企業経営の複雑化、多様化を背景に会計士の皆様方に要求される役割もより多様化、複雑化しています。

そのため、転職市場における会計士への求人ニーズ自体も多様化、複雑化しており、会計士の転職を支援する転職エージェントには複雑化する企業ニーズを的確に把握した上で、転職を希望される会計士の方々との良縁を実現できるプロフェッショナルな対応力が求められています。

そうしたプロフェッショナルな対応力を誇っている転職エージェントが、今回ご紹介する「マイナビ会計士」です。

マイナビ会計士はどのような特徴を備えており、どのような評判を得ているのか、転職を検討されている会計士の皆様や試験合格者の皆様へわかりやすく紹介して参ります。

マイナビ会計士の特徴とは

マイナビ会計士運営企業はあのマイナビ社

マイナビ会計士はその名称からすぐに気付かれた方も多いと思われますが、新卒者の就職情報サービスサイトで有名なマイナビ社が運営している転職エージェント事業です。

後述いたしますが、マイナビ社は利用者の方々の満足度を大変重視している企業です。

大手転職エージェントには豊富な経験やノウハウ、求人企業との信頼関係がある一方、利用者の方々も多いため、対応が事務的、機械的になっている場合が多いとの不満もよく聞かれます。

そこでマイナビ社は業界大手企業として、大手の弊害とも言える事務的、機械的なサービスを排し、利用される方々一人一人の転職ニーズに応えた転職支援を行なうべく、職種や業界ごとに専門チームを組織することで、プロフェッショナルで手厚い転職支援サービスの提供に尽力しています。
マイナビ会計士はそうしたマイナビ社の理念に基づいて生まれた、会計士の皆様専門の転職エージェント事業なのです。

業界に精通した専任のキャリアアドバイザーによる手厚い転職支援

マイナビ社のそうした思いから生まれたマイナビ会計士の一番の特徴とは、「キャリアアドバイザー」と言われる専任の社員アドバイザーの存在です。

転職支援の経験や実績を積んでいるだけでなく、会計士業界に精通したキャリアアドバイザーをマイナビ社が厳選。

会計士の皆様方が心から満足できる転職を実現できるよう、プロフェショナルで行き届いた転職支援サービスをキャリアドバイザーが個々に提供してくれます。

職務経歴書などの添削指導に加え、推薦状も作成

キャリアアドバイザーによる転職支援サービスは利用方法の説明の中で詳しくご紹介しますが、中でも特筆すべきサービスの一つが職務経歴書の添削指導と推薦状の作成です。

お伝えしましたとおり、会計士の皆様方への求人ニーズは多様化、複雑化しています。

それだけに、会計士の皆様方が有する経験や実績、得意分野などを細かく分析した上で、各求人企業に対し一定のインパクトを与えることができる経歴書やレジュメを作成することが求められます。

その点でマイナビ会計士のキャリアアドバイザーなら、求人企業側のニーズを踏まえてどのように経歴書やレジュメをまとめれば良いか、戦略的な観点から添削指導を行ってくれたり、アドバイスを行ってくれたりします。

更には、求人企業ごとに推薦状を作成することで、転職成功に向けた援護射撃も行なってくれます。

面談満足度「95%」・若手会計士が使いたいサイトNO.1

いくら手厚いサービスだと広告だけで連呼してみても、実際に利用した会計士の皆様方から評価を得られなければマイナビ社の自己満足となってします。

冒頭でお伝えしたとおり、マイナビ社が重視しているのは顧客満足度です。

楽天リサーチ社がインターネット上で会計士資格保有者、試験合格者の皆様方を対象に行なったアンケート調査においてマイナビ会計士は

  • 面談に対する利用者満足度:95%
  • 若手会計士が使いたいサイト:第1位

といった高い評価を得ています。

面談満足度とは、文字通り専任で担当するキャリアアドバイザーとの面談を通じたアドバイスや指導、サポートに満足できたかどうかであり、この満足度は転職エージェントのサービスの根幹部分に対する評価とも言えます。

この根幹部分のサービスにおいて利用者の95%、即ちマイナビ会計士を利用したほとんどの方が「満足」しているのです。

推計1千件程度・充実の求人件数

いくらサービスが充実していても肝心の求人がなければ、転職は実現できません。

その点でもマイナビ会計士なら心配は無用です。

2017年1月現在で公開されている求人件数は約250件程度。

この公開求人件数はマイナビ会計士に寄せられている求人の2割程度に過ぎません。

残り8割は非公開求人となっていますので、全体の求人件数としては約1千件以上あると推察されます。

会計士の求人は他社に知られたくない人事上の戦略にもとづいて行なわれることが大変多いため、必然的に非公開での求人依頼が多数を占めることになります。

それだけ秘匿性が高い求人となりますので、求人企業側も転職エージェントを慎重に選びます。

つまり非公開求人件数が大変多いことは、単に求人件数として充実しているというだけでなく、転職エージェントとして求人企業側からも大変厚い信頼を得ている証と言えるのです。

 

マイナビ会計士の基本的な利用方法

マイナビ会計士の特徴がおわかり頂いたところで、マイナビ会計士の基本的な利用方法についてご紹介します。

まずは登録から!

マイナビ会計士を利用するということは、専任のキャリアアドバイザーによる転職支援サポートを受けることを意味しますので、まず必要になることは「無料転職支援サポート」への申込手続きを行なうこと、即ち利用会員として登録手続きを行なうことです。

「無料転職支援」となっているとおり、マイナビ会計士に登録し、転職支援サービスを受ける場合、料金を支払う必要は一切ありません。

全てのサービスを無料で受けられますし、また、登録したからと言って必ず転職しなければならないといったこともありません。

転職を迷っているという方でもかたく考えず、気軽な気持ちで登録されることをオススメ致します。

無料転職支援サポートの申込手続きは、次に紹介するサイトページにアクセスし、「必須」となっている項目に該当する事項を入力し、「申し込む」というボタンを押すことで簡単に行えます。

参考参考

(無料転職支援サポート)
https://cpa.mynavi.jp/entry/

申込後はキャリアアドバイザーとの面談

申込手続きが済んだら、専任で担当することになるキャリアアドバイザーからメールや電話で面談の日程を相談する連絡が入ります。

この面談の機会を通じてキャリアアドバイザーが皆様の転職に対する思いや希望、条件などをヒアリングすると共に、キャリアプランを相談しながら立ててゆきます。

また、転職に迷っている等相談事があれば相談にのってくれますので、遠慮なく自分の悩みや相談ごとをキャリアアドバイザーへぶつけるようにしてください。

非公開を中心とした求人企業の紹介

面談を終えたら、面談内容に則って皆様が希望する条件にそった求人企業をキャリアドバイザーが紹介してくれます。

自分自身で求人企業を探す必要はありませんので、求人企業探しで時間を奪われてしまう心配がないのです。

また、お伝えしたとおりマイナビ会計士が抱える求人案件の約8割が非公開ですので、紹介を受ける求人の多くも非公開求人となります。

非公開ゆえ、公開での求人広告ではまず見かけることができない有名企業やレア企業の紹介を受ける場合もありますよ。

書類選考→面接

紹介を受けた求人企業の中に応募したい企業が見つかった場合には、通常の流れであれば書類選考から行なわれます。

求人企業が求める履歴書やレジュメといった必要書類を作成・提出し、それらを評価してもらうことになりますが、特徴でお伝えしたとおり、この場面においてキャリアアドバイザーは応募書類の添削指導を行なったり、推薦状を作成してくれたりします。

無事書類選考をパスした場合、次のステップとしては求人企業との面接採用試験に臨むことになりますが、特に現職を抱えている会計士の皆様にとって面接は求人企業側の都合だけで一方的に決められてしまえば困る場合があります。

そうしたことにならないよう、キャリアアドバイザーが間に入って、無理なく面接に臨めるよう日程調整を行なってくれます。

また、面接をパスできるよう面接対策指導やアドバイスを行ってくれることは言うまでもありません。

内定→(退職)→入社

面接で合格となれば内定となり、内定を受諾したら雇用契約締結→入社といった運びとなります。

内定から雇用契約締結までの間に詳細な採用条件を詰めることになりますが、例えば入社後の給与額などは面と向かって希望を伝えにくい面もありますよね。

そこでキャリアアドバイザーが会計士の皆様方の希望をできるだけ反映できるよう、皆様に代わり、代理交渉を行ってくれますので自分の希望を遠慮なく伝えることができます。

また、入社日の調整も現職との兼ね合いで慎重に決めなければならない場合がありますが、この点でもキャリアアドバイザーが間に入って入社日の調整も行なってくれますので、円満退社に向けて安心して取り組めるようになります。

このように、転職前の面談から最終的に入社日を無事迎えるまで、キャリアアドバイザーは皆様に寄り添い、親身なサポートを一貫して行なってくれます。

マイナビ会計士の評判をご紹介

公認会計を必要としている求人企業の視点が理解できるようになった!(20代男性・試験合格者)

「私が転職を果たしたのは公認会計士の試験合格を果たし、会計事務所で業務補助経験を積んでいる時のことです。

試験に受かるまで合格だけが大きな目標となっていましたので、わき目も振らずがむしゃらに突き進んでいましたが、いざ合格を果たしてみたら自分のキャリアプランがこのままで良いのか、ただ公認会計士となって与えられた業務をこなすだけの人生で良いのか、大きな迷いが生じました。
そこで、転職するというより、転職のプロの意見を聞きたくてマイナビ会計士に登録することにしたのですが本当に良かったと思っています。

中でも収穫だったことは、キャリアドバイザーのアドバイスや情報を通じて、求人企業側がこれからの公認会計士にどのようなことを望もうとしているのか、企業側の視点を理解できるようになったことです。
その結果、自分がどのような貢献を企業に対して果たしてゆけばよいか、その結果として自分をどのようにステップアップさせてゆけばよいか、納得できるキャリアプランを描くことができるようになりました。
現在、会計事務所から大手金融機関へと転職を果たしましたが、自分の新しい目標に向けて充実した日々を送っています。

こうしったきっかけを得る機会となったマイナビ会計士との出会いは本当にラッキーだったと考えています。」

「ワークライフバランスを重視した転職を実現できた」(30代女性・公認会計士)

「公認会計士は企業会計や監査におけるプロとして高度な業務スキルが求められることは十分わかっていたので、ワークライフバランスを重視した転職など難しいだろうと半ば諦めていました。
公認会計士に対する求人なんてきっと男性、女性の区別なくハードに働くことが求められる求人ばかりだろうと勝手に決め付けていた訳です。

ところが、マイナビ会計士は私の間違った見方を正してくれただけでなく、実際にワークライフバランスに配慮してくれる働きやすい求人企業を紹介してくれました。
そのお陰で年収こそ少々ダウンしましたが、プライベートの時間をしっかりと確保できる職場で楽しい日々を送っています。

マイナビ会計士だから紹介できた企業だったかどうかはわかりません。
しかし、マイナビ会計士は難しく思える要望であってもさじを投げたりせず、なんとか実現しようと一生懸命努力してくれたことは間違いありません。」

ご紹介した他にも、マイナビはニーズに合わせて専門性の高い求人サイトを数多く運営しています。
アドバイザーはそれぞれの業界に特化したプロフェッショナルばかり。
だからこそマイナビグループは結果を出す転職サービスと言われているのですね。
 
総合的な転職サービスなら:マイナビエージェント
女性のキャリアアップ支援:マイナビエージェント女性の転職
学生の就職活動をサポート:マイナビ新卒紹介
第二新卒の職探しに頼れる:マイナビジョブ20’s
看護師の転職に評判の良い:マイナビ看護師
薬剤師の転職満足度が高い:マイナビ薬剤師
業界を熟知したアドバイス:マイナビ税理士
WEB・ゲーム関係の仕事なら:マイナビクリエイター
 

★こちらのページもよく読まれています!