美容師から別業界に転職したいとお悩みでしょうか。

 

ずっと美容師で働いてきたけど、30代も半ばになれば体力・収入両方の面で辛いから別業界に転職したい。もう少ない休みで夜飲み歩けるほどの元気もない。

 

家族もできたし、長期的に安定した生活を送りたい。

美容師を続けていても、そのような生活を手に入れるのは難しそうと感じる人は少なくありません。

 

美容師と言えば、以下のような条件が多い業界です。

・休みは原則週1

・給与が低い

・休憩時間や休みも不定期

・研修などで休みがなくなることもある

 

若いうちはよくても、年齢を重ねると色々と厳しくなってきます。

でもほとんどの美容師は専門学校卒なので、美容師以外の業界では実質高卒と同じ立場になるのが基本です。

 

しかし、もし別業界の好待遇な会社に転職できれば、週休2日が約束されて給与の手取り20万円以上は確実。

 

各種福利厚生も充実しており、家族を養っていくのに不安な要素は何もありません。

同時に功績を重ねれば、社会的な立場も得ることができるでしょう。

 

この記事ではそれらの環境を手に入れるための方法について詳しくご紹介します。

 

もっと働きやすい業界・職種に転職したいけど、美容師からの転職でも大丈夫かな」と不安を抱えている人は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

本文の内容を上手く活用すれば、美容師のままでは手に入らない安定した休日・生活に困らない給与・社会的地位や立場を手に入れられます。

■美容師から別業界に転職は難しい?

相談掲示板やネットの情報を調べて「一般職の経験がない美容師が別業界に転職するのは難しい」といった意見が多く、不安を募らせている美容師は多いと思います。

 

実際に美容師から別業界に転職をした人の意見も多く、参考になる情報も多いですよね。

そもそも美容師という仕事をやっていくなかで、選べる選択肢は大きく分けて次の4つがあります。

1)雇われ美容師を続けて昇給・昇格を目指す

休みの少なさに関しては、美容業界全体で共通しています。

例外のサロンもありますが、ほとんどの美容室は月休み5~6日が基本です。

 

これは昇給や昇格での改善は期待できませんが、給与の面は立場を上げていくことで解決できる可能性があります。

 

ただ将来的に雇われ美容師を続ける場合は、給与以外にも体力的な問題を視野に入れる必要が出てくるので、現役時代をずっと雇われ美容師を続けるのは難しいかもしれません。

2) 美容師として別サロンに転職する

同じ美容師でも勤めるサロンによって給与や福利厚生の条件は大きく異なってきます。

 

サロンAの美容師は週休1日で月給17万であるのに対して、同じ時期でサロンBに勤め出した美容師は、土日祝休みで月給20万円というケースも珍しくありません。

 

美容師業界全体で休日数が少ないのはたしかですが、サロンの規模や運営方針によっては一般企業並みの休日及び給料を保障しているところもあります。

 

「美容師は続けていきたいけど、休みの少なさや給与的に厳しい・・・」

という葛藤に苦しむ美容師も多いです。

 

もしずっと雇われ美容師を続ける場合は、定年まで働き続けられるほど好待遇なサロンに転職するという道を検討してみるといいでしょう。

3)サロンオーナーとして独立する

雇われ美容師を数年続けたのち、自分のサロンをオープンして独立するのも1つです。

指名を受けていたお客をそのまま引き連れていけば、開店直後でもある程度の売上は確保できるでしょう。

 

自分がオーナーになれば、休日はある程度自分の都合に合わせることができます。

ただ実際には生活費を稼ぐために、少しでも多くの時間働こうとするオーナーがほとんどです。

 

前の職場から一部の顧客を引き抜いていくにしても、それだけで生活を立てていくのは難しいでしょう。

 

美容師として独立した人のなかには、アルバイトと並行して経営を行っているケースも少なくありません。

 

もし将来的に美容師として独立したいのであれば、雇われ美容師の時代から経営についても学んでおく必要があります。

給与や休日を理由に美容師からの転職を考えている人には、オススメできない道となるでしょう。

4)美容師から別業界・別職種に転職する

体力・給与・福利厚生・将来性など、さまざまな側面から考えた結果、美容師から未経験の業界に転職する人も多々存在します。

この記事を読んでいる人の多くも、恐らくこのパターンを想定している層がほとんどでしょう。

 

美容師は専門学校を卒業してそのままなるケースが多いので、他の一般職はほぼ未経験という人が多い業界です。

だからこそ他の業種に比べて、美容師は別業界への転職に不利なのではないか?と不安を感じやすくなります。

 

結論から言うと「あまり関係ありません

年齢にもよりますが、大学卒業後ずっとひきこもりだった人でも再就職できる時代です。

 

専門職とはいえ、ずっと社会でお客さんと接してきた美容師が、無職以上に転職で不利ということはまずありません。

 

もちろん、転職の条件を引き上げれば応募できる企業や内定を獲得する難易度は高くなります。しかし、それは美容師からの転職に限らずあらゆる人がそうでしょう。

◆美容師が転職先に求める条件

美容師から別業界に転職したいと考えている人の要望は、主に以下のような部分だと思います。

 

・年収は現状維持から上

・休日は週休2日(シフト・土日の希望は人による)

・残業が少ない/定時退社が基本

・定年退職まで働き続けられる

 

企業によって就業条件はさまざまですが、少なくとも年収維持と休日に関してはほとんどの会社が当てはまるでしょう。

 

残業は会社のビジネスモデルや時期によっても異なります。

対策として転職サイトや転職エージェントに相談する際、残業がない定時退社の企業を積極的に紹介してもらうといいでしょう。

 

最後に「定年まで働き続けられる」という部分ですが、これは会社よりも本人次第です。

会社の経営が傾いてリストラや解雇になる可能性や、美容師同様に年齢を重ねるとキツくなる仕事は避けたいということでしょう。

 

ある程度の従業員数(100名前後)がいる会社なら、営業・管理・事務・企画などさまざまな部署があります。

その中で役職も設けられているので、成果を上げていけば勤続年数に関わらず立場が変わっていくでしょう。

 

最終的には管理職や役員職というポストにつける可能性もあるため、事実上は定年まで続けられる会社となります。

しかし、成果を上げられなければずっと現場に居続けることになるので、体力的に厳しくなるときもやってくるでしょう。

 

目先の求人に記載された業務内容に注目するのはもちろん、将来的にどのようなポストがあるのかについても面接時に詳しく聞いておくことをオススメします。

◆美容師からの転職にオススメな転職サイト・転職エージェント

転職時には誰もが利用する「転職サイト・転職エージェント」には、非常に多くの種類があります。

 

また転職サイトと転職エージェントには以下のような違いあるので、自分に合ったサービスを利用しましょう。

 

転職エージェント:転職エージェントに相談しながら個別に求人を斡旋してもらう

転職サイト:サイトに掲載された求人に自分で応募し、直接企業とやりとりする

 

当サイトオススメの転職エージェント・転職サイトは、それぞれのサービスを各記事で詳しく解説しています。

 

会員登録から内定獲得まで全て無料で利用できるので、気になるサイトはどんどん活用してみてください。

 

・リクナビNEXT

リクナビネクスト【NEXT】で転職!評判と使い方ガイド

 

・リクルートエージェント

【リクルートエージェント】評判ガイド※ブラック企業求人を避けるテクニック

 

・マイナビエージェント

マイナビエージェントで転職!求人の種類と評判&使い方ガイド

■美容師の資格を活かせる業種・業界に転職

美容師から別の業界に転職する場合、どうせなら美容師の資格を活かせる仕事に就きたいと思っている人も多いです。

スタイリストなど美容サロン以外で美容師の資格を活かせる仕事は意外と少なく、関連性という意味では以下のような業種が就きやすいと言われています。

 

・美容ディーラー

・アパレルやファッション関係

・化粧品・美容品メーカー

 

いずれも美容師と深い関係にある職種ばかりで、研修会などを通して人脈も作りやすいというメリットがあります。

美容サロンで使われる美容グッズを開発・企画する側の仕事なので、美容師として現場経験がある人には有利な業界です。

■美容師の経験を活かせる仕事や職種に転職

美容業界自体から離れたいと思っている人は、美容師の資格ではなく経験を武器に転職活動を行うことになります。

 

一般職は未経験だから、美容師は転職に不利」と言われても、弱気になる必要はありません。なぜなら、未経験と思われている経験を美容師は積んでいるからです。

 

雇う側の会社からすれば肩書で「営業職」や「販売職」を経験したという人を探しているのではありません。実務で役に立つスキルや経験を持っている人を求めているのです。

 

美容師は「髪のスペシャリスト」のため、一般的には技術職だという認識をされています。

間違いではありません。

 

ただあちこちに美容サロンが乱立する現代において、美容師が「技術」を持っているのは当たり前です。

その中でお客を獲得していくには他サロンにない設備を導入するか、接客・サービスの品質で差別化するしかありません。

 

美容師をやっている中で会話の相性が良いお客・悪いお客もいたと思います。

状況によっては相性があまりよくない人とも会話をしながら、カットをすることもあったでしょう。

 

・会話の振り方

・ネタの選び方

・話しかけるタイミング

・無理に話しかけない方が良い人の見分け

など。

 

これらは美容師の「技術職としての経験」ではなく「接客・営業職」の分野になります。

販売職や相談窓口でもやることは変わりません。

 

つまり美容師はスタイリストとして仕事をしている以上、一般職の分野を嫌でも経験しているはずなのです

 

一般職で以下の職種を希望する人は、美容師としてどのような接客・対応を心掛けていたかをアピールすれば、一般企業が未経験でも問題ありません。

◆美容師の接客・対応スキルが活かせる職種

・接客業

・販売職

・営業職

 

今すぐではなく、いずれ美容師から一般企業に転職しようと検討しているのであれば、明日からでもお客の対応方法や接客方法に意識を向けてみるといいでしょう。

 

どう対応すればお客様がより満足するかを考えて試してみてください。

その試行錯誤は将来転職活動するときにあなたの強い武器となるはずです。