転職サイトは近年増加の一途を辿っており、サイト間の競争は熾烈さを極めています。

その結果、近年では転職サイト間の競争はWEB上のコンテンツに留まらず、転職サイトが主催するイベントの優劣も転職サイトの人気を左右する重要なファクターとなってきました。

今回ご紹介する「Re就活」もWEB上のコンテンツに加え、「就職博・転職博」といったイベントで人気を博している実力派の転職サイトです。

ではRe就活とはどんな特徴を有している転職サイトなのか、またRe就活が主催する「就職博・転職博」とはどのようなイベントなのか詳しくお伝えして参ります。

Re就活とは・その特徴や利用メリットについて

Re就活は転職エージェントではなく「転職サイト」

Re就活とは東証一部上場企業の株式会社学情が運営している「転職サイト」です。

転職サイトとは、求人情報や転職に役立つ情報を提供する情報提供専門のサイトのことです。

転職サイトはよく転職エージェントと混同されがちですが、転職エージェントとは利用者へ個別に求人企業を紹介し、採用が成立するよう様々な働きかけや支援を行う等パーソナルなサービスを提供する事業者のことです。

転職サイトではそうしたパーソナルなサービスは行いませんので、両者の違いもぜひ理解しておいてください。

Re就活の対象は20代の方々なら誰でも対象!

Re就活は転職サイトと言っても、転職を検討している求職者を幅広く対象としている訳ではありません。

Re就活は「20代に特化した転職サイト」であり、20代の方であればキャリアや経験に関係なく、全ての方を対象としている点が特徴です。

20代には現職に勤めながら転職を図ろうとしている方だけでなく、第二新卒や社会経験のない既卒やフリーター、ニートという立場の方々も他の年代以上にたくさんいます。

そうした就職に不利な20代も積極的に対象者として、情報提供サービスを行っているのがRe就活です。

未経験、キャリアチェンジOKの若手を欲する求人に抜群の強み!

既卒者やフリーター、ニートは第二新卒以上に就職で不利と言われていますが、なぜ不利かと言えば「実務経験がない」からです。

また、第二新卒の方々であっても不利になる場合があるのが「キャリアチェンジ」、即ち全く未経験の職種へ就職や転職をはかることです。

ところがRe就活に登録されている求人は全て「未経験・キャリアチェンジ歓迎」の求人ばかりです。

つまりRe就活は「未経験」がハンディにならない求人情報提供に特化することで、20代の就職や転職実現に貢献している転職サイトなのです。

登録利用者数は70万人以上・累計7千社以上!

Re就活がどれだけ多くの20代に支持されているか、数字で確認してみることにしましょう。

Re就活の利用者数はなんと70万人超。

Re就活は70万人超の20代から支持されている転職サイトと言えます。

一方求人企業との取引き実績ですが「20代で未経験・キャリアチェンジ歓迎」という厳しい条件があるにも拘らず、Re就活を利用してきた企業数は累計で7千社以上にのぼります。

・就職企業人気ランキングにも登場するような企業も!

しかも、Re就活を利用してきた求人企業の中には

  • 三井住友銀行
  • 角川書店
  • アマゾン
  • 京都大学
  • メットライフ生命
  • ニプロ

など、就職企業人気ランキングにも登場するような人気企業や名門の国立大学法人なども名を連ねています。

こうした企業は学歴や職歴ですばらしいキャリアを誇る求職者でも転職が難しいものですが、そのような名門企業へ「未経験」で就職できるチャンスが得られるのもRe就活の魅力と言えます。

転職イベントが充実している!

Re就活の特徴を語る上で欠かせないのが、本記事の冒頭でご紹介した「転職博・就職博」をはじめとしたイベントが充実している点です。

例えば2017年7月実績でご紹介すると、7月14日以降で全国で開催されるイベント回数は12回にも及びます。

二週間で12回ですから”毎日のようにイベントが開催されている”と言っても決して過言ではありません。

では、Re就活の人気イベント「転職博・就職博」とはどのようなイベントか、この後詳しく説明して参りましょう。

Re就活の転職イベント「転職博・就職博」とは?

転職博・就職博とは

「転職博・就職博」をそれぞれ簡単にご紹介しますと

  • 転職博:20代の若手社会人や第二新卒を主な対象とした企業合同説明会
  • 就職博:第二新卒、既卒、フリーターに新卒も対象とした企業合同説明会

となります。

つまり転職博も就職博も共に「企業合同説明会」のイベントだが、「対象者」が異なっているということです。

転職博・就職博に共通した特徴

転職博と就職博は企業合同説明会という点が共通していますが、次のようなイベント内容や開催方法なども共通しています。

  • 入場料無料
  • 参加時に履歴書は不要
  • 入退場は自由
  • 服装も自由
  • 事前予約方法(Re就活のログイン後のページで行う)
  • 就職や転職に役立つ特別講座が実施される

つまり対象者と参加している求人企業が異なっているだけで、イベントメニューや実施方法などは転職博も就職博も変わらないと言えます。

「転職博・就職博」の開催スケジュールをご紹介

では2017年7月後半以降で実施される転職博・就職博の開催スケジュールを抜粋してご紹介しておきます。

転職博

・7月15日(土):大阪
・開催場所:梅田ホール
・開催時間:11:00~17:00

・7月15日(土):名古屋
・開催場所:ウインクあいち
・開催時間:11:30~17:00

・7月15日(土):福岡
・開催場所:福岡朝日ビル
・開催時間:11:00~17:00

 

就職博

・7月18日(火)・19日(水):札幌
・開催場所:アスティ45(16F 会議・研修施設ACU/アキュ)
・開催時間:7/18(火) 11:30~18:00
7/19(水) 11:00~17:00

・7月24日(月)・25日(火):東京
・開催場所:新宿エルタワー 30Fサンスカイルーム
・開催時間:7/24(月) 10:30~17:00
7/25(火) 10:30~17:00

・8月1日(火)・2日(水):横浜
・開催場所:そごう横浜9F 新都市ホール
・開催時間:8/1(火) 10:30~17:00
8/2(水) 10:30~17:00

 

Re就活の利用方法を内定までの流れでご紹介

Re就活の利用方法について、登録から内定を得るまでの流れを通じてご紹介することにします。

Re就活に会員登録する

Re就活を利用する場合にはまず新規会員登録手続きが必要です。

次にご紹介する「Re就活に会員登録する 」にアクセスし、氏名やメールアドレスなど必須項目に該当する事項を入力すれば1分程度で手続そのものは完了となります。

Re就活に会員登録する

プロフィールとWeb履歴書を入力する

会員登録手続きそのものは簡単に終わりますが、Re就活の機能をフル活用するには会員登録手続き完了後に画面に表示される「プロフィール」情報と「Web履歴書」についても入力しておくことをオススメします。

プロフィール情報もWeb履歴書も、画面の指示に従って必須となっている項目に該当事項を入力し、確認の上、完了ボタンを押せば登録できます。

尚、プロフィール情報やWeb履歴書の情報は後ほど加筆や修正することも可能です。

求人検索を行う

プロフィールなどの情報が入力できたら、Re就活の機能を全て利用できるようになります。

では求人検索を行ってみましよう。

Re就活トップページ上部の見出しにある「求人を探す」を押せば、求人検索画面が表示されます。

キーワードやエリア、職種、対象などの条件を選択して検索を行って下さい。

気になる求人は「気になる」ボタン、応募する場合は詳細ページから「応募する」ボタン

検索結果の中でもし気になった求人があれば「気になる」ボタンを押しておくと、会員ページに保存されますので後からじっくりと検討を行うことができます。

求人へ応募する場合にはまず「詳細を見る」ボタンを押し、各求人の詳細ページを表示させます。

そこには検索結果には表示されていない、各求人に関する詳細情報が紹介されていますので、それらに目を通し、気持ちが変わらなければ画面の下部にある「応募する」ボタンを押します。

すると応募用の画面が表示されます。

既にプロフィール等の入力を終えている場合にはブランクとなっている項目はほとんどないはずですが、念のため情報に誤りがないかを確認した上で送信ボタンを押せば、応募手続きは完了です。

スカウトを受けることも可能

Re就活では自分で求人を検索し、応募するのが一般的な使い方ですが、求人企業からスカウトを受けるという方法もあります。

求人企業からスカウトを受けるにはログイン後に「スカウトサービスを利用する(無料)」を選び、画面の指示に従ってスカウトの設定を行います。

設定とは要は自分のプロフィールや履歴情報の公開設定のことで、個人情報以外の情報が設定条件に応じて求人企業側に公開されることになります。

プロフィール情報を閲覧した求人企業が関心をもった場合に、企業はスカウトメールを利用者へ送ります。

スカウトメールを受け取った利用者は、相手企業の情報などを確認し、関心があればそれに応じる回答を行うと求人企業とやり取りができるようになります。

応募手続き後は求人企業の担当者と直接メールや電話でやり取りを行う

応募手続きが済んだら、求人企業の採用担当者からメール又は電話で連絡が入りますので、この後は連絡をくれた担当者と直接電話やメールでやり取りを行い、面接の日程などを協議します。

尚、Re就活の場合Web履歴書が相手企業に送られますので、追加で書類の提出を求められることはほとんどありません。

面接→内定

面接は緊張するかも知れませんが、Re就活の特徴をぜひ思い出すようにしてください。

Re就活の求人は全て「未経験・キャリアチェンジ歓迎」という求人です。

業界経験がないことを前提にしている訳ですから、仕事内容に対する理解が乏しくとも気にする必要はありません

それより自分がなぜ応募先に関心を持ったか、自分なりの言葉で正直に気持ちを伝えることが大切です。

面接の結果、合格となれば「内定」となり、内定を受諾し、就職することを確定したら入社決定となります。

以上がRe就活の使用方法です。

Re就活のデメリットは何?

20代の第二新卒、既卒、フリーターの方々にとって頼もしい転職サイトと言えるのがRe就活ですが、Re就活にもいくつかデメリットがあります。

その点も確認しておきましょう。

  • 求人エリアで強いのは関東、関西、東海、九州エリア。それ以外の例えば北海道や東北、中国、四国などは求人数がかなり少ない。
  • 「学歴不問」の求人は限られている。大卒が条件となっている場合が多い。
  • 30代以上の既卒者やフリーターも登録はできるが、対象となる求人はほとんどない。

Re就活利用者の声をご紹介!

「既卒脱出!メーカーの営業マンとして活躍中です」(20代・男性)

「新卒で就職に失敗しため、既卒のフリーターとして生活していましたが将来不安から一刻もはやくこの状況から抜け出したいと考え、利用することにしたのがRe就活です。
既卒の就職は大変厳しいことは理解していましたので、簡単には就職できないと考えていましたが、Re就活で求人検索を行ったら「既卒歓迎」の求人が何百件もあることに気付き、大いに勇気づけられました。
また誇れるようなキャリアは何もないと思っていましたが、こんな自分でもプロフィールを公開したら多数の企業からスカウトメールをもらうことができました
正直驚きましたが、このことで自分に自信が持つことができたと思います。
そのことが良かったのか、スカウトを頂いたあるメーカーに関心を抱いたので応募してみたところ面接後に即内定を頂けました。
つまり登録後、最初の面接で一発合格を果たせた訳です。
現在その会社の正社員営業マンとして日々頑張っていますが、後輩の皆さんもRe就活を上手に利用してぜひ就職を果たして欲しいですね。」

 

「転職博で就職先に巡り合うことができました」(20代・女性)

「私は新卒で入社した会社がは合わなかったので、3年たたずに第二新卒というい身分になりました。
第二新卒専門の転職サイトはいくつかありましたが、上場企業が運営しているRe就活が一番信頼できそうだったので利用することにしました。
Re就活は求人検索やスカウトも勿論良かったですが、私の場合は転職博で結果が出ました
東京会場の転職博に参加したのですが、本当に第二新卒歓迎企業ばかりでしたし、求人企業担当者の方の話しが直接聞けたことも応募先を決める上ですごく参考になりました。
もしRe就活を利用される方はサイト利用だけではもったないですよ。
ぜひ転職博や就職博にも参加してみて下さいね。
万一結果が出なくてもきっと得られるものがあるはずです。」