現職を辞めたいのだが不幸にもブラック企業だったため簡単に辞められそうにない・・・

「退職」は、人生における重要な選択の場面であることは言うまでもありません。その後の人生を左右するので、しっかり判断したいものですが、一方で「退職させてくれない」という悩みを持っている人も増えています。

法律上は「退職の申し出から2週間を経過することによって雇用は終了する。」(民法627条)、つまり書面で一方的に2週間前に「辞めます」と送れば辞められるはずなのですが、実際にはそういう雰囲気似ない会社が多いですよね。

・ブラック企業なので執拗に引き留めをしてくる
・上司が気難しい人なのでなかなか退職話を切り出せない・・・
・転職先の会社に「ダメな奴だと言うぞ」と脅される

そういった悩みは周囲へ打ち明けにくいだけについつい一人で悩みを抱えてしまい、悩みが深まる一方となってしまいがちです。会社を円満に辞めることができれば、こうした圧力がない中で退職することができそうです。

そこで今回は「退職したいけれども雰囲気的に退職を切り出せない」という悩みをお持ちの方々を対象に、ブラック企業であっても使える円満退職のコツを伝授すると共に、実際に退職した方々の体験談をご紹介して参ります。

⇒今すぐブラック企業を退職して転職したい方や転職エージェントを探してる方はこちら

この記事でわかること

  • 円満退職の事例
  • 円満退職をするメリットと後の仕事の広がりと将来性
  • 円満退職の手続き
  • 円満退職する場合のスケジュール
  • 円満退職と有給休暇の消化

どうしてもという場合、最近では退職代行というサービスがあることを知っておいてください。

目次【クリックして移動できます】

円満退職とは何か

円満退職の具体的なコツやポイントを正確に理解して頂くためにも、そもそも円満退職とはどういうものかと言うことから確認しておきましょう。

円満退職とは、一般的な用語解説としては

「勤務先の雇用主と退職する本人が「退職」に対し相互に理解、納得した上で、退職に伴って必要となる引継ぎその他の手続きが円滑に行われること。退職によって混乱や摩擦が生じないこと。」

と定義されています。

要は喧嘩をせずに、退職日にも出勤し花束をもらって辞めるようなイメージですね。

言葉の定義としては確かにそうですが、実際にこれを実践するのは結構大変です。悪質なブラック企業の場合には「退職をさせない」「退職を引き延ばす」行動に出ることがあり、相手方が「心から納得する」ことは難しい場合も考えられます。

そもそも「ブラック企業」と呼称されるような労働形態を自社の社員に課している時点で法令を遵守していないので、常識的な対応が通用しないことは十分考えられるからです。

しかし、そうした常識的な対応が通用しないからこそ、こちら側は相手の術中にはまらないよう穏便、正当な手段により、形式的であったとしても円満な形で退職をめざすことが肝要です。最終的には「退職代行サービス」でほぼ確実に辞められるので、できる限りのことはしてみましょう。

円満退職のメリット

喧嘩して辞めるよりも、穏便に円満に辞めた方が精神的に楽なのは当然ですが、具体的な円満退職のメリットはあるのでしょうか?いくつか考えてみました。

前の職場から転職先へ紹介があった場合のリスクヘッジ

あまりそういうことをする会社はないようですが、退職した会社から転職先に「○○さんはどういう人でしたか?」と照会があるケースがあります。この時、喧嘩をして辞めていると「○○さんは礼儀もなっていない。引継ぎもせずに辞めた」などとネガティブなことを言われる可能性があります。転職先からの評価がよろしくなくなり、その後の転職先での評価に悪影響が出てしまいます。

円満退職しておけば、少なくとも悪いことを言われることはないでしょう。転職のために辞める場合は1つのリスクヘッジの方法になります。

精神的に前向きに再スタートできる

円満退職すれば、気持ちよく辞められるわけで、転職するにせよ、起業するにせよ、そのほかの選択肢をとるにせよ、前向きな精神状態になれます。ストレスを感じずに辞められる、と言い換えてもいいでしょう。

気持ちの問題ですが、結構重要で、モチベーションが高まった状態で再スタートできるメリットは意外と大きいんです。

将来的な連携の可能性を残す

同業他社に転職した場合や、それまでの職務経歴を活かして独立開業したケースなどであれば、辞めた会社はライバルであり、ビジネスパートナーになる可能性もあります。つまり、敵に回した状態で辞めるのは得策ではなく、今後のキャリアを考えても、円満に辞めておくのがいいでしょう。

円満退職をするための手順

1.退職日を決める【退職日3ヶ月以上前にする】

多くの会社では「退職1か月前までに退職の意思表示(退職願)を」と就業規則で決められていると思いますが、しっかりと段取りを踏むためにも退職日から遡って3か月以上前に退職日を決めましょう。

12月31日に退職したいのならば、9月中には辞める具体的な計画を立て始めます。とはいえ、転職先内定が出るのが入社日1か月前、ということもあります。転職が決まらないのに辞めるのはマズイですよね。

要は、この段階では、なるべく早く退職日を想定して、早め早めに行動を起こしましょうということです。慌てて転職が決まって、バタバタとしながら退職願を出すのは避けたいですからね。

できれば、職場の繁忙期を避けて退職したいですが、これは実際の転職先の求人ともかかわるので、優先事項ではありません。希望を叶える転職をするのを最優先してください。

2.退職の意思を伝える(「退職願」の提出)【退職日3ヶ月以上前】

就業規則では1か月前であっても、それよりも早い段階で今後の進路が決まれば、前倒しで伝えて構いません。その方が、代わりの人員の補充、異動や新規採用をする時間ができます。これは辞める会社にとってもありがたいことです。

次の進路が決まったら速やかに会社に伝えましょう。また、その時に提出するのは「退職届」ではなく「退職願」にしてください。

退職届:一方的に退職を通告する(辞表を叩きつけるイメージ)
退職願:退職してもいいでしょうか?とお伺いを立てる

では後者(退職願)の方が明らかにいいイメージになります。どちらも同じ効果なので、それならばよりイメージの良い方を提出した方がいいですよね。

※参考
退職届・退職願の作り方!テンプレートと例※書き方から郵送まで

人事から退職願の提出は1か月前にしてくれと言われることもあります。少なくとも直属の上司には口頭でもいいので、退職の意思を速やかに伝えておきましょう。退職願の提出日は就業規則を確認しておいてください(「1か月前」と「1か月以上前」では違います)。

3.業務の引き継ぎ・取引先等への挨拶【退職日2週間前~1ヶ月前】

退職願を提出すれば、部署のメンバーにも退職が知られることになります。業務の引継ぎや、業務マニュアルの作成、取引先へのあいさつなどを行います。みんなから惜しまれて辞められれば、円満退職になりますよね。

これらの流れは部署異動の退職日までに業務の引き継ぎや、お世話になった取引先へ挨拶をします。業務量や回らなければいけない取引先の数によって期間がそれぞれ異なってきますので、余裕をもって計画的に開始しましょう。

4.返却物・受取物の授受を確実に行う【退職日当日】

会社のものは返して、私物は確実に持ち帰ります。退職後、「○○がない」「これ必要なんじゃないの」というやり取りが発生するのはスマートではありません。

会社に返却するもの(返却物一覧)はだいたい以下の通りです。

<退職時返却物一覧>

  • 健康保険(社会保険)被保険者証(任意継続の場合も保険証が変わるので返却します)
  • 社員証, 社章
  • 名刺(もうそこの社員ではありません)
  • 制服
  • パソコン, 社用携帯
  • 職場の福利厚生カード
  • その他事務用品や資料など

ちなみに筆者が退職したときは以下のような指示がありました。

退職時の返却物について

なお、逆に会社から受け取るものも書いておきましょう。転職先が決まっている場合も、職場から職場へ送ることはなく、一度みなさんが受け取ることになります。

  • 雇用保険被保険者証(失業保険の受給に必要)
  • 離職票(転職先が決まっていない場合ハローワークに提出)
  • 源泉徴収票(確定申告や転職先の年末調整に必要)
  • 年金手帳(転職の場合は転職先企業に提出します)

「立つ鳥跡を濁さず」で行きましょう。

退職意思表示から期間に余裕を持つことで有給休暇も消化しやすくなります!

ここまで書いてきて何かが足りない・・、そう有給休暇です。せっかく早めに行動して辞めるのですから、溜まっている有給休暇はすべて消化して辞めたいものです。これまで働いてきたのですから、権利は行使してゆっくり楽しみたいものです。

もちろん、一切有給を使わずに辞めれば円満度は上がりますが、それも嫌ですよね。しかし、1か月前にいきなり「辞めます」と言って、退職願と一緒に有給休暇申請を出すと、怒る人もいます。次の職場が決まっているのかにもよりますが、大きく分けると2つの方法で有給を消化します。

途中で休みながら、最終日に出勤する

早いうちに退職の意思を部署内に伝えることで、引継ぎをしながら徐々にたまった有給を消化していきます。「困ったことがあったら聞いて」という感じで、徐々にフェードアウトして、退職日に出勤して終わりです。

このやり方の場合、やはり3か月くらい前には退職の意思表示をしておきたいところです。

最終出勤日の後、全部の有給を消化して辞める

筆者の妻も前職を辞める時にこの方法を使いました。退職日から逆算して、有給を全部使いきれる日を「最終出勤日」にします。つまり、有給休暇消化の長期休暇を経て次のステージへ行くやり方です。

内定から次の転職先へ入社日が近い場合はこの方法は使えませんが、しばらくゆっくりできる場合や、自分で起業する場合はこの方法がおススメです。

妻の場合、有給休暇が約40日残っていたため

最終出勤日 6月30日

退職日   8月17日

次の職場の入社日 9月1日

という流れになりました。有給が15日残っているなら、月の末日を退職日にして、そこから逆算して15日前(休日を挟んで、○月11日とか12日)を最終出勤日にしてもOKです。

労働者の権利なので当然行使できますが、「辞める人は有休を使わずにさっさと辞めろ!」と圧力をかけてくるような職場は、端から円満退職はできないかもしれません。

こちらの方法の場合、人事などともよく話し合ってください。

有給休暇の消化については

退職する前に有給消化できない?有給休暇を確実に取得するための手順

に詳しく書いてあるので合わせて読んでみてください。

円満退職のためのスケジュールを図にしてみました。

円満退職の為のスケジュール

円満退職のコツやポイント

enman2
円満退職の流れについてはつかめたと思います。しかし、実際には上司や人事を相手にします。特に、今の職場の人間関係で転職する場合、感情的に穏やかになれない人、嫌がらせしたい人もいるでしょう。

円満でない退職のリスクがなければ、「退職届」&「有給休暇申請」を送って以降無視、ということもできますが、円満退職を目指すには、どのような心構えが必要か、またどのようなコツやポイントがあるかご紹介致します。

心構えや姿勢その1:退職を固く決断すること

ribbon-bluegreen1円満退職する上でもっとも大切と言っても良いのが、本人の気持ちです。上司や人事から翻意されて、退職を撤回しても、以降は「転職予備軍」として見られてしまいます。

円満退職とはそのプロセスにおいて一切摩擦を生じさせないことではありません。

退職する過程において多少摩擦があったとしても、最終的に対立や混乱を招くことなくスムーズに退職できたならその場合も立派な円満退職です。

特にブラック企業は恫喝的な対応をすることでこちらの出方を伺い、翻意を促すことができるかを試すことを平気で行ないます。

それだけにこちらの決意が固いことを相手に悟らせることが無用な衝突を避け、円満退職における相手方の理解、納得を引き出す上で不可欠なのです。

心構えや姿勢その2:穏やかに接することを基本として決してケンカはしないこと

ribbon-bluegreen1固く決心し、毅然とした態度で臨むことが大切ですが、毅然=「ケンカ腰」ではありません。表情や口調、相手に向う基本姿勢は柔和で穏やかに接することが大原則です。

「穏やかな表情で、時としてにこやかな表情ではっきりと辞める決意や考えを伝える」ということが大切なのです。

また相手がケンカ腰で迫ってきて恫喝や退職の撤回を迫ってもそれに乗ってはいけません。
特にブラック企業は恫喝によって相手の気持ちを封じ込めたり、挫いたりさせるのが常套手段です。

仮にケンカ腰で相手が言ってきても、「弱い犬ほどよく吼える」と心内で考え、穏やかな表情や姿勢を崩さないことも実は「毅然とした態度」と言えるのです。

心構えや姿勢その3:圧力が予想される場合、ICレコーダーなどで会話を記録しよう

普通の会社ならば、そんなことをしなくても辞められるはずですが、退職撤回を迫りそうなブラック企業の場合は、辞める意思表示をするときにICレコーダー(スマホもOK)を忍ばせておき、会話を録音しておきましょう。

退職申告はタイミングが重要!

ribbon-bluegreen1円満退職を目指すには退職を伝えるタイミングも大切になります。

法令上では「2週間前」であれば退職は可能です。(正確には法令上そのように解釈できるということです。)ただ、法令上では「2週間前」であれば退職は可能ですが、上で書いたように退職の意思と次の進路が決まったら、なるべく早く伝えましょう。

従業員から2週間前に退職の申し出があった場合には、仮に就業規則に退職の申し出は1ヶ月前に行なうといった規定があったとしても、それを理由に会社側は従業員の退職を拒否することはできません。

しかし、業務の引継ぎ期間等を考えれば2週間後に退職というのは少々無理がありますし、何より円満退職には両者の理解、納得が大切ですから法律論をたてに2週間前に退職を伝えることは得策とは言えません。

円満退職を目指す場合には会社の就業規則を確認した上で、就業規則の規定をできるだけ尊重することがよいでしょう。

その上で、もし就業規則に具体的な期間が定められていない場合には、引継ぎ期間を考慮して一応の退職予定とする日から逆算して1ヶ月半~2ヶ月程度前を目安に申告することが望ましいといえます。

check-c081 最終的な退職日決定には歩み寄る姿勢も大事

退職する意志は固いことが大切ですが、一切妥協しないとなるといらぬ摩擦や対立を招きやすくなります。

退職は了承してもらう代わりに、退職日については相手側を立てる意味でもし相手側から「せめて○○日にしてもらえないか」といった希望が出た場合、それが妥協できる範囲の日程ならその日を採用することも円満退職を目指す場合の効果的な作戦となります。

従って退職希望日は一方的に伝えるのではなく、「○月○日を目処に退職したいと考えていますが如何でしょうか」とお伺いを立てる表現で伝えることがコツとなります。

そうすれば相手の希望を尊重している姿勢を示すことができますし、同時に相手との同意を望んでいる姿勢も打ち出すことができますので、相手側は強硬な態度に出にくくなります。

退職の意志を伝える順番を重視する

ribbon-bluegreen1退職の意志を伝える上で間違っていけないのは、退職の意志や退職に伴う挨拶を伝える順番です。

当然のことですが、退職の意志や御礼、挨拶の言葉を真っ先に伝えなければならないのは同僚や先輩社員ではなく直属の上司です。

仲が良いからという理由だけで、先に同僚へ退職の意志を伝えたことで、周囲から退職の事実が上司の耳に入ってしまうようなことがあれば、上司としてはメンツが潰された格好となるため、心象を害してしまいます。

「会社辞めたいんだ・・」

「会社辞めようと思う」

はとらえられ方が違います。本気ではなかったのに、外堀を埋められて、退職せざるを得なくなるのは避けたいところです。

まず退職の意思表示は「直属の上司」(ライン管理職)であることを忘れないでください。

ましておっかない上司やブラック企業の上司なら事態はいっそう拗れやすくなります。

ブラックであろうとなかろうと、上司に真っ先に伝えれば「上司を立てている、尊重している」という意志を示せることにもなります。

退職理由は時には「創作」も必要

ribbon-bluegreen1退職理由は時に「創作」も必要です。

「この会社、この上司が許せねぇ」と思って辞める場合も、円満退職を目指す場合、そのような理由は口が裂けても正直に伝えてはいけません。

相手の誹謗や非難はどんなに穏やかに伝えてもケンカを売ることに他なりません。

心構えでお伝えしたとおり絶対にケンカは避けなければなりませんので、本当の理由がそうであったとしてもそのような非難的理由を伝えてはならないのです。

そのため、相手方から「それでは仕方がない」と思われるような理由を創作して伝えた方が円満退職となります。

転職する場合も

check081 「専門的に○○を学びたくて」

check081 「実家のお店を継ぐから」

check081 「Uターン転職して故郷で働く」

など角を立てない理由で辞めるのも円満退職のコツです。

明らかな嘘はどうかと思いますが(亡くなっていない親を故人にするなど)、いずれにせよ退職願には「一身上の都合」としか書かないので、納得させられそうな理由で大丈夫です(もっと言うと理由を言わなくても法的には問題ありません)。

創作はどうしても抵抗があるという場合には

退職理由を創作することにどうしても抵抗があるという方は、だからといって馬鹿正直に理由を伝えて良い訳ではないことに変わりありません。

そのような場合は「詳細な理由はどうか御勘弁ください。一身上の理由でどうしても会社を辞めなければならなくなりました」といった表現で押し通すことです。

この場合のポイントは「辞めさせてください」をお願いする表現をしてはいけないことです。

辞めることを前提として「辞めなければならなくなった」ということで終始貫くことが大切です。

しかしながら、退職理由を明示しなければ同意を得られにくくなる可能性は高まりますので、相手側次第では創作することもやむを得ない場合があることは心得ておいてください。

ブラック企業対策として過去に辞めていった先輩社員の退職理由を探っておくことも有効

もし、みなさんの会社が明らかなブラック企業の場合、ブラック企業に有効な退職理由はそのブラック企業特有の傾向がある場合があります。

過去に退職していった先輩社員がどのような退職理由だったのかを聞き、それらの情報を参考にして退職理由を考えてみるのもいいかもしれません。

但し、情報収集にあたっては慎重に行ないましょう。

信頼できる先輩社員をまず見極めておくこと、更には信頼できる先輩であっても万一のことを考え、まったく別のことを知りたくてそのことを尋ねているように装う等、自分が退職したいためにそうした理由を尋ねていると悟られないよう注意深く情報収集することが大切です。

退職事例を紹介します

円満に退職できたケースと、大揉めになってしまったケースを紹介します。

円満退職成功例「私はこうして上手く半ブラック企業を円満退職できた」(20代男性)

131-03
kuchikomi_01「私自身迂闊だったのですが、私が勤務していた企業はそれほど悪質ではなかったものの勤務実態はブラック企業に近い状況でした。

休日はまともにとれず、残業時間は優に100時間を越えることもありました。
このままでは自分がもたないと思い、退職と言うか転職を決意しましたが、とにかく上手く辞めることが大切だと考えて理由を徹底的に考えました。

最終的に描いたシナリオは父親が大変世話になった経営者の方から頼まれて断りきれず、転職することにしたといったシナリオです。

実際そうしたお世話になった方が複数存在していることに加え、自分の父親が恩を受けただけに余計に断りにくい関係にあるといった想像をしてもらいやすいとの読みがあったからです。

最初は上司から「なんとかならないのか」と粘られたり、「会社は今大変な時期なんだぞ」と嫌味を言われたりもしました。

が、その点は終始「申し訳ございません。父を大切にしてくれた方の御希望でしたのでどうか御理解ください」といった台詞を平身低頭でこちらも粘り強く繰り返していたら根負けしてくれ、しぶしぶだったかも知れませんが無事納得してくれました。

その後は至って順調で、あれだけ頑なだった上司も積極的ではないものの、引継ぎがスムーズに出来るよう同僚に細かく指示を出してくれたり、早めに帰宅するよう声をかけてくれたり、協力的になってくれました。

このように自分自身で考えたシナリオに基づいた退職理由を押し通したことが円満退職に繋がった訳ですが、この点は考え方次第だと自分は思います。

退職自体、結婚で例えるなら離婚の申し出をするようなものであり、退職自体が会社側にとっては決して愉快なことではないはずですから、それに輪をかけて会社の勤務体制への不満を正直な理由として伝えることは良い方法だとは自分には思えません。

ぜひ真似して欲しいとまでは言いませんが、今退職を言い出せずに悩んでいると言う方はこうした方法も検討してみるべきではないかと思います。」

円満退職失敗例「弁護士に救いを求めなければならなくなってしまった」(仮称B氏30代男性)

131-03
kuchikomi_01「私はあるブラック企業を逃げるように退職してしまいましたが、その後大変な苦労をしましたので反面教師になればと思い、恥ずかしながら退職の失敗談として自分の経験をお伝えすることにしました。

退職について法律を勉強した方はご存知かも知れませんが、従業員は2週間前に退職の申告を行なえば会社の承認がなくとも法律上退職は可能になります。

それで私が何をしたかと言いますと、説得するのは無理だと思い込んでしまい、帰宅する直前に「これをお願いします」と言って上司に退職届を渡し、その後は上司と会話もしようともせず逃げるように会社を後にし、翌日から出社しないと言う強行策に出てしまったことです。

私には消化できていない有給休暇が2週間分以上ありましたら、それを消化するという形で出社不要と考えた訳です。

2週間経過するまでは正直ビクビクしていましたし、一度自宅に会社から電話がありましたがそれも無視しました。とにかく2週間経過してくれれば退職が自動的に成立するからそれまでの辛抱だと考えてしまったのです。

それでようやく2週間が経過し、これで晴れて退職者となれたと思い、会社から再び電話がかかってきたので「もう恐れる心配はない」と考えて今度は電話に出ました。

すると電話してきたのは社長で、要は休暇手続きも取らず私が勝手に業務を放棄したことで会社が莫大な損害が受けた、損害賠償しろ、でなければ私を訴えるといった脅迫めいた内容でした。

確かに休暇取得の手続きまでは行っておらず、その点は私にも落ち度があったので、目の前が真っ暗になると同時に汗が吹き出てきて、どうしていいかわらずにパニックになってしまいました。そんな時、たまたま世話好きな友人が電話をかけてきてくれて、私が呂律が回っていない状況から異変を察知し、私の自宅まで駆けつけてくれました。

その友人のお陰でようやく正気を取り戻せ、友人のアドバイスもあって労働問題に強い弁護士の先生に相談を仰ぐことにしました。

その結果、弁護士の先生が社長と会って交渉を行ってくれたことで和解となり、私の退職も正式に承認してもらえ、その後損害賠償請求されることもなく、しかも少額ながら退職金まで受け取ることができました。

しかし、退職金は弁護士の先生への支払いでほとんどなくなってしまいました。

私にとっては高く付いた授業料ですが、確実に言える事は話し合いも拒否して退職を強行するといったことは例え相手がブラック企業でも決してやってはならいないということです。どうか皆さんは決して私の二の舞にはならないようにしてください。」

特に2人目の方の場合はかなりのブラック企業で、難癖をつけてきたパターンです。こういう場合に対応するため、退職願(退職届)は「内容証明付き郵便」で送るべきです。これならば出社しなくても退職の意思表示を公的にしたことになります。社長の脅しは「難癖」に変わります。

どうしてもやめられない場合は最後の手段「退職代行サービス」を利用しよう

2人目の事例のように、円満退職どころか、退職の撤回や損害賠償を求めてくるような超ブラック企業の場合は、「円満」よりも「退職の成功」を優先させましょう。

最近では民間の「退職代行サービス」のほか、弁護士も退職手続きを手伝ってくれるところが増えてきました。お金はかかりますが、ずるずるとブラック企業を辞められないのよりははるかにマシです。

以下の記事を参考に、円満退職が無理と判断した場合は、辞めることを優先してください。とにかく今の環境から脱出しましょう。

※参考
退職代行とは?弁護士を使うメリット&デメリット※仕組みとおすすめのサービス業者4選

円満退職のコツと体験談 退職・会社を辞める方法  まとめ

  • 円満退職をした方が退職後のリスクが少なくモチベーションが上がる
  • 円満退職するためにはスケジューリングをしっかりして早めに行動する
  • できれば3か月前には辞める意思を上司や人事には伝えたい
  • 会社側の条件をすべて飲むことが円満退職ではない
  • 会社への返却物を事前に確認しておくこと
  • 有給休暇消化など自分の意思をしっかり通して対立せずに辞めるのが円満退職
  • 翻意などによって辞める意思が揺らがないようにする
  • どうしても円満退職できなそうな場合「退職代行」を使うのも1つの手
★あわせて読みたい