税理士に対する中途採用では毎年大変堅調なニーズがあります。

しかしながら、税理士の求人数は時期によって大きく様変わりします。

税理士業務にはほぼ共通した繁忙期等があり、こうした時期的要因が税理士の求人件数と大きく関わってくるからです。

ではどの月が税理士にとって転職のベスト月となるのか、また税理士が転職する場合にオススメの転職エージェントはどこなのか、ランキング形式でお伝えして参ります。

ご存知ですか?税理士の繁忙期と絶好の転職月の関係

税理士の繁忙期とは

冒頭でもお伝えしたとおり、税理士の最適な転職時期は税理士の繁忙期と大きく関わります。

では税理士業務の繁忙期とはいつなのでしょうか。

・年末あたりから徐々に忙しくなり3月から5月にかけてが最大のピーク

税理士の繁忙期は12月から5月約半年に及ぶという見方もあれば、3月から5月の3ヶ月間が繁忙期とする見方もあります。

結論としてはどちらも正しいと言えます。

12月は年末調整のシーズンであり、1月は償却資産の申告期限月です。

2月中旬から3月にかけて個人事業主を中心とした確定申告のピークとなり、3月下旬から5月にかけては3月末決算の法人企業の申告業務がピークを迎えることになります。

税理士事務所によっては業務の集中を避ける目的で、3月決算以外の法人企業との取引に力を入れている税理士事務所なども増えつつあります。

従ってどの税理士事務所も従前ほど3月から5月がピークとまでは言えなくなりつつありますが、依然として3月決算の法人企業が多いのは事実です。

従って繁忙期については

”法定手続きが続く「12月から5月にかけてが繁忙期」であり、3月決算の法人企業を多数抱える税理士事務所にとって「中でも特に忙しい時期が3月から5月」”

とまとめることができます。

税理士事務所の求人が増えるのは8月だが・・・

12月中旬頃から5月末にかけての繁忙期は税理士事務所側が面接対応や採用後の研修、業務引き継ぎなどにじっくり時間を割ける余裕がありません。

そのため、繁忙期は税理士の求人が積極的に行われない時期となります。

では6月から11月にかけてはどうかと言いますと、税理士事務所は6月からじっくりと応募者の選考や採用に取り組める余裕は生まれますが、6月、7月については求人数はそれほど増加しません。

なぜなら6月、7月は8月に行われる税理士試験に向けて直前の追い込みシーズンにあたり、科目合格者が就職活動を控えるためです。

その結果、科目合格者を含めた税理士求人が急増するのが「8月」となります。

8月の試験を終えて手応えがあった科目合格者が就職活動に乗り出してくるため、この期に合わせて多数の税理士事務所が求人をかけることになります。

従って8月は税理士の皆様にとって転職しやすい月であることは間違いありません。

しかしながら8月が年間で一番の転職月とまでは言えません。

その理由は二点あります。

一つは税理士試験から開放された科目合格者が一斉に就職先を探し始めるのが8月であるため、求人も多いが求職者数も大変多い月であること。

二点目は8月が求人シーズンであることを税理士事務所も知っており、人材の奪い合いになりやすいこの時期を避けて求人を行おうとする税理士事務所が徐々に増えつつあるからです。

転職のベストシーズンは「11月」・その理由は?

では8月以上に転職に望ましい月はいつかですが、それはズバリ「11月」です。

税理士事務所は12月の後半あたりから徐々に忙しくなることから、忙しくなる前に人材確保すべく、税理士事務所が求人をかける二番目のピークが11月に到来します。

しかも繁忙期突入直前という時期であり、求人を出している税理士事務所側も繁忙期までに採用を終えたいという切迫性が高いため、良い採用条件を獲得しやすいからです。

また、11月であれば、仮に翌月まで転職活動が長引いたとしても求人はまだありますので、慌てずに就職先を選ぶこともできるからです。

11月より12月の方が求人は多少減るものの、12月前半までは多忙ではないため、ギリギリまで税理士の獲得に動く税理士事務所の求人が12月前半までならかなりあるからです

従って、税理士の皆様のベスト転職月は11月であり、二番手として望ましい転職月が8月となります。

税理士の皆様へ超オススメの転職エージェントランキング

多忙な税理士の皆様が転職活動を行う場合、ご自身で転職求人サイトを使って求人を探す方法は決して効率的とは言えません。

待っているだけで求人企業の紹介を得られ、手厚い転職サポートも受けられる転職エージェントを利用することがオススメです。

数ある転職エージェントの中で、税理士の皆様へ特にオススメのエージェントは次の3社です。

1位:マイナビ税理士


学生時代にお世話になったという方も多いと思われますが、マイナビ税理士は就職情報サービスの二大巨頭の一社であるマイナビ社が税理士専門で転職支援行っているエージェント事業です。

従って事業者としての信頼性や実績、経験は申し分ありません。

マイナビ税理士の特徴ですが、一番はキャリアコンサルタントの資質が高いことです。

マイナビ税理士は税理士業界に精通し、尚且つ転職支援で豊富な実績を有する、マイナビ社の中でもベテランの専任コンサルタントが、税理士の皆様に対してプロフェッショナルな支援やサービスを提供します。

また、マイナビ税理士のもう一つの特徴は大手企業にありがちな良く言えば合理的、悪く言えば機械的なサービスとならないよう利用者満足度を重視していることがあげられます。

つまりプロフェショナルなサービスだけでなく、細部まで行き届いた人間味のあるサービスを提供することも同社は徹底しています。

もう一つ特徴をあげるなら、マイナビ税理士を利用している求人企業の充実ぶりです。

BIG4を初めとした大手税理士事務所から中小に至るまで、非公開案件を中心に多数の求人企業数を誇っているのもマイナビ税理士の強みと言えます。

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントはマイナビ同様、就職・転職情報で日本でNO.1の規模を誇るリクルートグループが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントの一点目の特徴は、非公開求人数13万件以上という求人件数の豊富さにあります。

転職エージェントが紹介できる求人企業は、転職エージェントと取引をしている企業に限られます。

いくら8月や11月に税理士の求人数が増加しても、求人企業が転職エージェントと取引しなければ転職エージェントが紹介できる求人数は増加しません。

リクルートエージェントは「リクルート」という抜群のブランド力を誇るため、求人企業からも絶大な信頼を得ています。

転職エージェントの比較アンケートで明らかになりましたが、税理士事務所に限らず、求人企業が転職エージェントを利用する場合に真っ先に検討するのがリクルートエージェントです。

しかし、紹介できる求人件数が多くとも転職が実現しなければ転職エージェントを利用する価値はありません。

その点でもリクルートエージェントなら心配無用です。

リクルートエージェントの二点目の特徴は転職実績が高いことです。

同社は転職成功実績日本一(2012年実績/株式会社インテージ調べ)を誇っています。

つまり求人数件数のみならず、転職成功数でも日本一という確かな結果を出している転職エージェントがリクルートエージェントなのです。

3位:JACリクルートメント

JACリクルートメントはマイナビやリクルート社ほどの知名度はありませんが、決して両社にひけをとらない、業歴28年以上を誇る優良転職エージェントです。

品質の高いエージェントサービスと、同社が特に得意としているハイクラス層の高い転職成功実績を背景に、毎年6万人以上が利用する大手転職エージェントとして成長を果たしています。

JACリクルートメントの特徴は500名以上に及ぶ、専門職に強い業界専任のコンサルタントがその知見を活かしてプロフェッショナルな転職支援サービスを提供してくれることです。

税理士の方々をお世話するのは勿論税理士、会計事務所専門のコンサルタントです。

転職という観点から業界を知り尽くしたプロのコンサルタントが税理士の転職コンシェルジュとして、求人企業の紹介から入職条件の交渉、更には現職の退職サポートに至るまで懇切丁寧なサービスを行ってくれます。

そうしたプロフェッショナルなサービスが税理士をはじめとしたハイクラス層の方々から高く支持され、同社は92%以上という高い利用者満足度を獲得しています。

また、求人件数も常時1万5千件~2万件と充実。

しかも年収800万以上等、高年収条件の求人が狙える好条件の求人が多いことも同社の魅力です。

転職を通じて年収アップを狙いたいという税理士の皆様には特にオススメの転職エージェントです。