ワークライフバランスを年代別でランキング|何重視で転職する?

これまで転職理由と言えば年収アップやスキルを高めるといった、キャリアを軸とした動機が中心でした。

ところが近年では「ワークライフバランスの実現」を果たすために転職を考える方々が増加しています。

ワークライフバランスとはそもそもどのような意味であり、例えば年代別や男女別でワークライフバランスに対する考え方などに違いがあるものなのでしょうか。

この記事ではワークライフバランスやその傾向などについて、詳しくお伝えして参ります。

ワークライフバランスとは何か?

まず「ワークライフバランス」とは何か、その意味から確認しておくことにしましょう。

ワークライフバランスの実現は、実は国が主体的に推進している国策でもありますので、言葉の定義は国(内閣府)のサイトで確認することができます。

内閣府では正確には「ワークライフバランス」ではなく「ワーク・ライフ・バランス」と3語に分けて表記していますが、この表記のように3つの言葉に分けて考えるとワークライフバランスの意味をつかみやすくなります。

英語であるこれら3語の日本語の意味は

  • ワーク:仕事
  • ライフ:人生、生活
  • バランス:調和

となりますので「ワークライフバランス」は、3つの言葉をまとめると「仕事と生活の調和」となります。

しかし、「仕事と生活の調和」と言われても、まだなんとなく意味がぼんやりしていると感じた方も多いのではないでしょうか。

そこでもう少し意味を深掘りすべく、内閣府のサイトページでワークライフバランスを確認してみますとおよそ次のようなことが書かれています。

(出典:内閣府「仕事と生活の調和の実現とは」より)

「・・・家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしに欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、仕事と子育てや老親の介護との両立に悩むなど、仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。・・・・・
これらが、働く人々の将来への不安や豊かさが実感できない大きな要因となっており、・・
それを解決する取組が、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現です。」

内閣府の説明は次のように整理できます。

  • 人生を充実させるには家事や育児など生活(の時間)も充実させることが大切である
  • 仕事に追われて疲労するだけでは健康も害しかねないし生活も両立できず、人生の豊かさも実感できない
  • 仕事も生活も両立させ、心身ともに健康的で充実した人生にすることが大切。
    それがワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現である。

つまりワークライフバランスとは「仕事も生活も両立できて、人生が充実している状態」を表す言葉であり、そのような状態を目指すことが「ワークライフバランスの実現」となる訳です。

国が国策としてワークライフバランスの実現に向けて取り組んでいるのは、日本人の多くがワークライフバランスを実現させていないことの裏返しでもあります。

では当の日本国民はワークライフバランスについて、どのように考えているのでしょうか。

各種データをもとに、その点を紐解いて参りましょう。

ワークライフバランスに対する国民の意識

ワークライフバランスについて当の日本国民はどのように考えているのか等、国が実施したアンケート調査や当サイトで独自に実施したアンケート調査などに基いて紹介致します。

ワークライフバランスに対する年代別のニーズ

内閣府が生活の中で「仕事」、「家庭生活」などの優先度について個人の意識調査(※)を行い、その結果を年代別に集計したところ次のような結果であることがわかりました。
(※20歳以上60歳未満の男女2、500名対象・平成20年実施)

「仕事」を優先したいと回答した割合

  • 1位 50代 2.8%
  • 2位 20代 2.4%
  • 3位 30代 1.6%
  • 4位 40代 1.4%
「仕事を優先したい」ワーカホリックは今や昔!50代でも3%未満
women指差し上

「仕事」を優先することを希望した割合は、年代別にランキング化させてはいますが、ご覧のとおりどの年代も3%未満に過ぎません。

仕事を優先する意識があまりに高いため、日本人はこれまで「ワーカホリック」と揶揄されてきましたが、この結果を見れば仕事を優先したいと考える猛烈サラリーマンはごく一握りしかいないことがわかります。

中でも意外と言えるのが40代です。

本来40代は仕事に取り組む上で最も脂がのった年代であり、年代別比較であれば1位になっても不思議ではないのですが、きん差ながら仕事を優先する意識が最も低い年代となっています。

(「家庭生活」を優先したいと回答した割合)

  • 1位 30代 20.7%
  • 2位 40代 19.3%
  • 3位 50代 17.5%
  • 4位 20代 16.3%
20代と30代の差が比較的大きい

次に「家庭生活」を優先したいとした割合では、30代と20代で比較的違いがはっきり出たと言えます。

これは結婚年齢と大きく関係していると見られます。

women指差し上

日本は総じて晩婚化が進行しており、家庭を持ち始める年代は30代からという状況が定着しつつあります。

そのため、まだ家庭を持っていない20代が家庭生活を優先したいと回答した割合が最も低くなったのもうなずける結果と言えます。

「仕事」と「家庭生活」の両方を優先したいと回答した割合

  • 1位 30代 27.7%
  • 2位 20代 25.5%
  • 3位 40代 25.0%
  • 4位 50代 20.9%

「ワークライフバランス」の理想的な回答者は全体の1/4程度

先ほどご紹介した「家庭生活の優先」を希望している割合は最大でも30代の20.7%で、他の年代ではすべて2割を切っている状況でした。

ところが「仕事と家庭生活の両方を優先」ではご覧の通り1位の30代は3割近い割合で、最も低かった50代でも2割を超えています。

women指差し上

つまり、「仕事優先」や「家庭優先」といった選択肢より割合で大きく上回ったものが「仕事と家庭生活の両方を優先」となります。

「仕事と家庭生活の両方を優先」は「ワークライフバランスの実現」そのものです。

この点では国の方針と国民のワークライフバランスに対する考えや希望はある程度一致していると言って良いでしょう。

また、30代が1位となった理由はやはり結婚して家庭を持つスタート年代であることとが大きく関わっていると考えられます。

自分の新しい家族を大切にしたいという思いと、家族を守るためにもしっかりと働いて仕事を充実させたいという二つの思いの強さがこうした結果として表れたと見て良いでしょう。

ワークライフバランス度に対する年代別・男女別の認識

さきほどご紹介した調査結果は何を優先したいかの「希望」に関する意識でした。

では実際に希望通りのワークライフバランスが実現できているか、その度合に対する認識についても年代別、男女別での集計結果がありますのでこちらもご紹介致します。

ワークライフバランス度(100点満点中何点ぐらいか)

  • 1位 50代 54.0
  • 2位 女性 53.7
  • 3位 40代 51.2
  • 4位 20代 50.8
  • 5位 30代 48.7
  • 5位 男性 48.7   (全体平均値:51.2)
全体では現状のワークライフバランス度に対する評価は約50点
women指差し上

ワークライフバランス度の全体平均値は51.2という結果でした。

この結果を高いと考えるか、低いと考えるかは見解が分かれるところですが、国民の多くがワークライフバランスを概ね実現できていると感じているなら、おそらく平均点は70点から80点程度に達したものと思われます。

この点ではまだまだワークライフバランスの向上を目指す必要があると言えます。

その一方で、日本国民の多くがワークライフバランスをほとんど実現できてないと感じているなら平均点は20点~30点程度に留まったと考えられます。

従って高いか低いかはともかく、この数値から多くの国民は仕事と家庭生活の両立は多少できている面もあるが、まだ十分に満足できるレベルではないと自己評価しているものと見られます。

年代別では仕事と家庭の両方を最も優先したい年代だった30代が最も低い
women指差し上

次に年代別ですが、仕事と家庭の両方を優先したいと回答した割合が最も低かった50代が意外にもワークライフバランス度では最も高いという結果になりました。

その逆で、仕事と家庭の両方を優先で最も回答割合が高かった30代が、最もバランス度が低い数値となっています。

この理由ですが、おそらくワークライフバランス度に対する理想の違いによるものと考えられます。

50代の方はワークライフバランス度に対する評価が甘い、もしくはそれほどシビアに考えていないため、結果としてワークライフバランス度が最も高まったと見られます。

一方ワークライフバランスの充実を最も希望していた30代は、ワークライフバランスの目標やゴールが高いため、スコアも厳しくなったと分析できます。

この結果から、国民全体のワークライフバランス度を高めるにはワークライフバランスの推進を牽引してくれるであろう30代のニーズに応える様々な施策や制度を推進することが重要と言えます。

男女別では明確な差が生じている

年代別と男女別ではそれぞれの回答者数が異なりますので、年代別とそのまま数値比較することは本来できませんが、数値の高低を速やかに比較できるよう、あえて年代別と同列に扱い、ランキング化させてみました。

women指差し上

このランキングからもわかるとおり女性は1位に近い度合いとなり、男性は最下位の度合いという明確な開きが生じています。

この結果からワークライフバランス度については、総じて女性の方が男性より高く評価する傾向があることが伺えます。

これは一重に収入に対するプレッシャーの違いが大きいと見られます。

現況では男性が一家の大黒柱として家庭の収入を支える役割を担っている場合が多いことから、家族を守るためにも収入を増やすこと、即ち仕事がどうしても優先されがちになります。

一方女性は仕事をしている方でも扶養を超えない範囲でパート勤めを行う等、収入を得る立場としては「家計にプラスアルファの収入」で良い立場の方が多く存在します。

その範囲の仕事であれば比較的仕事も家庭生活も両立させやすいことが、ワークライフバランス度の高さとして反映されたと見られます。

ワークライフバランスをうまく実現するにはどうするべきか

ワークライフバランスに対する国民の意識や自己評価などを調査結果を通じて確認してきましたが、こうした結果を踏まえた場合、どうすればワークライフバランスは実現するのでしょうか。

男性、女性別でワークライフバランス実現のポイントを考えた場合、次のようなことが言えます。

男性におけるワークライフバランス実現のポイント

仕事の短時間化では無理!テレワークの実現が第一!

ご紹介してきた調査結果からもわかるとおり、男性はワークライフバランスの実現を望んでいないのではなく、理想とするゴールや目標が総じて高い傾向にあります。

それだけに、仕事の時間数を減らす、即ち収入をある程度犠牲することで家庭生活に費やす時間を確保する方法では、男性が納得できるワークライフバランスの実現とはなりません。

入の確保と、家族と過ごす時間の確保の両方を目指す必要があります。

その両方を確保できる有効な方法が、在宅ワークやサテライトオフィスの利用といった「テレワーク」です。

テレワークであれば勤務時間の縮減とはなりませんので、収入減の心配がありません。

その上で苦痛や疲労が伴う通勤時間を圧縮もしくは解消できるため、家族と過ごす時間も確保しやすくなります。

特に在宅ワークであれば、仕事の合間に育児や家事にも関わることができますし、自分が最もリラックスできる自宅環境で仕事を行えば仕事の品質が向上し、それが収入アップにつながることも期待できるようになります。

⇒テレワークについての詳細はこちら

女性におけるワークライフバランス実現のポイント

育児などに取り組みやすい職場環境が求められる!

女性の場合には一家の大黒柱として家族の生活費を支えることより、家計にプラスアルファとなる収入を得て働くことを目的としているケースが多いため、男性より勤務時間に対する負荷は総じて低いと言えます。

しかしその一方で、家事や育児に対しては男性以上に担っているケースが多く見られます。

従って女性のワークライフバランスの実現は、この点の緩和が鍵になります。

一つは育児休暇などを男性に積極的に与えて、男性も育児に関わりやすい環境を作ることが実は女性のワークライフバランスの充実にもつながります。

また、コストという課題がありますが、託児所付きの職場や福利厚生サービスとして育児や家事のサポートを安価な料金で利用できる制度などを充実させることも女性のワークライフバランスを高めるカギとなってきます。