tori31

「とりあえず三年」略称「とり三」は転職を考える時期の目安としてビジネスマン、特に転職を検討しているビジネスマンの間でまことしやかに語り継がれてきた言葉です。

「とりあえず三年」とは「三年間同じ会社に勤めることなく転職を考えたら不利になる。転職したい理由はいろいろあるかも知れないけど、とにかく3年間は我慢して同じ会社で働け」といった訓示的な意味を表しています。

この訓示を信じ、転職したいという思いを封印してとりあえず三年間現職の仕事へ取り組んできたという人も決して少なくはないでしょう。

問題はその先です。つまり「三年たった」場合にどう転職を考えるべきかということです。

そこでここでは、3年が過ぎた時にどう転職を考えれば良いかについて指南させて頂きます。

三年たった時点で転職を考える場合に最も大切なこと

tori32

転職を考える上で最も大切なことは「自分」と向き合うことです。

「当たり前のこと」だと思ったかも知れません。ところが、実際転職する場合には様々な不安や悩みが多々ついてまわるため、他人に頼ったり、他人の言動に振り回されたりする人が案外多いものなのです。

会社を辞めるのも転職するのも自分自身です。その行動について他人は一切責任を負ってくれませんし、転職成功の保証をしてくれるものでもありません。

転職は何のために行うかと言えば、自分の人生において大きな比重を占める「仕事(または職場)」を変えることによって人生を更に充実したもの、あるいはもっと生きがいや幸福感を感じられる人生とするために取り組むはずのものです。

自分の人生の主人公は他ならぬ自分自身です。他人ではありません。そのため、3年たった今改めて転職を考える場合に大切なこととは他人の訓示でもあった「とり三」という他者依存的発想から脱却し、自分と対話すること、自分自身に転職について問いかけること、自分の思いを大切にすることが何よりも前提として大切なことなのです。

ではどのようなことを問いかければ良いのか。3年たったからこそ自分に問いかけるべき事項についてご紹介して参りましょう。

現職への興味や関心はどうか

tori33

3年たった今、現在の会社での仕事に対する興味や関心について改めて自分に問うてみてください。

・3年前は仕事について右も左もわからなかったが、3年たってみて仕事のことがよく理解できるようになり、興味や関心も湧いてきた

と答える方がいるかも知れませんね。

その答えが正直な回答だというなら、少なくとも仕事への興味や関心という観点では無理に転職を考える必要はありません。

一方

3年前と比較すると現職に対する興味や関心は明らかに下がってしまった

という方は、これ以上だらだらと現職で会社員生活を送ったとしても現職に対する興味や関心が高まることは期待できないでしょう。

自分の人生において主要な時間を占める仕事において、興味や関心が持てないことはとても不幸なことです。積極的に転職という選択肢を検討した方が良いと言えます。
また

3年たったが、現職への興味や関心がない訳ではないが、大して膨らんだとも思えない

という方は、これから先も現在の仕事に対して興味や関心が高まらない可能性があります。

現職に対して興味や関心が高まらないことは自分の人生を充実させる上ではマイナスであることには違いありませんので、そのような方は「転職」の前に、自身が興味や関心が抱ける職種や業種は何かを現職の仕事を続けながら並行して研究することをオススメします。

 

現職の職場環境や会社は好きかどうか

ribbon-aqua1現職で三年たった自分に問いかけるべきことで決して欠かせないのが、現職の職場環境や勤めている会社が好きかどうか、愛着を感じることができるかどうかという自分の「感情」です。

感情と向き合うことは、合理性のある考え方とは言えないかも知れません。しかし、人間は感情豊かな動物です。合理的な根拠だけで仕事を捉えることは決して正しい見方とは言えないのです。

理屈を考えずに自分に問うてみて、つまり「何となくであり、理屈は説明できない」で構いませんので現在の職場や会社が「大好きだ」と堂々と言えるなら無理して転職を考える必要はありません。

その一方、「好きになれない」、「愛着や愛情を持てない」という感情が根強いなら、その感情は決して無視すべきではありません。転職を真剣に検討した方が良いでしょう。

他にやりたい仕事があるか否か

ribbon-aqua1三年たった今、転職を考える上で大切なことは現職に対する思いだけではありません。

ある意味最も大切だと言えることかも知れませんが、「熱意を持ってやってみたい、取り組んでみたいと思える仕事が他にあるかどうか」を自分へ問いかけてみることです。

仮にそうした思いが現職の仕事内容に対する興味や関心、会社への愛着などを大きく上回るのなら、転職に向けて舵を切るべき大きな基準となってくるからです。

また、それを大きな判断基準として良い理由があります。それは3年間に及ぶ仕事の経験です。

3年仕事に取り組むという経験を踏めば、その経験と照らし合わせることで他の仕事に対してもより冷静に、客観的に理解できる一定の素地が備わったと考えることができます。

そのため、3年前であれば隣の芝生感覚で良さそうに思えていただけの仕事についても、シビアに自分が興味や熱意を持って取り組めるかについて冷静に判断できますので、浮ついた仕事の選択や羨望となりにくいからです。

しかしながら、繰り返しとなりますが、本当にその仕事がやりたいことなのか、また現職を辞めてその仕事へ就くために転職することを決して後悔しないか、自身に確かめておくことが大切であることは言うまでもありません。

現状を(人生の舞台)を変えたいと思うか

ribbon-aqua13年たった現在、現在の職場の居心地はどうでしょうか。快適でしょうか。

それを自分に尋ねてみて「YES」であれば無理に転職を考える必要はありませんが、「YES」であったとしてもそれが「ぬるま湯」のように感じている人もいるかも知れませんね。

決して大きな不満がある訳ではない、むしろ職場は快適だがこの環境にずっといたら自分があまり成長できない、人生も充実できそうにないともし思えるのであれば、転職という選択を真摯に考えてみる価値は大いにあると言えます。

職場環境に馴染むこと、職場の居心地が良いことは人生にとって大切な要素ですが、同時にそれは自分を甘やかすことになったり、変化することを避けようとしたりする自分を作ってしまう可能性も秘めています。

そうした自分を作りたくない、現状に甘んじる自分は嫌だ、現状を変えたい、チャレンジしたいと真摯に自分が望むなら、その真摯な気持ちを大切にし、思い切って現職から飛び出し、新しい世界で活躍することも大いに検討すべきだと言えます。

「とり三」が正しい判断であったかどうかはともかく、三年間現在の会社で仕事に取り組み、頑張ってきたことは揺るぎようのない事実です。

その結果、間違いなく3年前には身についていなかった仕事に対する経験や実績に裏付けられた見方、考え方も培われてきたはずですので、そのことに自信を持つことが大切です。

自信を持って自分と向き合い、自分に正直に答えることを前提として導き出した答えなら、その答えに自信を持ってください。それが転職を考える場合に最も重要なことだからです。

★こちらのページもよく読まれています!