20歳の方が転職する場合に知っておきたいこと・注意点などを徹底解説

20歳

20歳で社会人として働いていて、違う仕事に転職したいと考えている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、20歳の方が転職する場合に知っておきたいことやおすすめの職種、転職成功のポイントなどについて解説します。

転職の悩みを解決するために、本記事をぜひ参考にしてください。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]業界トップクラスの求人数&転職者満足度No.1!公式HP
リクらく職歴学歴一切不問!徹底サポートで内定率90%以上!公式HP
ビズリーチハイクラス層に特化した転職サイト公式HP

転職についての考えを先輩たちに聞いてみた

20歳の社会人の場合、転職が初めてで「仕事を変えるのが早すぎる」ということを悩んでいるのではないでしょうか?

そんなときは、誰かに転職の話を聞いてみたいですよね。

そこで、20代で転職を経験した先輩社会人が転職についてどのように感じ、考えているのかをまとめました。

初めての転職は入社してから何年目?

調査会社のインターネットリサーチが全国の20~39歳の公務員・会社員113人を対象に「転職について」の調査を行っています。

そのなかで「初めて入社した会社を辞めたのは、入社何年目か」を聞いたところ以下のような結果となりました。

入社1年目17.7%
入社2年目23.0%
入社3年目25.7%

入社してから3年以内に会社を辞めた経験がある人は、全体の約66%にも上ることがわかっています。

厚生労働省によれば、新卒で入社した社員の約3割は3年以内に退社しているといわれているのですが、この結果を見れば納得できるはずです。
本当ですね。

とりあえず3年働かないとダメですか?

一度就職したら3年は続けないといけない、といったことを聞いたことがあるかもしれません。

ですが、実際には新卒入社3年以内に退社している人が多いなかで、転職経験者はどう考えているのでしょうか?

「転職するならとりあえず3年働いてからだと思うか」という質問に対する回答は以下の様になりました。

そう思う28.3%
どちらかといえばそう思う31.9%
どちらかといえばそう思わない16.8%
思わない23.0%
3年働いてからの方がいいと答えた人が、約60%に上ることがわかりました。
あれ、さっきの結果からすれば意外だな…。

では、どうしてそのように考えるのかを見てみましょう。

3年働くべきと考える理由

転職するなら3年は働くべきと答えた人は、以下のような理由を挙げています。

  • 仕事が身につくのに3年はかかる
  • 「石の上にも3年」といわれているから
  • 3年働くとメリットがあるから
  • 次に転職に有利になる

最も多かった意見が、「仕事が身につくのに3年はかかる」というもの。仕事をこなせるスキルを身につけてから転職した方がいいと考えている人が多いようです。

また、一般的にそういわれているからといった意見や、退職金・有給休暇などメリットが多いという意見もありました。
なるほど…。

3年働かなくていいと考える理由

では、3年働かなくてもいいと答えた人は、どう考えているのでしょうか?

  • 無理をして働き続ける必要がない
  • 適性のなさや社風との相性の悪さを感じたら辞めればいい
  • 転職の機会を逃さない方がいい

「無理をしてまでその会社で働き続ける必要はない」というのが最も多い結果となりました。心身ともに無理をするなら転職してもいいという考え方のようです。

若いうちは転職しやすいので、そのチャンスを逃さない方がいいという意見もありました。
確かに、年齢を重ねるほど転職は難しくなっていくので、理にかなった意見といえますね。

結局3年働くかどうかは自分の判断

転職経験者の多くが、「入社してから3年は働くべき」と考えていながらも、実際には「入社3年以内に退社している」ということがわかりました。

この結果からは、3年働くかどうかは自分の判断で決めているということがわかると思います。

転職する場合、一定の職務経験や業界経験が条件となることがあり、そのような企業に転職する際は、不利になることがあるでしょう。

しかし、仕事の経験からどのようなスキルを得たのか、どんな成果を残してきたのか、ということを重視されるケースもあるため、一概にどちらがいいとは言い切れないものです。

そのため、自分にとって転職が必要かどうかをしっかり考えて判断することが大切になります。

20歳のうちに転職したほうがいいのは転職の難易度が関係するから

20歳での転職は早すぎるといった見方があるのは事実です。しかし、20歳という若い年齢のうちに転職したほうがいいという見方もあります。

その理由は、年齢を重ねるほど転職の難易度は上がっていくということ。そして、20代の転職は制約が少なく、さまざまな業界に転職しやすいこということが関係しています。

ここでは、20歳の転職のしやすさに着目して解説していきます。

20代前半なら転職は難しくない

20代前半で転職するのは、実はそれほど難しいものではありません。

というのも、経歴や社歴よりも、ポテンシャルに期待した採用活動が行われることが多いからです。

また、20歳の若い人材は、前社の文化に染まっていない場合が多いもの。新しい仕事を覚えやすく、採用した後に長く働いてくれる可能性があるので、企業側にも採用のメリットが大きくなるのです。

そのため、20歳は転職しやすい年齢といえるんです。

20歳なら未経験の業界へも転職可能

また、20歳という年齢は、未経験の業界にも転職しやすいといえます。

これも、20歳が持つポテンシャルを重視した採用が行われることが多いためです。

20歳とはいえ社会人経験があるため、一定のマナーやビジネススキルを身につけていることも考えられます。

そのため、企業側は新卒社員ほど教育コストを掛けることなく、戦力として育てられる可能性があります。

20歳なら、未経験業界でも採用するメリットが大きいわけです。
実は転職するチャンスが広がっている年齢というわけか。

20歳でも転職が厳しいケースが存在する

ただし、20歳でも転職することが難しいケースもあります。

具体的には以下のような場合です。

  • 転職理由があいまいである
  • 面接対策が不十分である
  • すでに複数回の転職を経験済み
  • 結婚や出産を前提に転職を希望している

基本的に「転職活動」と「就職活動」は違います。社会人としてどうして転職しようと思ったのか、そのためにどんな企業の応募するのか、どの企業でどのように働きたいのか、といったことを明確にしておかなくてはなりません。

そのため、転職理由があいまいだったり、面接でうまく応えることができなかったりすると、選考に通過できない可能性が高くなります。

また、20歳ですでに何回か転職していると、本人に何か問題があるのではないかと懸念されるので、採用を敬遠されることがあります。

さらに、結婚や出産などのライフイベントに備えた転職であることがあからさまな場合も採用されないことがあります。

入社してすぐに休職されても企業は困りますからね。また、入社して1年以上経過していないと産休や育休は取得できない場合もあります。

20代後半になると20歳より転職は難しい

20代後半になると、未経験職への転職が少しずつ難しくなってくる、ということも理解しておきましょう。

一般的に未経験職への転職には3つの種類があります。

  1. 違う業界の同じ職種に転職する
  2. 同じ業界の違う職種に転職する
  3. 違う業界に違う職種に転職する
異業界・同職種への転職は、20代では頻繁に行われているため、それほど難しいものではありません。また、同業界・異職種への転職は、少し難易度がアップします。

ただし、業界も職種も変える転職の場合、年齢を重ねるにつれてどんどん難しくなってきます。

その理由は、より若い人材を採用しているほうが、メリットが大きいからです。

そのため、キャリアをイチからやり直すのであれば、できるだけ若いうちに決断したほうがいいということになります。

20代後半で未経験職へと転職する場合、年収もダウンしてしまう可能性があるので、要注意です。

20歳での転職の注意点

20歳という年齢では、転職は比較的容易ではありますが、安易に転職してしまうのは避けるべきです。

ここでは、20歳での転職の注意点について解説します。

安易に非正規社員を選んではいけない

20歳で転職する場合、正社員以外にも選択肢があります。フリーターや派遣社員といった非正規社員と呼ばれるものです。

ただし、明確な目的がある場合を除き、安易に非正規社員を選択するのはいけません。

その理由は、正社員と非正規社員では生涯賃金に大きな差が生まれるからです。

厚生労働省が発表しているデータによれば、正社員の賃金を100とした場合の非正規社員の賃金割合は以下のようになります。

年齢賃金割合
20~24歳82
25~29歳80
30~34歳73
35~39歳65
40~44歳55
45~49歳50
50~54歳49
55~59歳52

これを見ると年々賃金の格差が広がっていることがわかります。

50歳では半分になってしまうのか…。
非正規社員では、大きな収入アップを目指すことはできません。基本給がアップしやすく、ボーナスも出る正社員の方が、賃金がアップしやすいのです。

正社員と非正規社員では、生涯賃金で1億円以上の差が出るともいわれていますので、注意すべきでしょう。

正社員として就職したいならできるだけ若いうちに

正社員として仕事に就きたいのであれば、できるだけ若いうちに転職活動を開始しなければなりません。

先述している通り、年齢が進むにつれて未経験者を採用する求人が少なくなっていくからです。

20歳の人材を中途採用する場合、社歴や経歴を求める企業はほとんどないといっていいでしょう。正社員として転職することも十分可能です。

また、20歳のうちに正社員として転職して経験を積めば、今後の転職にも有利に働きます。そのため、求人が多いうちに正社員に転職しておくとメリットが多くなります。

就職しておかないと周囲からの視線が厳しくなることも

20代も後半に入ってくると、就職していないということから冷ややかな目で見られることも増えてきます。

もちろん、年齢が進むと転職は少しずつ難しくなっていきますので、正社員になりたくてもなれない、といった状況に陥ることもあるでしょう。

20歳のうちは楽観的でいられるかもしれませんが、それは今のうちだけです。

自分のこれからについて真剣に考えないと、将来後悔することになりかねませんので注意してください。
これは気を付けたいですね。

ある程度先のことまで考えること

20歳で転職を考えるとき、どうしても目先の事ばかりが気になってしまいがちです。ですが、転職するのであれば、少し先の将来のことまでは考えておく必要があります。

繰り返しになりますが、年齢によって転職の難易度はどんどん上がっていくからです。実際、「若いうちにこうしておけば」と後悔している人もたくさんいるのです。

そのため、転職する目的やどうなりたいのかなど、自分の将来を想像したうえで転職することが大切です。

20歳で転職するならおすすめできる業種・職種

ここからは、20歳の転職におすすめできる業種や職種について解説します。

20歳では自分のやりたい仕事がまだ定まっていないという人も多いと思います。また、自分がやりがいを感じられる仕事を選びたいという人もいるでしょう。

ここで紹介する業種・職種への転職を考えるのもいいかもしれません。

未経験から挑戦しやすい業種・職種

まず、未経験からでも挑戦しやすい業種・職種から紹介します。

20歳の間はどのような業種・職種でも未経験から転職しやすいといえます。そのなかでも、特に挑戦しやすい職種には以下のようなものがあります。

  • 営業職
  • Webライター
  • Webエンジニア

営業職は未経験からでも挑戦しやすい職種の1つです。各業界でも積極的に未経験者を採用する傾向にあります。

また、営業職としてスキルを身につけることができれば、業種が変わっても通用しやすいので、幅広い業界で活躍することができます。

そして、WebライターやWebエンジニアも未経験から挑戦して活躍している人が多い職種といえます。

未経験者を積極的に採用している企業では、研修制度が充実しているケースも多いので、仕事に必要なスキルをイチから身につけることもできるでしょう。

市場が拡大している業種・職種

次におすすめなのが、市場が拡大している業種・職種です。

今後の成長が期待できるため、安定して仕事に就くことができるほか、収入アップやキャリアアップを見込めます。

その中でも特におすすめなのが、IT業界です。

ITサービスやインターネットサービスは、需要が圧倒的に増加しており、急成長を遂げている企業もたくさんあります。

一方で、需要の拡大に人材の確保が追い付いていないという課題があるため、未経験者も積極的に採用する傾向にあります。

IT業界といっても、先述したエンジニアのような技術職だけではなく、営業職や人事職、経理職、経営企画職などの職種もたくさんあります。
長く安定して働きたいのではあれば、IT業界への転職はありかもしれないな。

人手が足りない業種・職種

次におすすめするのは、人手不足が深刻な業種・職種です。

人手不足であるがゆえに、資格やスキルがなくても幹部候補として採用を行なう企業が多いためです。

また、新卒採用だけでは人材の確保が追い付かないため、積極的に中途採用を行なっているケースも多いのです。

特におすすめなのが、介護業界・飲食業界・建設業界です。職種によっては未経験からチャレンジできるもののあるため、20歳の転職にはおすすめです。

それに、入社後に必要な資格を取得できれば、年収アップも十分期待できます。

自分の時間を確保しやすい職種

現職で多忙を極めている人や、残業が多い人におすすめしたいのが、自分の時間を確保しやすい職種です。

高収入を目指すことは難しいかもしれませんが、プライベートの時間を充実させることができるでしょう。

特に、一般的な事務職や医療事務などは、ノルマもなく残業もほとんどないのでおすすめできます。

事務職を経験してスキルを身につければ、将来的な転職もしやすくなります。
女性にとっては人気の職種ですね。

【状況別】20歳の転職を成功させるポイント

20歳での転職といっても、人によって状況はさまざまです。そこで、状況別の転職を成功させるポイントについて解説します。

高卒20歳の転職を成功させるポイント

まずは、高卒で20歳の人が転職を成功させるポイントから紹介していきましょう。

職歴は気にしないこと

高卒で20歳の人は、転職する際に自分の職歴を気にする必要はありません。

なぜなら、採用する企業は20歳のあなたに豊富な職歴や際立つスキルなどを求めていないからです。

多くの場合が、ポテンシャルを期待した採用となるので、細かいことは気にせず転職活動に挑みましょう。

高卒の20歳でも採用してくれる企業はたくさんあるので、あまり心配しないでください。

何度も転職するのは避ける

20歳で高卒の場合、何度も転職を繰り返すのは避けるべきです。

というのも、若いうちに転職を繰り返してしまうと、その後の転職が難しくなるからです。

2回目、3回目と転職を繰り返すにつれて、企業側の見方も変わってくるため要注意です。

そのためには、転職に失敗しないようすることが大切かもしれませんね。
全くその通りです。

将来を考えて転職する

20歳で高卒の人が転職する場合、将来のことを考えて転職するべきです。

高卒の20歳の人のうち、給与や待遇などに不満を持っているケースは多く、少しでも条件のいい会社に転職したいと考える傾向にあります。

ですが、求人情報に記載されている条件は、入社直後のものでしかありません。そのため、その時は満足できても、その後また不満を感じてしまうことがあるわけです。

そのため、転職数年後のどうなっていたいのかを考え、それが叶う企業を選ぶ必要があるといえます。

目先の事だけではなく、少し先の未来も視野に入れて転職することが大切です。

無職の20歳が転職を成功させるポイント

次に、現在無職の20歳の人が転職を成功させるポイントを解説します。

自分に自信を持って転職活動に挑む

20歳で無職の場合、自分に自信を持って転職活動に挑むことが大切です。

仕事をしていないと自分に自信を持てないかもしれませんが、「若さ」という大きな武器を持っていることを忘れてはいけません。

若いということは、今後の成長を期待できますし、素直を扱いやすいので企業からのニーズも高くなるのです。

仕事に対する熱意や応募したきっかけ、今後どうなりたいのかをしっかりアピールできれば、採用される可能性は大いにあるといえます。

ネガティブな質問に応えられるよう準備する

20歳で無職の場合は、ネガティブな質問に対する返答を用意しておくことも重要です。

あなたが現在無職である以上、その理由について必ず質問されるためです。

  • 高卒で就職しなかった理由
  • 前職を辞めた理由
  • 仕事を続けていけるかどうかの確認 など

このような質問について、明確に答えることができないと、採用担当者からの印象は悪くなってしまうでしょう。

明確な理由をポジティブに回答できるように準備することが大切です。反省していることや、それを挽回したい気持ちが伝われば、採用につながる可能性はあります。

就職や転職のマナーについて知っておく

高校を卒業してから就業した経験がないなら、就職や転職のマナーについて知っておくべきです。

20歳での転職活動は、マナーを知らないことでマイナスの評価を受けてしまうことがあるからです。

ライバルとなるのは、社会人経験者ですから、一定のマナーは心得ておきたいものです。

履歴書の誤字脱字のチェックや年号の統一、黒ペンの使用、面接時の身だしなみ、入退室時の作法などは知っておいた方がいいですよ。
基本的なことですね。

すべての20歳が知っておくべき転職成功のポイント5つ

最後に、すべての20歳が知っておくべき転職成功のポイントを解説します。

いずれも重要なことですので、必ず理解しておきましょう。

今の仕事をつづけながら転職活動を行なう

転職活動は今の仕事をつづけながら行なうのが鉄則です。

なぜなら、毎月の収入が途絶える心配がないためです。

経済的にも余裕を持って転職活動ができるため、希望する転職が実現しやすくなります。

退職してからの転職活動は、不採用が続いた場合に精神的な不安が大きくなるのでおすすめできません。
生活を守ることも大切ですよね。

将来のキャリアプランを明確にしてアピールする

20歳で転職する場合、将来のキャリアプランをアピールするべきです。

転職することでどういった成果を上げたいのか、どうなりたいのかを表明することで、自分のことを客観的に理解していると判断されやすいからです。

面接でも質問されやすいことですので、どのように説明するか準備しておくのが大切ですよ。

面接対策をしっかり行う

転職時には、面接対策をしっかり行うのも大切なポイントです。

内定を勝ち取るためには、面接は避けて通れないものだからです。

先述したようなキャリアプランはもちろん、自分にどんな強みがあるのか、どんな経験をしたのかなど、面接では自分を積極的にアピールすることが求められます。

まずは自己分析を行って自分について把握しておくことが重要です。

転職エージェントを活用する

20歳の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用するようにしましょう。

その理由は、転職の成功率がアップするからです。

転職エージェントでは、担当者との面談を通して応募する企業の紹介や面接対策、採用後のフォローなどの転職支援を受けることができます。

また、ほとんどの転職エージェントは無料利用できます。使わない手はないでしょう。

やっぱり転職には強い味方なんですね。
利用している人も多いですので、必ず登録しておきましょう。

転職エージェントは複数登録する

利用料金は無料のため、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントでは独自の非公開求人を扱っています。複数登録することで、紹介される企業の幅が広がる可能性があります。

また、総合型のエージェントと特化型のエージェントがあり、それぞれの強みがあるのでうまく使い分けると転職が成功しやすくなります。

複数登録することには何の問題もありませんので、気になるエージェントはどんどん登録しましょう。

20歳の転職を必ず成功させよう!

今回は20歳の転職について解説しました。20歳は転職しやすい時期です。

本記事を参考にして理想の転職を実現させましょう!