退職時のお菓子やスイーツの本当に喜ばれる選び方とメッセージ付きの配り方

退職時に喜ばれるお菓子と配り方

お世話になった職場を退職するとき、あいさつと一緒にお菓子を送ると喜ばれます。

様々な折に触れて菓子折りを持参してというのは日本的ではありますが、それで円滑な人間関係が維持され、いい雰囲気の中で「円満退職」できれば、気持ちよく次のステージに進むことができます。

退職後も、前の職場の人たちと交流が続けば、直接的な利害関係のない、大きな財産になるかもしれません。辞めた会社の人と一生のお付き合いになることも珍しくありません。

今回は円満退職に不可欠な退職時のお菓子やスイーツの選び方、渡し方、タイミング等について考えてみたいと思います。これがうまくいけば、温かく職場を辞めることができるはずです。

退職時に喜ばれるお菓子の渡し方を知るメリットはこれ!

  • いい人間関係を維持しながら円満退職ができます
  • 渡すべきお菓子の相場や中身を知ることで恥をかかずに済みます
  • どういう人にどのくらいの値段のお菓子を渡すのかわかります
  • お礼の伝え方はお菓子だけではありません
  • 誰もが悩む「のし」の選び方がわかります

大前提 お菓子を渡すのは義務ではなく、そういうことがNGの職場もあります

NGの職場もある

まず、大前提として、退職時にお菓子を渡すのは、日本的な「慣例」であり、義務でも法律で決められているわけでも、(おそらく)就業規則で決められているわけでもないということです(就業規則に「辞める時はお菓子を」とあればブラック企業でしょうね)。

円満退職のための「潤滑油」としての役割なので

  • 会社と喧嘩して辞める場合
  • ネガティブな理由で転職する場合
  • 「こんな会社二度と来るか!」と辞表を叩きつけた場合
  • 会社のせいでうつ病などになり退職する場合
  • リストラされる場合

などは、ムカついて腹に据えかねていると思いますので、渡さなくてもいいです。
そもそも、退職日に出勤していないかもしれませんよね。
配りたくない場合は配らなくてOKです。

転職情報サイトによっては「退職理由がネガティブでも、職場に感謝はあるはず。できれば退職の挨拶としてお菓子を用意しましょう。」とありますが、そこまでストレスを感じて辞める必要はないです。
お菓子を買うお金で焼肉でも食べに行った方がよほど精神衛生上いいですね。

あくまで「円満退職」で「お互いに気持ちよく辞めたい場合」「退職後もある程度良好な関係を保ちたい場合」に限ってお菓子を用意しましょう。

また、公務員の世界やコンプライアンスに厳しい(というか勘違いしている)会社の中には、お菓子を送ることを賄賂や買収に当たると判断されNGの職場もあります。その場合は、もちろんお菓子を用意する必要はありません。

あくまで「慣行」「慣例」であり「しなくてはならないこと」ではありませんので、そこまで深刻に考えなくて大丈夫です。
悩むくらいならお菓子なしで問題ありません。

誰にお菓子を渡すべき?20名~30名を基準にしましょう

誰にお菓子を渡すべき?

お菓子を職場の人に渡そうと決めた場合、誰に渡すのかがまず悩むと思います。
数百名いる会社の場合、全員に渡していては大変です。

社員だけではなく、派遣社員やアルバイトの人にも差をつけずに渡してください。
むしろ、その人たちに実務や作業をお願いしていたはずですから、一番直接自分の仕事でお世話になった人のはずですからね。

基本的に以下のような基準で考えて下さい

  • 20名~30名を上限とする
  • 中小企業で全社員20名~30名以下の場合全員に渡す
    それ以上社員(派遣やバイトも含む)がいる場合、自分の部署+特にお世話になった人
  • 同じ部署の場合、すべての人に渡す(渡さない人を作らない)

職場自体はいい職場だったけど、数名ムカつくやつがいて、その人たちにだけ渡さないというのはNGです。
「差をつけられた」と思われると、最後に不評を買ってしまいます(渡されなかった人だけではなく、渡した人も「この人心が狭い」と思います)。

お菓子の金額は1人100円~500円 役職で差をつけない

お菓子の相場は義理チョコ程度

ただし、特に本当にお世話になった人がいて、その人には心がこもった手紙やお菓子を渡したい場合、どこかで2人になり直接渡したい場合は、その人だけ高いお菓子を渡したい場合はそれもOKです。

1人当たりのお菓子の相場ですが、100円~500円(渡す人数が少ない場合)。
総額で3000円~4000円くらいで大丈夫です。

要は、バレンタインの義理チョコと同じくらいの相場と考えていただければ結構です。

ただし、渡す人の役職で差をつけないことが重要です。

「部長には1000円のお菓子、課長には700円、バイトの人は100円でいいや」そういう考えはNGです。みんなに等しくお世話になっているわけで、全員に同じものを渡しても怒る人はいません(同じものを渡さない方が怒る人がいるでしょう)。

一方で、特に本当にお世話になった人がいて、その人には心がこもった手紙やお菓子を渡したい場合、どこかで2人になり直接渡したい場合は、その人だけ高価なお菓子を渡しても大丈夫です。

要は餞別の品に差があることをみんなに知られてはダメだということです。
和をもって丸く収めるにはここが大切です。

社長へのお菓子は大企業なら不要!中小企業なら先例による

社長へのお菓子は?

社長を始め役員に特別なものを渡す必要は基本的にありません。
特に大企業の場合、わざわざ社長室に赴いてお菓子を渡す必要はまったくなく、むしろ渡しても突き返されるでしょう。

もし社長から退職辞令を受ける場合、その時に感謝を伝えれば十分です。

一方、10名~20名の中小企業の場合、社長に高いお菓子を渡すべきか悩むと思います。
筆者としては渡さなくてもいい(他の人と同じものでいい)と考えますが、社内の慣例、先例があるならそれに従ってください。

特に地方(田舎)の場合、村社会の実力者が社長である可能性もあり、そういう人の機嫌を損ねて退職することは今後にマイナスになるかもしれません。まぁ、気を遣って菓子折りを渡しても損はないはずです。

一方、都市部の場合は社長に特別なお菓子を渡さないで辞めるデメリットはあまりありません。
あとはみなさんが気持ちよく辞められる方を選んでください。

お菓子の種類は焼き菓子で!

お菓子の種類は焼き菓子

渡すお菓子ですが生菓子(ケーキ、饅頭など)ではなく焼き菓子にしてください。
「スイーツ」でなくて、和菓子やしょっぱいお菓子でもOKです。

  • 常温保存ができ(職場に置いても大丈夫)
  • 賞味期限が長く
  • 個別包装してあるもの

にしましょう。

つまり、日持ちをしてもナイフを入れたり取り分けたりしなければいけないもの(シュトレンや缶に入ったおせんべいなど)は不適切です。

各自、お菓子を自分の机にしまっておくことができ、好きな時に食べれるようなものが適切です。

さらに気を遣おうとすれば、結婚式の引き菓子のように「割れ物は避ける」(割れやすいサブレやおせんべいは避ける=縁が割れる、途切れる)などがありますが、そこまで徹底しなくても大丈夫です。

お菓子の配り方、配るタイミングは?

配るタイミング

円満退職ならば、部署内で最終日(最終出勤日)に挨拶をするタイミングがあるはずです。
その挨拶が終わった後に、「ありがとうございました」とお礼を言いながら渡せばいいでしょう。

自分の部署以外の人にもお菓子を渡す場合は、退職の挨拶に行った時や、関連部署の代表者(上司ではない、担当者)や事務の人に渡して配ってもらいましょう

営業所などで、みなさん出払っている場合は、共有スペースなどに、メッセージを添えて置いても構いません。

できれば一人一人に手渡したいところですが、感謝の気持ちが伝わればそれでOKです。
就業時間中でも渡して問題ない職場であれば、就業時間やほかの人の残業が終わるまで待つ必要はありません。

お菓子にはプチメッセージを付けると気持ちが伝わります!

プチメッセージ

短くていいので、手書きのメッセージをお菓子の包装に付けて(テープやホチキスなど)渡すと、感謝の心が伝わります。
本当に短文(プチメッセージ)で構いません。

「今までどうもありがとうございました。○○さんに教えていただいた▼▼(スキル)は転職後も役立つと思います」
「一緒飲み屋で語り合ったあの話、自分には大きな刺激になりました」
くらいの内容で構いません。

ワープロで打ったものをコピーしてお菓子に貼り付けるのは却って、無機質で冷たい印象を与えます。
それをするくらいならばメッセージを付けないでお菓子だけ渡した方がましです。

お菓子に「のし」はつける!?箱単位で渡すならば付けてもOK!

菓子折りごと渡すなら 熨斗はあった方が丁寧

これまで書いてきたように、退職の際のお菓子は菓子折りではなく、個別包装の「プチギフト」形式が望ましいのですが、部署単位で「退職します」と菓子折りごと渡す場合、のしをつけた方がより丁寧さが伝わります。

付けるのし(熨斗)は

  • 表書き:「御礼」(下に自分の名前)
  • 水引:紅白
  • 結び方:蝶結び

にします。

退職はめでたくない場合もあり、水引は「蝶結び」ではなく「結び切り」ではないか?と思われるかもしれませんが、この先も新しいステージが待っていて、この職場でのご縁はこれっきりではないからこその円満退職ですから、今後もいい関係が続くように「蝶結び」にします。

堅苦しくはありますが、丁寧さと感謝の気持ちはのしがあると伝わります。

ただし、水引を「結び切り」にしてしまうと、「二度と関わりたくない。この関係はこれっきり!」と「宣戦布告」することになるので、間違ってもそうしないようにしてください。
退職後、労災や訴訟を起こすつもりの「反撃ののろし」ならばそれでもいいのですが。

退職のお礼に渡したいおすすめのお菓子、スイーツ5選

最後に何件か、退職のお礼にふさわしいお菓子を紹介します。実際にお店に行かずに通販でも買えるので手軽です。

東京會舘 プティガトー

プティガトー TK-32
プティガトー TK-32 (15種58枚入) |東京會舘

丸ビルそばにある歴史と伝統のサロン『東京會舘』のクッキーです。個性豊かなクッキーの詰め合わせになっています。個々のクッキーに包装がされているので、ばらしてそれぞれに渡しても、箱ごと部署単位で渡しても問題ありません。

賞味期限120日なので、日持ちについても大丈夫ですね。

資生堂パーラー チーズケーキ

資生堂パーラー チーズケーキ
チーズケーキ 12個入り|資生堂パーラー

銀座の名店『資生堂パーラー』のチーズケーキです。
北道産の小麦粉を使ったビスキュイ生地、デンマーク産のとろけるクリームチーズが高級感を漂わせています。
1個1個包装されているので、包丁で切らなくてそのまま渡せます。

賞味期限60日で、こちらも日持ちOKです。

新宿高野 果実マドレーヌ

新宿高野 果実マドレーヌ
新宿高野 果実マドレーヌ12入|高野

高級フルーツの名店『新宿高野』の焼き菓子です。高野らしく、シロップ漬けしたフルーツをのせて、丁寧に焼き上げているマドレーヌです。しっとりとした食感や高野のフルーツがやさしい味わいを出しています。個別包装されています。

賞味期限90日で、こちらも日持ちします

千疋屋総本店 フルーツフィナンシェ

千疋屋総本店 フルーツフィナンシェ
フルーツフィナンシェ 12個入|千疋屋総本店

高野同様高級フルーツの名店『千疋屋総本店』のフルーツをふんだんに使ったフランスの焼き菓子です。の延べ棒をかたどったパリのお菓子で、口の中でやさしく甘さが広がります。やはり個別包装されていて、プチギフトとして使えます。

賞味期限は75日で問題ありません。

銀座あけぼの それぞれ

銀座あけぼの それぞれ
それぞれ|銀座あけぼの

お正月の格付け番組で、YOSHIKIさんが食べていて話題になったせんべい(おかき)です。6種類の中身の異なるおかきの詰め合わせ箱になっています。この大きさならば「割れる」こともありませんので、おせんべいでも大丈夫です。

80日間日持ちしますのでこちらも大丈夫です。

退職時のお菓子やスイーツの本当に喜ばれる選び方とメッセージ付きの配り方 まとめ

まとめ

  • 退職時にお菓子を配ることは必須ではなく慣例。嫌な人は配らなくてよい
  • 円満退職を心掛けたく、かつ本当に職場に感謝しているならば渡した方がいい
  • 渡す人は多くても30名くらいまで。人数が多い会社は全社員や社長に渡す必要はない
  • お菓子を渡す場合は社員も派遣もバイトも区別せず同じものを渡す。差をつけないこと
  • 非常にお世話になった人には1対1で会い個別に高い贈り物をするのはあり
  • 1個1個個別包装されているお菓子を渡す
  • お菓子の相場は1人当たり高くても500円くらいの「プチギフト価格」
  • 常温保存でき日持ちするものにする
  • 短文でいいので手書きのメッセージを添えると感謝の気持ちが伝わる
  • 出勤最終日に退職のあいさつのタイミングで手渡すのがベター
  • 箱に「のし」をつける場合は「『御礼』」「紅白の水引」「玉結び」にする

 

こちらの記事も読まれています