アカリクWEBとは大学院生やポスドク、エンジニアの方々に対象を特化した就職・転職情報サイト兼就職エージェントです。

アカリクWEBは具体的にどんな特徴を有しており、院生やポスドクの方々はどのような就職情報やサービスの提供を受けることができるのでしょうか。

この記事ではアカリクWEBについて詳しくご紹介して参ります。

特に大学院生の皆様は必見の記事です!

アカリクWEBの特徴や強みについて

院生はどれくらい利用している?/アカリクWEBの利用者数状況

アカリクWEBは院生やポスドク、エンジニアの方々に特化して情報提供や就職支援サービスを行っていますが、利用者数やその内訳はどうなっているのか、まずは数字で確認してみることにしましょう。

 

・アカリクWEB登録者の就学状況(2018年度新卒)

 

・アカリクWEB登録者の文理区分

 

ご覧のとおりアカリクWEBは修士課程の大学院生が8割以上を占めています。

この事実からアカリクWEBは大学院生、中でも理系修士課程の方々が多く利用しているとサイトと言えます。

アカリクWEBの登録数は14,000名

次にアカリクWEBを利用している登録者数ですが2018年卒業予定だけでなく、2019年卒業予定の院生を含めた総計で約14,000名です。

大学院生の総数が約25万人程度ですので、単純にこの数字を分母とした場合でも約6%に相当します。

アカリクWEBを利用する大学院生の目的はズバリ民間企業への就職にあるはずです。

もし卒業後は企業へ就職することを志望している院生のみを分母とした場合には、更にその割合が高まることになります。

こうした事実から、アカリクWEBとりわけ企業への就職を目指している大学院生から多くの支持を得ているサイトと言っても過言ではないでしょう。

既卒者も利用OK!

アカリクの公式サイトには「アカリクAGENT」のページがあり、既卒者はここから求人を検索することができます。

職種はやはり研究や開発関係が多いですが、アナリストやマーケティングなどの仕事もあり、興味のある仕事に巡りあえるでしょう。

多彩な就職情報を提供できる!

就職を目指す大学院生がアカリクWEB利用する理由の一としてあげられるのが、求人情報が多彩なことです。

アカリクWEBが提供している求人情報は「4月就職の新卒求人」だけではありません。

 

・即就業可の求人

・通年インターン

・任期付雇用

 

などの求人情報も取得することができます。

つまり卒業を待たずに社会へ出るという選択もできたり、インターンシップを利用し企業への就業体験を経た上で就職するかどうか判断できたりといった、大学院生の多様な進路ニーズに答えている点もアカリクWEBの特徴であり強みです。

イベントが充実している!

大学院生やポスドクの方々を対象としたイベントが大変充実している点も、アカリクWEBの大きな特徴です。

アカリクWEBが実施しているイベント(WEB上のイベントを除いたライブのイベント)には次の三種類があります。

イベント

「イベント」というジャンルに該当する催しとは、主に企業合同説明会や選考会のことです。

開催予定のイベントを事例としてご紹介しておきます。

・催し名:(2018年度新卒/即就業可)理系院生対象 合同特別選考会 in 東京

・開催日時:2017年10月28日(土)13:00~18:00

・開催場所:東京都港区(AP浜松町)

・定員:12名(事前予約制)

・参加費:無料

・内容:選考会に参加している求人企業の内、最大4社の個別面談と選考面接を受ける
ことができる選考会を主体としたイベント。
面接対策ではアカリクのキャリアコンサルタントから指導やサポートを受ける
こともできる点が特徴。

 

特別セミナー

例えば「研究選考」など大学院生やポスドクの方を対象としたユニークな就職選考会や説明会のことを「特別セミナー」と呼称しています。

特別セミナー企画として現在行われている催しは次のとおりです。

 

・催し名:UiPathが挑むRPAビジネス

・開催期間:2017年10月20日(金)

・開催場所:東京都渋谷区 (株式会社アカリク)

・対象者:現在大学院に所属している理系大学院生(修士、博士、ポスドク)

・定員:15名(事前予約制)

・内  容:Donuts社の選考を主目的とした特別セミナーです。
現在世界で最も注目されているテクノロジーが「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション」です。

今回の説明会では、世界3大RPAベンダーである「UiPath」の日本法人社長から「今後の日本の働き方」や「日本でのRPAの展開」についてお話いただきます。

 

アカリクカレッジ

就職活動に役立つ業界研究や面接対策などのノウハウを学べるイベントが「アカリクカレッジ」です。

こちらも催し事例を一つご紹介します。

 

・催し名:2019年新卒 大学院生対象セミナー

・開催期間:2017年11月1日(水) 18:00~19:30

・開催場所:東京都渋谷区 (株式会社アカリク)

・開催形式:講演とデモンストレーション

・対象者:大学院に所属している理系大学院生の方(博士・ポスドク)

・内  容:2019年4月に入社を希望する大学院生の方のための就活スタートアップセミナーです。

2019年新卒の大学院生の就活スケジュールや就活のパターン別、メリット、デメリットについて知ることができます。

 

就職エージェントサービス(=アカリク就活サポート)も利用できる!

アカリクWEBは冒頭でもお伝えしたとおり、就職や転職情報サイトだけではなく就職エージェントサービスも兼ねており、希望すればオプション(無料)で「アカリク就活サポート」というエージェントサービスを利用できることも特徴としてあげられます。

アカリク就活サポートを利用すれば個別に求人企業を紹介・斡旋したり、就職が決まるよう面接や応募書類作成指導などの様々な支援を行ってくれる、パーソナルなサービスを無料で受けることができます。

無料でも手厚いサービスが受けられるのはなぜ?

無料と聞くとサービスの品質に不安を感じる方がいるかも知れませんが心配は無用です。

アカリク就活サポートを通じて求人企業に院生を紹介すれば同社は紹介料を報酬として得られますが、ただ紹介するだけでは報酬は発生しません。

紹介した院生を求人企業が採用し、入社に至ってはじめて報酬が得られる「成功報酬」が条件となっているのです。

つまり院生の方が一人でも多く内定を得られることがアカリクWEBの利益につながりますので、内定が実現するよう手厚い就職支援を無料で行ってくれるのです。

アカリク就活サポートを利用すれば「非公開求人の紹介」も受けられる

アカリク就活サポートは自分のペースで就職活動しにくいというデメリットがある反面、自分で求人企業を探さなくとも専任でサポートしてくれるスタッフ(キャリアコンサルタント)が求人企業を探し、紹介してくれます。

また、自分で探せる求人とは求人情報が公になっている求人のみですが、アカリク就活サポートを利用すれば個別紹介が原則となりますので、公になっていない非公開求人の紹介も得られることになります。

アカリクWEBが大学院生向けに独自開発した履歴書を利用できる

アカリクWEBに登録すれれば、アカリクWEBが大学院生向けに独自開発した履歴書を利用できることもメリットの一つです。

大学院生向けに独自開発された履歴書は一般的な履歴書と少々異なり、大学院生の方に最適化されています。

自分の研究テーマや概要を紹介しやすい書面構成となっており、履歴書だけでも存分に自己アピールできる仕様になっているのです。

 

アカリクWEBの使い方

アカリクWEBの利用方法について、内定獲得までの流れを通じてご紹介することに致します。

アカリクWEBへ登録手続きを行う

アカリクWEBを利用するには、登録手続きを最初に行う必要があります。

登録は無料で行なえますし退会も自由にできますので、安心して手続きを行ってください。

登録手順ですが、次に紹介している「新規会員登録:メールアドレス送信・確認 」というページにアクセスし、まずメールアドレスを登録します。

すると登録したメールアドレスに会員登録手続きを行えるURLを記したメールが届きますので、そのURLをクリックし、会員登録手続きページを表示させ、手続きを行います。

求人検索を行う

会員登録が済めば、アカリクWEBが紹介している公開求人の検索やエントリーを行うことができるようになります。

求人企業を探す場合にはマイページを表示させた上で、画面上部の見出しに表示されている「求人」を押します。

検索画面が表示されますので、自分に該当する条件や希望に応じて条件設定を行った上で「検索」ボタンを押すと条件にヒットした求人情報がズラリと表示されます。

気になる求人があれば「ブックマーク」ボタンを押すことでマイページに保存できますので、後からじっくりと詳細情報を確認するのも良いでしょう。

「2018 新卒求人」「即就業可能な求人」など選択した上で応募する

求人情報の中で応募したい求人が見つかった場合には、各求人の詳細情報ページに移動後、画面上部に表示されている見出しの中から「2018 新卒求人」「即就業可能な求人」など自分が該当する求人種別を選びます。

求人種別を選択すると仕事内容や職種、求める人物像等、いわゆる募集要項に該当する情報が表示されますので、応募条件などを満たしているかどうかを確認します。

確認が済んだら画面を下部へスクロールすると、「応募方法・選考の流れ」という項目がありますので、こちらで具体的な応募手順を確認し、その手順や指示に則って応募手続きを行います。

応募方法は一律ではなく求人企業によって異なりますので、各求人ごとに「応募方法・選考の流れ」をよく確認するようにしてください。

求人企業との直接やり取りを通じて(書類選考→)面接→内定

応募方法に則って必要な応募手続きを全て済ませたら、求人企業担当者からの連絡を待ちます。

その後選考に進むことになれば、直接電話やメールで担当者と連絡を取り合った上で採用面接に臨むことになります。

尚、ケースバイケースですが、求人企業によってはアカリクWEBを通じて提供した書類以外に応募書類提出を求められ、面接の前に書類選考が行われる場合もあります。

書類選考や面接を無事クリアすれば「内定」です。後は入社するかどうかを慎重に判断した上で自分の意志を企業側へ伝えてください。

以上が自分でアカリクWEB上で求人を探して応募する場合の方法ですが、アカリクWEBではアカリク就活サポートを利用して就活を行う方法もあります

アカリク就活サポートする場合は個別面談実施後→紹介→面接→内定

アカリク就活サポートを利用する場合には、「アカリク就活サポートのお申し込み」をサイト上で行った上で、東京都渋谷区にあるアカリク本社を訪問し、キャリアコンサルタントと1時間程度個別面談を受ける必要があります。

個別面談が終了したら、求人企業をキャリアコンサルタントが紹介してくれます。

自分で求人企業を探す必要はありません。

紹介を受けた求人企業の中で応募したい求人が見つかったら、応募の意志をキャリアコンサルタントへ伝えると書類選考→面接という流れになります。

書類選考時にはESの添削指導、また面接の際には面接日程の調整や希望者には面接対策指導をキャリアコンサルタントが行ってくれます。

そのため、書類選考も面接も自信をもって臨むことができます。

書類選考通過後、面接に臨み、面接にも合格となばればこちらも「内定」となりますが、アカリク就活サポートなら、万一面接でダメだった場合でもキャリアコンサルタントからなぜ不合格となったかの理由をフィードバックして貰えますので、「なぜだめだったのか」で悩む必要がなくなりますし、次回以降の対策も打てるようになります。

アカリクWEBのデメリット

アカリクWEBは大学院生やポスドクにとって大変心強い存在ですが、次のようなデメリットもあります。

  • アカリク就活サポートを受ける場合には東京まで行く必要がある。地方の院生は利用しづらい。
  • 求人情報は一応全国を対象にしているが、地方の県によっては1件も求人がない県がある。
  • イベントの内容は大変良いものが多いが、定員が少ないため、参加出来ない可能性もある。

アカリクWEB利用者の評判をご紹介

「院生の価値を理解してくれている求人情報が充実している」(メーカー勤務・男性)

「マイナビやリクナビは学部卒業生を主な対象としているため、院生の立場では物足りないし、使いづらいと感じていました。
そんな時、院生の友人から紹介されたのがアカリクWEBでしたが、こちらは本当に院生のためだけに作られた求人サイトという印象ですぐに気に入りました。
何より良かったのは求人情報です。
求人要項が院生やポスドクを前提として詳細に説明してありますので、非常に理解しやすかったですし、応募しやすく感じられました。
院生は他の就職サイトを使うなとは言いませんが、アカリクWEBは絶対に外さない方が良いと思います。
同じ求人情報でも院生に向けた求人情報を得られるサイトはほとんどありませんから。」

 

「アカリク就職サポートで支援を受けました」(金融勤務・男性)

「私はアカリクWEB登録後、迷うことなくすぐにアカリク就職サポートの利用も申込みました。
就職活動もエージェントを利用する時代が本格化していましたし、エージェントを利用すれば自分で就職活動するより就職活動に割く時間も大幅に節約できると考えたからです。
結果としては思ったとおりで、こちらで何もしなくとも求人を紹介して貰えましたし、面接の段取りなども全て整えてもらえました。
お陰で効率的な就職活動を行えましたので、研究とも両立させることができました。」