なかなか内定が出ないと、不安や焦りが襲ってきますよね。
「就活やめたい!」と心の中で叫んでしまうこと、ありませんか?
ときには、自分が社会から必要とされていないのでは……というマイナス思考に陥ってしまいます。
一体、どんな時に就活をやめたいと思うのでしょうか?
また、その対策としてどんなことをすれば良いのでしょうか?

こんな時に逃げ出したい!就活を辞めたいと思う理由ランキング

一体、どんな理由から就活を投げ出したくなってしまうのか。
その理由をランキング形式でご紹介します。
どれかひとつは心当たりがあるのではないでしょうか?

1位:最終面接で落とされ続ける

面接で落とされ続けると、心理的なダメージが蓄積していきます。
面接自体が非常にエネルギーを使うものですからね。
また、自分を否定された気分になったり、「何かまずいことを言ったかな」と疑心暗鬼になったりと、過ぎたことを振り返りがちです。
しかも最終面接までこぎつけたのなら、内定はもうすぐそこのはず。
手が届きそうで届かない状態が続くと、その小さな一歩が永遠に縮まらないような気さえしてきますよね。
「落とすなら書類で落としてくれ!」と叫びたくなる人も多いはず。

2位:圧迫面接で罵られる

最近ではあまり激しい圧迫面接がないようですが、それでも必ず仕掛けてくる企業があるもの。
ストレス耐性やとっさの切り替えし、感情を抑える力があるかなど様々なテストを兼ねているとはいえ、できれば圧迫面接は避けたいですよね。
就活する側は立場が弱いわけですから、そこに追い打ちをかけるようなプレッシャーは勘弁してほしいものです。

3位:志望動機が思いつかない

就活に必要な書類の中でも、「何を書いたら良いのかわからない」「ネタが尽きた……」と頭を悩ませがちなのが志望動機です。
「正直内定が出ればどこでも良い」「給料の額しか興味がない」という理由が大半で、強い志望動機がない人は多いもの。
これといって特徴のない企業に応募する場合、無理矢理にでも志望動機を考えていると、1日が終わってしまうこともあります。
書類作成の段階で疲れ果ててしまい、就活を辞めたくなりますよね。

4位:面接にたどり着けない

現在の就活は、セミナー参加、エントリーシート作成、履歴書提出、面接数回……とステップが多いことが特徴です。
面接にたどり着くだけでも、幾多の関門をくぐり抜けなくてはなりません。
このような状況に加え、エントリーシートや書類選考の段階で落とされ続けていては、モチベーションはダダ下がりです。
面接にさえたどり着けないと、そもそも書類を作る気すらなくなってきます。

5位:ブラック企業のニュースを見たとき

近年何かと世間を騒がせがちなブラック企業のニュース。
最近でこそ少し静かになりましたが、まだまだ長時間労働、過労死、残業代未払い、パワハラなどのニュースを見かけます。
ブラック企業の酷い実態を知るごとに、「苦労して内定をとってもこんな世界なのか……」と社会に絶望してしまうこともあるでしょう。
就活で疲れた心にジャストミートすると、一気に就活を辞めたいと思ってしまいます。

就活を辞めたいと思ったときにおすすめの対策


筆者も就活に心を折られそうになったことがあります。
就職氷河期の終盤に就活をしていたため、企業はどこも「即戦力」「経営者視点」といったフレーズで就活生にプレッシャーをかけてきました。
冷静に考えれば、ただの大学生に実務能力も経営者視点も備わっているはずがないのです。
しかし、その時は「自分の能力が足りないんだ」と自己否定に走ってしまったことがあります。
このように、就活を辞めたいと思うときは、自己否定やマイナス思考にとらわれているからなのです。
そこで、自己否定やマイナス思考を和らげる方法をご紹介します。

一旦すべて投げ出す

就活を一切やめてしまえということではありません。
1日でもいいので、就活から離れる日を作りましょう。
頭の中から就活のことを追い出すつもりで、全力で遊んでみてください。
最も簡単で、効果が期待できるリフレッシュ方法のひとつです。

不満や不安を紙に書きだす

これは「ブレインダンプ」と呼ばれる思考整理の方法です。
まず何でも良いので白紙を一枚用意します。
そこへ、心の声を何も考えずに書き出していってください。
はじめはろくに文章にならないかもしれませんが、それで良いのです。
「あつい」「お腹すいた」「眠い」「面倒くさい」など、何でも良いのでひたすら書き続けます。
そのうちに、自分が何に対して不安を抱いているのか、本当の声が出てくることがあります。
また、本当は何がしたいのかも見えてくるのです。
志望動機や企業選びで煮詰まってしまった場合は、有効な対策となるでしょう。

就職支援機関に相談する

何事も、一人で悩んでいては解決しません。
就活を辞めたいと思うほどに悩んでいるのなら、専門家のサポートを受けましょう。
例えば、「ハローナビ就活」では、イベントを通じてキャリアアドバイザーの支援を受けられたり、座談会スタイルで企業の採用担当と話ができたりと、
通常の就活とは少し変わった活動ができます。
堅苦しい面接のスタイルよりも、ざっくばらんに採用担当者と話すことにより、就活への不安が和らぐ可能性がありますよ。

通常の就活とは少し変わった活動って?

また、「東京しごとセンター」のような公共機関を使う方法もあります。
東京しごとセンターは東京都が設置している「しごとに関するワンストップセンター」。
特に34歳以下のヤングコーナーが特徴的で、キャリアカウンセリングやイベント、実際の職業紹介から面接、内定までを徹底的にフォローしてくれます。
公共サービスとはいえ、その内容は就活サポートに特化したものであり、充実していますよ。
東京都に設置されていはいるものの、都内での就職を目指す方であれば、住所がどこであっても利用できるため、一度は足を運ぶ価値があるでしょう。

公共機関のサービスを受けてみよう

日本の就活はおかしい?海外の就活事情は?


日本の就活はここ20年ほどで早期化、長期化しており、大学生であれば1年近くも就活を続けることがあります。
これは「新卒一括採用」が主流となっている弊害といえるでしょう。
ある時期になると、みなが一様にリクルートスーツに身を包み、ぞろぞろと説明会に足を運ぶ……というスタイルは、海外からみると異様なのでそうです。
毎年決まった時期に、在学中の学生を対象に一斉に内定を出すというスタイル自体が、世界的に見ても珍しいのだとか。
では、海外はどのような就活なのでしょうか。

アメリカ

アメリカでは、企業は基本的に即戦力を求めています。
また、学歴が日本よりも重視されており、大学がマイナーであったり、成績が悪かったりするとそもそも応募すらできません。
そのため、だらだらと就活に時間をかける余裕などなく、学生は懸命に勉強します。
その一方で、長期休暇を利用した「インターンシップ」で企業に自分をアピールするのです。
大学の成績やインターンシップでの働きぶりが認められれば、企業へ採用されることになります。
簡単に言えば、日本よりも圧倒的に実力主義なので、形式的な就活は必要ないのです。

欧州

ヨーロッパでは、そもそも新卒という概念がありません。そのため、新卒で就職できなくても、ハンデにはならないのです。
日本とかなり違いますよね。日本には「新卒チケット」という言葉があるくらいですから。

韓国

韓国も欧州と同様に、新卒採用という概念がありません。
中途であっても新卒であっても、みな一様に同じ基準で採用されます。
つまり、即戦力重視ということ。
また、社員を募集する際は、日本のように年齢制限を設けることが禁止されています。
日本は年齢にこだわりすぎですよね。

 

まとめ

「在学中の新卒一括採用」を行っている日本の就活がいかにおかしいかわかると思います。
日本の場合、学歴や大学で学んだ内容は就活のときのみ役立つ傾向がありますが、海外では「勉強=戦力」という考え方があるのです。
そのため、学生は勉強を頑張ることがそのまま就職につながると考え、努力するわけです。
日本企業のように、入社してからその企業の色に染める「新入社員研修」といったものがありませんからね。
どちらが良いかは人それぞれだと思いますが、就活に無駄な焦りや不安がないぶん、海外の就活のほうが効率的だといえるでしょう。

理不尽な出来事で就活が嫌になったとしても、「日本の就活って変なんだな」くらいに考え、自分を責めないことが大切ですよ。
それでも不安が消えないときは、一人で悩まずに、「ハローナビ就活」や「東京しごとセンター」のような就職支援機関を目いっぱい活用していきましょう。
きっとどこかに、突破口が開けるはずですから。

とはいえ、やはり新卒のうちに就職が決まれば嬉しいな…
そう思っているあなたは、まずいろいろ企業に足を運ぶ前に出来ることがありますよ。

少しずつでいいんです。

たとえば、キミスカという就活サービスはとりあえず登録して、少しずつプロフィールを充実させていくうちに
企業の目に留まり、向こうからスカウトされるというもの。
そんな就活だってあるのです。
一度は立ち止まって良いのです。

しばらく立ち止まったら、次は出来ることから少しずつ前に進んでみませんか?

出来ることからまず始めてみよう