マイナビ会計士の評判と使い方|まず登録!非公開のレア求人多数

マイナビ会計士の評判

会計士は監査法人や事業会社の企業内会計士として転職をして、ステップアップをする方も多いでしょう。

そんな会計士の転職でトップレベルの人気と実績をほこるのが、会計士の転職に特化したマイナビ会計士です。

今回はマイナビ会計士のメリットやデメリット・使い方なども含めて詳しく解説していきます。

マイナビ会計士とは

マイナビ会計士とは

公認会計士やUSCPAの求人に特化した転職サイト

マイナビ会計士とは名前の通り会計士や、USCPAの転職に特化した転職サイトです。

USCPAとは、一般の方にはあまり聞きなれない資格ですが米国の会計士資格の事を言います。

米国の資格とは言え日本国内でも取得が可能で、取得後のキャリアも幅広である事から人気の資格となっています。マイナビ会計士はこの二つの求人に特化した転職サイトとなっています。

運営はあのマイナビなので安心

マイナビ会計士の運営は名前の通り、マイナビが行っています。マイナビと言えば新卒の就職支援で有名なので、聞いた事のある方も多いでしょう。

そんなマイナビの中でも会計士に特化したのがマイナビ会計士です。

マイナビは新卒の就職支援から転職エージェントまで、就職に関する様々なサポートを行っているので独自のノウハウや人材が豊富です。

また各業界における企業とのパイプも深いので、独自の求人情報や企業分析などの情報も豊富などが特徴と言えるので、安心して利用する事が出来ます。

マイナビ会計士のメリット・特徴

マイナビ会計士 メリット

公認会計士だけでなくUSCPA向きの求人も多数ある

マイナビ会計士のメリットの一つに、会計士だけでなくUSCPA向けの求人数が多い事があります。

公開しているUSCPA向けの求人数だけでも約180件あり、非公開の求人数を入れると更に多いです。

USCPAは会計士と同様に専門性の高い資格ですが、国内ではまだまだ会計士ほど認知度は高くないので、USCPAの資格保有者にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

好条件の非公開求人が約80%ある

マイナビ会計士の運営を行なっているマイナビは、就職支援を行っている企業の中では最大手なので、企業との独自のネットワークを豊富に持っています。

そのため求人情報もマイナビでしか見られないような、非公開の情報がとても多いです。全体の求人数に占める非公開の求人数は約80%にもなるので、いかに非公開の求人数が多いかが分かるでしょう。

公開求人は常時700~1,000件ほど

マイナビ会計士 とは

非公開の求人数が多いのがマイナビの特徴ですが、公開している求人数が決して少ない訳ではありません。

マイナビ会計士での公開求人数は常時700〜1,000件ほどあります。これを上回る非公開求人数がある訳ですから、マイナビ会計士の求人数がいかに多いかが分かります。

未経験OKの求人も多数ある

マイナビ会計士の求人情報には、未経験で応募できる情報も多数あります。

会計士のような専門職の転職と聞くと、実務経験豊富な即戦力というイメージが強いかも知れませんが、マイナビ会計士の場合はそうではありません。

企業との独自のネットワークやこれまでの実績から、幅広い内容の求人情報を持っているのもマイナビ会計士のメリットの一つです。

会計士専門の高品質なキャリアアドバイザーが揃っている

マイナビと言えば求人情報の多さだけでなく、キャリアアドバイザーの知識や質の高さにも定評があります。

マイナビ会計士も例外でなく、会計業務の経験者や専門知識を有したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

希望する職種のカウンセリングから求人情報の紹介、応募書類の添削から面接対策など、不安の多い転職活動を一気通貫でサポートしてくれるので、転職活動に成功しやすくなるでしょう。

履歴書・職務経歴書の添削指導をしてくれる

転職活動を行っていくにあたって、必ず必要になるステップが履歴書や職務経歴書などの提出です。

マイナビ会計士であれば、先ほども説明したように優秀なキャリアアドバイザーが専任の担当となってくれ、書類作成のアドバイスや添削を行ってくれます。

転職支援の実績豊富なキャリアアドバイザーが多いので、応募する企業に応じた書き方などを適切に教えてくれるのはマイナビ会計士のメリットと言えるでしょう。

転職に有利な推薦状を作成してくれる

マイナビ会計士では応募書類に添えて、推薦状を企業に対して提出してくれます。推薦状には担当したキャリアアドバイザーから見たメリットや、履歴書などには書ききれない経験や実績などを記載してくれます。

第三者から見た客観的な長所や能力を企業側に伝える事が出来るので、採用する側により自分の事を理解してもらいやすくなるでしょう。

面接の日程調整や面倒な各種やり取りを代行してもらえる

転職活動は今の仕事を続けながら行う場合が多いので、説明会への参加手続きや面接の日程調整などが大変です。

マイナビ会計士を利用すれば企業への応募手続きや面接の日程調整などの、面倒な各種やりとりを担当のキャリアアドバイザーが代行してくれるので、スムーズに転職活動を行えるのもメリットです。

待遇の交渉により年収アップが実現しやすい

転職をするにあたって、多くの方が重要視するのは収入面ではないでしょうか。しかし応募先の企業と収入面の交渉が出来るケースはそう多くありません。

また直接話せる機会があったとしても、自分から収入の交渉をするのはハードルが高いのではないでしょうか。

その点マイナビ会計士であれば、自分に変わってキャリアアドバイザーが企業側と交渉を行ってくれるので、年収アップが実現しやすくなります。

会計士向けのセミナーや説明会を開催している

マイナビ会計士では転職向けのセミナーや相談会なども、定期的に開催しています。

土日に開催されるものも多いので、平日忙しい方でも参加しやすく、またセミナーの内容も様々で転職初心者向けのものから個別相談まであるので、自分にあったセミナーに参加して、情報収集しやすいのもメリットです。

\好条件の非公開求人が多数!/

⇒無料登録でマイナビ会計士をSTART

マイナビ会計士のデメリット・注意点

マイナビ会計士 デメリット

マイナビ会計士にはとてもたくさんのメリットがありますが、デメリットや注意点もあります。利用する前にはメリットだけでなく、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

登録しないと好条件の求人を確認できない

マイナビ会計士では登録をしなくても求人情報を検索できますが、詳しい条件を確認するためには登録が必要です。

またメリットで説明したようにマイナビ会計士には非公開の好条件求人が豊富ですが、このような求人情報も登録をしなければ見る事は出来ません。

まだ転職するかどうか分からないという方であれば登録には抵抗があるかもしれませんが、無料で登録することが出来ますし、登録したら転職をしなければいけないという訳ではありません。

迷っている段階でも気軽に相談に乗ってくれるので、まずは一度登録してみるのも良いでしょう。

地域によっては求人が少ない

求人情報の数が多いのがマイナビ転職の特徴ですが、地域によっては求人数が少ない場合もあります。会計士やUSCPAなどの専門性の高い仕事は、どうしても都市部に集中してしまう傾向があるためです。

そのためどうしても人口の少ない地域は、求人数が少なくなってしまいます。

ただこれはマイナビ会計士に限った事ではないので、ある程度仕方がない注意点と言えるでしょう。

たまにハズレや相性の悪い担当者がいる

マイナビ会計士には知識も実績も豊富なキャリアアドバイザーがいる事はメリットでも紹介しましたが、全員が素晴らしい担当かと言うとそうではありません。

中には不慣れな担当の方がいたり、どうしても自分と考え方や相性が合わないというケースもあるでしょう。

そのような場合でも運営に伝えれば、担当を変更してもらえるので安心です。

担当の変更を申し出るのには何となく抵抗を感じるかもしれませんが、自分の人生に関わる転職活動を成功させるためなので、あまり気にしないで不満があるならしっかりと伝えるようにしましょう。

マイナビ会計士の使い方・利用方法

マイナビ会計士の使い方

転職を成功させるにはマイナビ会計士を利用するのが秘訣と言えますが、マイナビ会計はどのように利用出来るでしょうか。ここからはマイナビ会計士の使い方を見ていきましょう。

まずは会員登録をする

マイナビ会計士を利用するにが、まずは登録する事が必要です。登録の方法は簡単で、マイナビ会計士のホームページから申込が出来ます。

入力する項目もそこまで多くはなく、保有している資格やこれまでの勤務経験などを選んでいくだけなので、ストレスなく登録作業をする事が出来るでしょう。

\好条件の非公開求人が多数!/

⇒無料登録でマイナビ会計士をSTART

キャリアアドバイザーに相談する

マイナビ会計士 使い方

登録が終わると担当のキャリアアドバイザーとの面談になります。面談は直接会って話す事も出来ますし、オンラインでも可能です。

これまでの勤務経験や実績、今後のキャリアプアンや希望する職種や給与面などの条件を話したり、また現職での不満点や悩んでいる事など何でも気軽に相談すると良いでしょう。

紹介された求人から応募する

キャリアアドバイザーとの面談によって希望する職種などが決まったら、それに見合った求人を紹介してもらえます。

紹介してもらった会社は必ず応募しないといけない訳ではなく、気に入らなければ他を紹介してもらいましょう。

キャリアドバイザーは業界にも詳しいので、求人情報には載っていないような企業情報も事前に教えて貰えます。

書類選考・面接

マイナビ会計士面談

希望する企業が決まったら、いよいよ応募して選考へと入ります。一般的には書類選考→複数回の面接→内定という流れですが、企業によって様々です。

ここでもキャリアアドバイザーはしっかりとフォローを行ってくれ、応募書類の添削や過去の事例に基づいた面接対策など心強い味方となってくれます。

内定をもらったら現職を退職する

無事に内定がもらえたら、現職の退職手続きを行います。現職との退職交渉だけはキャリアアドバイザーではなく、自分で行う必要があるので、引き留めにあったりと苦労する場合もあるかもしれません。

しかしここであまり時間をかけてしまっていては、せっかく決まった内定先にも迷惑をかけてしまう事になります。

お世話になった会社を辞めるのは心苦しいですが、転職には避けて通れない道なので、覚悟を持ってしっかりと交渉するようにしましょう。

入社する

現職の退職手続きも無事に終わったら、ようやく転職先へと入社が決まります。転職活動が終わると安心してほっとしてしまいますが、転職がゴールではありません。

重要なのは転職先に入社してからなので、気を抜かずにしっかりと新しい職場で頑張るようにしましょう。

マイナビ会計士の退会方法

マイナビ会計士 退会

マイナイビ会計士に登録をしたものの、事情があって退会をする場合もあるでしょう。マイナビ会計士の利用を辞める場合には、退会と削除の二つの方法があります。

  • 退会:利用は停止出来るが、個人情報の登録は残る
  • 削除:個人情報の登録も削除する

利用を辞める場合は上記二つのうちどちらにするかを決めて、連絡します。退会の連絡方法には下記の方法で行う事が出来ます。

  • キャリアアドバイザーへ伝える
  • メールで連絡する

担当のキャリアアドバイザーがいる場合は、キャリアアドバイザーに退会・削除したい旨を伝えれば手続きが可能です。

もし担当のキャリアアドバイザーが分からない場合や、まだ担当がいない場合は下記アドレスにメールをします。

E-mail:privacy-info@mynavi.jp

メールの内容は下記をコピーして、内容入力しましょう。

件名:退会または個人情報削除 のどちらかをご記入する
1.ご登録氏名(必須):
2.生年月日(必須):
3.ご登録メールアドレス(必須):
4.ご登録電話番号(必須):
5.退会・削除理由(下記より選択)
a) 転職先が決まったため(人材紹介会社経由 or 自己応募)
b) 転職活動をとりやめたため
c) 有益なサービスが受けられなかったため
d) 誤って登録をしてしまったため

マイナビ会計士の口コミ・評判

マイナビ会計士 口コミ

最後にマイナビ会計士を実際に利用いしているユーザーの口コミ情報を紹介します。

相談だけでも気軽に利用出来る

まだ転職を決めていなくても、マイナビ会計士は登録出来ます。

会計士の転職事情を聞いたり悩みを相談する事も出来るので、気軽に登録しましょう。

担当のキャリアアドバイザーがピッタリの求人を教えてくれる

マイナビ会計士は担当のキャリアアドバイザーがサポートをしてくれるのが、大きな特徴です。

希望にあった非公開情報など、他社にはない求人も案内してもらえるでしょう。

大手の運営で安心のエージェント

マイナビ会計士は会計士専門の転職サイトでも最大手で、利用者や転職支援の実績も豊富です。

独自の情報も多くサポートも手厚いので、安心して利用出来ます。

業界に精通したアドバイザーがいる

マイナビ会計士のキャリアアドバイザーは質が高いことでも有名です。

業界に熟知している方も多いので、転職にあたって適切なアドバイスをもらえるのも、マイナビならではのメリットです。

大手なので独自のネットワークが豊富

マイナビ会計士を運営しているマイナビは、就職支援の実績ナンバー1の会社です。そのため様々な企業に独自のルートがあり、他社にはない情報が豊富にあります。

マイナビ会計士の評判やメリットまとめ

マイナビ会計士 まとめ

マイナビ会計士は就職支援最大手のマイナビが運営している、会計士とUSCPA専門の転職エージェントです。

マイナビ会計士を利用する事で、専門知識を持ったキャリアアドバイザーのフォローを受けながら転職活動を行うことが出来ます。

応募書類の添削や面接の対策など、きめ細やかな対策をしてくれるので転職活動の強い味方になってくれるでしょう。

また独自のネットワークを活かした他社にはない非公開求人情報が多いので、希望にあった企業を見つけやすいのも特徴です。

このようにマイナビ会計士を利用する事で、不安の多い転職活動をスムーズに行うことが出来ます。転職を考えている会計士やUSCPAの方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。