疑問 男性

今の会社がなんかしっくり来なくて…そろそろ転職したいな。
でも転職するタイミングがわからないよ。

ポイント 女性

転職を考えている人にとって「どのタイミングで転職するか」は大きな悩みですよね。
できれば転職市場が活性化している時期がいいですし、今の会社の中での事情や家庭の事情など、考慮したいタイミングはたくさんあって難しいですね。

  • キャリア的にベストなタイミングは?
  • 退職してからすぐに転職先が見つかるか分からないし…
  • 今の仕事を続けながら転職活動をするべき?退職してから?よくわからない
  • どのタイミングで上司に転職の意思を伝えたらいいの?

このような不安や疑問を持つ人も多いでしょう。そこで当記事では、転職を行うベストなタイミングと手順について、詳しく解説します。ずっと転職を検討しているけど、何から始めればいいのか分からない!と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をわかりやすく

・キャリア的にベストなタイミングは今の会社でのキャリアを磨いてから
・転職スケジュールを立てることが重要
・転職ニーズが増える時期は3~4月と9~10月

目次【クリックして移動できます】

キャリア的には転職のタイミングっていつがベスト?

tori31
転職するとき、自分のキャリアにとって一番有利な時期にしたいですよね。

ここでは、転職のタイミングをキャリア視点から解説していきます。

とりあえず3年は留まるべき?キャリアに傷がつかない転職時期

「とりあえず3年」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「一旦入社したら最低でも3年間は我慢して留まるべき」という意味です。短期間でコロコロ転職していると「忍耐力のない人」「すぐ辞める人」という風に思われ、キャリアに傷がついて評価が下がると言われています。また短期間で辞めてしまうとどんな仕事でもキャリアやスキルに繋がりません。キャリアのことだけを考えるなら短期間で転職せずに3年ぐらいは頑張って勤めてその会社でのキャリアやスキルがついてから転職するのがベストといえるでしょう。しかし今の会社で何も得るものがないと感じている場合や今の仕事が向いてないからキャリアチェンジしたいと思っている場合は3年待たずとも転職するべきです。

転職ってどんな時期(タイミング)に始めればいい?

どの企業も求人が増える時期はある

疑問 男性

そもそも、転職に適した時期ってあるの?就活じゃないんだし、いつやっても同じでしょ?

ポイント 女性

そのように感じる人も多いでしょうね。

結論から言うと、3月~4月、または9月~10月あたりが企業の求人数が増える時期なんですよ。

これは、年度の切り替えや決算の時期に関係していると思われます。

それに合わせて各企業も新たな組織編成がありますので、年度途中で退職者があった場合の人員補充などもこのようなタイミングに合わせて行われるでしょう。

新規事業もだいたい春と秋からスタートする企業が多いため、中途採用のニーズが高まるのはちょうどこの頃ということになるのです。

転職エージェント選びは求人が増える時期より前のタイミングで

3月~4月、または9月~10月あたりが企業の求人数が増える時期ということは、求人が増える少し前から各転職サイトや転職エージェントについてリサーチしておくのがベストと言えるでしょう。

求人が増えて来た頃がベストではないのです。それより一歩も二歩も先に、各転職サービスの口コミや評判を調べて、いろいろ目を肥やしておきましょう。

自分のスキルや実績の棚卸しをして、自分の強みは何か?自分が次に何を求めているのか?という、思考の整理をしておくことも大切。

ですから、当サイト的には求人が増えると言われている時期の1~2ヶ月前くらいから、転職エージェントを吟味したり企業研究をし始めることをおすすめします。

逆算すると、3~4月からのタイミングで求人に応募するつもりなら1月~2月から、9~10月からの求人を探すなら7~8月から。それが心のゆとりに繋がり、結果的に転職を成功に導くポイントになるのです。

ポイント 女性

ただしこれは「求人数が増えやすい時期」というだけなので、転職そのものはどのタイミングでも可能です。実際は転職先の事情よりも、現在勤めている企業の状況を見ながら行動したほうがいいでしょう。

転職のタイミングは退職してから?それとも働きながら?

転職を検討したとき悩むのが現職を「続けながらやるのか、退職してからやるのか」です。今の仕事を続けながら転職活動をするメリットは、活動中の収入が途切れないという点にあります。しかし、仕事を続けながらだとスケジュールの関係で、面接の予定が組めないケースも少なくありません。

逆に退職してから転職活動を行えば、活動に集中できる反面収入が途切れるというリスクが発生します。退職してからすぐに転職先が決まる保証もありません。

転職活動を始めるタイミング:働きながら

現職を続けながら転職活動を行うメリットとデメリットを、より具体的に挙げてみましょう。

時間がなかなか取れないという難点はありますが、基本的に転職活動は働きながら行うほうが低リスクです。

メリット

  • 転職活動中も収入が途切れない
  • 転職をしないという選択ができる

デメリット

  • スケジュールの調整が難しい

面接の時間調整などの難しさを除けば、転職活動は働きながらすることをおすすめします。

また求人元の企業で夜8時以降や、土日の面接に対応しているところもあるので、ご自身の状況に合わせた転職活動を行いましょう。

転職活動を始めるタイミング:退職してから

現在の会社を辞めてから転職先を探す場合、当面の生活費を用意しておく必要があります。その分転職活動に注力できるため、より自分の要望を重視した会社を探せるのが大きな魅力です。

ただ転職活動を始めてから内定が決まるまで、どれくらいの時間がかかるか分かりません。それらのリスクも含めたうえで、スケジュールを組むといいでしょう。

メリット

  • 転職活動に集中できる
  • 面接などの日程が組みやすい

デメリット

  • 次の勤務先が決まるまで、収入が途切れてしまう
  • 収入がない不安から転職先を誤る可能性がある

転職のタイミングは自分がベストな時


転職に最高のタイミングというものは人によって違います。
その人が今置かれている環境によって大きく左右されるのです。、男性か女性か、結婚しているかしていないか、仕事のスキルはどのくらいあるか?勤続年数は何年?など、挙げ始めたらきりがありません。

ただ一つ言えることは、仕事でうまく行っていない真っ只中にいる時は「転職に最適なタイミング」ではないということです。

仕事に限ったことではありませんが、今までの人生を振り返ってみてご自分でもお気づきのはずです。

「イケてる時」「イケてない時」の2つの時期があることを。

波に乗っている時というのは何をやってもうまくいきます。成功の体験が積み重なっている時ほど、成功のイメージが思考にインプットされているので次から次へと何でもこなせるのです。

しかし、何をやってもだめな時ってありませんか?

そんな時は負の連鎖に陥ってしまっていて「なにをやってもできる気がしない」はずです。

もしあなたが仕事で大きな失敗をして嫌になってしまっていたら、その時に動いても魅力的な部分をアピールするのは難しいかも知れませんね。

もちろん、あまりにも会社がブラックで、環境を即刻変えないと自分が病んでしまうかもしれない…そんな場合は迷わずその会社を去りましょう。
⇒ブラック企業から抜け出そう!!退職・辞める方法と怖い実話。

ただ、案外転職のベストなタイミングというものは「仕事が楽しくて仕方ない時」なのかも知れません。

・これといって悩みがない
・とても仕事が順調だ
・もう少し上を目指せるのでは?

今、そう感じているあなたは「今」が転職にベストなタイミングといえます。

・今、仕事がうまくいっていない
・いくら頑張っても業績が上がらない
・営業するのが苦痛だ

逆に、そんなネガティブなイメージから抜け出せない人は、嫌だからと行ってすぐ仕事を辞めてしまって、ただ闇雲に転職活動をしてもうまくいきません。
だからこそ、転職のプロに相談するのが一番なのです。

今の仕事を続けながら、転職にベストなタイミングを待ちましょう。
その間にじっくりとキャリアアドバイザーに相談し、自分の強みを理解した上で自身を持って、より良い求人を探してもらいましょう。

転職のスケジュールも重要です


転職は無計画に取り組もうとしても、なかなか上手くゆくものではありません。

特に働きながら転職活動を行なう場合には費やせる時間がかなり限られますので、成果を出すにはその限られた時間を有効に活かすことが不可欠です。

時間を有効に活かすためにまず必要になってくるものと言えば「転職スケジュール」です。

どのくらいの期間が望ましいかは転職活動に取り組む方々の事情や状況によって異なってきますが、例をあげると、在職中の方が転職に臨む場合には「3ヶ月」という期間で転職活動に臨むことが望ましいと言われています。

女性

そこで今回は転職活動をするにあたってのスケジュールの重要性
転職活動の期間として3ヶ月が望ましいとされている理由
理想的なスケジュールの立て方や
転職スケジュール通りに転職活動を進めてゆくためのコツや注意点などをご紹介します。

働きながら転職を行なうにはスケジュールをしっかりと組み立てることで、限られた時間を有効に活かせるようにする必要があるとお伝えしましたが、転職スケジュールの重要性についてもう少し具体的に考えておきましょう。

転職スケジュールが重要である3つの理由


転職スケジュールの重要性に対する理解がぼんやりしたままでは、スケジュールを立てることは面倒なことからつい後回しになり、結局、行き当たりばったりで転職活動を始めてしまうといったことにもなりかねないからです。

理由1.転職の具体的な目標や目安がなければ意欲的に取り組めない

例えば半年後に行なわれることがはっきりしている試験と、予定はあるものの1年先か2年先か行なわれる時期がはっきりしていない試験ではどちらに意欲的に取り組むことができるでしょうか。

「この時期までにこのようなことをしたい」といった具体的な目標がないまま何かに取り組もうとしても、人間は意欲的に取り組めるものではありません。

転職活動の成功は、本人の意欲が何より大切です。

その大切な意欲を喚起するためにもスケジュールは欠かせないものなのです。

理由2.円満退職・円満入社を果たすためにも不可欠

在職中の皆様が転職するということは、現職を退職することを意味します。

しかし退職は自分の都合だけで勝手に決めることはできません。

相手側の事情を考慮せず、突然退職しようとすれば円満退職となりませんので、現職で築いた信頼や人脈を失うなど、転職後の大きな支障となる可能性があります。

また、転職先も入社日はいつでも良いということはなく、この時期には入社して欲しいという一定の期間があります。

無計画に転職をすすめた結果、現職の繁忙期に突入してしまい、入社が数ヶ月以上先となった場合には最悪内定を取り消されることもありますし、仮に入社できても円満入社とならず、転職先でギクシャクしてしまうことになります。

円満退職、円満入社を目指す上でもスケジュールは重要なのです。

理由3.転職に万全な体制で臨めず、ミスを招きやすくなる

スケジュールを立てるということはやるべきこと、やらなければならないことを明らかにしてそれを時間軸に並べてゆくことでもあります。

そのため、スケジュールを立てる作業に取り組めば必然的に「やるべきこと」が明らかになってきます。

それを怠ったまま転職に臨めばやるべきことが曖昧になり、例えば期限までに提出しなければならない書類を提出し忘れるといったことが起きやすくなります。

仮にそのことを忘れなかったとしても、書類作成に十分時間をかけらず、いい加減なまま提出せざるを得なくなったり、面接で想定される質問に対する回答準備ができないまま面接に臨んでしまったりといったことも生じます。

ポイント 女性

万全の体制で転職活動に臨むためにも、やはりスケジュールは不可欠です。

転職スケジュールの立て方&計画通りこなすポイント


ではスケジュールの立て方と、立てたスケジュールに沿って転職活動を推進させるためのポイントを解説致しましょう。

スケジュールに必要な項目を認識する

スケジュールを立てるには、スケジュールが重要な理由でも説明したとおり、やるべきことを明らかにしておくことが先決です。

ではその「やるべきこと」ですが、転職スケジュールに盛り込まなければならないやるべきことには最低限次のようなことが挙げられます。

(スケジュールで必要な項目)

自己分析などの転職準備段階

  • 自己分析
  • 転職理由と希望する業界、職種、希望勤務条件などの明確化

情報収集から応募段階(一定回数繰り返す場合もある段階)

  • 求人情報の収集
  • 応募企業の確定と応募
  • 応募書類の作成、送付
  • 面接日程の調整と面接

内定確定後段階

  • 退職日および入社日の確定
  • 引継ぎ業務
  • 退職
  • (必要に応じて)引越し手続きと引越し
  • 入社

最初から委細を確定させる必要はない

スケジュールに必要な項目をご覧になって気付かれたと思いますが、応募書類の作成や面接の回数などを予め確定させることは困難です。

例えば1回の応募で内定が決まる場合もあれば、5社受けて内定が決まる場合もあります。

1回と5回では要する期間もかなり異なってきますし、そうなれば退職日や入社日も必然的に後ろへとずれてしまうことになります。

ポイント 女性

つまり、転職スケジュールはあまり細かく計画を立てても、そのとおりに行くとは限らないという前提が必要です。

疑問 男性

じゃあどうすればいいの?

大雑把に期限を決めること、一定の余裕を持つこと

転職スケジュールを組み立てるコツは、それぞれ大雑把であっても期限を定めることと、それぞれの期限に余裕を持つことです。

大雑把な期限の決め方ですが、次のように行なうと比較的にスムーズに取り組めます。

最短3ヶ月最長7ヶ月程度を目安に全体の期間を仮決定する

まず全体の期間を仮決定します。

極論ですが転職活動は2ヶ月でも不可能ではありませんが、かなり無理が生じます。最短期間としては3ヵ月とみておくべきです。

その一方、集中力や気力といった面で1年、2年といった期間は(例えば資格取得後に転職するといった例外的なケースを除き)時間のかけ過ぎと言えますので最長でも6ヶ月から7ヶ月程度の範囲で仮決定を行なうことが適切です。

3つの段階を「1:3:2」を一つの目安として分けておく

3つの段階とは「自己分析などの転職準備段階」、「求人情報収集から応募段階」、「内定確定後段階」のことです。

その3つを1:3:2の期間的な割合でおよそ区切った上で、各段階ごとに細かなスケジュールを立てるようにすると立てやすくなります。

例えば全体で6ヶ月なら準備に1ヶ月、応募等の活動に3ヶ月、退職・入社に向けた活動期間に2ヶ月と分けるといった具合です。

理想的な転職活動の期間が人によって違う理由とは?

転職活動の理想的期間は転職活動に取り組んでいる方々の事情などによって異なるとお伝えしましたが、具体的にどのような事情等の違いで転職活動の期間が異なってくるのか、まずはその点を明らかにしておきます。

転職活動中の状況の違いは?


最もわかりやすい状況の違いと言えるのが在職中かそうでないかの違いです。

ポイント 女性

在職中であれば勤務先の経営状況がおかしくならない限り、毎月給与を受け取ることができますので転職活動の期間中は生活費を心配する必要がありません。
また、場合によっては転職活動を止めるという選択だって取ることもできます。

従って在職したまま転職活動に取り組む方は、善し悪しは別として転職活動の期間をあまり意識せずに、じっくりと活動に取り組むという方法も選択できます。

一方、現職を退職して無職となった方は翌月から給与収入が途絶えることになりますので、のんびり構えている訳にはいきません。

疑問 男性

退職したら退職金を受け取れるし、雇用保険だって受給できるからそんなに慌てる必要はないのでは?

女性

国の年金制度が瀬戸際の状況となっている中、老後の蓄えとして従前以上に退職金の重要性は増しています。
転職に伴って受け取る退職金は貴重な老後の蓄えを先取りしているに過ぎませんので、それを転職時に食い潰すことは老後に影響します。
また、雇用保険で受給できる金額は現職の月額給与の大雑把に言って6割程度なので約4割収入が減ることになる上、転職活動には交通費等一定の支出が伴うことを考えればとても十分な手当てとは言えません。

退職して無職となった方は一刻も早く生活を安定させるためにも退職金や雇用保険をあてにせず、できるだけ早く転職を実現することが望ましいと言えます。

退職後フリーターの場合は履歴書の「空白期間」に注意!

では退職後、正社員として転職するまでの期間、当面の生活費程度はカバーできるアルバイトの職にありつけたという方の転職活動期間はどうでしょうか。

疑問 男性

正社員時代より経済的には苦しいけど、フルタイムで働けばそこそこの収入はなるよ。
フルタイムで働けるアルバイト先を確保できていたらそんなに焦る必要ないんじゃないかな・・・。

ポイント 女性

ところが、仮にアルバイトで当面の生活費については何とか見通しが立った方であっても、実はのんびりと転職活動を考えてはいけない理由があります。

それは履歴書に生じる空白期間です。

空白期間とは、正社員として就業していない期間のことを言います。

履歴書にアルバイトとして勤務している状況を伝えることは構いませんが、少なくともその期間は正社員としての業務経験期間として評価してもらうことはできません。

しかもその期間が長引けば長引くほど、正社員での実務から遠ざかっている期間が長引いているという評価となり、特に即戦力が求められる中途採用において条件的に不利になってくるからです。

資格取得や職業訓練という明確な理由がある場合、有利になることも!

では、在職したまま転職活動を行う方以外は転職活動の期間を長引かせてはいけないのか、短期間で終わらせる必要があるかというと実は例外があります。

ポイント 女性

それは職業訓練学校に通って職業訓練を受けたり、資格取得を果たしたりした上で転職に臨むという場合です。

例えば難関と言われる国家資格によっては数年スパンで勉強に取り組まないと取得できないものもあります。

仮に2年間資格取得のための試験勉強に時間を費やした場合、この間、正社員として働いていなければ2年間は先述の「空白期間」に該当します。
しかし同じ空白期間でも、この場合は働くために必要となる資格取得に向けて勉強をしていた期間であるため、求人企業によっては正社員としての実務から遠ざかってはいたものの、決して無為に過ごしてきた訳ではなく、資格取得という明確な目的を持って時間を使っていたと評価してくれる場合があります。

そうした資格保有者を募集、もしくは優先採用しようとしている企業なら尚更そうした傾向は強まります。

ポイント 女性

つまり、難関資格を取得するために懸命に努力していた期間として妥当といえる期間であるなら、資格保有者を採用したいと考えていた企業にとっては、資格があることの方が採用上の優先度が高くなりますので、資格がないまま転職へ臨むより、むしろ有利になってきます。

従って、転職する際に高い評価を得られる難関資格であることが前提ですが、そうした資格なら試験勉強期間中が空白期間となってもそれほどハンディにはなりません。

資格取得を果たせるよう、腰をすえて勉強に励むため年単位の計画を立てて、取り組んだ方が良い結果を得られると言えます。

転職活動の期間は一般的に「3ヶ月」と言われているのはなぜ?

転職活動の期間は短期間、長期間と言われる期間がありますが、短期、長期では抽象的なので具体的な月数に置き換えますと、

短期間と呼ばれる転職活動の期間は「3ヶ月」
長期と呼ばれる転職活動の期間は概ね「6ヶ月以上」

におよぶ場合に該当します。

その上で、先程ご紹介した資格取得後に転職活動へ励む方などの例を除けば、一般的に短期間に該当する「3ヶ月」で転職活動を終えることが望ましいとされています。

それはなぜでしょうか。

なぜ一般的に3ヶ月が「短期間」なの?


まず3ヶ月間が転職活動上「短期間」と呼ばれる理由から説明致します。
転職活動に必要な行程は次のとおり、大きく3つの行程があります。

それぞれおよそ必要な期間がありますので、それらを合算した結果がだいたい3ヶ月程度となります。

転職活動の流れ
1.転職準備(自己分析や履歴書、職務経歴書の基本的な書類準備):約1~2週間度
2.応募・面接:約1ヵ月~1ヶ月半程度
3.内定・退職:約1ヵ月半程度

転職活動の期間は3ヶ月程度がベストな理由


転職活動にかかる期間は短くてもおよそ3ヶ月程度必要になってくることはおわかり頂けたと思いますが、なぜ「短期間」即ち3ヶ月の短期決戦で転職活動を終えることが望ましいのでしょうか。
その理由は一つだけではありません。

短期間なら集中力と緊張感が持続しやすい

これは転職に限りませんが、時間がたっぷりあるという場合と残された時間が「ぎりぎり」という場合、人間はどちらの方が集中力が発揮しやすいでしょうか。

それは言うまでもなく後者ですよね。
たっぷり時間があると思えばどうしても気が散漫になり、集中しづらくなります。

残された時間はギリギリしかないといった追い詰められた状況の方が集中しやすいですし、良い意味での危機感から緊張感を保つこともできます。

ポイント 女性

過度に緊張し過ぎてしまうのは良くありませんが、適度な緊張感と集中力は中途採用試験で優れたパフォーマンスを発揮する上で必要です。
そのような意味で、無職であっても在職中でも短期間の転職活動が望ましいのです。

在職中の方は「忙しい」を言い訳にしてしまう

在職中の方は仕事に追われている状況であり、時々残業や休日出勤を強いられる場合もあります。

それらは仕方がないことですが、仕方がないからと言って忙しいことを言い訳にしていたら、「その内」あるいは「もう少し時間がとれるようになったら」と考えてしまい、いつまで経っても転職活動がはかどらなくなってしまう可能性が大いにあります。

そうした言い訳をしないためにも、背水の陣を引く意味で時間的な余裕がない3ヶ月で転職活動を終えることを決意した上で転職活動に臨んだ方が良いからです。

長期化してしまうと楽な選択をしてしまいがちである

忙しさを理由に転職活動がはかどらない状況が続くと良くない理由がもう一つあります。

具体的な成果や前進が見られず時間だけがズルズル経過してしまったら、当初打ち立てた転職に対する志が薄らぎ、やがて忘れてしまう、もしくはどうでも良くなってしまう可能性があります。
無職の方々なら切実な状況なのでそうした懸念はありませんが、在職中の方は転職活動を止めようと思えばいつでも止められる環境にあります。

そうした決意や初心が薄らいでしまった状況では、忙しい中転職活動に取り組むより止めた方が「楽」という意識が勝ってしまい、前向きな積極的な理由ではなく、そうした安易な理由で転職活動を断念してしまうおそれもあるからです。

人気のある企業や好条件の求人募集は短期間で締め切られてしまう

求人企業に応募する場合、必要な情報や採用条件をしっかりと確認することが大切なのは言うまでもありません。
しかしながら、時間をたっぷりかければ良いという訳でもありません。

集中力や緊張感といった理由もありますが、何より優良企業の好条件な求人は人気が高く、短期間で募集枠が埋まってしまい、すぐに募集を打ち切られてしまう場合が多いからです。

ポイント 女性

優良企業の求人案件に対して情報収集や応募の決断にあまり時間をかけていては、好機を逃す可能性が高まってしまうことになります。
優良企業に好条件で転職を果たそうとするなら、即断即決で行動することが必要な場合もあるということです。

こうした複数の理由から短期間=3ヶ月間で転職活動を終えることが望ましいと言われるのです。

転職活動は短期決戦と覚悟を決めて、最低限必要なことはしっかりと取り組んだ上で優良企業の求人案件を発見できたら、だらだらと検討することなく、速やかに意思決定し、果敢に行動すること。

これが転職活動を成功に導く大きな秘訣と言って良いでしょう。

短期決戦と長期間化の両方に対する心構えが必要


繰り返しとなりますが、1社目に応募した企業で採用が決まる場合もあれば、5社、6社と受けて採用が決まる場合もありますし、人によっては10社以上受けるという可能性だってあります。

女性

つまり長期化する可能性もあることはスケジュールを立てる上での心得として持っておく必要があります。

もっとも、長期化する場合はスケジュールの見直しを行なうことで対応できますが、意外と困るのが予定より早く転職活動が進んだ場合です。

内定が1社目で決まれば、その後は待ったなしで予定をどんどん進めてゆく必要があり、もたもたしてしまえば現職にも、転職先の企業にも迷惑をかけることになります。

この場合は迅速に意思決定を行い、素早くアクションを行なうことが何より大切になってきます。

従って長期化する可能性以上に、スケジュールが短期化した場合にも慌てずに済むよう短期化する可能性も視野に入れておくことも、スケジュールを滞りなく推進させる上での重要なコツとなってきます。

ホントに良いの?逆算式スケジュール

転職スケジュールの立て方について、多くの転職情報サイトでは退職日や入社日を事前に決めて、そこから逆算して6ヶ月なら6ヶ月のスケジュールを立てることをアドバイスする記事が多くみられます。

その主な理由は、現職の繁忙期を避けて円満退職を実現するためです。

例えば1年の内で11下旬頃から12月末頃が繁忙期なら、9月やおそくとも10月には退職している前提でスケジュールを逆算で立てれば、繁忙期を迎える前に会社を辞めることが可能になりますので円満退職しやすくなります。

しかし、繰り返しとなりますが、転職活動の期間は蓋を開けてみない限り、どれくらいの期間で終えることができるかを正確に予測することは困難です。

ポイント 女性

そのため、「逆算式”だけ”」のスケジュールの立て方は一見合理的のように思えて、実はかなりリスクのある立て方になってしまいます。

「短期」と「長期」2段階の転職スケジュールが安心

そこで、当サイトとしてオススメしたいのは、繁忙期を確定させた上で、短期化しても(一定限度を設定した上で)長期化しても繁忙期を避けられるスケジュールを検討することです。

ポイント 女性

具体的には短期スケジュールと長期スケジュールの二つを組み立てておくという方法です。

例えば繁忙期がスタートするまであと4ヶ月程度あるなら、3ヵ月程度の短期スケジュールで繁忙期前まで終える予定で転職スケジュールを組み立てておきます。

しかし、短期間で終えられるとは限りませんので、もし3ヶ月での転職が困難と判明したら、その時点でズルズルと転職活動を引き伸ばすことなく、一旦転職活動を中断し、繁忙期は現職の仕事に集中するようにします。

ちなみに、3ヵ月程度の最短期間で転職活動を終えるには求人企業へ応募できる数は最大で2~3社程度です。

もし2、3社受けてみて結果が出なかった場合、それ以上活動したら繁忙期へと突入してしまう可能性が高まりますので、その時点で決断することが望まれます。

その後、繁忙期が終わったら再び第二段として長期計画で転職スケジュールを組み、再び転職活動に臨むようにします。

繁忙期が終わった直後から転職活動をスタートさせることになりますので、仮に繁忙期が2ヶ月間なら、最長10ヶ月程度の期間で転職スケジュールを組み立てることができます。

繁忙期を避けるべき理由を確認しておきましょう

繁忙期を避けるのは円満退職という意味で重要ですが、実はそれだけではありません。

もう一点としては繁忙期に無理して転職活動を続けても、面接日程調整すら上手くできず、転職活動に失敗するリスクも高まるからです。

二段階方式の場合、一刻も早く転職したいという方にとっては繁忙期に転職活動を中断することは抵抗があるかも知れません。

が前述のとおり、無理しても良いことは一つもありません。良い結果を出すためにも繁忙期での転職活動を避け、二段階のスケジュールで転職活動に臨むことをオススメ致します。

転職活動の手順とスケジュール


ここから転職活動の主な手順と流れについて解説します。あくまで全体像なので、個人によって順番が前後することもあると思いますが、結果として希望する会社に転職できればOKです。

転職活動のスタイルを決める

まずは転職のスタイルを決めておきましょう。現職を続けながら探すのか、退職してから探すのか

もちろん前者を試してから後者に移行しても構いません。むしろそのほうが低リスクなので推奨します。

転職サイト・転職エージェントに登録

気になる転職サイトや転職エージェントに片っ端から登録します。この際、後々捨てられるメールアドレスを用意しておくといいでしょう。

転職活動が終了したあとも延々と案内メールが届くので、メインで利用しているアドレスは避けておいたほうが無難です。

登録が完了したら興味のある求人を探すか、エージェントに面談を申し込みましょう。面談に向かう前に、転職先に求める条件や自分がやりたいことをある程度まとめておくとスムーズです。

エージェントと面談

エージェントと面談して、希望に沿っていると思われる求人を紹介してもらいます。同時に求人元企業との面接調整などもしてもらえるので、基本はその通りに行動すれば問題ありません。

求人元との面接にはエージェントが同行するケースと、一人で行くケースがあります。これは転職エージェントや案件にもよるので、同行してほしいときは事前に相談してみるといいでしょう。

現職の上司に退職の意思を伝える

転職活動の方向性が決まったら、上司に退職の意思を伝えておきます。このとき、転職先が見つかったら辞めると伝えるか、○月で辞めると伝えるかはその人の転職スタイル次第です。

現職を続けながら活動できるようなら、そうしたほうがいいでしょう。ただし退職時期と入社時期については、ある程度余裕を持っておくべきです。

あまりに急だと引継ぎや後任を探す時間がありませんし、先過ぎると転職先の企業に迷惑をかけてしまいます。両社にもっともバランスのいいところで調整するのが最低限のマナーです。

希望企業に応募

方針が決まれば、あとは希望企業に応募して面接を繰り返すのみとなります。途中履歴書と職務経歴書の作成や添削といった作業もありますが、これは転職エージェントと相談して都度調整していきましょう。

応募する会社によって自己PRや志望動機は変更しなければならないので、1つのパターンですべてをカバーできるものではありません。

 

 

現在の職場に残る選択もある

ここまで転職活動にかけるべき期間やスケジュールの立て方と手順をご紹介しましたが、転職活動をしたからといって「絶対に転職しなければならない」わけではありません

転職活動をしていく中で、今の職場に改めて魅力を感じるときもあるでしょう。そのようなときは、現職に残るという選択があることも覚えておいてくださいね