近年日本は空前の転職ブームなどと言われていますが、転職は転職年齢と大きく関わってきます。一定の年齢に達していなかったり、逆に一定の年齢を超えていたりすれば転職市場のにぎわいに関係なく苦戦するものです。

では具体的な年齢として「25歳」、「26歳」の方が転職する場合には、どのようなことが言えるのでしょうか。「25歳、26歳は転職に不利」、「いや最も旬の年齢だ」などなど、最も見解がわかれる年齢が25歳、26歳です。

そこでこの記事では憶測などに基づかず、政府調査の統計データや調査結果に当サイト独自のアンケート調査や他の転職サイトでの調査結果なども加味し、科学的な見地から25歳と26歳の転職事情を紐解いて参ります。

25歳、26歳で転職を検討している方々必見の記事です!

25歳の転職率と転職理由ランキング

25歳の転職率から確認してゆくことにしましょう。

厚生労働省が実施している雇用動向調査を基礎データとし、当サイトにおいて実施した調査データを加味したところ、25歳についてはおよそ次のような数値になることが判明しました。

25歳の転職率

男性 16.1%
女性 12.7%
平均 14.4%
女性

転職率の高さ=転職意向が高い年齢とは必ずしも言えない

転職率の全年代での平均値は10%前後です。

全年代の平均値と比較すれば25歳は男女ともに転職率が高いと言えます。

ただし全年代との比較結果から、25歳が他の年代より転職を望む割合が高いと見るのは早計です。

冒頭でも伝えたとおり、例えば60歳を超える高齢者や20歳未満といった年代は仮に転職を望んだとしても転職市場での求人ニーズが低く、転職自体が難しいという事情もあるからです。

従って転職率の高さから、転職に最適な年齢かどうかはともかく、転職を比較的実現しやすい年齢であることは間違いないと言えそうです。

転職理由ランキング

次に25歳の転職理由をランキング形式(上位ベスト5)で確認してみましょう。

(25歳の転職理由ベスト5(厚生労働省による調査結果に当サイト独自の調査結果を加味))

1位:年収が低かったから 17.4%
2位:ほかの仕事に関心が高まったから 16.5%
3位:長時間残業や休日が取得できないなど労働条件が悪かったから 14.6%
4位:仕事に意欲や興味を持つことができなかった 7.1%
5位:勤務先に対する将来不安が大きかった 8.0%
女性

年収と労働条件への不満が強い

25歳の方が転職した理由のナンバーワンは年収に対する不満です。

日本企業は良くも悪くも年功序列型の賃金体系が根強く、25歳であればどんなに活躍しても年配の先輩社員の年収を上回ることは難しい状況にあり、こうしたことが転職の大きな動機につながったと見られます。

続いて25歳の方が転職に踏み切った理由の二番目は、他の仕事に対する興味や関心が高まったことです。

3位から5位の結果に反映されているとおり、現職に対する否定的な理由の選択肢もある中で2位となっていますので、文字通りチャレンジしてみたい仕事が見つかったという前向きな理由として受け止めて良さそうです。

26歳の転職率と転職理由ランキング

同様に26歳についても転職率、転職理由をそれぞれ確認してみましょう。

26歳の転職率

男性 17.8%
女性 14.6%
平均 15.9%
女性

転職率の上昇が確認できる結果

26歳の転職率では男性が17%を超え、女性は14%を超える結果となっています。

25歳との比較分析などは後ほど別のコーナーで行いますが、推移としてみた場合には26歳で更に転職率がは上昇したことになります。

転職率が上昇した理由として、単に転職志望者が増えただけではなく、25歳より更に転職しやすくなったことも要因の一つと考えられます。

転職理由ランキング

続いて26歳の転職理由です。

1位:年収が低かったから 18.8%
2位:会社の評価に不満を感じたから 17.1%
3位:長時間残業や休日が取得できないなど労働条件が悪かったから 15.2%
4位:ほかの仕事に関心が高まったから 13.8%
5位:勤務先に対する将来不安が大きかった 9.1%
女性

・会社の人事評価に対する不満の高さが要因として浮上

26歳の転職理由は25歳と同様に年収に対する不満が1位でした。

次に「会社の評価に不満を感じたから」という理由は25歳の転職理由では見られなかった選択肢ですが、第2位でいきなり登場しています。

この理由が第2位になったのは26歳という年齢が大きく関係していると見られます。

26歳という年齢は現役の大卒入社なら、入社4年目というキャリアです。

最初の3年程度は仕事を覚えるのに四苦八苦し、自分の評価が少々低かったとしてもそれほど気にならなかったかも知れませんが、さすがに4年目に入ると仕事に多少自信を持てるようになり、同時に人事評価に対しても大変気になってくる頃と言えます。

ところが26歳で会社から高い評価を得られるのは中々難しいことから、会社の評価に不満を抱き、転職に至ったと考えられます。

25歳と26歳の転職事情を男女差比較(理由や基本対策を分析)

25歳と26歳の転職率や転職理由はご紹介したとおりの結果でしたが、今度は男女の違いに着目した上で25歳と26歳の転職事情を比較分析してみましょう。

25歳・男女差比較:「年収」と「ほかの仕事への関心」が動機の違い

25歳の転職率では

男性 16.1%
女性 12.7%

となっており、男女間で約3.5%ほどの差があります。

この差が大きいと見るか小さいと見るかは見解が分かれる点でしょうが、繰り返しお伝えしているとおり、この差を単純に男性の方が女性より転職希望者が多いとみなすことは適切と言えません。

25歳に限った話ではありませんが、男女での「転職のしやすさ」の違いもこうした率に反映したと見たほうが妥当でしょう。

また、転職理由では1位が年収への不満でしたが、男女別で確認したところ男性と女性で1位と2位が逆転します。

僅差ですが女性は「ほかの仕事に対する関心」が1位となり、年収への不満は2位となっていました。

男性にとって年収は生活上必要なものだけでなく、自分に対する社会的評価になることや将来家族形成をする場合には自分が屋台骨になる必要があることから、年収には女性以上に関心が高まらざるを得ないと言えます。

一方女性は男性ほど将来に対するプレッシャーが高くないことと、年収以上にどんな仕事に取り組んでいるかで社会的評価が左右される傾向が強いことが、こうしたランキング結果に反映されたと見られます。

転職を前提とした場合の基本対策(男性):自分の資質や強み、人間性の棚卸し

25歳の男性が転職に臨むと仮定した場合に、最も重要な対策とは何でしょうか。

それはずばり「自分自身の資質や強み、人間性などの棚卸し」です。

25歳は年齢上豊富な業務経験を誇れる年代とは言えません。転職を通じて年収をアップさせたいのであれば、業務経験不足を補える自己アピールが必要になってきます。

業務経験以外で自分を売り込むとすれば、自分自身の資質や能力以外にはありません。その点が曖昧であれば転職市場で勝ち残ることは困難です。

各種診断テストなどを活用しつつ自分自身の能力や人間性の棚卸しを徹底的に行い、自分のセールスポイントを正確に把握することが何より重要と言えます。

転職を前提とした場合の基本対策(女性):関心のある仕事への徹底した調査や自己分析

25歳の女性が「ほかの仕事へ転職」したいと考えるなら、当然のことながら「ほかの仕事」への徹底した調査が欠かせません。

また、調査だけで終わってはいけません。

ほかの仕事をよく調べたなら、ほかの仕事に対する自分の適性がどうか自己分析が必要です。

浮ついた興味や関心だけで「ほかの仕事」に関心を抱いている訳ではないこと、徹底した調査と自分の適性分析を行った上で転職に臨もうとしていることを求人企業へアピールできるようになることが大切です。

26歳・男女差比較:共に年収に対する低さが主な転職理由

26歳の男女別転職率の差は約3%強で男性の方が高く、女性の方が低いという結果であり、25歳とほぼ同様な傾向となっています。

また、25歳との比較で言えば男女とも転職率が上昇している点があげられます。

この結果からも、26歳は25歳より転職しやすい年齢と見ることができます。

一方転職理由ですが、男女とも1位の理由は「年収の低さ」でした。

続いて2位の転職理由は

男性

・男性:会社に対する評価への不満

だったの対し

ポイント 女性 右

・女性:ほかの仕事への関心

となっていました。

転職を前提とした場合の基本対策(男性・女性):現職の棚卸しが重要

基本対策をあげるなら26歳も男性・女性ともに25歳の対策同様自分自身の棚卸しを行うことです。更に、26歳の方が転職する場合に男女ともに取り組んで欲しい対策があります。

それは「職務経歴の詳細分析」です。

25歳と比較した場合、職務経歴上の違いはわずか1年しかありません。

しかしながら25歳も26歳も仕事面では伸び盛りの年齢です。この年齢での1年の違いは仕事面に対するスキルや知識、経験値の上昇という点でかなり大きな違いが生じます。

それだけに自分自身の棚卸しだけでなく、現職でどのような仕事に取り組み、どんな経験を積んだか、どんなスキルを身に着けたかについても徹底的に棚卸しを行い分析することが、転職を成功させる上で不可欠な取り組みと言えるのです。

25歳・26歳の転職は学歴や職歴で転職の難易度は変わる

次に25歳・26歳が転職する場合の「難易度」について目を向けてみることにします。

転職難易度は「年齢」だけでなく、このコーナーの見出しのとおり「学歴」や「職歴」も大きく影響してきます。

では具体的にどんな影響があるのか、学歴から確認してみましょう。

学歴が「高卒」という25歳・26歳の場合:一般的には不利

学歴が「高卒」という場合、「学歴」だけで評価するなら転職市場では大卒より不利になってしまうのは事実です。

求人要項で「大卒以上」と指定されている場合には自動的に対象外となってしまいますので、単純に言えばその分転職先候補が減ることになるからです。

ポイント 女性

そこで高卒という学歴上のハンディを克服したい場合には、転職サイトではなく転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントなら、転職エージェントが仲介役として求人企業側へ個別に求人条件の交渉を行うことができます。

その結果、求人要項の条件では「大卒以上」となっていたとしても、転職エージェント側の働きかけによって例えば「優秀な人材なら高卒でも構わない」と求人企業側の意向を変えることも可能になってくるからです。

学歴が「大卒」の25歳・26歳の場合:キャリア不足の克服がカギ

学歴が大卒となった場合、求人企業側の「大卒以上」という条件をクリアできますので25歳、26歳であっても高卒よりは有利になります。

ただし大卒の一番のネックは「キャリア不足」です。

25歳なら現役での入社でも約3年、一浪や一留経験者なら約2年の業務経験しかないことになります。

転職市場、即ち中途採用の基本ニーズは即戦力にあります。

戦力として活躍していた社員が抜けた穴をふさぐために行うのが中途採用ですから、即戦力が求められるのは当然のことなのです。

多くの職種は10年でようやく一人前と言われるものばかりですので、2~3年は勿論、26歳で4年程度であったとしても職務経験としては十分と言えません。

ポイント 女性

そこで有効な対策となるのは、大卒者もやはり転職エージェントを利用することです。

豊富な職務経験がないハンディを克服するには、転職支援のプロによるサポートやアドバイスが重要になってくるためです。

ただし「ブラック企業勤務」なら強みにできる!

先程述べたとおり3年程度の職務経歴では通常高く評価されることはありませんが、ただし、たった3年であってもブラック企業に勤務していたのであれば話は大きく異なってきます。

ブラック企業という過酷な労働環境の中で3年耐えてきたことは、それだけ強い精神力や気力、体力の持ち主である証となるからです。

ブラック企業に3年間勤め上げてきたことは25歳や26歳の経験不足というハンディを解消して余りある評価を求人企業側から得られます。

もし不幸にして現在ブラック企業に勤務しており、転職したいと考えている25歳、26歳の方々はぜひ自信を持って転職活動に取り組んでください。

25歳、26歳の転職の悩みとは?

25歳、26歳の方の転職に対する悩みや不安は学歴や職歴に限りません。

当サイトには求職者の方々から多数の転職に関する不安や悩みを訴えるメールが届きますが、25歳と26歳の方々から寄せられた転職での悩みの中で特に多かった内容を取り上げ、Q&A形式でお答えすることにします。

女性

Q.「転職は初めてではありません。2回目3回目の転職は不利?」

男性

A.25歳、26歳という年齢を考えると2回目や3回目は「やや不利」です。

近年は空前の転職ブームでもあり、求人企業側も1回程度の転職経験なら特に気にするケースは見られなくなりつつありますが、それでも25歳や26歳で転職経験が初めてではないとなるとその点を気にする企業はかなり増えてしまいます。

理由はシンプルで「我が社にも定着できず、また短期間で転職してしまうのでは」という疑念が高まるからです。

例えば20年の勤務経験がある方が転職回数2回となれば10年に1回程度の転職割合ですので、定着率に対する不安も多少和らぎます。

ところが25歳や26歳で転職回数が2~3回となると1社あたりの平均在籍期間が1~2年となりますので、企業側の不安や懸念が一気に高まってしまっても仕方ないのです。

転職回数の不利をはねのけるには良き仲介者を間に挟んで転職に取り組むこと、即ち転職エージェントの利用が不可欠です。

女性

Q.「結婚してます。既婚者は企業側はどう思う(独身より不利では)?」

男性

A.全く心配は無用です。それどころか、有利な場合すらあります。

結婚していることは転職には全く不利にはなりません。

晩婚化がすすみ25歳、26歳で結婚する割合は低下傾向にありますので、既婚者となって家族を形成しようとしている人物には企業側はむしろ積極的に評価してくれる場合が多いと考えて良いです。

なぜなら独身者より身軽ではなく、家族を支えるという使命を抱えているのでその点で仕事にも懸命に励んでもらえるだろうとの期待ができるからです。

既婚者の方は堂々と既婚者であることをアピールしてください。

女性

Q.「なんの資格も持っていません。無資格だと話にならない?」

男性

A.一概に有利不利は言えません。資格は転職先の職種との関わりで考えるようにしましょう。

資格と転職の関係は、資格と転職ではなく「資格と職種」の関係で考えると理解しやすくなります。

資格と職種の関係を整理すると次の3つに区分できます。

資格必須の職種

例えば税理士の求人であれば、税理士資格を持っていることが大前提となります。

つまり資格がなければお話になりませんし、この点では25歳、26歳といった年齢も全く関係がありません。

 

資格が評価される職種

例えば経理職への転職なら簿記、不動産営業職へ転職するなら宅建資格などがあった方が有利になります。

ただし必須資格ではありませんので、資格がなくとも転職は可能です。

 

 

資格とはあまり関わりがない職種

資格はないよりあった方が良いですが、資格の有無がそれほど仕事に影響しない職種もたくさんあります。

例えば工場ワーカーや内勤を中心とした営業職などは、無資格だからと言って転職に不利になることは特にありません。

ただし、そうした職種であっても全く資格がないよりあった方が多少評価が高まる場合があるのも確かです。

無資格の方は無資格のハンディを克服するために、仲介役として転職エージェントを活用して自分を上手に売り込んでもらうよう努力する必要があります。

求人企業側が25歳・26歳に期待していることとは?

25歳、26歳の転職を求職者の立場から色々と分析を行ってきましたが、では当の求人企業は25歳や26歳の求職者に対しどのようなことを求めているのか、求人企業側の意向調査も行ってみました。

その結果、3つの期待が特に高いことが判明しましたのでランキング形式でご紹介しておきます。

第1位:柔軟性

求人企業50社ほどにアンケート調査を実施たところ、1位となった点が「柔軟性」です。

中途採用者には今までとは異なる職場環境、仕事のやり方、人間関係の中で仕事を行うことが求められます。

人間は年と共に頑固になったり、プライドが高まったりして柔軟性が失われてゆくものです。

その点で25歳、26歳は柔軟性に富んでいます。

企業側には25歳や26歳の中途採用者であれば、これまでと異なる環境や条件でも柔軟性を活かしてスムーズに溶け込んでもらえるだろうとの期待感があるということです。

第2位:吸収力

業務経験があろうとなかろうと、転職すればその企業で覚えなければならない仕事のやり方や知識などがたくさん生じます。

それらを短期間で吸収してもらえれば教育コストも抑制できますし、仕事面でもその分早く戦力として期待できますので、企業側として大変助かることになります。

25歳、26歳という年齢は記憶力や吸収力に優れていますので、短期間で新しい仕事を覚えてもらえるという面でも期待が高いのです。

第3位:体力

人間は年齢とともどうしても体力は衰えます。

体力は若さゆえの財産なのです。

ブラック企業のように体力を酷使させたいという意味ではなく、新しい職場に慣れて活躍できるようになるには、一定の体力も必要になります。

仕事を覚えるためにやむを得ず残業しなければならないこともあります。

そうした面で、体力のある25歳や26歳の転職者は頑張ってもらえるだろうと期待しているのです。

25歳、26歳は異業種への転職が多い?

転職先を「業種」で捉えた場合には、「異業種」と「同業種」の二つに大別することができます。

では25歳、26歳で転職を果たした方々は、異業種と同業種のどちらが転職先として多かったか具体的な数値でご紹介することにします。

25歳、26歳の転職先:異業種・同業種の割合(当サイト2017年調査+DODAの調査も加味)

異業種が約7割を占める理由とは!?

グラフを見れば一目瞭然ですが、25歳、26歳の方々は「異業種」への転職が約7割と圧倒的に多いことがわかります。

この理由ですが次の二つの理由が指摘できます。

同業種であってもキャリアはあまり活かせない

25歳、26歳の方々は転職経験がなかったとしても、現職でのキャリアはわずか3年~4年程度しかありません。

同業種での転職であったとしても豊富な業務経験があるとは言えませんので、現職のキャリアをそれほど強みにできないことが一つの理由として挙げられます。

柔軟性や吸収力を期待している求人企業が存在している

すでにご紹介したとおり、仮に異業種で未経験の仕事であったとしても、25歳や26歳であれば柔軟性や吸収力に長けているので、なんとか物になるだろうとの期待が企業側にあります。

そのため、25歳や26歳の応募者であれば業界未経験の人物だったとしても受け入れようと考える企業が一定数存在していますので、こうした企業の存在が異業種転職の割合の高さを支える格好となっている訳です。

25歳・26歳で転職するには?転職先が決まらないのは行動力の無さ?

最後のテーマとして25歳、26歳の方々が転職するにはどうすれば良いか、具体的な方法論を提示致します。

転職先が決まらないのは行動力の無さと戦略の無さ

転職を決断したのになかなか転職先が決まらずに悩んでいる25歳、26歳の方々は、決して少数ではありません。

しかし、中には形だけ転職活動をしていることになっているだけで具体的な行動が伴っていないという方もいますので、行動することが大切です。

しかしがむしゃらに行動すれば良いというものでもありません。

年齢上のメリット、デメリットを踏まえた転職対策や戦略を練った上で、計画的に行動することが大切です。

ではどんな対策や戦略が必要か、二つの重要ポイントをご紹介します。

情報収集を行うことが大切

転職活動は「情報戦」とも言われるぐらい、情報収集が転職活動の成否を決めます。

できるだけ有益な転職に関する情報や業界動向などを素早く入手することが、転職で勝利を収めるために不可欠です。

転職に関する有益な情報をどうすれば収集できるかですが、「リクナビNEXT」をはじめとした大手の転職サイトに複数登録して、多角的に情報を集めることが大切です。

なぜリクナビNEXTをはじめとした大手転職サイトが良いかと言えば、情報への信頼性が高いからです。

転職に関する情報では個人や零細企業が運営しているブログ記事を参考にされている方もいるかも知れませんが、それらブログ記事の情報は主観的であったり、情報の正確性という点で大手転職サイトの情報より著しく劣っていたりします。

どんなに有益に思える情報であっても、正確でなければ意味がありません。

その点で、特にリクルートグループが運営している転職サイト「リクナビNEXT」が提供している情報は大変信頼性が高いので、情報収集でリクナビNXETへの登録は必須と考えるようにしてください。

⇒リクナビNEXTの公式サイトはこちら

⇒リクナビNEXTの詳細はこちら

25歳、26歳という年齢に強いエージェントの利用が転職の決め手!

転職市場のメインニーズが「即戦力」である以上、25歳や26歳という年齢は転職で決して有利な年齢とは言えません。

そうしたハンディを乗り越えて転職を果たすにはエージェントという仲介役を味方につけることも、戦略上不可欠な取り組みといえます。

ただしエージェントであればどこでも良いという訳ではないのです。

25歳、26歳という業務経歴が乏しい人材の転職支援に強みを発揮している、専門的なエージェントを選ぶ必要があります

そこでオススメしたいのがハタラクティブです。

ハタラクティブは20代の転職支援に特化している転職エージェントですが、同社は既卒やフリーターといった、就業経験が乏しいどころか、就業経験自体がない若年者でも高い確率で転職成功へと導いています。

ハタラクティブの内定率はなんと80%以上。

ハタラクティブを利用すれば、未経験や無資格といった少々のハンディも一切心配する必要はありません。

ハタラククティブを活用し、ぜひ栄冠を勝ち取ってください!

⇒ハタラクティブの公式サイトはこちら

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

こちらの記事も読まれています