には、担当の質が悪い可能性もあるので2~3社を並行して利用することが、効率良く転職活動を進めるポイントと言えるでしょう。

更に合わせて並行して転職サイトも利用すること、ハローワークは質が悪い求人が有るので利用しない事も転職成功のポイントです。広告業界での転職活動を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして転職活動を成功させて下さい。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★☆☆
ハイクラス・高年収に特化!確実に年収アップしたい方に最適
公式HP