転職時の年末調整はどうする?自分で確定申告するパターンは?

転職時の年末調整はどうする?自分で確定申告するパターンは?

転職したんですけど、年末調整ってどうすればいいんでしたっけ……?

もしかして、自分で確定申告しなきゃダメですか?

この記事では、転職した時に年末調整ができるか、それとも自分で確定申告をしなければならないか、ケースごとに解説していきます。

年末調整は、12月に給与をもらった会社で行いますよ。

退職して翌年1月以降に転職したなら、自分で確定申告を行う必要がありますね。

また、1年に2回以上転職した場合に、年末調整ができるかどうかについても書いています。

この記事を読んで、あなたも年末調整や確定申告を忘れずに行ってくださいね。

転職した時に年末調整ができるケース・できないケース

転職した時に年末調整ができるケース・できないケース

早速、転職時に年末調整ができるケースとできないケースを見ていきましょう。

  • 年末調整できるケース…前職を辞めてから年内に転職
  • 年末調整できないケース…前職を辞めてから翌年以降に転職

年末調整できるかできないかは、仕事を辞めたその年のうちに転職したかどうかがポイントです。

詳しく見ていきましょう!

12月に給料を受け取る会社で年末調整ができる

年末調整ができるのは、前職を辞めてから年内に転職したケースです。

例えば、2019年の6月にA社を退職して、2019年の10月にB社へ転職し年末まで勤めたら、B社で年末調整ができますよ。

この場合、A社を退職した時にもらった源泉徴収票を転職先のB社に提出して、年末調整をしてもらいます。

「その年の年末調整は、12月に給料を受け取る会社で行う」と覚えておきましょう。

翌年1月以降の転職なら自分で確定申告する

一方、年末調整ができないのは、前職を辞めてから翌年以降に転職したケースです。

例えば、2019年の10月にA社を退職して、2020年の1月にB社へ転職したら、A社の分の年末調整はできません。

この場合、A社を退職した際にもらった源泉徴収票で、退職した翌年に自分で確定申告する必要があります。

「仕事を辞め、その年の12月に雇用されていないなら、自分で確定申告が必要」と覚えておきましょう。

確定申告の際は、失業保険の受取の有無や国民年金・国民健康保険の支払いの有無をしっかりと申告しましょう。

また、所得税の還付を受けられることもあるので、よく確認しておくと良いですよ。

1年に2回以上転職した場合は?

じゃあ、1年の内に2回以上転職した場合って、年末調整はどうなるんですか?
こういったケースも、年末調整は12月に給料を受け取る会社で行いますよ。

各会社から退職時に源泉徴収票をもらい、12月に勤めている会社に提出して、年末調整をしてもらいます。

1年に2回以上転職したけど、12月は雇用されていないというパターンも、上で説明したのと同様に自分で確定申告を行ってください。

1年間の転職回数に関わらず、年末調整は12月時点で雇用されている会社で行うというわけです。

転職時の年末調整は控除などをよく確認しよう

ここまで、転職時の年末調整について見てきました。

最後に、年末調整できる・できないケースをおさらいしておきましょう。

まとめ

・年末調整できるケース…前職を辞めてから年内に転職
・年末調整できないケース…前職を辞めてから翌年以降に転職

転職時の年末調整や確定申告では、控除などをよく確認して申告してください。

払い過ぎた税金などは、しっかりと清算しましょう。

この記事を参考に、年末調整できるかどうかを確認して、適切な手続きを踏んでくださいね.

源泉徴収票 転職先への提出は必要!?退職時から提出までやっておくべき事まとめ