学生時代にスポーツに励んだ体育会系出身者の方が就職で優位になるという説はいまだに有力です。
厳しい練習に耐え、常に結果を出すために励み続けた体育会系出身者は企業でも活躍してくれるだろうと見られる傾向にあります。

しかし実際にはどんな企業や職種からの人気が高いのでしょうか。

体育会系出身者が就活時に見るべき人気の高い就職サービスを転職サイトと一緒に紹介します。新卒学生だけでなく、第二新卒や中途採用枠で求人を探している皆様も、ぜひお読み下さい。

体育会系出身者に向いている職業はこれだ!

体育会系出身者の売りと言えば何といっても頑丈で健康的な身体。
またスポーツに関する幅広い知識も仕事に役立てることができるでしょう。

上下関係が厳しいクラブや部活で経験を積んできた人は、礼儀やマナーをわきまえていることが多いので円滑な人間関係を築ける可能性が高いです。

資格がなくても就ける仕事も多く、これまでスポーツに打ち込んでいて資格を取る時間がなかったという人も気になる仕事を見つけられるのかもしれません。

スポーツのインストラクター・トレーナー

転職してからもスポーツに関わっていたい、という人にぴったりなのはスポーツのインストラクターやトレーナーです。
インストラクターというとスポーツセンターやジムで生徒を指導する人というイメージが強いですが、スポーツクラブや実業団で選手をサポートするプロ向けの仕事もあります。
ただ教えればいいというわけではなく、効率的なメニューを考えたり、選手のケガの処置をしたりと仕事内容は多岐に渡ります。

スポーツ雑誌や新聞のライター

体育会系でありながらも、本が好きだったり文章を書くのが得意だったりと文系要素も持ち合わせている人におすすめなのは、スポーツ雑誌や新聞のライターです。

豊富なスポーツの知識を取材内容に絡めて執筆するのは、とてもやりがいを感じられる仕事と言えるでしょう。
取材相手と良好な人間関係も構築しなければいけませんので、体育会で鍛えられた礼儀を活かせます。

不動産関連会社での施工管理や営業

とにかく男の世界であることの多い不動産業界
社内でも大きな声を出して活発に動き回らないといけないことが多く、かなりの体力が要求されます。

また営業ノルマが厳しい会社も多く、目標に対する意識が高い人でなければやっていけない可能性も高いです
施工管理など現場の仕事に携わるときにも重いものを運んだり、一日中外で動きまわったりするのでここでも体力が要求されます。

スポーツエージェントへの就職

NIKEやadidasといった超一流のスポーツメーカーから、地元のスポーツ用品販売店までスポーツ用品を取り扱う会社は意外と多いものです。
大手企業ではクライアントとの契約やプロモーションを選手に代わって行い、地元企業では学校や公共施設に取り入れるスポーツ用品の仕入れや納品を行います。
スポーツに携わるので、体育会系出身者にはぴったりと言えるでしょう。

意外と多い!体育会系出身者採用の多い日本企業

いまだに体育会系神話の根強い日本では、大手企業が体育会系出身者を積極的に採用することも珍しくはありません。

ここでは体育会系が強い大手企業を紹介します。

アシックスジャパン

言わずと知れた大手スポーツメーカーです。
特にランニングシューズの品質の良さには定評があり、有名なスポーツ選手からも愛用されています。
そんなアシックスジャパンではスポーツに詳しい体育会系出身者の方が戦力になると考え、積極的に呼びかけています。
スポーツメーカーの就職を考えている人にピッタリです。

エービーシー・マート

全国的に店舗を展開している靴販売店のエービーシー・マートでも体育会系出身者を積極的に採用しています。
スニーカーから本格的なアスリートシューズまでスポーツシューズの取り扱いが多いので、体育会系出身者は的確なものを提案できるでしょう。
またスポーツメーカーとの取引を行うこともあります。

大正製薬・大日本住友製薬

日本を代表する大手製薬会社の大正製薬と大日本住友製薬にも体育会系出身者が多い様子です。
製薬会社のMRともなると、激務であることが多く、営業の中でも人一倍体力が要求されるため、体力に自信のある体育会系出身者には向いています。

エースコック

カップラーメンで有名な食品会社・エースコックも体育会系出身者が多い企業のひとつ。
配達や現場視察などで動き回ることの多い食品会社は人と会う回数も多く、第一印象が良い傾向にある体育会系出身者が優遇されるようです。

キヤノンシステムアンドサポート

ちょっと珍しいのは大手メーカーのキヤノンシステムアンドサポートが体育会系出身者を募っているということ。
業務内容はパソコンや機械を使うことが多いのですが、前向きでガッツのある体育会系出身者であれば、まじめかつ熱心に仕事に取り組むだろうと考えているのかもしれません。

体育会系出身者なら知っておきたい就職・転職エージェント・サイトランキング

リクナビやマイナビなど就職・転職サイトは数多く存在しますが、その中にも体育会系出身者向けのサイトがあることはあまり知られてはいません。
いくつかあるサイトの中でも、特におすすめなのはどこなのか、ランキング形式で紹介します。

アスリート就職ナビ2018

「体育会の、あらゆるキャリアを最短距離で」をモットーに掲げているアスリート就職ナビ2018が堂々の1位にランクイン。

試合や遠征で何かと忙しい体育会系出身者が短期間で就職を決められるようなサポート体制が魅力と評判です。
キャリア講座では最短かつ最良なカリキュラムを構築し、体育会系出身者限定の選考ルートを紹介してくれるのはとてもうれしいですね。
出身大学や競技、ポジションで、自分に合った企業を診断することもできます。

\サービスは全て無料/

スポナビキャリア

コンサルタントの質が高いと有名なスポナビキャリアが2位にランクイン。

こちらは第二新卒や中途採用の方向けです。
書類作成から面接のマナー指導まで幅広くサポートしてくれるので、忙しくて就活マナーを忘れてしまっている人でも問題はありません。

独占求人の数も多く、登録するだけで一般には開示されていない情報を得られます。
また現在何がやりたいのかわからない、という人も専任のコンサルタントと一緒に目指すべき道を考えていけるでしょう。

\サービスは全て無料/

マイナビ新卒紹介

 

就職活動生から転職希望者まで幅広い支持を得ているマイナビ新卒紹介が3位です。

体育会系出身者に特化した転職エージェントではありませんが、掲載している求人数は非常に多く、スポーツ関係の仕事も少なくはありません。
たくさんある企業の中から気に入ったものを見つけられる可能性が高いでしょう。
インターンシップを斡旋しているので、経験したいという人はぜひ登録してみてください。

\サービスは全て無料/

着慣れたジャージを脱いで、スーツを着て挑む就職活動は大変なことに感じるのかもしれませんが、スポーツで培った体力や精神はきっと就職活動の場においても役に立つはずです。
今の仕事は辞めたいけれど、自分が行きたい業界や企業がわからない、という人はまず就活サービスに登録することから始めてみてはいかがでしょうか。
自分がしなければならないことがおのずとわかりますよ。

就活生のみなさんに知っておいていただきたいことがあります。実は、就活サイトやエージェントなどのサービスは2つ以上で複数登録するのが一般的なんです。一つだけでは補いきれない情報を、2つ以上のサイトやエージェントに登録しておくことでカバーできるのです。学生の皆さんにとって、就職活動は知らないことだらけで不安でいっぱいでしょう。不安を拭い去る最大の方法は、とにかくリサーチするということ。複数の就活サービスからそれぞれ独自の求人情報やアドバイスをもらって、就職活動を実り多いものにしましょう。