7

転職における年代別の傾向をみた場合、20代は転職がとても上手くゆく場合と明らかな失敗に終わる場合の明暗が特についきやすい年代と言われています。

ではなぜ20代の方々の転職は明暗が分かれやすいのでしょうか。

転職ナビ

今回は20代転職者の失敗例を中心に転職の明暗が分かれる理由や失敗しないための対策を探ると共に、それらを踏まえた上で、20代の方々に特にオススメしたい転職サイトをランキング形式でご紹介することに致します。

20代で就職、転職に失敗してしまう例とは

8

冷静な分析より感覚や感情を優先してしまう

20代は社会経験や職務経験が不足している状況にあり、そうした経験不足からか、仕事や会社をまだまだイメージや雰囲気、知名度、あるいは憧れといった感覚や感情だけでとらえる傾向が強くなりやすい特徴があります。

転職ナビ

そのため、冷静で客観的な職種や業界分析が不足しがちとなり、その点を採用面接の場面で突っ込まれて落とされたり、仮に転職できたとしても「実際のイメージと違った」となってしまったりすることで、転職したことを後悔する方が生じやすくなります。

対策とポイント

20代は独り善がりの転職活動に陥りやすいので、冷静に転職活動を行うためにも転職エージェントを活用することをオススメします。

数多くの転職志望者と接してきた経験を持つコンサルタントからのアドバイスに耳を傾けると共に、エージェントが提供している適職診断などを活用して、客観的に自分の適性を探る努力が重要です。

学ぶことや謙虚さを失っている

20代は特に異業種や未経験の職種へ転職する場合に「有利」と言われますが、その理由はおわかりでしょうか。

この理由はシンプルです。

企業側は20代なら新しいことに対する吸収力が高いであろうし、また、業務経験が乏しいからこそ前職での経験が新しい仕事を覚える上での邪魔にもならないであろうといったことを考慮し、採用しているからです。

転職ナビ

にも関わらず、学ぶことや謙虚さを失い、一人前に扱って欲しいという思いが強い20代の方は企業側の求人ニーズにマッチしないため、転職が上手くゆかなくなります。

対策とポイント

企業側の求人ニーズを踏まえ、謙虚な姿勢で転職活動や各企業の採用面接に臨むことが何より大切です。

また、多少不本意なことかも知れませんが「即戦力」として期待されている訳ではないという自覚も大切です。

即戦力として無理に背伸びしようとせず、「一から新人として学ぶ」ことを重視している姿勢を求人企業側に示すことが対策のポイントです。

経験が乏しいことを必要以上に気にして、ネガティブに考えてしまう

謙虚さを失って背伸びをしてしまう20代がいる反面、特に新卒時の採用試験で失敗した経験を持つ20代に特に多く見られるのが、過度に自分に対する自信を失ってしまい、物事をネガティブに考え過ぎてしまう20代の方々です。

転職ナビ

そのような方々は負のオーラが強く、そうした雰囲気やオーラは求人企業側に伝わってしまうため、なかなか転職で思うような結果を出すことができなくなります。

対策とポイント

自分だけで自信回復を図ることはなかなか難しいものです。

そこで転職エージェントを利用したり、転職サイトの適職診断や性格診断を通じて客観的な自分の「長所」や「適性」を探ったりすることです。

また、友人、知人でも構いませんので、第三者からみた場合の「自分の長所や良さ」を数多く指摘してもらうようにすること、要は第三者の力を借りて自信回復に努めることが重要です。

20代転職志望者に特にオススメしたい転職エージェント・サイトランキング

では20代で転職を検討している皆さんはどのような転職サイト、あるいは転職エージェント(無料で個別に求人企業の紹介を行ってくれたり、マンツーマンで転職支援を行なってくれたりするサービスを提供する事業者のこと)を利用すべきなのか、ランキング形式でご紹介することにします。

1位:ハタラクティブ

%e3%83%8f%e3%82%bf%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96

20代の皆さんへ最もオススメしたい、ランキング1位の転職エージェント・サイトは「ハタラクティブ」です。ハタラクティブは20代中心の転職支援サイトであり、しかも職種や業界未経験者はもとより、現在派遣やフリーターで正社員での勤務経験がないという20代、更にはニートであるという20代も支援対象者として手厚い就職、転職支援を行っている、頼りにできる転職エージェントです。

つまり単に20代を主要な対象にしているからではなく、20代で様々なハンディを抱えた人に強い転職エージェントということで1位に選ばれました。

ハタラクティブの評判

「フリーターから正社員として転職できた!」(20代・女性・埼玉県)
女性「私は新卒採用で失敗して、大学を卒業してからずっとフリーターの身分でした。そのため、正社員になることはもう無理だろうと諦めていたのですが、そんなある時、フリーターでも転職をバンバン成功させている転職エージェントとしてハタラクティブのことを知り、ダメもとのつもりでお世話になることにしました。

ハタラクティブを利用して一番良かったことは、担当者の方が熱心に「自信を持つよう」励ましてくれたことです。

その担当者のおかげで失っていた自信を取り戻すことができ、その自信と勢い(笑)で無事希望していたあるメーカーの事務職へ正社員として就職することができました。
自信を失いかけているという20代の皆さんには、ぜひともハタラクティブをオススメしたいですね。」

bn01

2位:マイナビジョブ20′

jyobu

就職や転職サイトでおなじみの「マイナビ」が、20代の転職支援サービスに特化して取り組んでいる事業サイト・エージェントが「マイナビジョブ20’」です。マイナビジョブ20’の強みは何と言っても、日本最大級の求人サイトと言える「マイナビ」が築いてきた実績と求人企業からの信頼、更にはノウハウをふんだんに活用した求人企業紹介や転職サポートを受けられる点にあります。

つまりマイナビジョブ20’なら大船に乗ったつもりで転職活動に専念できますので、その点を高く評価し、今回2位と致しました。

マイナビジョブ20’の評判

「たくさんの求人情報を紹介してもらえ、スムーズに転職が実現できた」(20代・男性・大阪府)
男性「20代の転職は中途採用としては半端な経験しかないので、意外と苦戦すると知人の転職者から聞いていました。

そこで、大手であるマイナビジョブ20’を利用することにしました。転職エージェントが大手なら求人企業からの信頼も厚いであろうし、経験と実績が豊富な点も良いと思ったからです。

そんな目論見は見事に的中して、マイナビジョブにはマイナビ独占求人、つまり他の転職エージェントは紹介できないマイナビだけが抱える求人情報が豊富にあり、そうした求人を多数紹介してもらうことができ、無事転職を果たすことができました。」

bn01

3位:リクナビNEXT

service_rikunabinext_img01

就職といえば誰もが知る企業がリクルートですが、そのリクルートグループ企業が運営しているのが「リクナビNEXT」です。リクナビNEXTは20代専門ということではありませんが求人件数が1万件を越えていること、また、第二新卒の就職・転職情報においては業界一といって良いぐらい圧倒的な強みを誇っていること、何よりリクルートグループのバックアップや転職支援を受けられることなどのメリットがありますので、今回第3位となりました。

リクナビNEXTの評判

「新卒時の就職失敗のリベンジを果たすことができた!」(20代・男性・千葉県)
男性「新卒時は第一志望どころか第二、第三志望の企業へも就職できず、かなり妥協を強いられた就職となってしまいました。
そのため、自分に対する自信を失っていましたが、リクナビNEXTの様々な特集記事や転職を成功させるためのノウハウ記事に目を通している内に、だんだんと自信が回復し、意欲を持って転職しようという気持ちにもなれました。

また、リクナビNEXTはリクルートグループが運営しているだけあって、求人件数が豊富なだけでなく、かなり熱心な誘いを前提としたスカウトメールも頻繁に届くようになり、どの企業へ転職するか悩んでしまうぐらいの状況になりました。

その結果、新卒時の就職のような妥協の賜物ではなく、相思相愛の納得できる転職を実現することができました。
これでようやく新卒時の失敗を取り戻すことができたと、転職には心から満足できています。」

bn01
★こちらのページもよく読まれています!

転職情報&NEWS

転職NEWS

転職する際に一番優先させたい、譲れない条件は、年代別でこうも違う?
20代の方が転職するときに優先させるべきポイントの押さえ方も紹介しています。
各世代の方々に読んでいただきたい新着記事はこちら
転職の最優先条件は給与?待遇?勤務地?各世代別で調査してみた