転勤のない職場への転職を考えている人はいませんか?マイホームを購入したり子供が生まれたりすると、仕事での転勤や単身赴任が大きな負担になってきますよね。

単身赴任をすると、自分は気楽でも、残されたパートナーや子供には精神的・物理的な負担がのしかかります。お互いに寂しい思いをすることは避けられないでしょう。

家族のために転勤や単身赴任がない職場に転職したい」と考えるのは、家族を大切に想う人なら当然のこと。でも、

「転勤がない仕事ってどんな職種や業界?」

「給与や待遇面で不利にならない?」

など気になるポイントもありますよね。そこでこの記事では、転勤がない求人とその特徴について、詳しくご紹介します。

そもそも、転勤って拒否できるの?

転勤が断れない場合

入社時に渡される就業規則に転勤の規定が明記されている場合は、それを分かった上で入社しているわけですから、断ることは難しいでしょう。場合によっては会社の規定に背くわけですから懲戒処分の対象になることも。入社が決まった時点で就業規則を熟読しておかなければならないのは当然ですが、地元から離れたくない、転勤は嫌だと考えている人はなおさら注意深くその部分をチェックしておきましょう。

転勤を断ることができる場合も

転勤の規定が明記されていなくても一般的に企業というものは、私たちの想像以上に大きく人事権が認められています。余程のことがない限り転勤を拒否するのは難しいと考えておいたほうが良いでしょう。しかし、次のような場合には転勤を断ることが可能です。

・入社時に「転勤しない」ことを前提に採用されている勤務地限定採用の場合

・育児・介護・家族の看病など、家庭の事情によりやむを得ない場合

・嫌がらせを目的としたパワーハラスメント的な職権乱用の場合

もし転勤を拒否したらどうなる?

上記で紹介したような正当な理由がない場合は、拒否は認められないでしょう。拒否したことはスルーされ、会社からの業務命令として、本人の意志とは関係なく転勤の辞令が下されます。大した理由もなく転勤を拒否した場合は業務規程違反となり、何らかの罰則を与えられるかも知れません。

要するに、転勤があるかもしれない会社に入ってしまうと転勤は避けられず、断ることもできないというのが現状です。

もし転勤が嫌で会社に居づらくなった場合、次に転職するならもちろん転勤なしの企業に限りますよね。次の章からは転勤のない仕事の探し方のコツなどをお伝えしていきます。

転勤なしの企業ってどれくらいある?

結論からいうと、転勤なしの求人はありの求人数よりも少ないです。特に大手企業は全国、さらに海外にも拠点を置いている企業が目立ち、転勤は避けられない様子。

企業側も、さまざまな場所で経験を積ませてレベルアップさせたいと考える傾向にあります。そのため、転勤不可な応募者は採用を見送る企業が少なくありません。

 

しかし、現在はどの企業も深刻な人材不足に悩んでいるので、転勤不可でも比較的転職を成功させやすい状況です。転職サイトでは、「転勤なし」の条件で求人を検索できますし、転勤ありの企業でも面接で相談すれば考慮してもらえる可能性もあるでしょう。

転職エージェントを利用すると、コンサルタントが転勤なしの企業を紹介してくれたり、応募先企業に調整を図ってくれたりするのでおすすめです。自分に合った転職サイトやエージェントを上手く活用したいものですね。

転勤なしの企業の特徴とは

転勤なしの求人にはいくつかの特徴があります。例えば、

・事業所が一カ所または同地区内にしかない

・社員数が少ない(10名以下など)

・事業内容的に転勤の必要がない(ネットメディア運営など)

その他、最近はインターネットメディアを主事業にした企業も増えてきており、どこにいても業務に差し支えないという理由から、結果的に転勤なしになっているところも少なくありません。

会社によっては在宅ワークを認めているケースもあるので、昔と比べて自由度の高い働き方が選べるようになっています。

転勤なしの求人だと給料や待遇面で不利?

転勤不可の条件では、給与や待遇面が不利になるのでは?と不安になる人も多いですよね。これは、求人の内容や職種によります。元々転勤なしの企業であれば、一般的な企業と何ら変わらない給与や福利厚生が約束されるでしょう。

ただ、職種によっては「エリア限定社員」「全国転勤社員」のように、採用の枠自体が転勤の可否で分かれている場合があります。このような求人では「全国転勤社員」と比べて「エリア限定社員」の給与が低額であることが多いのです。

「転勤なし」を重視すると、求人数は限られてきますが、それを理由に雇用条件が悪くなる可能性はほとんど皆無と言えるでしょう。転勤なしの職場でも、年収1000万円以上を達成する人は決して少なくはないのです。営業・事務・広報・人事・現場などさまざまな職種がありますが、いずれの立場でも転勤なしの条件を認めている企業も多いです。

転勤したくない人の仕事の探し方

なるべくであれば、給与水準や休日数を減らすことのない転勤なしの職場を選びたいものですね。また、転勤が少ない傾向にある業種や職種を選ぶのも、転職成功の秘訣です。どんなところがあるのでしょうか。

「転勤なし」を探すよりも「転勤が多い」業界を避ける

「転勤が全くない!」と言い切れる業界はありません。一般的に転勤が少ないと言われるIT業界でも支店があれば、転勤になることもあるでしょう。

転勤のない業種を探すよりも、転勤が多い業種を避けた方が、転職に成功する確率が高いです。例えば、あちこちに店舗がある小売業や飲食業では、転勤を避けるのはまず不可能でしょう。

また、銀行や保険会社などの金融業も転勤が多いことで知られています。どうしても転勤を避けたい人は、これらの業界を避けた方がよさそうですね。

営業職よりも内勤職の方が転勤が少ない

企業によっても異なりますが、一般的に内勤職よりも営業職の方が転勤になりやすいです。特に本社の内勤として働いている人は、他の部署にまわされにくい傾向にあります。

また、その部署でしか活かせない特別なスキルを持っている人は重宝され、転勤になる可能性が低いでしょう。スキルを身に着けることも、大切なのかもしれませんね。

転勤なしの職場に転職するメリット・デメリット

転勤なしの職場に就職する具体的なメリットとデメリットについても触れておきます。転勤がないというのは最大のメリットですが、実はそれだけでもありません。

環境が変わらないことで、人間関係や仕事の面でさまざまな支障が出てくる可能性もあります。

 

転勤がない職場のメリット

・転勤がないので家族との時間を大切にできる

・環境が変わらないので、人間関係の構築がしやすい

・顧客との信頼関係を構築しやすい

 

転勤がないと職場環境も変わらないので、社内・社外ともに人間関係が大きく変動することがありません。結果として深い信頼関係を構築しやすくなり、同僚や上司とも打ち解けやすくなるのです。転勤で別の支社や部署に移って人間関係を作り直すのが面倒という人には、嬉しいポイントではないでしょうか。

逆に1つの環境に居続けるのが苦手という人には、デメリットになるかもしれません。

転勤がない職場のデメリット

・人間関係がこじれると長期化する

・顧客の新規開拓をしにくい

・転勤ありと比べると給与が低い場合がある

・毎日同じ仕事と人間関係で刺激が少ない

・新しい仕事にチャレンジしにくい

同じ環境に長くいると、どうしても人間関係のトラブルが発生する確率も高くなります。一度関係がこじれると転勤によって環境を変えることもできないので、針のむしろ状態になってしまうかもしれません。転勤は状況次第で便利に扱える制度でもあるので、必ずしも避けるべきものではないのです。

家族のために「転勤がない求人を探している」という人もいますが、メリットとデメリットを把握したうえで活用するといいでしょう。

面接時の理由で「転勤の有無」について触れても大丈夫?

転職活動の面接で必ず聞かれるのが、「志望動機」「転職理由」のふたつです。

志望動機は応募した企業に合わせられますが、転職理由に「転勤を避けたい」点を挙げていいのか悩みますよね。正直なところ、「転勤がない職場に移りたい」というのは、応募企業に伝える転職理由としてはやや弱いです。面接官の性格や考え方にもよりますが、「転勤がない職場に移りたい」という旨の理由を伝えると次のような質問が返ってくるでしょう。

・今の職場は転勤が多いのですか?

・相談して転勤を免除してもらうことはできないのですか?

・仕事自体は今の職場に不満はないのですか?

・将来当社でも転勤の可能性が出てきたらどうしますか?

答え方は人それぞれですが、各項目に対する切り返しは必ず用意しておいたほうがいいでしょう。転職理由を伝える際には「結婚して子供もできたので」と一言添えるだけでも、説得力は増します。上記の項目で1番返答しにくいのが「将来当社でも転勤の可能性が出てきたらどうしますか」という質問ではないでしょうか。“そのときはまた転職します”とは言えませんし。

あくまで一例ですが、このような質問には以下の切り返し方が有効です。

「そのときの状況にもよりますが、ご相談はさせていただくと思います。どうしても転勤が必要ということであれば、期間なども含めて考えさせていただきたいです」

そもそも転勤できない理由を面接で伝えているのですから、企業側もそれを承知で雇用しなければなりません。このような質問は、あなたの判断力や社会人としての考え方を見るためにしていると予測されます。誠意と真面目さ、協調性のアピールタイムと捉えておくといいでしょう。

転勤のない仕事が見つかるおすすめ転職サイト

転勤のない企業の探し方がわかれば、まずは転職サイトから希望に合った求人を検索してみましょう。こんなサイトがおすすめですよ。

DODA(デューダ)


業界大手の「DODA(デューダ)」も転職エージェント兼、転職サイトですので求人数の多さには定評があります。そして何より、求人が探しやすいのがおすすめのポイント。サイトを開くと勤務地を選択する部分があります。
例えば大阪を指定して次の画面に進むと「こだわり条件」という項目があり、

ここで「転勤なし」の横にチェックマークを入れると簡単に検索できます。

これさえ選択すればOK。ちなみに今回この条件で検索してみると、大阪だけで転勤なしの求人が400件以上も見つかりました!もちろん、これはDODAの求人案件のほんの一部にしか過ぎません。DODAが持っている求人情報は100000件以上。そのうち、転職サイトで公開されていない「非公開求人」は80~90%。

もしあなたが家族のために本気で転職なしの求人を探したいなら、サイトをただ見るだけではなくエージェントサービスに登録したほうが圧倒的に有利です。というか、登録しないと本当に損です。
各業界に特化した転職のプロが完全無料でサポートしてくれるので、勤務地のこと以外でも、面接のこと、給与のこと、待遇のこと、なんでも相談しましょう。うまく活用できれば、自分が最初思い描いていた以上の成果が得られるかも知れません。
⇒DODAの詳細はこちら

\非公開求人が圧倒的多数/

⇒1分でカンタン!DODA(デューダ)に登録

リクナビネクスト

大手転職サイトである『リクナビネクスト』は求人数が多く、希望に合った求人を見つけやすいことで評判の転職サイト。2017年現在、「転勤なし」の求人は平均して約10000件弱のうちのおよそ1000件以上。相談すれば転勤をしなくてすむこともあるので、積極的に利用してみましょう。

women指差しメガネ

例えばこちらはスマホからリクナビネクストの求人を見た画面です。
検索窓に「転勤なし」と打ち込むだけで、

・転勤なし 正社員
・転勤なし 土日祝休み
・大卒以上 転勤なし

など、ズラリと補助ワードが出てきます。

このことからもリクナビネクストが転勤なし求人案件を多く抱えていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

リクナビネクストは、リクナビネクストだけの限定求人が85%!正社員求人は約9割。家族のために安定した仕事を探すなら、この正社員求人の多さは魅力ですね。
⇒リクナビネクストの詳細はこちら

\豊富な求人が気軽に探せる/

⇒リクナビネクスト(NEXT)に登録

転職サイト@type

転職サイト@typeは株式会社キャリアデザインセンター(東証一部上場企業)が2000年度から運営しています。2016年現在で登録者数が200万人を超える転職サイト。リクナビやDODAなどの大手に比べて登録者が若干少ない分、優良企業に出会いやすい穴場の転職サイトなのです。

転職サイト@typeのおすすめポイントは「マッチングサービス」。そのマッチングサービスの1つに「希望条件マッチング」というものがあり、こだわりの希望条件を登録しておけば、その条件に合った求人が見つけやすいのです。「転職なし」で条件を登録しておけば、きっとあなたが働きたいと思える職場に出会えるはずです。

その次のおすすめポイントは、「転職力診断テスト」

あなたの強みが分かります。自分の強みがきちんと分かれば、転職なしの仕事を探すにも臆することなく企業にアピールすることができるでしょう。10分で簡単に診断できるので、登録したらまずチャレンジしてみて下さい。

そして、もう1つのおすすめポイントは求人の探しやすさ。トップの「求人を探す」⇒「こだわりから探す」をクリックして下さい。「勤務地条件でこれだけは譲れない!」という項目があるはずです。

ここで「転職なし」を選択。すると、この日見ただけでも1400件あまりの求人がありました。転職なしの求人はざっと探しただけでもこんなにあるのです。
⇒転職サイト@typeの詳細はこちら

\@typeだけの独占求人が魅力/

⇒転職力診断テストはこちらから

まとめ

独身の人なら、転勤はいろいろな地域で働けるという経験にもつながります。しかし結婚して家庭を持った人としては、転勤によって家族との時間を削られたくないと考えるでしょう。就職したばかりの新入社員の場合と数年経った場合では、自分を取り巻く環境も大きく変化しています。その時の環境によって転職したくないという気持ちが強くなるのも当然の流れなのです。

転職がない仕事を真剣に探したいと考えているなら、まず転職サイトに登録しましょう。それも、1つではなく複数です。その方が確実に転職できるチャンスが増えます。各転職サイトごとに持っている案件がそれぞれ違う場合があるからです。そして、それぞれのサイトの「使える」部分は存分に利用しましょう。求人を探すだけではなく、転職サイトのありとあらゆるツールを利用し尽くして、妥協せず本当に自分が満足の行く転職をして下さい。