完全週休二日制と週休二日制では違いすぎる!求人表記は見極めが肝心

212
給与や賞与といった報酬と同様に、休日の数は大切ですよね。

ワークライフバランスが重視される現代では、特に「しっかり休めること」に重きを置く方も多いでしょう。ここで注意したいのが、「週休2日制」とは言っても、「完全週休2日制」と「週休2日制」は全く違うということ。

やっぱり、どうせなら土日も祝日もしっかり休みたいよね~

週休2日制といえば、毎週2日は休むことができると考えていませんか?実はこれが落とし穴なのです。

エッ!!!週休二日って、土日必ず休めるんじゃないの??

この記事では週休二日制完全週休二日制の表記の違いを解説し、
求人票の正しい見分け方を理解していただきます。

この記事でわかること

  • 「完全週休2日制」と「週休2日制」の違いがわかります
  • 求人の正しい見分け方がわかります
  • カレンダー図解付きでそれぞれの違いがひと目で理解できます。

週休2日でも違いがある?「完全週休2日制」と「週休2日制」

211

週休二日制実はこの表記は「月に一回以上週休二日の週がある」だけでクリアできます。

つまり年間52週+12か月毎月1回=年休64日の会社でも「週休二日制」なんです!

完全週休二日制この表記だけだと、年間休暇104日以上ということだけしかわかりません。
祝日は出勤、あるいは「祝日分の振り替えで土日どちらか出勤」ということがあり得ます。もちろん、「平日水曜日+日曜日が休み」など土日連休にならないパターンもこの表記になります。
完全週休二日制

(土・日・祝)

ここが落とし穴です。
この表記だと「土日祝日合わせて完全週休二日」なんです。
GWや祝日がある週は土日出勤の可能性もありますので注意してください。
完全週休二日制

(土・日)、祝日

「土日完全に週休二日で休めて、加えて祝日も休み」という望ましいパターンです。
ここなら、年間休日120日以上が確保できそうです。

では、それぞれを詳しくみていきましょう。

週休2日制

月に1回以上、週2日の休みがある

1カ月を4週間と仮定した場合、そのうちのたった1週のみでも週2日の休みがあれば「週休2日制」となるのです。

これを勘違いして「毎週2日休める!」と考えていると、後々後悔することになりかねませんよね。連休を取りやすいと考えていたにも関わらず、実際には1週目の金曜日から2週目の金曜日まで連勤になった……という可能性もあるからです。

週休2日制は、最低月1回、週に2日休めることが保障された休日制度であって、必ずしも毎週2日休めることを表しているのではないことをしっかり理解しておきましょう。

完全週休2日制

毎週2日の休みが確保されている

週休2日制に対し、完全週休2日では毎週2日の休みがあるということを表します。

週休2日制が「最低月1回、週に2日休み」ということでしたから、これは大きな違いですよね。

ただし、この完全週休2日制にも誤解が生じやすいポイントがあります。完全週休2日制は「毎週2日の休みがある」ということを表しているにすぎず、その曜日までは特定していません。つまり、必ず土日休めるというわけではなく、週に2日の休みが連休になるとは限らないのです。

完全週休2日制(土・日)の場合


土日を休みたければ「完全週休2日制(土・日)」のように、表示があるかどうかを必ず確認しましょう。
⇒土日休みたい方はこちらの記事も

完全週休2日制(シフト制※曜日の特定がない場合)


曜日の指定が書かれていない場合は、このような休みの取り方になる場合もあります。飲食、販売などサービス系に多い休み方です。

完全週休二日制(土・日・祝)

毎週土日、もしくは祝日合わせて2日休み


一番誤解しやすいのがこの記述。これは土日も祝日も休めると勘違いしがちですが、そうではありません。

祝日がある週は、祝日を休みにした場合その振替として土曜・日曜のいずれか出勤しなければいけないということです。

完全週休二日制(土・日)祝日

土日必ず休むことができて休日も休める

一般的に多くの方が理想とされているのがこの休み方です。毎週末は土日必ず休みで、それと別に祝日も必ず休めるので、ほぼカレンダー通りといったところでしょうか。
この休み方をしたいのなら、「祝日」が()の内側か外側かということをしっかり確認しましょう。

こんな風に休みたい!求人票はどんな表記になっていればOK?

22
土日必ず休みたい人もいれば平日休みがいいという人もいて、考え方はそれぞれ違います。
では実際に、自分が希望する休みのスケジュールに応じた表記を確認していきましょう。

q週に2日の休みのうち必ず日曜日は休みたい!という場合はどんな表記があればよい?

aこの場合「完全週休2日制(日・他1日)」のような表記があれば、希望通りの休日となります。日曜日については明記してあるので必ず休日となり、その他1日は状況に応じて決定するという意味を持った表記です。

q毎週必ず土日休みで連休にしたい!どんな表記?

aこの場合は「完全週休2日制(土・日)」といった表記が必要になります。かっこの中の曜日は固定の休日を表しますので、土曜日と日曜日の両方が記載されている必要があります。

qシフト制で休日はバラバラらしい。でも週2日は休みたい!

aこのケースでは、「完全週休2日制」と表記があれば、希望は達成されることになります。ただし、シフト制であれば曜日を固定にすることは難しいため、転職先と相談の上決定することになるでしょう。
q月曜日や金曜日が祝日の場合は3連休になってほしい!

aこのケースでは土日と祝日が必ずお休みである必要があります。そのため「完全週休2日制(土・日)、祝日」という表記が適切です。この表記は毎週土日が必ずお休みとなる上に、祝日も休みということを表しています。一般的に「カレンダー通り」と呼ばれる休日制度は、このケースを指すことが大半です。

「完全週休2日制」かどうかを確実に確認する方法は?

23

一般的には、求人情報に記載されている条件欄の内容などから確認する方法があるでしょう。
「完全週休2日制」「完全週休2日制(土・日・祝)」などのように、しっかりと明記してあれば毎週2日は原則としてお休みできることになります。

しかし、休日などに関する条件が、「面接時に応相談」となっているケースもありますよね。
このような場合、面接時に年間の休日数を質問したり、シフト体制を質問したりといった方法で、ある程度判別がつく可能性もあるでしょう。
しかしこれはあくまでも非常時の手段として理解しておきたいところ。

より確実性を高めたいのであれば、転職サイトや転職エージェントを通して応募し、コンサルタントなどを通して転職先に質問してもらうといった方法がおすすめです。第三者を通して条件面の証拠を提示してもらうことで、後々のトラブルを未然に防ぐこと質に繋がりますからね。

休日制度はプライベートの質を大きく左右するものだけに、しっかりと表記の意味とその違いを理解しつつ、事前の情報収集にも務めていきましょう。

こちらの記事も読まれています↓