40歳からの転職|40代の転職で失敗した体験談から学ぶ対策法

40歳からの転職

近年、40代で転職活動を始めるという人が増加傾向にあります。

それは、今までのように「一度就職したら定年まで勤めあげる」という生き方が主流ではなくなってきている昨今の価値観が大きく影響しています。

しかし転職は、仕事の吸収率が高い20代、スキルを活かして即戦力になれる30代は一貫して需要がありますが、年齢をかさねると転職成功率はガクっと下がります。

では、40代の方は転職を諦めた方が良いのでしょうか?いいえ、そうではありません。
今回は、40代の方が転職に失敗した体験談から、転職活動をする際に、準備しておくべきポイントや意識について、成功への糸口を研究していきましょう。

目次

40代の転職理由ランキング

なぜ40代で転職を考える人が増えているのでしょうか?

40代の方が転職を考える理由は様々ですが、上位3位までをランキング形式で見ていきましょう。

1位:会社の先行きが不安

会社の先行きが 不安…

40代と言えば、まだまだ子育てをしなければならない世代です。
特に、近年は晩婚化が進み、40代でも小さい子供を持つ人は多いのです。
子供が大きくなっていけば、高校や大学の学費もかかります。

また、20代や30代で家を建てたりマンションを買ったりして、まだまだ家のローンも残っているかもしれません。

そんな何かとお金のかかる40代にとって、会社の先行きが不安だと自分の人生の先行きも不安ということになってしまうのです。

2位:他にやりたい仕事がある

やりたい仕事がある

最初に就職した会社で自分のやりたい仕事ができるという人はあまりいません。
みんなお金のため・生活のためと、割り切って働いています。

しかし仕事の実力をつけ、人脈も持つようになった40代になった今なら、転職してやりたい仕事ができるかもしれない、と考える人も多いようです。

転職するなら50代に差し掛かる前だと考えて転職活動を始める40代の方が多いようです。

3位:倒産やリストラ

倒産リストラ

やはり、倒産やリストラなどの会社都合で転職をする40代も一定数います。
ある程度年齢を重ねると給料が上がるため、企業側からすると年齢の高い人から順番に切らざるを得ないという事情もあります。

会社都合の場合、失業手当をすぐにもらえるというメリットを生かして、失業手当給付期間中に次の仕事を決めたいものです。

【40代の転職】近年の転職市場は?

40代でも 転職は可能

ミドル世代の需要が増加傾向に!40代でも転職は可能です!

以前から20代〜30代前半の若手やキャリアアップを狙った転職者の需要は高く、この傾向は現在でも継続しています。

しかしここ数年、新たに「ミドル世代」と呼ばれる40代の求人が上昇しています。
深刻な人手不足により、採用対象を幅広くしていることが理由に挙げられます。

さらにミドル世代の場合、豊富な経験とスキルを持ち合わせています。新規事業の立ち上げや、事業拡張に伴う経験者需要が非常に多いのです。
ミドル世代は即戦力になる期待や、専門性が高いスキルを持ち合わせてることに注目されています。

2020年のオリンピックに向けて、40代の転職・再就職需要はさらに高まると見込まれています。

【40代の転職】つまずきやすい要因とは?

40代の転職ニーズが高まる一方で、実際は転職がうまくいかず、失敗する人もたくさんいるのが現実です。

転職活動をする上でありがちな、つまずきやすい要因は6つあります。

1.「年齢が高いから…」という固定概念

この年齢じゃ 無理だよね

「転職は20代まで、またはスキルやキャリアアップが見込める30代前半まで」といった認識が強く、40代の転職はもう手遅れと思い込んでいるパターンです。

  • どうせ転職できないだろう
  • 40代では転職条件の悪いのしかない
  • 仮に転職できても満足いかないだろう

など、固定概念を持っている人が多く見られ、現在の転職市場やミドル世代の需要が高い業界に注目せず転職活動を諦めてしまっているのです。

昔の転職傾向は忘れ、まずは今の転職事情や自分のスキルで活躍できる業界をチェックしてみましょう。

2.過去の経歴や実績のこだわりが捨てられない

過去の栄光

  • 過去に営業成績がトップだったからもっと評価されてもいいのでは
  • 自分は10年以上この業界にいるからプロフェッショナルだ
  • この業界は知り尽くしているから自分がマニュアルだ

40代にもなると、ある程度仕事の実績を重ねているため、輝かしい実績を残している方もたくさんいるでしょう。
これは特に男性に多く見られる傾向ですが、輝かしい過去の栄光をそのまま現在まで引きずっている方が実は多いのです。

確かに結果や実績を残してきたのは素晴らしいですこと。
しかし、実績が転職先のニーズや求めてる人物像に当てはまるとは限りません。

「自分はできる人間だからこの条件は合わない」「自分の仕事のやり方に合わせた働き方がしたい」など、こだわりが強すぎると、転職はうまくいきません。

転職は自分の実績や経験を生かしつつ、相手企業の仕事スタイルを受け入れる妥協も必要なのです。

3.収入ダウンを恐れている

DOWN

転職はゼロからのスタートです。
新卒から入社した場合、年齢や実績に応じて徐々に収入は増えていきます。

「ヘッドハンティングをされないと、収入アップは見込めない」といった考えが働く人もいるでしょう。

確かに全く新しい業界・業種に転職した場合、収入は下がるかもしれません。
自分の今までの経歴を活かしたキャリアアップ転職を狙うと、同等またはそれ以上の収入が見込めます。

自分の市場価値はどのくらいあるのか?をチェックしましょう。

4.企業の求める人材像を見極めきれていない

給与など条件しか見ていない

募集要項に書いてある条件を見て飛びついたパターンです。

勤務時間・給与・求人職種などをチェックして、自分のニーズと一致したかもしれません。
しかし、募集がかかっている部署の仕事内容に対して、企業が求める成績を出せる人材でいないと採用されません。

営業成績のアップが原則で、若手の統率力がある人材を求める企業に対し、リーダー経験がなく営業実績が乏しい人材は必要ないのです。

労働条件だけでなく、企業が求める人材と自分の実績がマッチしているか?をしっかり見極めましょう。

5.「会社に馴染めるか」という不安

馴染めるか不安

40代から急に転職して、すでに出来上がっている会社組織に溶けこめるか?不安を抱くパターンです。

年齢が一回りも年下の社員が先輩になることも想定されます。「40代の新人さん」に対して、どうやって接したらいいかわからず、最初のうちは探りながら対応されるでしょう。

しかし、転職者自身が壁を作らなければ自然と会社に馴染めるはずです。

入社したときの第一印象がよく見られるように、周りに気を使うことも大切です。

6.職務経歴書の書き方がわからない

職務経歴書の書き方がわからない

40代で初めて転職を経験する人に多くみられます。

履歴書はアルバイトに応募するときにも必要なので、馴染みがあるかもしれません。
しかし職務経歴書を書いたことない40代も多く、書き方に苦戦するようです。

職務経歴書は履歴書では書けない、自分のスキルをアピールするための大事な書類です。
転職の場合、履歴書よりも職務経歴書の方が重要視されます。

書き方はネットにたくさん出ています。
エージェントを利用して転職をする場合、担当者が書類添削をしてくれるので利用してみましょう。

【40代の転職】失敗する人の共通点

転職活動において「書類選考は通過するけれど面接で不採用になる」といった人が多いようです。
何社も続けて不採用になるのは、年齢のせいではありません。40代の転職で失敗しやすい人の共通点は3つあります。

1.正しい市場価値の把握不足

市場価値の把握不足

自分の経験やスキルが、応募した業種・業界の市場価値と合っていないパターンです。
A業界の営業職で数字アップに貢献していたとしても、転職先であるB業界の営業職で通用しなければ意味がありません。

同じ営業職でも、活躍する畑が違えば必要なスキルは全く別物です。
自分の市場価値とマッチした転職先に応募しないと、採用率はガクッと下がります。

自分のスキルと市場価値がマッチしているのか?把握をしてから応募しましょう。

2.理想が高く現実を理解していない

理想

  • 今の年収が450万円だから500万円以上は欲しい
  • これだけの実績を積んできたから手当がつくのは当然
  • 自分のスキルがあればこの役職はつくはず
  • 40代だから最低これだけは欲しい

40代で未経験業種に転職する場合、企業側は「即戦力になるかわからないのに最初から高い給料は払えない」と考えます。
ある程度の収入アップを期待したいかもしれませんが、応募する業界の平均年収や待遇をしっかり研究しましょう。

また、同じ業界・業種に転職する場合、実績があるので高い水準や理想を求めがちです。
会社が違えばやり方も変わりますが、結果を残せば徐々に条件は良くなります。
初めはある程度の妥協が必要なのかもしれません。

3.事前準備不足・シュミレーション不足

事前準備不足

面接で思ったことが伝えられなかったり、想定外の質問をされて受け答えができないパターンです。
新卒の面接と違い、転職の面接は発言したことを深く掘り下げる傾向があります。

(A:面接官、B:面接者)

A:営業成績はどうだったの?
B:2期連続で社内トップクラスでした

A:その数字に対して満足してるの?もっと上にいけると思う?
B:もっと上を目指して御社に貢献したいと考えております。

A:具体的にどういうことをして数字につなげたいと思う?
B:〇〇を強化して〇〇をすることで・・・

A:どうして〇〇を強化しようと思ったの?強化することで我が社に数字以外にどんな利益をもたらすの?
B:・・・。

このように1つの質問対して、次々と掘り下げて面接者の人間性や仕事に対する姿勢・ビジョンをチェックしています。
ありきたりな質問に答えるだけでなく、中身を伴った受け答えができるようにシュミレーションをしましょう。

企業研究をしっかり行い、自分の考え方やスキルがどういった点で貢献できるかを話すと、中身のある回答ができます。

【40代の転職】企業が求めるスキル

【40代の転職】企業が求めるスキル

転職で求める40代の人物像は20代・30代以上に人間性が重視されます。
業界・業種に限らず、求められる共通スキルは3つあります。

1.協調性(特に異なる年代のスタッフとのコミュニケーションスキル)

新卒や20代・30代前半の転職は、受け入れる企業も社員も違和感なく仕事ができ、円滑に仕事ができます。
しかし40代の転職となると、直属部署の上司は年上であっても、一緒に仕事をする社員は同世代以下であるパターンがほとんどです。

異世代の社員とのコミュニケーションがとれるか?協調性を持って仕事ができるか?がポイントになります。

自分の方がたとえスキルを持っていたとしても、ごう慢な態度を取っていたり、上から目線で発言をすると反感を買いますね。

仕事は1人ではなくチームで行うものです。
信頼関係を築くためにもコミュニケーションスキルはかなり重要視されます。

2.即戦力としての実務能力

BtoB・BtoCに限らず、結果を残す即戦力として活躍できるか?が重視されます。

40代の転職で求められるのは、業界で通用する人材に適応することよりも、今までの経験・実績を元に結果を残す能力です。

入社してから割と早い段階で結果を残したり、会社に変化をもたらすか?がポイントです。

そのためにも異業種にチャレンジするよりも、ある程度共通した業種・業界への転職がオススメです。

  • 接客・サービス業→コミュニケーション能力や対人力が重要な営業職
  • 商品企画→アイデアやひらめきが必要なイベント会社
  • 美容師→美容知識や技術を元にオススメできるドライヤーなどのグッズやコスメ販売
同じ業界・業種とはいいませんが、自分のスキルを生かせる職種を選ぶといいでしょう。

3.チームをまとめる管理能力(マネジメントスキル)

40代の転職の求人で最も多いのが、管理職やマネジメントスキルが必要な仕事です。

事業拡張や新しいプロジェクトを立ち上げる際に、新しい風を吹かせようと新たに外部の人間を必要とする企業が多いからです。
チームスタッフからの人望が厚ければ、「この人の下で結果を残そう」と思い、仕事に対しての姿勢向上につながります。

チーム全体の士気を上げ、結果を残すためにも、マネジメントスキルはかなり重要なのです。

【40代の転職】転職が決まっても安心はない⁉40代転職者のその後

即戦力 適応力

【若い世代の転職とは違い、入社して早い段階で結果を求められる】

40代の転職は、いかに即戦力になれるか?が求められています。
ある程度の社会人経験があるため、スムーズに仕事に入りこめる適応力が重要になります。

会社の状況や社風にもよりますが、仕事に慣れるまでは残業は率先して行いましょう。
残業はできるだけしない方がいいですが、40代の転職者が毎日定時に帰宅していたら、社員からは「本当にやる気があるのか?」と思われます。

新しい環境に身を置くので仕事スキルも大切ですが、まずは周りからの信頼を得ることがポイントです。

結果を残すためには、仕事をしやすい環境作りは欠かせません。
周りの社員とのコミュニケーションを積極的にとることでいち早く馴染み、培ってきたスキルを活かして会社に貢献する努力をしましょう。

【40代の転職】失敗しないためのポイント

40代の転職の成功率は、20代・30代と全く同じようにはいきません。
失敗が続くと転職に対するモチベーションが下がってしまいます。
40代でも転職を成功させるためは、抑えておくべきポイントがあります。

40代の転職には転職エージェントをうまく活用する

40代の転職は エージェントを活用する

どんな世代でも、希望する企業に就職することは難しいものですが、特に40代の方が自分の希望や条件に合った仕事を探すのは至難の業です。

ただ、40代ならではの強みを持った人材を求めている企業は必ずあります。

それなりにキャリアや経歴を積んだ40代以上の人材を管理職として募集している場合だって決して少なくはないのです。
しかし、自分一人で頑張っていてもなかなかそんな求人とは出会えない・・・

そんな時におすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用することで

  • 自分の正しい市場価値を把握できる
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書の書き方や面接対策も相談できる

といったメリットがあります。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

自分の正しい市場価値を把握できる

1時間以上かけて行われるカウンセリングで、今までの経験やスキルをチェックしてくれます。

その上でどこの業界・業種の市場価値が高いのか?などを見極めてくれます。
第3者の目で客観的に判断してもらうことは、適切な市場価値を把握できるため、転職に失敗しないポイントです。

自分に合った求人を紹介してもらえる

経験・スキル・市場価値を活かせた仕事を紹介してもらえるため、転職後も違和感なく働けます。

「イメージしていた仕事と違った」「自分の力が十分に発揮できない」などのミスマッチを防ぎ、満足のいく転職ができることがポイントです。

また、スキルではなくカウンセリングで人間性も見極めてくれるので、より適切な求人を紹介してもらえることも魅力の1つです。

職務経歴書の書き方や面接対策も相談できる

仕事を紹介するだけでなく、採用につなげられるように書類・面接対策も徹底的に行います。

40代の転職でつまずきやすい、職務経歴書の書き方や添削指導の対応もしてくれます。

各業界で聞かれやすいこと・面接で重視されていることなど、細かくサポートしてもらえることが、転職で失敗しないポイントにつながるのです。

転職活動は情報戦である

転職活動は情報戦

転職とは、シンプルに考えれば「企業と転職希望者が出会うこと」です。
そのために、転職サイトでたくさんの求人の中から求人を探したり、自分の良さを面接でアピールしたりします。

では、良い出会いを得るためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、企業の情報を「知る」ことであり、自分のアピールポイントを企業に「知ってもらう」ことです。

つまり、転職活動とは情報戦なのです。

では、そんな情報戦を制するためには、どうすべきなのでしょうか?
それは、情報をうまくコントロールするツールを使うことです。そして、そのツールが転職エージェントです。

転職エージェントにあなたのプロフィールを登録しておけば、希望条件にぴったりの企業を紹介してくれますし、あなたの情報を企業に売り込んでくれます。

つまり、転職エージェントは多くの企業情報の中から必要な情報をあなたに提供し、また、あなたの情報も企業に提供してくれるというわけです。

特に、40代の転職では、40代という脂の乗った戦力をどう魅力的に売り込むかというのが、とても大事なポイントです。

また、1人で転職活動を行なっていては自分の市場価値というものを冷静に判断出来る基準もあいまいですので、いままで培ってきた経歴やキャリアなど自分ならではの強みをアピールするにも、やはりあと一歩のところで押しが弱くなってしまいがちです。

そんな転職活動の情報戦を制するためには、転職エージェントは必須なのです。

転職活動は孤独である

孤独を解消するなら 転職エージェント!

転職活動が困難になってしまうのは、なぜなのでしょうか?
それは、転職活動とは普通一人で行うものであり、どうしても孤独になってしまいがちだからです。
特に、40代ともなると気軽に相談できる友人とは疎遠になってしまっているという場合も多いでしょう。

孤独だと、相談する人がいませんから、
「この転職活動の方針のままで、良いのかわからない」
「相談する人がいなくて、精神的に参ってしまう」
といった悩みが絶対にでてきます。

そして、孤独が強まるとストレスが溜まり、転職活動は停滞します。
そんな、転職活動の孤独を解消するために、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントに登録すれば、転職のプロであるコンサルタントが転職のアドバイスをしてくれます。
それだけで、孤独感から解消され、転職活動は良い方向に進むはずです。

40代向け転職エージェントランキング

40代に向いている転職エージェントについてランキングをご紹介します。

1位:doda(デューダ)

doda(デューダ)

12万件以上を誇る非公開求人件数は大手転職エージェントならでは!

doda転職フェアでは各地でさまざまなイベントを随時開催

転職のプロ!経験豊富なキャリアアドバイザー

40代だからこそ慎重に。信頼できるアドバイザーに相談して納得の転職を。

⇒doda(デューダ)の無料転職支援を試してみる

⇒doda(デューダ)の詳細はこちら

 

2位:リクルートエージェント


業界ナンバーワンのリクルートが展開するリクルートエージェントの魅力は、何といっても求人数の多さとコンサルタントの質の良さです。転職業界の最大手ですから所属するコンサルタントのスキルは高く、40代向けの転職ノウハウも持っています。
登録しておいて損はないエージェントの一つです。

⇒リクルートエージェントに無料で相談

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

3位:ビズリーチ[BIZREACH]


40代の転職者におすすめなのが、管理職やハイクラス向けの転職エージェントビズリーチです。
今まで培ってきた高い専門性や知識、経験を生かして高収入を得られる転職先を探したい40代にぴったりの転職エージェントです。
通常、転職エージェントは無料で利用できますが、ビズリーチは有料プランのプレミアム会員になることもできます。有料プランを選択すれば、スカウトメッセージなどの有利なツールを活用することができるのです。
質の良い高収入の転職先を見つけたいなら、有料プランがおすすめです。ビズリーチなら今より年収アップの転職も夢ではありません。

⇒ビズリーチに登録してハイクラス転職

⇒ビズリーチの詳細はこちら

番外編(介護):かいご畑

介護職を考えておられる方に、まず一番にオススメしたいのが「かいご畑」。

かいご畑の一番のメリットはなんといっても介護資格が0円で取得できるということです。ほぼ半数の方が無資格で始められるということですので、他業種から転職をお考えならまずこのサイトに登録することから始めてみませんか?

⇒無資格の方大歓迎!まずは無料登録

⇒かいご畑の詳細を見る

まず気軽に転職サイトで探したい方はリクナビネクスト(NEXT)


リクナビNEXTは業界最大規模の転職サイトです。
幅広い世代向けの求人情報を保有しているため、40代向けの求人も数多く存在します。
また、リクナビNEXTが40代におすすめな理由は、「スカウト機能」を利用できることです。40代の転職希望者の大半が、仕事をしながら忙しい中転職活動をしていると思います。そんな忙しい40代転職者に、企業からのスカウトメールが届くこの機能を利用することができるリクナビNEXTはとてもおすすめです。

このリクナビNEXTのおすすめポイントは、幅広い業種を扱っていること。ですから当記事でご紹介した飲食、小売などのサービス関係やドライバー関連の求人も探しやすいのです。

⇒1分で簡単!リクナビNEXTに無料登録

⇒リクナビNEXTの詳細はこちら

こちらの記事も読まれています

【40代の転職】転職業種による転職難易度の違い

【飲食店・サービス業・営業など現場で働く業種は転職しやすい。役職付きのポストはスキルが必要】

40代の転職でもとにかく人数がいる現場仕事は、転職に成功しやすいです。
飲食店や販売・接客のサービス業・警備員など、現場で活躍する仕事は、スキルに関係なく重宝されます。

営業の中でも保険外交員は、結果を残せばそれなりのボーナスも出るので、穴場の仕事です。

コンサルタントや人に何かを指導する仕事やIT・グローバル系の仕事で転職を目指す場合、マネージャークラスの実力が必要とされるので、転職の難易度は高くなります。

【40代の転職】未経験者でも採用されやすい職種の特徴

【人手不足の職種は資格さえ取得すれば未経験でも採用されやすい】

40代の転職は、前職のスキルを踏まえたキャリアアップ転職が成功しやすいです。
しかし、全くスキルがない未経験者でも、資格さえ取得すれば採用されやすい職種もあります。
「扱いづらいため採用されにくい」と思われがちですが、人手不足の業界では未経験者でも戦力になると考えられているからです。

IT系・営業職・介護職・保育士・看護師・エンジニア・葬儀会場のセレモニースタッフなどは、40代の未経験でも採用されやすい職種です。

営業職や葬儀会場のセレモニースタッフは、特殊な資格がなくてもできますが、サービス接遇検定やマナー検定などを受けておくといいでしょう。

40代でも転職可能な業種ランキング

40代でも転職可能なのはどの業種・職種なのか1位~5位までのランキング形式で紹介しています。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1位:介護


介護業界は仕事のきつさと給与の低さから人手不足が続く業界です。そのため、どの世代でも転職しやすい業界です。
介護の仕事に耐性があり、資格を取得して介護士としてステップアップしたいという人におすすめです。

関連記事

2位:タクシードライバー/トラックドライバー


タクシードライバーは常に人手不足です。また、インターネットショッピング業界が活性化しているのに伴って、トラックドライバーも不足しています。
しかし、どちらも不規則な仕事で体力的にもきついため、あまり人気がありません。
だからこそ、自動車の運転免許さえあれば運送業界は転職しやすい業界とも言えます。

関連記事

3位:外食・小売り・サービス業


外食業界やスーパーなどの小売業界も、人手不足です。
理由は土日勤務、勤務時間が長い、体力勝負、そして、給料が安いなどという理由です。また、外食業界では「名ばかり管理職問題」や「サービス残業の強要」などが問題になったばかり。

あまり良い職場環境とは言えませんが、転職しやすく頑張り次第で店長になることもできるでしょう。

4位:コンサルタント


40代になるまでに培ってきた経験を活かすなら、コンサルタント業界です。
コンサルタントとは、ITや経営の知識などを生かして企業の業務改善や利益アップのためのアドバイスをしたり業務を請け負ったりする仕事のことです。
法律関係や医療関係、IT関係などの仕事についていた人ならば、その知識や経験を生かすことができます。

5位:商社


コンサルタントと同様に商社も過去の仕事の経験を活かせることがあります。
例えばメーカー勤務だった場合、そのメーカーで扱っていた商品を扱う商社に勤務するというように、関連する商品やサービスを扱う商社に転職することで、過去の経験を生かすことができます。

40代ともなれば、今まで築いてきた経験や知識は相当なものであるはず。それを生かさない手はありません。
こちらの記事も読まれています

まとめ

ミドル世代と言われる40代の転職は以前は厳しい世界でしたが、近年需要は上昇傾向にあります。しかし、実際には40代の転職は失敗しやすく、うまくいかないことが多いようです。
社会人経験の長さゆえに、自分の経験・固定概念により、柔軟性が弱いところが失敗しやすい要因かもれません。

若い頃の転職とは違い、40代の転職のキーワードは「過去の経験を生かす」ということでした。
市場価値のマッチ度や企業が求めるスキルを持ち合わせているか?いち早く即戦力になれるか?が重要になります。

転職活動を有利に進めるためには、過去の経験をしっかり見直してアピールポイントをまとめること、そして、転職活動の情報戦を勝ち抜くために良い転職エージェントを見つけることが重要なのです。

転職のプロであるエージェントにサポートしてもらうと、40代向けの求人をたくさん紹介してくれます。客観的に市場価値やスキルを判断してもらえるので、ぜひ利用してみましょう。

40代の転職情報&NEWS

転職する際に一番優先させたい、譲れない条件は、年代別でこうも違う?
40代の方が転職するときに優先させるべきポイントの押さえ方も紹介しています。

40代の方々にもきっと役立つ、読んでいただきたい新着記事はこちら
転職の最優先条件は給与?待遇?勤務地?各世代別で調査してみた