50代で転職をする人は、近年とても増えています。
なぜなら、一世代前に存在した、
「一度勤めた会社に定年まで勤める」
「大企業に入社すれば、将来は安泰」
などという価値観が崩壊してしまったからです。

リーマンショックによる企業の経営悪化や、仕事のIT化や機械導入による簡易化などの様々な要因により、勤続年数の長いベテラン社員であってもリストラされるケースが増えています。

そんな中、ITに詳しくない、昔の仕事のやり方しか知らないなどという50代サラリーマンの中には、リストラされて転職や脱サラを考える人が増えています。
窮地に立たされた50代サラリーマンたちが新天地を求めて転職活動や脱サラをする時、どのように戦っていけばよいのでしょうか?

50代で脱サラするのは無謀?


そもそも50代で脱サラするのは無謀なのでしょうか?
「そんなの無謀に決まっている」
と決めつけてしまうのは簡単です。

しかし、もう少しよく考えてみてください。50代から脱サラを成功させている人もいます。彼らは、どのようにして脱サラを成功させたのでしょうか?

脱サラを成功させることができた人には、次の三つの特徴があります。

どんな苦労にも耐えられるか?

当たり前と言えば当たり前ですが、「どんな苦労にも耐えられること」が脱サラを成功させるために必要な条件です。ある程度年齢を重ねてからの脱サラという大きな環境の変化に対応できるでしょうか?

今までと違って力仕事をしたり、いろいろなところに頭を下げて回ったり、下っ端の仕事をしたり、まったく異なる環境で生きていかなければなりません。時には体を酷使したり精神的に参ってしまったりすることもあるでしょう。

そんな苦労に耐えることができそうでしょうか?
「どんな苦労にも耐えられる!」という覚悟があるか無いかということが、脱サラの成否に大きくかかわってくるはずです。

プライドを捨てられるか?

50代ともなれば企業に属していた頃には、課長や部長などある程度高い地位についていた人も多いはず。

しかし、脱サラとなれば、どこにも属すことなく社会的地位もゼロからのスタートです。時には自分より若い人に頭を下げて回ることもあるかもしれません。そんな状況に耐えられるでしょうか?

プライドを捨てられますか?
これは、脱サラだけでなく転職する場合も同じことですが、50代で転職するということは、今まで築いてきた地位を捨てて「平社員」に戻るということです。プライドが高い今までの気分のままでは、到底脱サラなどできないでしょう。

目標を持っているか?

そして、脱サラを成功させるために一番大事なことが、「目標を持っているかどうか」ということです。苦労に耐えられるかどうか、プライドを捨てられるかどうか、などということは、目標があれば乗り越えられるはずだからです。

「このままリストラされたまま、終わりたくない」
「もう一度、年収1,000万円を稼げるようになりたい」などという目標があれば、それに向かって頑張れるはずです。

「リストラされたから仕方なく」
「今の職場が居心地悪いし、脱サラでもするか」などという中途半端な気持ちでは、少しの苦労にもすぐに負けてしまうことでしょう。

目指すべき譲れない目標がある、という人こそ脱サラを成功させることができる人なのではないでしょうか?

転職後の明確な人生設計が見えているか?

転職後の自分の人生が明確になっている人は少ないでしょう。確かに、今後どんなことが起こり思ったように進まないのが人生です。しかし、ある程度の人生設計は必要です。安易に「やっと雇ってもらえるならここでいいや」と決めてしまっては、結局また転職活動することになりかねません。

将来的に働き続けることを基本として、今後のキャリアプランを練り次を探す必要があります。自分の人生設計がしっかりしていれば、「こんなはずではなかった」という転職の失敗に陥ることも未然に防げるでしょう。あくまでも50代は通過点に過ぎません。今の時代は60歳・65歳を過ぎても働きたいと、長く働くことを希望している人が多いのです。50歳からの転職なら、あと20年働き続けるための人生設計を用意してもいいのかもしれません。

50代・50歳からの転職や再就職に「成功した人」「失敗した人」の体験&経験談

50代からの転職や再就職は非常に難しいといわれる中、成功して無事転職した人たちがいます。しかし、残念ながら失敗し「こんなことなら転職しなければよかった・・・」という人たちもいるでしょう。そんな成功談や失敗談、経験談を参考に今後の自分がすべきことや転職活動に関して改めて考えてみましょう。

50代で転職成功!それまでの経緯とアドバイスを紹介します

●コンサルタントの人が自分ではわからない価値を見出してくれました!(53歳)
【転職成功までの経緯】
約1年近くの転職活動の後、11社目にて成功しました。私の場合、最初は求人サイトなどを利用して応募していましたが、書類選考の時点で全滅です。自分を売り込むということが苦手だったこともあり、年齢もかなり邪魔していたのだと思います。
しかし、転機はコンサルタントがつくエージェントサイトを利用したことです。いろいろ相談やアドバイスをいただく中で、自分でも気づいていなかった価値を見つけてくれました。当初の希望とはまったく違うジャンルへの転職となりましたが、結果的に満足しています。自分にはこんな可能性もあったのだと・・・。

【転職成功者としてのアドバイス】
「自分はこうだ!」と決め付けず、新しいジャンルへ飛び込むことも大切だと思います。何よりも、自分の活躍できる場を見つけられるよう、改めて自分を客観視してみてください。新しい自分に気づけるかもしれません。

●短所を長所へ変えることで転職成功にこぎつけました。(56歳)
【転職成功までの経緯】
海外で仕事をしてみたく、そういった企業を中心に半年ほど転職活動をしました。しかし、ことごとく不採用です。海外勤務というと活発で活動的な印象がいいらしく、おとなしい印象を持たれる私は不向きと判断されていたようです。
そんな時、エージェントサイトの担当者に「短所は違う方向から見れば長所になります」というアドバイスをいただき、目からうろこ。転職が成功した企業には、「おとなしく見えることもまた長所である」ことを伝え好印象を得られました。

【転職成功者としてのアドバイス】
たいしたアドバイスではありませんが、求人の幅を広げるためにも自分単独で求職活動しないことです。エージェントサイトに複数登録することで選べるジャンルも増え、さらに担当からのアドバイスによって成功への手助けをしてもらうのが、転職成功への近道だと思っています。

50代で転職失敗!それまでの経緯と反省点を紹介します

●IT企業の役員を退職。コンサルタント業として地道に活動しています。(50歳)
【転職成功までの経緯】
ベンチャー企業の幹部として頑張ってきましたが、トップとの折り合いが悪く干され退職に追い込まれることになったのがきっかけです。そこからは転落の一方でした。やる気がおきず、たいした転職活動もせずにふさぎこんでいましたね。結局、体調不良で行った病院で「欝」の診断をされてしまい、自覚がなかっただけにショックでした。現在は体調も回復し、以前の取引先との付き合いから相談役としてコンサル的なことを個人でやっています。年収は半分以下になり将来が不安です。転職としては失敗ですが、日々の生活は穏やかだと感じています。

【失敗した原因は?反省点はこれ】
元々ハイキャリア組だったこともあり、転職によって収入が一気に落ち込むのは痛いです。前職を退職してからの転職活動ではなく、折り合いが悪くなってきたころから次を探し行動に移すべきでした。

●業績悪化により仕事は増えるが給料は減る!そこから抜け出したはずでした。(52歳)
【転職成功までの経緯】
努めていた会社の業績が悪化し、部下も一人また一人と辞めていきました。その分の仕事を自分が引き受け、常にフルで仕事をしていたように思います。何人分も働いていましたが、最終的には給料カット。このままではまずいと転職を決意しました。すぐにエージェントサイトへ登録しましたが、年収は今より低いものばかりでパッとしません。そんな時、知り合いから持ちかけられて求人の条件がよく、簡単な面接で転職を決めました。役職もつき年収も今と変わらないというだけで、かなりの好条件だと思ってしまったのです。結果、役職はただの肩書きで平社員扱いでした。権限もなく値下げ交渉に明け暮れる日々。こんなはずじゃなかった・・・。

【失敗した原因は?反省点はこれ】
きちんとしたサポートもなく、就職先のリサーチもせずに安易に決めてしまったことが一番の原因だと思います。やはり、きちんとした人材紹介を利用したほうがいいということと、就職する企業の中身を見るべきです。企業の現状を把握してから決めても遅くはありません。

50代の転職・再就職で内定を取る秘訣


50代の転職では内定を取るのがとても難しいと言われています。確かに、若い人の方が安い賃金で元気な労働力として働いてくれるかもしれません。では、50代で内定を取ることはできないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。50代の転職で内定を取るためには、秘訣があるのです。

自分のスキルを正しく把握すること

どんな世代の転職活動でも重要だと言われていることが「自己分析」です。

「自分がどんなスキルをもっているのか」
「どんな成果を残せるのか」といった「客観的な自己分析」がないまま、「雇ってください」などと言っても無理というもの。

「売上額」「顧客獲得数」「育ててきた部下の数」などという具体的に数値化された自分の実力をアピールできますか?また、若い頃に得たスキルや仕事の成果などはとても貴重な財産です。

「大したことはしていないよ」と思っていても、実は転職にとても有利なスキルを持っているかもしれません。若い頃から現在までに手掛けた仕事を洗い出して、自分の中に眠るスキルを正しく把握して下さい。

企業情報をしっかりと集めること

もう一つ転職で重要なのが「企業情報の収集」です。
「どんな企業があるのか」
「企業はどんな人材を求めているのか」といったことを事前に収集せずに転職活動を始めても、自分に合った企業など見つかりません。
自分の実力を正しく知り、企業が求めるものを正しく把握することこそ、内定をもらう秘訣なのです。

ある程度妥協は必要だが妥協しすぎないこと

50代の転職ということですから、高い年収を求めすぎたり仕事内容にこだわりすぎたりするとなかなか内定はもらえません。

そのため、
「転職しやすいタクシー業界や介護業界も視野に入れる」
「現状維持の年収などは求めない」などという妥協はある程度必要です。

しかし、「どんな条件でも良いので雇ってください!」などという妥協のし過ぎは禁物です。
最近は、転職したいと焦る中高年を狙ったブラック企業が目立っています。安い賃金で中高年労働者を使い捨てるブラック企業が暗躍しているのです。

そんなブラック企業に引っかからないためにも、妥協しすぎないことが重要です。

家族も納得していること

50代の特に男性が犯しがちなミスに、「家族に相談なしに転職を決める」というものがあります。50代くらいの男性には、家族とのコミュニケーションを取ることが苦手な人が多く、転職という大事な決断を家族との相談なしに決めてしまうのです。

転職は家族の協力なしには達成が難しいことですから、きちんと奥様や旦那様、子供などの意見を聞いて決めましょう。

50代・50歳からの人におすすめの転職エージェントランキング

それでは、50代におすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。
50代からの転職サービスはサイトではなくコンサルタントがつくエージェントがおすすめです。

1位:リクナビNEXT


リクナビNEXTは業界最大手のリクルートが展開する転職サイトです。それだけに、とにかく求人数が多いのが魅力です。一般的に50代など中高年向けの求人は若い人向けの求人に比べて数が少ないため、中高年の転職は困難を極めます。

そんな50代の転職活動対策として、「求人数の多い転職サイトを利用する」というのも一つの手です。「数うちゃ当たる作戦」です。

2位:キャリアカーバー


キャリアカーバーは中高年や高収入案件などを専門に扱うハイクラス向け転職エージェントです。若い人向けの転職サイトやエージェントを利用していると、「年齢制限があった」「仕事内容が若い人向けだった」などという自分に関係のない求人情報を仕分ける作業が必要になります。

求人情報を仕分けるだけならまだしも、面接に行った際に「年齢がちょっと・・・」などと言われてしまうのは嫌ですよね。しかし、もともと中高年向けの求人しか扱っていない転職サイトを利用すれば、そんな労力とは無縁です。

3位:リクルートエージェント


リクナビNEXTと同じくリクルートが展開する転職エージェントです。
そのメリットもやはり規模が大きいこと。多くの求人と出会えます。

そして、転職エージェントによるきめ細かいサービスも受けられるので、
「中高年向けの求人を探してほしい」
「中高年の転職アドバイスをしてほしい」といった要望にも応えてくれるはずです。

50代・50歳からの転職に成功!その後、うまくやっていけているのか?

転職に成功したらそれで終わりではありません。次は転職先でうまくやっていく必要があります。もちろん、転職先になじめてうまくやれている人も多いでしょう。しかし、転職したはいいが後悔している人もいるんです。実際にあった転職後の話と転職先でよくある話を紹介しましょう。

転職後に失敗しまた転職活動になってしまった。他人事ではありません。

地道な転職活動を乗り越え、晴れて新しい企業へ転職を成功させた!とても喜ばしいことです。これから新しい人生のスタートに期待をもたれていることでしょう。しかし、ここで問題が発生します。どのようなトラブルかというと・・・

・約束した待遇と違った
・職場の環境が悪い
・職場の人間関係が合わない
・仕事の内容がつまらない

といった内容が多いようです。こんな転職後のミスマッチはよく耳にします。転職後の後悔は、転職前にしっかりリサーチし自己分析することで減らすことができます。それには、以下のポイントを押さえましょう。

●あいまいではっきりしない求人は避けること
求人内容がはっきりしない場合、転職後に提示された条件と違った内容を突きつけられる可能性も否定できません。就業時間も「不規則」だったり、仕事内容も「事務作業」などの大まかな内容だけでは、実際はどうなのかわかりません。

●転職先の離職率をリサーチしておくこと
意外と見落としがちなのが離職率です。就職・転職して1年以内の転職率が高い企業は、辞めておいたほうが無難でしょう。

●就職前に職場の見学をしておくこと
転職前は時間の融通などが難しい場合が多く、なかなか職場見学に踏み切れないかもしれません。しかし、これこそが転職後の失敗を防ぐ一番の方法です。相手先に失礼ではないか?など考えるかもしれませんが、あなたが今後働く環境を見せてもらうだけのこと。企業によって見学歓迎のところもありますが、一切NGという場合もあります。その際には、応募書類の提出や面接などのときに除いてみるのも手です。

●可能であれば、現従業員に話を聞くこと
一番の情報源は、今現在働いている人たちの声です。現在働いている人たちの声を聞くことによって、企業の待遇や内情などの真実を知ることができますね。可能であれば「こちらで働かれている方ですか?転職を考えているのですが、働きやすい環境なのでしょうか?」など差し支えない内容で聞いてみることができるといいですね。

転職先でよくある話 ~こんな転職者は嫌われる~

転職が成功した後、新しい仕事先でよくあるトラブルは「先にいた社員たちとの相性」です。50代や50歳からの転職となると、新しい職場では年下の先輩がたくさんいることになります。このとき、以下のような態度を見せると嫌われてしまう可能性が非常に高いのでご注意ください。

・「前職ではこうだった!」という自慢話を偉そうに語ること。
どんなに以前の職場で上の立場にいたとしても、それは過去の話であって関係のないことです。それを偉そうに自慢されたら・・・あまりいい気はしません。過去は控えめなアピールにとどめておきましょう。

・「若造が!」と年齢を武器にした上から目線な態度。
今の世の中、年功序列は通用しません。若くても仕事ができればどんどん上に上がれる時代です。「若いくせに」「経験も未熟」といった年齢を理由にした上から目線は絶対にNGです。いくつになっても学ぶ心を持ち続けたいですね。

上記が嫌われる転職者に多い内容です。企業側の優遇がよくても、一緒に働く仲間との折り合いが悪ければ続きません。「あの人、何様?!」といわれないように、お互いが気持ちよく働けるよう経験を生かしつつ良い人間関係を築く努力をしましょう。

まとめ

50代からの脱サラや転職は、決して簡単なものではありません。

しかし、50代には50代の戦い方があります。50代が活躍できる土俵にどうやって乗っかるのか、自分の得意な分野に戦いをどう持ち込むことができるか、50代になったからこそできる戦い方を探してみてください。

50代からの脱サラや転職は、決して簡単なものではありません。
しかし、50代には50代の戦い方があります。50代が活躍できる土俵にどうやって乗っかるのか、自分の得意な分野に戦いをどう持ち込むことができるか、50代になったからこそできる戦い方を探してみてください。

忘れて欲しくないのは、
・あいまいな気持ちで転職活動をしないこと。
・今の地位を捨て、1からスタートするフレッシュな気持ちで望むこと。
・自分で自分を評価するだけでなく、他人から見た新しい自分を分析してみること。
・転職先のリサーチは念入りに。

少なくとも、これくらいは念頭においておくと転職を成功へ導き、成功後の失敗を防ぐことにつながるでしょう。自分を客観視してもらうことで、新しい道が開けることもあります。成功者の多くがコンサルタントの方からのアドバイスをもらっているようです。50代・50歳からの転職には、可能性を広げてくれるエージェントサイトを利用することが、一番の近道かもしれませんね。