30代が活用したい転職エージェント8選!【選び方・活用方法】

30代で転職を考えているあなた。一体どのような方法で転職を実現させようと考えていますか?

転職サイトやハローワークで求人情報を探すのもいいですが、最もおすすめの方法は転職エージェントを活用するという方法です。

今回は、30代での転職で転職エージェントを活用すべき理由とその活用方法、30代におすすめの転職エージェントについて解説していきたいと思います。

30代の転職では転職エージェントを最大限に活用するべき理由

まずは、30代での転職において、転職エージェントを最大限に活用するべき理由について解説していきたいと思います。

転職エージェントについて何も知らないという人でも、以下の理由を理解すれば、絶対に活用するべきと考えるようになるはずです。

転職エージェントを活用すれば転職の成功率がアップする

30代での転職で転職エージェントを活用するべき最大の理由は、転職の成功率がアップするということです。

なぜなら、転職エージェントは、あなたの転職活動に対して、さまざまなサポートを行ってくれるからです。

転職活動をそばで支えながら、第三者として冷静な意見や激励も与えてくれる、転職の心強い味方が転職エージェントなのです。

では、転職エージェントを利用すると、どのようなサポートを受けることができるのでしょうか?

転職エージェントなら転職活動の手厚いサポートを受けることができる

転職エージェントを利用することで受けることができるサポートには、以下のようなものがあります。

  • 転職希望者のキャリア相談に乗ってくれる
  • 正確な自己分析を行うための面談を実施してくれる
  • 希望や条件に合った求人情報を紹介してくれる
  • 応募先の企業に対してあなたの長所を紹介してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 給与交渉や入社日の段取りなどを代行してくれる

など転職活動において必要になるすべてのことに対してサポートを行ってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、これまでにも転職希望者をサポートし、転職を成功に導いた実績とノウハウを持つ、いわば転職支援のプロフェッショナルなのです。

このようなサポートサービスを受けながら転職活動を行っていくため、おのずと転職の成功率がアップするというわけです。

ほぼすべての転職エージェントは無料で利用できる

30代の転職希望者が転職エージェントを活用するべきもう一つの理由が、ほぼすべての転職エージェントは無料で利用できるということです。

無料で利用できる理由は、転職エージェントはあなたからお金をもらう必要が無いからです。

転職エージェントは、登録している企業と転職希望者の橋渡しの役割を果たします。そして、転職が実現した際には、企業側から紹介料を受け取る仕組みになっています。具体的には、転職した人の年棒の30%程度が紹介料として支払われます。

そのため、転職エージェントを利用する転職希望者は、まったくお金を払うことなく、先述したようなサポートを受けられるということです。

転職成功率がアップするサービスを無料で受けられるのであれば、利用しない手はないといえるでしょう。

さまざまな強みを持った転職エージェントサービスが提供されている

さらに、さまざまな強みを持った転職エージェントサービスが提供されているということも、転職希望者にとっては嬉しいポイントといえます。

全年齢・全業種・全職種に対応しているような総合型転職エージェントサービスや、特定の業界や年齢に特化した特化型転職エージェントサービス、これから正社員を目指す人の転職に強い転職エージェントサービスなど、実にさまざまな特長を持った転職エージェントが存在しています。

しかも、これらの転職エージェントサービスは、複数登録することももちろん可能。つまり、うまく組み合わせて活用すれば、転職活動をよりスムーズに進めることができるというわけです。

自分の希望や状況に合わせて使い分けができるのが転職エージェントを活用する大きなメリットとなるのです。

30代での転職の実情を考えると転職エージェントはやはり必要

また、30代での転職の実情を鑑みても、転職エージェントを活用することは必要不可欠といえます。

その理由は、20代と30代とでは同じ転職も取り巻く状況に少し違いがあるからです。

年齢が上がれば上がるほど、転職は少しずつ難しくなっていくもの。それに加えて、結婚や家庭を持っていることを考えれば、この年代での転職はあなたの人生において非常に大きな意味を持つものになるでしょう。

そのため、30代での転職は是が非でも成功させるべきですし、それに転職エージェントが力を発揮してくれるのであれば、こんなに心強いことはないでしょう。

では、具体的に30代での転職がどのようなものなのか見ていくことにしましょう。

20代と30代では企業側からの捉え方が変わる

20代での転職と30代での転職の大きな違いは、採用する企業側の捉え方が変化するということです。

多くの企業では、20代の人材を「若手」として、30代の人材を「中堅」として見るようになります。

20代の人材はまだ若く、どちらかと言えばこれからの伸びしろに期待される「ポテンシャル採用」が多いので、比較的採用されやすい傾向にあります。

一方で、30代の人材は社会人経験をある程度積んでいるという前提で見られるようになります。ポテンシャルではなく、キャリアアップの要素が強くなるということであり、採用する企業にとって「即戦力」であることで採用されやすくなります。

そのため、転職を希望する側にとっても、転職に対する戦略が全く異なるということになるのです。

転職エージェントを利用すれば、転職の戦略とそれに対する対策などについてしっかりとサポートを受けることができます。

逆にいうと、1人で転職活動を行う場合、自分のキャリアや実績の洗い出し、これからのキャリアビジョンの構築など、すべてのことを自分1人で行なわなければなりません。

このように考えると、やはり転職エージェントの利用は欠かすことができないといえるではないでしょうか。

転職への厳しさが増す30代後半

20代と30代で転職に違いがあることは先述した通りですが、30代後半ともなるとさらに状況は変化します。

かつての日本では、転職に対する「35歳の壁」という言葉が存在していました。これは、35歳になると転職することがとても難しくなるということを意味しています。

現在では、このような言葉を使うことは少なくなっており、あくまでも一昔前の話として捉えられるようになっています。

しかし、ここで考えたいのは、35歳以上で転職によるキャリアアップを果たしているのは、どのような人材であるか、ということです。

35歳以上の人材を採用する企業の多くは、「即戦力」であり「マネジメント経験」を持ち、「業務に対する専門的なスキルや知識を持つ」人材を求めています。そのうえで、新しい環境で新しいことに挑戦できる柔軟な考え方を持った人物であることが重要になります。

逆にいうと、これらの要素を持っていない場合、転職することは難しく、転職できたとしても、自分が希望する転職とは少し違うものになってしまう可能性が高くなるということです。

35歳を超えると、キャリアアップする場合と、それ以外の場合で転職に対する戦略が再び異なることになるので、それぞれ適切な手段や対策を講じて転職活動を進めていく必要があります。

このように考えると、どちらのサポートにも対応が可能な転職エージェントを活用したほうが、やはり効果的といえるというわけです。

未経験職への転職が難しくなる30代

30代になると、未経験職への転職はかなり難しくなると考えておいた方がいいでしょう。

これは、20代に対してはポテンシャルに期待して「育てていく」という方針の企業が多いことに対し、30代の人材にはこれまでに培ったスキルや経験を活かした「即戦力」を採用したい企業が多くなることが関係しています。

そのうえで、未経験職への転職を成功させるためには、異業種でも活かすことができるスキルや経験に加え、今後のビジョンなどについてアピールしていく必要があります。

そんなときにも頼りになるのは、転職エージェントの力です。転職希望者の分析をしっかり行ったうえで、未経験の業界にも活かすことができる部分を洗い出し、その能力に合った企業を紹介してくれます。

これなら多少不利になる未経験職への転職にも、前向きに挑戦することができるでしょう。

転職エージェントの効果的な活用方法

ここからは、転職エージェントの効果的な活用方法について解説していきたいと思います。

転職エージェントを利用するだけではなく、うまく活用できればあなたの転職成功率はさらにアップする可能性があるからです。

どのように活用すれば効果的になるのか、しっかり理解するようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録をする

転職エージェントを効果的に活用するためには、複数の転職エージェントに登録することが大切になります。

その理由の一つは、さまざまな強みを持った転職エージェントサービスが存在しているからです。

先述しましたが、転職エージェントサービスは大きく2つに分類することができます。

  1. 総合型転職エージェントサービス
  2. 特化型転職エージェントサービス

それぞれの特長について見てみましょう。

総合型転職エージェントサービス

総合型転職エージェントサービスの特長は、ほぼすべての業種・職種に対応しており、汎用性が高いということです。

業界でも大手の人材紹介企業が運営している場合が多く、転職サイトなどと並行して運営しているため、求人数の多さや転職支援実績が多い傾向にあります。

一方で、サービスによってはあまり得意ではない業界があり、そのような業界に対するサポートが多少弱くなるという弱点もあります。

そこで、特化型転職エージェントを併用するのが上手い活用法といえます。

特化型転職エージェントサービス

特化型転職エージェントサービスの特長は、ある業界や職種、または転職希望者の状況などに対して強みを持っていたり、特化したりしているということになります。

例えば、ITエンジニアのような職種の場合、転職をサポートする担当コンサルタントにもそれなりの業界に対する知識が求められるようになります。

特化型転職エージェントサービスの場合、特定の業界などへの知識や情報に長けており、場合によってはもともとその業界で勤務していた経験があるというケースもあるほど。そのため、より専門的な転職サポートを受けることができます。

総合型転職エージェントと比較して求人数は少なく、紹介される企業は中小企業がメインとなりますが、これまでの経験やスキルを活かして、転職後に思わぬ昇格や昇給を果たすケースも多いといわれています。

このような特化型転職エージェントを、総合型転職エージェントと併用することで、転職に成功する可能性はグッとアップすると考えておきましょう。

あなたにとって相性が良く優秀なコンサルタントを探す

複数の転職エージェントに登録するべきもう一つの理由が、あなたにとって相性が良く、優秀なコンサルタントを探すために有効であるということです。

転職エージェントを利用して転職を成功させるためには、あなたの努力と合わせて、担当するコンサルタントの良しあしが大きく影響するからです。

転職エージェントに在籍しているコンサルタントがすべて優秀であるということではありません。場合によってはあなたと合わなかったり、希望する転職を実現するための力になってくれなかったりする可能性があるのも事実です。

複数の転職エージェントの登録しておけば、その分多くのコンサルタントと接触ことができます。選択肢が増えることで、あなたの転職活動のサポートを任せられるコンサルタントに出会える可能性が高くなるのです。

優秀なコンサルタントの特長

優秀なコンサルタントには、以下のような特徴があります。

  • 求人の紹介だけではなく、あなたのキャリア相談に親身になってのってくれる
  • あなたが転職を希望する業界の動向や情報に精通している
  • 企業側へあなたを売り込むスキルが高い
  • 質の高い求人案件を紹介してくれる

このようなコンサルタントで、かつあなたとの相性が良ければ、安心して転職活動のサポートを任せることができるでしょう。

こんなコンサルタントには注意!

一方で、以下のようなコンサルタントに出会ってしまった場合には注意が必要でしょう。

  • 初回面談でヒアリングも早々に求人情報を紹介してくる
  • 内定が出やすい求人情報ばかりを紹介してくる
  • 求人情報の紹介量がとにかく多い
  • 何ごとに対しても対応が遅く、連絡も不定期になりがち
  • あなたが転職を希望する業界に対して、知識や情報が薄い

とにかく求人情報を紹介して内定へとつなげようとするコンサルタントは、あなたの転職よりも自分の売上にフォーカスしている可能性が高いといえます。

また、対応のまずさや知識・情報の薄さは、あなたが希望する転職を実現させるためには、不相応と言わざるを得ません。

自分の転職を実現させることが大切なのですから、このようなコンサルタントに出会ったら、別のコンサルタントに変えてもらうか、他の転職エージェントを利用したほうがいいといえるでしょう。

転職に前向きな姿勢を示しておく

転職エージェントを効果的に活用するためには、転職に対して積極的な姿勢を示しておくことが大切です。

こうすることで、コンサルタントのなかであなたの優先順位が上がり、他の登録者よりも優先的に対応してもらえたり、求人情報を紹介してもらえたりする可能性が高まるためです。

担当コンサルタントは、あなたの転職をサポートしながら、自らに課された売上目標に追われています。転職が実現し、入社することで紹介料を手に入れることができるわけですから、できるだけ早く内定までつなげたいというのが、担当コンサルタントの本音でもあります。

つまり、あなたが転職に前向きな姿勢を示すことで、担当コンサルタントは「内定につながりやすい=売上につながりやすい」と考えるので、あなたに対する優先順位が上昇するというわけです。

そのため、転職エージェントに登録し、初めての面談を行う場面で、「いい企業があれば、すぐにでも転職したい」という意思を伝えておくことが大切です。

複数の転職エージェントに登録していることを伝える

転職エージェントを効果的に活用するためには、複数の転職エージェントに登録していることを正直に伝えることも大切です。

こうすることで、担当コンサルタントは「自社経由で内定を勝ち取りたい」と考えるので、より手厚いサポートを受けられる可能性があるからです。

あなたにとって転職が実現するのであれば、どの転職エージェント経由でも関係ないでしょう。しかし、担当コンサルタントはそうではありません。自分を経由して内定が出ない限り、自分の売上にはならないからです。

他の転職エージェントにも登録していることを伝えることで、担当コンサルタントは他社との差別化を図るために、より熱のこもったサポートを行ってくれるでしょう。

30代での転職は、今後の人生設計にも大きく関わる重要なことですから、希望する転職を実現することにしっかりフォーカスするようにしましょう。

転職エージェントを利用する場合の注意点

ここからは、転職エージェントを利用する場合の注意点について解説していきたいと思います。

これらの注意点を理解しておかないと、転職エージェントを利用する効果が半減したり、まったく意味をなさなかったりする場合があるためです。

転職に後悔してしまうことがないよう、これから解説する注意点は十分に意識するようにしてください。

担当コンサルタントとはこまめに連絡を取る

担当コンサルタントとは、こまめに連絡を取るようにしなければなりません。

これは、コンサルタントが登録している転職希望者に求人情報を紹介する仕組みが大きく関係しています。

企業側から転職エージェントに人材紹介に依頼が入った場合、コンサルタントは企業が出す条件や希望に合った人材を登録者のデータベースから探すことになります。

このデータベースに表示される転職希望者のリストの表示順は「最終更新日順」にてリストアップされます。この「最終更新日」というのは「最後に連絡を取った日時」のことです。

そして、このリストの上位20名程度にメールにて求人紹介の連絡を行い、反応が薄ければ次の20名に連絡する、という方法が取られることになります。

つまり、こまめに連絡を取っていないと、データベースの上位に自分の名前が表示されなくなり、企業の出す条件に合致していたとしても、連絡が来るのが遅くなってしまうことがあるのです。

また、場合によっては「更新をしていない=すでに転職が決まっている」と判断され、連絡すら来なくなってしまう可能性もあります。

このような事態を防ぐために、最低でも2週間に1回程度はコンサルタントと連絡を取っておく必要があります。

コンサルタントと接するときは常識的なマナーを守る

担当コンサルタントと接するときには、常識的なマナーを守る必要があります。

コンサルタントも人間であり、転職希望者に対する感情が少なからずサポートに影響する可能性があるためです。

常識的に接することは当たり前のことですが、これが欠如している場合は、転職を成功させられる確率が下がると考えておくべきです。

担当コンサルタントと合わないときは変更する

担当コンサルタントが合わないと感じたときは、遠慮することなく変更を申し出るようにしましょう。

あなたがコンサルタントを信用しない限り、転職がうまくいかない可能性が高いからです。

面と向かって接触していると、情が移ってしまうことがあり、変更を申し出るのを躊躇してしまうこともあるでしょう。

しかし、コンサルタントの変更は、あなたが思うような大ごとではありません。大切なことは、あなたの転職が成功するかどうかですから、そのためにどうすればいいかを常に考えるようにしてください。

自分の推薦文を確認する

担当コンサルタントが作成するあなたの推薦文は必ず確認するようにしましょう。

コンサルタントによっては、あなたの経歴をただ写しただけといったような、できの悪い推薦文を作成するケースがあるからです。

推薦文によって、企業のあなたに対する印象は変わります。つまり、推薦文はあなたの転職を成功させるための、大切な要素の一つであるといえるです。

「面接の際に相違がないようにしたい」「自分のことを客観的に見直したい」といった理由を申し出れば、推薦文を確認することができますので、内容について確認し、場合によっては修正をお願いするようにしましょう。

複数のコンサルタントから同じ求人に応募しない

ある企業の同じ求人に、複数のコンサルタントから同時に応募しないよう注意しましょう。

いずれかのコンサルタントに企業側から連絡が入ることで、必ず発覚するからです。

そして、このよう事態が起きてしまうと、企業側にもコンサルタントにも悪い印象を与えてしまうことになりかねません。場合によっては、応募を取り消されてしまうこともあります。

故意ではなかったとしても、良いことは1つもありませんから、必ず確認してから応募するようにしてください。

経歴に嘘をつかない

転職エージェントに登録する場合、自分の経歴などに嘘をつくのは絶対にやってはいけません。

例えば、経歴に嘘をついて転職に成功したとしても、その後の仕事ぶりによって経歴やスキル、実績が偽りであることが発覚する恐れがあります。

転職先での仕事に支障が出るばかりか、企業側にもコンサルタントにもかなりの迷惑を掛けることになるのは想像に難くないでしょう。

また、一度登録した経歴などの情報は、特に申し出をしない限り、転職エージェント側に保管されることになります。改めて転職サポートを受けようと登録した場合、以前のデータと相違があれば、あなたの人間性が疑われることにもなりかねません。

場合によっては、「経歴を偽る人材」と判断され、求人情報の紹介や転職サポートを断られてしまう可能性も否めません。

これでは、転職に成功する見込みが限りなく薄くなってしまいます。ありのままの自分について正直に登録し、適切なサポートを受けることが重要です。

30代におすすめする転職エージェント

転職エージェントの仕組み

最後に、30代におすすめしたい転職エージェントを紹介したいと思います。

30代で転職を希望する場合、さまざまな状況が考えられます。そこで以下のパターンに分類して、おすすめの転職エージェントを紹介します。

これまでに解説したように、それぞれの転職エージェントに強みや特長があります。より効果的に転職エージェントを活用するため、最低でも2~3社のエージェントに登録するようにしましょう。

30代全員が登録すべき転職エージェント

まずは、転職を考えている30代全員に登録をおすすめする総合型転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の転職エージェントを紹介します。

30代全員におすすめの転職エージェント比較
公開求人非公開求人対象年代対応地域
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
パソナキャリア1万5000件2万3000件全年齢全国+海外
DODA(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国

DODA(デューダ)

30代の転職者には、「DODA(デューダ)」への登録もおすすめします。

DODAの特長も求人数の多さにあります。公開求人が4万件以上、非公開求人が13万件以上と、業界トップクラスの規模を誇る、幅広いジャンルへの転職を可能にしてくれる総合型転職エージェントサービスです。

また、実際に転職活動をサポートしてくれるコンサルタントは、各業界に精通したスペシャリストが揃っているので、どんな業界での転職でも安心してサポートを任せることができるでしょう。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 求人数の多さと、幅広い業種・職種への対応力が特長!
  • 業界大手企業のノウハウを活かした効果的な転職サポートを実施!
  • コンサルタントもスペシャリスト揃いで安心!

リクルートエージェント

転職を考える30代全員におすすめする転職エージェントの1つが「リクルートエージェント」です。

転職サイトの運営などでおなじみのリクルートが運営している転職エージェントサービスで、年間2万人以上の転職支援サービスを実施している実績は、企業規模ともに業界トップクラスです。

その特長は、何と言っても求人数の多さ。公開求人・非公開求人合わせて20万件以上の求人情報を持ち、そのうち独占求人が80%を占めていることから、転職活動を開始する際には、まずは登録しておくべき転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界トップクラスの求人数を誇る総合型転職エージェント!
  • 全国対応で平均年収アップ率61%!
  • 豊富な実績とデータから適切な面接対策を実施!

パソナキャリア

「パソナキャリア」も転職を考える30代全員におすすめできる転職エージェントです。

パソナキャリアの特長は、これまでの転職支援実績が豊富であること。25万人以上の転職支援に携わり、取引企業の数は1万6000社以上。幅広い業界・職種に対応できるため、活用しやすい転職エージェントといえます。

求人数も合計4万件以上保有しているので、自分に合った転職先を見つけやすいのではないでしょうか。

パソナキャリア

パソナキャリア
年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 25万人以上の転職支援実績を誇る老舗人材サービス企業!
  • 非公開求人数が多いので、自分に合った転職先を見つけられる!
  • 全国各地に支店を置き、どこに住んでいても対応可能!

年収500万円以上の30代が登録すべき転職エージェント

次に、年収500万円以上の30代登録するべき転職エージェントを紹介します。

年収500万円以上の30代におすすめの転職エージェント比較
公開求人非公開求人対象年代対応地域
JACリクルートメント7000件2万件30~50代全国
ビズリーチ8万9000件非公開30~50代全国+海外
TechClipsエージェント非公開非公開20~40代首都圏

JACリクルートメント

年収500万円以上の30代のおすすめする転職エージェントの1つが「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、ミドルクラスからハイクラスの年収層に特化した、たいへん人気の高い転職エージェントです。

外資系や海外の求人に加え、地元の優良企業などの穴場的な優良案件も豊富に取り扱っており、その質の高さには定評があります。

利用者の満足度が93%と高水準ですので、登録を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

JACリクルートメント

JACリクルートメント
年代30代~50代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 独自の大手企業求人や海外求人といったハイクラス向け求人に特化!
  • 他の転職エージェントにはない優良求人が豊富!
  • 利用者の満足度は高水準の93%!

ビズリーチ

「ビズリーチ」も年収500万円以上の30代におすすめの転職エージェントです。

ビズリーチの特長は、高収入の転職希望者を満足させる求人が豊富であること。年収500万円以下の求人がほとんどなく、1000万円越えの案件を豊富に取り揃えています。

また、一般的な転職サポートサービスではなく、企業側から直接スカウティングされる仕組みとなっているのも特長。自分の経験や経歴に自信がある人や、転職活動の時間をなかなか取れないという方におすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ
年代30代~50代雇用形態正社員
対象エリア全国・海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • テレビCMでもおなじみ!国内最大級のエグゼクティブ向け転職サービス!
  • 企業側から声がかかるスカウティングシステム!
  • 海外企業や管理職などの求人も多数!

TechClipsエージェント

次におすすめするのは、「TechClipsエージェント」です。

TechClipsエージェントはITエンジニア専門のハイクラス向け転職エージェントサービス。求人の80%以上が年収500万円以上となっているほか、元請け企業の紹介が多いため、年収アップの実績も豊富です。

最大の特長は、在籍しているコンサルタントが現役のエンジニアであること。そのため、企業への推薦力、内定後の給与交渉力に強みがあり、内定率も高くなっています。

IT・WEBエンジニアで高年収・好待遇の転職にこだわりたいなら登録必須といえるでしょう。

正社員を目指す30代が登録すべき転職エージェント

次に、正社員を目指す30代の転職希望者が登録するべき転職エージェントを紹介します。

正社員を目指す30代におすすめの転職エージェント比較
公開求人非公開求人対象年代対応地域
Spring転職エージェント2万2000件8万件全年代全国+海外
type転職エージェント8500件7500件20~30代首都圏

Spring転職エージェント

正社員を目指している30代におすすめの転職エージェントが「Spring転職エージェント」です。

世界最大手の人材紹介企業であるアデコが運営している転職エージェントで、優秀なコンサルタントや外資系企業の優良求人に定評があります。

転職希望者全員と面談をするという方針を掲げているので、他の転職エージェントに登録できなかった人や、キャリアに自信がない人にもおすすめできる転職エージェントとなっています。

Spring転職エージェント

年代全年代雇用形態正社員
対象エリア全国+海外
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 合計求人数10万件以上!
  • オリコンの2018年顧客満足度NO.1の転職エージェント!
  • 希望者全員と面談をする方針!

type転職エージェント

正社員を目指す30代の人には「type転職エージェント」もおすすめです。

年収アップ率が高く、転職者の71%が前職よりも高い水準の給与を取得している実績があり、年収を増やしたい人におすすめの転職エージェントです。

それに加え、多くの未経験歓迎求人を扱っているのも大きな特長。これから正社員を目指す人にとって登録しておきたい転職エージェントいえるでしょう。

type転職エージェント

type転職エージェント
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア広告/クリエイティブ営業職経営企画/管理事務建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 年収アップ率驚異の71%!
  • ITエンジニアに強く、未経験からでも挑戦可能!
  • 20~30代の若手人材におすすめの転職エージェント!

30代での転職は転職エージェントの力を借りて成功させよう!

今回は、30代での転職には転職エージェントを活用するべき理由について解説してきました。

転職エージェントを活用すれば、30代での転職活動を有利に進めることができるうえ、転職成功率のアップを見込めます。

大切なことは、転職エージェントは複数登録して使い分け、優秀なコンサルタントを見極めるようにすること。そして、自分の状況に合わせた転職エージェントに登録することです。

転職エージェントの力を借りて、30代での転職を成功に導きましょう!