21歳のフリーターやニートは転職も就職も十分可能である理由を解説

21歳

21歳でフリーターやニートをしていて、正社員として転職や就職がしたいと考えている人や、正社員になれるのか不安に感じている人は多いのではないでしょうか?

そんな人に向けて今回は、21歳のフリーター・ニートは転職・就職が可能である理由や、正社員になるためのポイントについて解説したいと思います。
当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]業界トップクラスの求人数&転職者満足度No.1!公式HP
マイナビエージェントマイナビの徹底サポートで転職活動を!公式HP
ビズリーチハイクラス層に特化した転職サイト公式HP

21歳のフリーター・ニートが抱える悩み

21歳で現在フリーターやニートをしている人は、自分の現状や周りの変化に悩み苦しんでいると思います。

いったいどんなことで悩んでいるのか、解説していきます。

友人が就職する

21歳のフリーター・ニートは、友人が就職することに悩んでいます。

21歳でフリーターやニートをしているということは、以下のようなケースが考えられます。

  • 高校卒業後に就職せずフリーター・ニートになった
  • 専門学校を卒業後に就職せずフリーター・ニートになった
  • 大学を中退してフリーター・ニートになった

それぞれでいえることは、学校などで知り合った友人が就職を迎える時期であるということ。そのために行動している友人を見て、焦りを感じてしまうのです。

周りの状況に、自分も正社員になったほうがいいのか、と悩み始めるといわれています。
確かに、強烈な不安を感じそうです。

お金がない

フリーターやニートは、お金がないことについても悩みやすいといえます。

アルバイトによっては周りの友人たちより稼げているケースがあるかもしれませんが、時給で働いている場合は、その後の昇給を見込むことはほぼできません。昇給しても時給が少し上がる程度でしょう。

また、低賃金で働いている場合、アルバイトに時間を掛けても得られる収入は少ないため、正解していくことすら厳しいケースがあるかもしれません。

ニートの場合は、基本的に無収入なので親などの援助が頼りになります。

このような状況では、けがや病気などによって働けなくなり、すぐに生活が立ち行かなくなります。

このような状況を脱するためにも、正社員を目指すことはとても大切です。

正社員は自由がない

一方で、正社員になると、自由な時間が無くなると考えている人もいます。

正社員へ転職や就職することで、自由に休みを取れなくなったり、仕事内容を選んだりすることができなくなることに対して抵抗を感じるのです。

フリーターやニートの場合、自由が考えの軸になることが多く、正社員になることは今までの自分を否定するように感じることもあるので、拒否反応が出るようです。

確かに、自由なことはいいことですが、そのままでいいってわけでもないし…。
若いうちは良くても、年齢を重ねるとフリーターやニートであることが負担になっていきます。

転職も就職もやり方がわからない

フリーターやニートの人のなかには、転職や就職のやり方がわからなくて悩んでいるというケースもあるでしょう。

学生の場合は、高校や大学で就職のためのサポートを受けることができますが、フリーターやニートとなるとそうはいきません、

ましてや、これまでに就職活動や転職活動を経験していない場合、どうすれば正社員になれるのか、わからないのも当然でしょう。

そういう場合でも頼りにできる存在があります。詳しくは後で解説しますが、大切なのは1人で行動しないことです。
何もわからないまま行動すると、挫折してしまいそうですもんね。

将来が不安すぎる

フリーターやニートの人の多くは、自分の将来に対して大きな不安を抱えています。

もし、将来に対する不安を解消したいのであれば、今すぐ正社員を目指して行動を開始しましょう。

ですが、今の生き方を大切にしたいなら、フリーターやニートを続けているほうがいいのかもしれません。

ただし、フリーターやニートというのは、いつまでもできることではなく、いつかは自分で「決断」しなければならない時が来ます。またその時が遅いほど、正社員になるのは難しくなるということを理解しておきましょう。

フリーターの多くは正社員になりたいと考えている

フリーターに限っていえば、半数近くが正社員になりたいと考えています。

アルバイト情報誌のanが調査したところによると、フリーター1,500人中51%が正社員になりたいと考えていることがわかりました。

今の生活に悩んでいるなら、正社員として転職・就職することが、未来の不安を解決する手段となるかもしれません。

今のフリーター生活を続けても、将来経済的に報われることはありません。それならば、正社員としてキャリアをスタートすることをおすすめします。

21歳のフリーター・ニートは転職・就職できると断言します

フリーターやニートから正社員になることは、難しいのではないかと考えている人がいるかもしれません。

しかし、もしあなたが21歳であるなら、フリーターやニートから正社員になるのは十分に可能です。

その理由について解説します。

高卒のフリーター・ニートでも正社員になれます

21歳の高卒でフリーターやニートをしている場合でも、正社員になることはできます。

その理由は、若くてやる気のある若い人材を企業は採用したいと考えているからです。

若い人材のポテンシャルに期待して採用する企業は本当に多いので、幅広い企業から転職先や就職先を見つけることができるでしょう。

もちろん、いきなり大手企業の正社員になることは難しいですが、正社員として実績を積んだ後なら、挑戦できる可能性がありますよ。
まず正社員になる、というのは十分可能なんですね。

資格がなくても正社員になれます

21歳のフリーター・ニートは、資格を持っていなくても正社員になることが可能です。

若い間は資格よりもポテンシャルを重視した採用が行われるからです。

そのため、転職や就職をするためにアルバイトをしようと考えているなら、転職活動や就職活動を優先したほうがいいでしょう。

ただし、介護士や医療事務など、職種に直接関わる資格は採用される確率に影響しますので、勉強を優先しても問題ないでしょう。

どうせ働くなら非正規雇用ではなく正社員に

ニートの人が働こうと思っているなら、非正規雇用ではなく正社員を目指すことをおすすめします。

年齢を重ねるにつれて、非正規雇用から正社員になることが難しくなってくるからです。

転職市場の傾向として、27歳から28歳くらいまでなら正社員として就職することができます。そのあたりの年齢までは、先述したポテンシャル採用が行われることが多いからです。

アルバイトや派遣社員の方が、仕事を簡単に見つけられるかもしれませんが、その後に正社員を目指しているなら、今目指しても大きな差はありません。

若いうちに正社員を目指しておく方が、後々特になることの方が多いので、ここは頑張りどころといえますよ。
給与やキャリアを考えてもそうかもしれませんね。

やりたいことがないのに専門学校に行くのは遠回り

21歳のフリーターやニートの人のなかには、転職や就職ではなく専門学校に進学することを考えている人もいるでしょう。

ですが、もしやりたいことがはっきりしていないのに進学を考えているなら、遠回りになる可能性があるのであまりおすすめできません。

というのも、若いということは、正社員に転職・就職することにかなり有利といえるからです。

もちろん、やりたいことが見つかって専門学校に進学することに問題はありません。
まずは、自分についてしっかり考えることが大切ですね。

正社員になりたいなら今すぐ行動しましょう

やっぱり正社員を目指したいと考えるなら、今すぐ行動を開始しましょう。

先述している通り、若いということは転職や就職に有利になり、年齢を重ねると不利になるからです。

21歳なら、多くの企業がポテンシャルに期待して採用してくれます。そのタイミングを逃す手はないといえます。

何となく正社員になりたいと考えていると、あっという間に時間は経過していくものです。気づいたら手遅れになっていたということがないよう、すぐに行動することが大切です。

21歳のフリーター・ニートが転職や就職をするメリット

21歳のフリーターやニートのなかには、今のまま生活していきたいと考えている人がいるかもしれません。

しかし、フリーターやニートと比べて、正社員になることには大きなメリットがあるのです。

どのようなメリットがあるのか解説していきます。

生涯賃金が大幅にアップする

生涯賃金が大幅にアップする、というのが正社員になる大きなメリットの1つです。

その理由は、正社員になることで元々の給与水準が高くなるほか、勤続年数や結果に比例して給与がアップしていくためです。もちろん、企業によってはボーナスも支給されるため、その差はかなり大きくなります。

一般的には、正社員とフリーターとの生涯賃金の差は、1億円以上ともいわれています。これほどの大きな差になるということは理解しておくべきでしょう。

お金の面で考えれば、正社員の方が圧倒的に有利といえます。

福利厚生が充実する

正社員になることで、自分が受ける福利厚生が充実するというのも大きなメリットとなります。

正社員とフリーターとでは、享受できる福利厚生に大きな差があり、正社員の方がかなり充実しているといえます。

自分の一人のことを考えれば、フリーターの福利厚生でも十分と感じるかもしれませんが、結婚して家庭を持つことや老後のことを考えれば、正社員の手厚い福利厚生は大きなサポートとなります。

福利厚生が充実する正社員の方が、メリットは確実に大きくなります。
確かにそうかもしれませんね。

社会的信用が生まれる

フリーターやニートと正社員では、社会的信用に大きな差が生まれます。

正社員では社会的信用が得られるため、住宅ローンやクレジットカードなどを作成する際に有利になります。

現在の日本では、社会的な身分が生活に影響することがあり、何かと不便に感じることがあります。その点でも正社員になるということにはメリットがあるといえるのです。

住宅ローンは社会的信用がなければ組むことすらできません。信用がないために選択肢が狭まってしまうことがあるので注意したいところです。
大きな差があるんですね。

21歳という年齢には大きな価値がある

正社員になるメリットは思いのほか大きいといえます。そして、正社員になるにあたって21歳という年齢は大きな武器になります。

つまり、今の間に行動することで、それらのメリットをすべて享受できる可能性が高いということです。

年齢は取り戻すことができません。そして、早いうちに行動すれば、これからスキルを身につけ、経験を積む時間は十分残されています。

21歳は転職活動や就職活動でかなり有利ですので、そのタイミングを逃してはいけませんよ。

転職活動や就職活動は簡単に始められる

これまでフリーターやニートをしてきた人は、正社員になるための行動が大変だとイメージしているケースがあるでしょう。

しかし、転職活動や就職活動はそれほど難しいものではありません。同じ21歳の人がやっていることですから、それほどたいそうなことではないのです。

ただ、やり方がわからないのであれば、転職エージェントなどの転職支援サービスを利用することをおすすめします。

相談すれば、親身になってあなたの就職や転職をサポートしてくれます。1人で行動するより効率的ですので、ぜひ利用してみてください。
当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]業界トップクラスの求人数&転職者満足度No.1!公式HP
マイナビエージェントマイナビの徹底サポートで転職活動を!公式HP
ビズリーチハイクラス層に特化した転職サイト公式HP

21歳のフリーター・ニートにおすすめする業種・職種

ここからは、21歳のフリーターやニートにおすすめの業種・職種を紹介したいと思います。

世の中には、未経験者を積極的に採用している仕事があります。入社後にイチからスキルを身につけられるものばかりですので、正社員としてチャレンジしやすいといえるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

ITエンジニア

フリーターやニートには、ITエンジニアがおすすめです。

IT業界は今後も大きく成長することが見込まれています。また、人手不足のために未経験者を積極的に採用する傾向にあります。

企業によっては、研修制度が充実しているため、入社後からスキルを身につけ活躍することができるでしょう。

スキルアップすればキャリアアップや独立など、さまざまなキャリアビジョンを描くことができます。

営業職

営業職もフリーターやニートにはおすすめの職種です。

こちらも未経験者を積極的に採用しており、営業スキルは研修などで身につけることができます。

また、営業スキルは一度習得すると、業種が変わっても活かすことができるので、つぶしがききやすいともいえます。

営業職にはどのようなものがあるんですか?
新規開拓や既存顧客を担当するルート営業、法人営業などさまざまです。いろいろな働き方がありますよ。

事務職

フリーターやニートの人には、事務職もおすすめできます。

どの企業にとっても必要な部署であり、スキルアップ次第で次の転職にも有利になります。

また、残業が少ない場合が多いので、プライベートの時間をしっかり確保したいと考えている方にはピッタリです。

特に女性に人気が高い職種です。こちらも将来にわたって安定しやすい仕事なのでおすすめですよ。

販売職

未経験からでもチャレンジしやすい職種の一つが販売職です。

入社後にスキルを身につけることができ、仕事をこなしながらスキルアップすることができます。

販売業に携わる多くの方が未経験からスタートしているので、フリーターやニートからでも始めやすいといえます。

コミュニケーションスキルが求められますが、それほど難しい仕事ではありません。誰かの気持ちに寄り添える気持ちがあれば、活躍することができるでしょう。

介護職

フリーターやニートにおすすめの職種として、介護職も挙げられます。

介護職は慢性的な人手不足となっているため、若い人材を積極的に採用しています。また、資格は入社後の取得できるケースもあるので、未経験者が挑戦しやすいといえます。

さらに、将来の幹部候補として採用しているケースもあるので、キャリアアップを目指すことも十分に可能です。

これからニーズが増えていく職種でもあります。やりがいも十分に感じられるでしょう。
資格を取得できればさらに効果的ですね。

飲食業

フリーターやニートには、飲食業もおすすめです。

未経験からスタートしている方が多く、調理以外では資格も必要ありません。コミュニケーションを通じてお客様をもてなすことができれば、どんどんスキルアップすることができるでしょう。

店舗での接客から、経営企画などへのキャリアアップができる企業もありますよ。

21歳のフリーター・ニートが転職・就職するための準備

どの年代にも言えることですが、転職や就職で大切になるのは事前の準備です。できる準備をしっかり整えておけば、正社員への道が開けてきます。

ここからは21歳のフリーターやニートが転職や就職するための準備について解説します。

フリーター・ニートになった理由を説明できるようにする

フリーターやニートになった理由については、きちんと説明できるようにしておきましょう。

その理由は、面接で必ず質問されることだからです。

フリーターやニートの人に対して、企業側はすぐに辞めてしまわないかを懸念しています。そのため、これまでの自分を反省し、心を入れ替えて働きたいという熱意を示す必要があります。

質問にはっきり答えて、正社員になりたいという意思を伝えましょう。

将来のビジョンを考えてみよう

正社員になるためには、将来のビジョンを考えることが大切です。

フリーターやニートから希望の職種に就けるとは限りません。しかし、数年経験を積めば、転職してキャリアアップできる可能性があります。

そのため、目先の事だけではなく、将来どうなっていきたいのかを考えることが大切になるのです。

そうすれば会社選びに迷うことも少なくなります。将来設計はすべての軸になりますので、しっかり考えましょう。

企業が求めていることを理解する

正社員になるためには、企業が求めていることを理解することも大切なことです。

どんな人材を求めているのかを理解すれば、自分に合っているのかを判断しやすくなります。

応募したい企業があれば、ホームページなどで会社理念や経営方針などを確認しておきましょう。

自己分析を合わせて行っておけば、自分のことをアピールしやすくなりますよ。
大切なことですね。

21歳のフリーター・ニートが転職・就職を成功させるためのポイント

最後に21歳のフリーターやニートが転職・就職を成功させるためのポイントを解説します。

いずれも重要なことですので、しっかり理解しておくようにしましょう。

採用されやすい職種を選択すること

採用されやすい職種を選択することが、転職・就職成功のポイントの一つです。

フリーターやニートから大企業や人気企業に入社できる可能性は非常に低いといえます。

そのため、学齢を問わない求人や、未経験者を歓迎する求人など、比較的採用してもらいやすい職種に応募するようにしましょう。

繰り返しになりますが、正社員として経験を積めば、将来的により良い条件で転職できる可能性があります。
経験値を積むためにも、まずは正社員になることを優先させるってことですね。

身だしなみを整えること

フリーターやニートから正社員になるためには、身だしなみを整えることも重要です。

選考において、第一印象は評価に大きく影響します。ちゃんとしているということをアピールすることも大切な要素となるのです。

そのため、面接ではスーツを着用し、髪形も整えておく必要があります。

女性の場合は面接にメイクも必須です。
印象が悪くならないように気を付けたいですね。

態度やマナーに気を付け礼儀正しく振舞うこと

フリーターやニートから正社員になるには、態度やマナーに気を付ける必要があります。

21歳は大人として見られることになります。そのため、それ相応の立ち振る舞いが求められるのです。

特に言葉遣いや入退室時のマナーなどについて、勉強しておくことをおすすめします。

礼儀正しく振舞って、評価を下げないようにしておきましょう。

正社員になる理由を明確にすること

フリーターやニートから正社員への転職・就職を成功させるためには、正社員になりたいと考えている理由を明確にしておくことが重要です。

どうしてそう思ったのか、こちらも面接で質問される機会があるからです。

また、フリーターやニートである理由を聞かれるときには、ポジティブな言い方に変換することが大切です。

「アルバイトでもいいので、さまざまな仕事を経験したかった」「フリーターは21歳までと決めていた」などと返答すれば、印象が大きく違うことがわかるはずです。

採用担当者に「ちゃんと考えていた」と伝わることが重要です。
フリーターやニートを採用する不安を解消すればいいってことか…。

良くない印象をあえて活かしてアピールすること

21歳のフリーターやニートは、良くない印象を活かすことでアピールすることも可能です。

例えば、あいさつや返事を良くしたり、提出する書類を丁寧に書いたりするだけで、「フリーター(やニート)にしてはしっかりしている」と捉えてもらえるのです。

少し裏技的な要素ではありますが、21歳のフリーターやニートの特権ともいえますので、ぜひ意識してみてください。

フリーターやニートだからしっかりしてなさそう、と考えている相手の心理を逆手に取る感じだな。

実務経験があればアピールすること

フリーターでの実務経験があるなら、しっかりアピールすることも重要です。

アルバイトでの経験のなかには、正社員でも活かせるものがたくさんあります。特に、フリーターで経験したことがある仕事と関連するような仕事の場合、アピールポイントとなるケースが多いといえます。

職種によっては、アルバイトとの共通点があることも多いですから、自己分析を行なって何がアピールできるか考えてみましょう。

転職エージェントに利用すること

フリーターやニートの転職・就職に強い転職エージェントを利用するのが、正社員への近道です。

転職エージェントでは、企業の紹介や書類・面接への対策、内定後の条件交渉の代行など、転職活動や就職活動をしっかりサポートしてくれます。また、ほとんどの転職エージェントは無料で登録・利用可能です。

高卒やフリーター、ニートからの転職・就職に強い転職エージェントもありますので、利用しない手はないといえます。

正社員になるためのサポートが充実していますので、ぜひ利用してみてください。
友達が利用して正社員になれたと聞いていましたが、やはり、大切なんですね。

21歳で正社員として転職・就職を実現させよう

今回は21歳のフリーターやニートが転職・就職できる理由やポイントについて解説しました。

21歳は、正社員として就職しやすい年齢です。自分に自信を持ち、しっかりと準備をして、正社員への切符を勝ち取りましょう!