不動産業界を辞めたい方必見|理由別の対処法や最適な転職先を紹介

不動産_辞めたい_営業_事務_管理職

不動産業界の仕事には営業、事務、管理職など様々なものがありますが、いずれも「きつい」と言われており離職率が高いのが特徴です。

当記事ではそんな不動産業で働く人によくある辞めたい理由を営業、事務など種類別に紹介しつつ、辞めたいと思ったときに取るべき行動を紹介します。

営業編:不動産業界を辞めたいと感じる7つの理由

不動産の仕事の中でも一番キツいと言われるのが営業です。

不動産営業職を辞めたい主な理由には、次の7つがあります。

  1. 営業ノルマがきつい
  2. 飛び込み営業やテレアポがなじめない
  3. 売り上げが上がらないと歩合給が入らず給料が低い
  4. 労働時間が長いが残業手当はつかない
  5. 休日もアポイントがあると休めない
  6. 顧客からのクレームに耐えられない
  7. パワハラがひどい

営業ノルマがきつい

どの業界でも営業職にノルマはつきもので、営業所内には毎月の売り上げをグラフにしてモチベーションを上げようとしています。

特に不動産は営業ノルマがきついと言われています。しかし、高い買い物だけに顧客も慎重になり、そう簡単に契約が取れるわけではありません。

それなのに上司は「何が何でも売って来い」と怒鳴り散らし、場合によっては人格を否定されるような言葉を浴びせます。そういった積み重ねが辞めたい理由になっています。

飛び込み営業やテレアポがなじめない

見込み客を見つけるために飛び込み営業をしたり、テレアポをしたりといった地味な仕事はつらいものです。まともに話を聞いてもらうまでに何件も訪問や電話をしなければなりません。

努力が報われない営業手法を強要されると辞めたい原因につながります。

売り上げが上がらないと歩合給が入らず給料が低い

営業職は基本給に売り上げ成績が歩合給としてプラスされるため、売り上げが上がれば収入は増えますが成績が悪いと給料は低くなります。

労力の割に手取り額が少ないとき辞めたいと思うようになります。

労働時間が長いが残業手当はつかない

営業職は顧客の都合に合わせなければなりません。夜遅くまで商談が続くこともありますが、残業手当がつかないためプライベートの時間を犠牲にすることも多く、それで契約が取れないと辞めたくなります。

休日もアポイントがあると休めない

休日でもアポイントがあれば休むことはできません。1件でも契約につながれば給料がUPする世界なので、アポイントを自分の都合に合わせて変更してもらうことはなかなかできないからです。

その結果、家族との時間が取れない、心身が休まらないという状況になります。

顧客からのクレームに耐えられない

賃貸契約でも分譲住宅でも不動産は生活を左右するものだけに、顧客は物件をシビアに見ています。わずかな傷や周囲の物音などもクレームにつながります。

「事前に聞いていた話と違う!」「不良物件ではないのか?」などクレームの一次対応をするのは契約に携わった営業職です。決して虚偽の説明をしていなくてもクレーム対応は神経をすり減らすため、早く辞めたいと思うようになります。

パワハラがひどい

パワハラが社会問題化している現代でも不動産業界はまだまだパワハラが存在します。特に営業成績が振るわないと暴言を浴びせられる場面があります。

パワハラしている上司も会社の上層部から営業所の売り上げに対してパワハラを受けている可能性があり、上から下へと次々とパワハラが連鎖しているのです。

組織的な問題や会社の体質に起因する部分もあり、すぐに解決できないケースが多いのが現実です。

理由別:不動産営業を辞めたいときに取るべき対処法

不動産営業を辞めたいときはどうすればいいのか、取るべき行動を見ていきましょう。

営業ノルマがきつい場合

営業には向き不向きがあります。また、不動産以外の営業では成功する人もいます。

営業ノルマがきつくて辞めたい場合に取るべき行動をご紹介します。

きついノルマの影響で病気になるなら辞めるべき

健康には変えられません。自分に合う仕事に就いて健康を取り戻すことが最優先です。

営業ノルマがきつくて身体や精神面に不調を来すほどなら思い切って辞めた方がいいでしょう。

ノルマの強要がひどい場合はパワハラ相談室を利用

上司が過度なノルマを強要する場合や理不尽な要求をする場合はパワハラの可能性があります。

会社内のパワハラ相談室、または公的な相談機関を利用して相談してみましょう。

飛び込み営業やテレアポがなじめない場合

飛び込み営業やテレアポも得意な人とそうでない人に分れます。

特に意義を見いだせない場合は苦痛でしかありません。そんなときの対策をご紹介します。

自分の知り合いや顧客に紹介を依頼する

営業先を広げる方法として一般的なものは自分の知り合いや契約をもらった顧客に見込み客を紹介してもらう方法です。

生命保険営業では「イニシャルマーケット」と言って、知り合いに営業する手法があります。そこから次の見込み客を紹介してもらいます。生命保険は誰もが何らかのニーズを持っていますが、不動産となるとそういうわけにはいきません。

そのため、イニシャルマーケットだけではうまくいかないのが難点ですが、見込み客開拓に知人を頼ることは多少なりとも効果が期待できます。

人脈を広げる

異業種交流会やパーティなどに参加して人脈を広げて見込み客を増やす方法です。

今ならSNSの有効活用も考えられますが、見ず知らずの人に営業をするわけですから、販売する商品(不動産物件)だけでなく自分自身に魅力がないと難しいでしょう。

見込み客リストを提供してもらえる業界に転職する

営業職はやりがいがあり好きだが不動産業界では結果が出ないという人は、他業界の営業に転職する方法があります。

特に見込み客リストを提供してもらえる会社や得意先を定期的に回るルートセールスなら営業がやりやすいので挑戦してみるといいでしょう。

歩合給が入らず給料が低いとき

営業職の魅力は成績次第で収入が増えるところですが、売り上げが上がらないと給料は情けないほど下がってしまいます。

歩合給の割合が高い会社は避けて基本給が高い仕事に転職すると今よりも収入は安定します。高収入よりも、多少低くても安定収入を目指すといいでしょう。

労働時間が長いが残業手当がつかないとき

不動産営業は顧客の都合に合わせて訪問するため、勤務時間が長くなる場合があります。

フリーランスで会社とフルコミッションの営業契約をしている場合は成果分だけが支給されますが、会社に雇用されている場合は最低賃金分の給与は補償されますし、残業手当も支給されるべきです。

ただ、営業職はいつどこで誰と会っているかがわかりにくく、営業活動と言って友達と会食をする場合もあります。

そのため、厳密にいつからいつまでが残業とは判断しにくい側面があります。会社によっては残業手当ではなく営業手当を支給しているところもあります。

残業時間を記録する

サービス残業が横行している場合は、明らかに営業活動をしている時間帯や会社の出退記録を保存しておきましょう。

社外で顧客と商談したときの喫茶店の領収書やタクシー代、電車の乗り降りを記録したICカードなどを提出することで残業を証明することができます。

残業代が払ってもらえない場合は労働組合や弁護士事務所に相談

明らかに営業活動で営業時間が長くなっているのに残業手当が支給されない場合は労働組合(会社に労働組合がない場合は個人で加入できるユニオン(個人加盟組合)がある)や弁護士事務所に相談する方法があります。

この場合も労働時間を証明するものが必要になるので、普段から営業活動の記録を取っておきましょう。

休日のアポイントがあって休めないとき

次の2点がある場合、労働者は休日出勤を拒否することはできません。

  • 就業規則に「会社は業務で必要な場合は休日出勤を命じることができる」と記載されている
  • 会社と労働者の間に「36(サブロク)協定」(※)を結んでいる

(※36協定とは会社が法定労働時間を超えて勤務を命じる場合に「時間外・休日労働に関する協定届」を労働基準監督署に提出することと労使協定を結ぶことを指します。労働基準法第36条で定めていることから「36(サブロク)協定」と呼ばれています)

上記以外の場合、休日出勤は拒否できます。

ただし、拒否できるのは会社から休日出勤を命じられた場合で、顧客が休日に来てほしいと言われた場合は自分の判断で行くかどうかを決めることになります。もし休日出勤になった場合は上司と相談して代休を取る方法があります。

労働基準法での休日の規定

労働基準法では使用者(会社側)は毎週1回または4週間で4日の休日を与えるように規定されています。就業規則で「休日出勤した場合は代休を取得できる」と定めている場合は代休を取ることができます。

しかし、現実には営業職の場合は顧客の都合に合わせて休日にアポイントを取っても代わりの日に休むことは困難です。

それがつらい場合は平日に訪問営業できる企業や店舗をターゲットにした業界(IT機器や事務機など)の営業職に転職する方法があります。

顧客からのクレームに耐えられないとき

顧客のクレーム対応も営業職をしているとつらく感じます。そのときに取るべき行動をご紹介します。

上司に相談する

顧客のクレーム対応を自分ひとりでやろうとするとかえって問題が大きくなることがあります。

自分に原因がない理不尽なクレームの場合はもちろんですが、自分に何かしらの非がある場合も上司に相談して会社の判断を仰ぎましょう。

クレーム対応室がある会社に転職する

現在勤務している会社でクレーム対応部署を作ってもらえるといいのですが、現実はなかなか困難です。

顧客のクレーム対応がストレスになる場合はクレーム対応室がある会社に転勤したり、クレーム対応をせずに済む仕事に転職したりする方法があります。自分に原因がないことで顧客から責め立てられると心身に不調を来すことがあるので無理をしないことが大切です。

パワハラがひどいとき

不動産会社によってはパワハラが日常的に行われているところがありますが、人権侵害や人格を否定されるような場合は我慢する必要はありません。

人事課やパワハラ相談室で相談する

会社にパワハラ相談室があれば、そこで相談してみましょう。相談者のプライバシーは保護されるので安心して相談できます。

パワハラ相談室がない場合は人事課に相談するのもひとつの方法です。泣き寝入りしないことが大切です。

公的機関に相談する

社内にパワハラ相談室がない場合や人事課に相談するとさらにパワハラがひどくなり逆効果だという場合は公的機関のパワハラ相談を利用する方法があります。

各都道府県の労働局内にある総合労働相談センターや労働基準監督署で相談に乗ってくれます。我慢せずに相談しましょう。

転職をする

パワハラがひどかったり、人間関係が劣悪な場合、そこに長くいても心身に負荷をかけるだけでいいことはありません。

転職サイトは完全無料で利用できるだけでなく、エージェントが自分の状況にあった転職先を紹介してくれます。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

公式サイト:https://doda.jp/

事務編:不動産業界の仕事を辞めたい理由と対処法

不動産業でつらいのは営業だけではありません。
事務職員も日々つらい仕事をしています。

辞めたい理由として、次の5つがあります。

  • 事務作業量が多い
  • 自分本来の業務の合間に電話対応が加わり残業が多い
  • 土日祝が休めない
  • クレーム対応が大変
  • 営業担当者は契約が取れないと事務職員に当たる

不動産事務を辞めたいときに取るべき行動

不動産業での事務を辞めたいときに取るべき行動をご紹介します。

事務作業量が多いとき

事務作業量が多い場合は、作業そのものを効率化できないか工夫してみましょう。便利なソフトやシステムがあれば導入を提案するのもいい方法です。

どうしてもこなせないほどの作業量であれば、そのことを上司に説明して職員を増やしてもらいましょう。または事務作業を別の部署(スタッフ)に分散してもらうように頼むのもひとつの方法です。

それでも対応してもらえない場合は転職を考えるといいでしょう。

自分本来の業務の合間に電話対応が加わり残業が多いとき

電話対応は意外と時間を取られるものです。

職場内で「月末の○日から○日までは多忙なので電話は取れない」「午後4時からの電話は出られない」と伝えたり、ルール化したりするといいでしょう。

土日祝が休めないとき

不動産業は土日祝に店舗を営業しているため、出勤の場合が多いものです。

入社時に条件を確認しておくことが大切ですが、採用後に土日祝出勤の部署に異動になった場合などでどうしても休みたいときは「月に○回は土日に休みがほしい」と申し出てみましょう。

それが無理な場合は土日祝が休みの部署に異動を願い出るか、別の会社に転職するしかないでしょう。

クレーム対応が大変なとき

不動産業界はクレームが多いのが特徴ですが、クレームに事務職員が対応するのは限界があります。すぐに上司または担当者につなぐようにしましょう。

それが無理な場合はクレーム対応室(部署)を作ってもらうよう提案するといいのですが、実現できないようなら事務作業に専念できる会社への転職を検討しましょう。

営業担当者が契約が取れず事務職員に当たるとき

営業担当者は過大なノルマが課されていてイライラしていることが多く、特に締め切り前は契約が取れないと事務員にきつく当たる人がいます。

そんなときは「彼らもつらいんだから」と理解を示してあげましょう。どうしても理不尽な態度が続く場合はパワハラ相談室に相談するのもひとつの方法です。

不動産業界の仕事~管理職を辞めたい理由と対処法

不動産業では管理職も結構大変で辞めたいと思っています。
辞めたい理由としては、次の5つがあります。
  • 本部から割り当てられた営業ノルマが達成できない
  • 部下が思うように動かない
  • クレーム対応を管理職の自分がやらなければいけない
  • 少し注意しただけなのにパワハラだと言われた
  • 部下がすぐに辞める

不動産の管理職を辞めたいときに取るべき行動

管理職ともなると、若手のように簡単には辞められません。家族を養っているとなおさらです。

どうしてもつらいときは、現在と同程度の条件で採用してくれる求人を探して転職する方法があります。

管理職としてヘッドハンティング的に採用する転職支援サイトがありますし、人事や総務の管理職として転職すれば部下の営業成績や顧客のクレーム対応での悩みがなくなります。

不動産業界から転職するメリット・デメリット

不動産業界から転職する際のメリットとデメリットをご紹介します。

不動産業界から転職するメリット

不動産業界から転職するメリットとして、次の3点があります。

  • 高額商品を扱っていたので他業界の営業は簡単に感じる
  • 高い営業スキルが身についている
  • ビジネスマナーが身についている

高額商品を扱っていたので他業界の営業は簡単に感じる

一般に高額商品の営業から低額商品の営業に変わると難易度がグッと下がるため、同じ営業でもかなりやりやすいと感じるものです。

不動産は賃貸にしても分譲や投資にしても高額商品です。転職して別の商材を販売する場合、不動産ほどの難しさを感じることはないでしょう。

高い営業スキルが身についている

不動産業界の営業は厳しいですが、その中で培われた営業スキルやノウハウを他の業界で活かすことができます。

ビジネスマナーが身についている

不動産の営業職は礼儀やビジネスマナーが磨かれています。それらは転職する際に高く評価されます。

不動産業界から転職するデメリット

不動産業界では売り上げに応じて歩合給が加算されます。そのため高年収を得ることが可能ですが、他業種ではそこまでの収入を得られない可能性があります。

転職する際には業務内容や仕事のやりやすさ、報酬などをよく検討する必要があります。

不動産業界を辞めるときの注意点

不動産業界の仕事を辞めるときは次の点に注意しましょう。

  • 自分の気持ちを整理する
  • 次の仕事を見つけてから退職を伝える
  • 次の仕事が見つかるまでの生活費を確保する
  • 失業保険が受給できるかどうか確認する

自分の気持ちを整理する

辞めるときには、自分の気持ちを整理することが大切です。特に、不動産営業を辞めたいのか、不動産業界の仕事は続けたいのかを考えてみましょう。

不動産業界で働き続けたいが今の会社は辞めたい場合

不動産業界で働き続けたいが、今の会社は辞めたいという場合、今後は不動産のどのような業務に就きたいのかを考えてみましょう。

他社で営業を続ける場合は、現在の営業ノウハウが活かせます。営業以外の職に就く場合は不動産に関する資格を取得するなどを考える必要があります。

また、ノルマがきつくて辞めたいが営業職は続けたいというときは、個人経営的な小規模の不動産屋に転職する方法もあります。ただし、給料は大手よりも低いことを覚悟しておきましょう。

不動産業界で働きたくない場合

不動産業はこりごりという場合は他業界での転職を考えます。その際には営業か営業以外かを自分の適性や経験を含めて検討することが大切です。

次の仕事を見つけてから退職を伝える

退職する場合は次の仕事を見つけてから退職の意思を伝えるようにしましょう。次の仕事が見つからないと、たちまち生活に困ってしまいます。

気持ち的にも焦りが生じて、ブラック企業の求人に飛びついてしまう可能性があります。退職を考え始めた時点で転職活動に取りかかりましょう。

会社には就業規則に規定されているタイミングで退職の意思を伝えますが、その段階では次の仕事の内定を受けているのが理想です。

次の仕事が見つかるまでの生活費を確保する

次の仕事がすぐに見つからない場合や、落ち着いて今後の人生を考えたいという人はその間の生活費を確保しておくことが大切です。

半年間など自分で期限を決めて、その間の住居費、生活費(光熱費や食事など)、各種支払い、社会保険料などの分を貯めておきましょう。

失業保険が受給できるかどうか確認する

自己都合で退職する人が失業保険を受給するには、「退職する日からさかのぼって2年以内に通算12ヶ月以上雇用保険に加入していること」という条件があります。

退職してすぐに次の仕事が見つからない場合は失業保険を利用するといいのですが、短期間しか働いていない人は受給資格がない場合があるので注意しましょう。

不動産業界を辞めた後の転職先の選択肢

不動産を辞めた後の道として、次の選択肢があります。

  • 別の業界で営業職として働く
  • 営業以外の仕事に就く

営業スキルを活かして別の業界で営業職として働く

不動産業界はイヤな営業職の方は、その経験やスキルを活かして別の業界で働きましょう。

営業職は生命保険・損害保険、自動車、MRなどさまざまな業界で募集しています。営業の形態も新規開拓もあればルートセールスもあり、営業先も個人から店舗、法人までさまざまです。

自分はどんな営業をやりたいのかを考えて、営業職の求人に強い転職サイトで相談してみましょう。

営業職を探すならdoda

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

公式サイト:https://doda.jp/

営業そのものが嫌なら営業以外の仕事に就く

営業職はやりたくないという場合はそれ以外の職種を考える必要があります。その際に、どんな業界で働きたいのかを検討してみましょう。

とは言っても多岐にわたるので、幅広い分野の求人を扱っている転職サイトを利用するといいでしょう。転職サイトのコンサルタントが自分の適性や能力、過去の経歴などからアドバイスしてくれます。自分でも気づいていない適性に気づくことがあるのでおすすめです。

未経験で営業以外の職を探すならマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

事務なら一般企業の事務を目指す

不動産事務を辞めたい方は、一般企業の事務を目指しましょう。

不動産と違い、一般企業の事務はパワハラや理不尽な叱責、休日出勤などが圧倒的に少ないです。

また、企業によっては給料や福利厚生も不動産会社よりずっと上です。事務スキルを活かせる会社は多いので、無駄にするのは勿体ないです。

正社員はもちろん、週1~3で気楽に働ける派遣事務という手もあるので、まずは求人サイトに登録してどんな求人があるのかだけでも確認してみると良いでしょう。

一般企業の事務職の求人を探すならdoda

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

公式サイト:https://doda.jp/

派遣事務を検討するなら、以下のサイトを参考にして下さい。

参考:https://www.haken-jimu.com/

不動産辞めたい理由や対処法まとめ

不動産業界では営業、事務、管理職など多くの立場がありますが、いずれも高い顧客対応力が求められます。

特に営業や管理職は売り上げが会社の業績に大きく影響を与え、自分の給料も左右するためプレッシャーやストレスは相当なものがあります。

どうしても辞めたいときは、今後も不動産業界で働きたいのかどうか、他業界でも営業職を続けたいのかどうかをよく考えてみましょう。

その上で転職サイトを利用すると、自分の適性に合った仕事を見つけることができます。