フリーターから正社員へと転身することは、以前は総じて困難な傾向にありました。

ところが近年では転職ブームが追い風となり、フリーターから正社員へ就職する道のりは一昔前ほどの困難さは緩和され、正社員として就職を果たせるケースは着実に増えつつあります。

そこで今回は、フリーターから正社員として就職を果たすにはどのような手順が望ましいのか、近年の傾向や状況を踏まえてわかりやすくガイド致します。

フリーターの就職について

・年収に換算するとフリーターより正社員の方が貰えるお金は多い
・フリーター期間は短いほうが就職に有利
→ただしリーター期間が長い方が有利になることもある
・フリーター&高卒フリーターでも正社員に就職できる
・フリーターから公務員になれる

正社員とフリータの月収&平均年収の違い


正社員とフリーターにおける雇用形態の大きな違いは「月収か?時給か?」です。正社員は労働時間数に限らず1ヶ月固定の金額を支給されます。
ここから残業代・各種手当がつきます。フリーターの場合、1時間あたりの時給が決められているので、働いた時間数だけお給料がもらえます。

正社員の平均初任給が各種保険料を引いて約15~16万円程度なので、もし時給が1200円以上もらえるのであればフリーターの方が毎月もらえる金額は多いです。しかし年収で比較すると圧倒的に正社員の方が多くもらえるのです。

・会社によるがボーナスや年度末賞与が支給される
・全社員対象でベア(ベースアップ)を実施する会社もある
・勤続年数が伸びれば基本給や各種手当が増額する

一方フリーターは、時給が上がらないとずっと同じ金額のままなのです。仮に上がったとしても数十円〜数百円程度で、1000円単位で上がり続けることは現実的に厳しいでしょう。

ポイント 女性

時給が1200円以上の場合、月収はフリーターの方が多いけど年収に換算すると正社員の方が多くなります。そこが30歳前後で正社員の希望者がが多くなる理由です!

フリーター年収の詳しい記事は↓

フリーターの末路

男性

毎日楽しいし不便はないから、このままフリーターでいいかな~

女性

20代のうちはいいけれど、30代を超えると金銭面・人生面においてもどんどん不利になっていく可能性が高いから、メリットデメリットをしっかりと考えましょう!

時給1200円以上あれば月額は15万円を超えるので、時間数・勤務日数を増やすことで20代のうちは同世代と同じくらい稼げます。むしろ数万円多いでしょう。
しかし正社員で働く20代は勤続年数が経過し年齢を重ねていくと、月収やボーナス額がアップします。
フリーターの場合、年齢を重ねてもお給料がアップすることはありません。貯金をするのも厳しいでしょう。

またフリーターからいざ正社員に転職しようと思っても、20代まではスキルとしてみてもらえることが多いですが
「30歳を過ぎて定職に就かずにフリーターを続けるということは、何か問題があるのかも?」とマイナスに捉えられてしまいます。
フリーターの末路は自由度が高いけれど、金銭面・人生面においてもどんどん不利になっていく可能性が高いのです。

 

フリーター末路の詳しい記事は↓

フリーターの期間が短いほうが就職に有利?


フリーター期間はできるだけ短い方がいいでしょう。20代のうちはまだ許されますが、30代以降でフリーター期間が長い&短期間でたくさんのアルバイトを転々としていると印象が悪いです。

・正社員になるための活動をしながらフリーターをやっている
・30代だが、前職在籍中に仕事が決まらなくてつなぎとしてフリーターになった

という場合は、あまり気にしなくていいでしょう。ただし次のような場合、フリーター期間が長い方が有利になることもあります。

・専門的な技術を要する職種に携わっていて実務経験が長い
・フリーターで働いていた会社に正社員雇用制度を利用して面接を受ける
・国家資格や免許が必要な職種で、取得するまでの時間がかかってフリーターだった

「やりたい仕事がない&定職に就くことがイヤだった」というように個人的な感情が理由でフリーター歴が長い場合、定年まで働く意思やフリーター時代に身につけたスキルを面接官にどれだけアピールできるかがポイントとなります。

ポイント 女性

基本的にはフリーター期間は短いほうがいいですが、定年まで働く意思やフリーター時代に身につけたスキルをアピールできればフリーター期間が長くても問題ありません。

フリーター期間について聞かれた時の返答事例

フリーターから正社員に就職する際、面接官に必ずと言っていいほど聞かれる項目です。
「自由度が高いから」「定職につくのが嫌だったから」といった理由をストレートに話すのではなく、表現を変えて伝えましょう。
またフリーター時代に経験して学んだことや身につけたことを話し、どういう点で会社に貢献できるか?具体的に話せるように事前準備をしましょう。

返答例

お恥ずかしいことなのですが、長い間自分が生涯をかけてやりたい仕事を決めることができず、フリーター期間が◯年になりました。
現在働いてる〇〇では〇〇の仕事に従事しております。以前〇〇をしているときに〇〇ということがありました。
私は〇〇のような理由で〇〇といった対応をいたしましたが、この経験で〇〇の大切や〇〇について学ぶとともに、「もっと〇〇に深く専門的に携わりたい」と強く感じるようになりました。
御社は〇〇を強みとして〇〇の分野で非常に高い評価を得ていることに大変魅力を感じております。ぜひ御社の一員となってフリーター期間で身につけた〇〇のスキルを活かし、〇〇することで御社に貢献して参りたいと考えております。

ポイント 女性

理由だけでなく、身につけたことをどのように生かして会社に貢献できるかをアピールしてみましょう!

フリーターから正社員で就職していく人が多い職種

男性

フリーターから正社員になるのは難しいのかなぁ?職種も限られてくるんだろうなぁ・・・
正社員になれたとしても、労働条件の悪いところしか無いのかも!

ポイント 女性

フリーターだったからといって就職できる職種が限定されることはありませんが、フリーターから正社員に就職した方が多い職業はシフト勤務の飲食やサービス業、営業職などです。

フリーター期間が長いと不安になる方も多いと思います。さすがにフリーターから管理職や肩書きのある役職への就職はかなり厳しいですが、フリーターだったからといって就職できる職種が限定されることはありません。
土日祝日が関係ないサービス業や飲食店の正社員は、いつの時代も人手不足なので比較的正社員として採用されやすいです。
また営業職は、数字がとれるか?結果を出せるか?がポイントになるので、フリーターである経歴をあまり重視されないことが多いです。
とくに営業の中でも住宅メーカーは結果次第でかなり高い報酬がもらえます。営業知識も大切ですが、人柄によって契約を決めるお客さんが多いので、コミュニケーション能力が高い&誰にでも話しかけられる人にはオススメです。

高卒フリーターが優良企業に正社員就職する方法とは


男性

高卒でも優良企業に就職ってできるのかなぁ?

ポイント 女性

もちろん高卒でも優良企業できます。学歴よりも人物評価が重視される傾向の今が就職のチャンス!趣味やスキルを活かして就職活動をするのも◎ですよ!

昔は「学歴がある=大手・優良企業への就職パスポート」と言われていましたが、最近では学歴よりも人物評価が重視される傾向になっています。
優良企業の本社やオフィス勤務の場合、大学卒業が条件になることも多いですが、店舗勤務の場合は学歴をそこまで重視されません。

大手優良チェーンの店舗の場合

現場でまずは数年働きます。そこで経験したこと・スキル・現場の声を生かして、もっとよい企業にするために本社勤務になることが多いです。
企業によっては最終学歴によって数年単位で現場経験年数が変わりますが、勤続年数を重ねたり、現場で結果を残して出世するこに学歴は関係ありません。
居酒屋などの飲食店でも、店舗に配属→店長→エリアマネージャー→営業部→部長など、フリーターのままでは積むことができないキャリアを築けるのです。

また写真・CGグラフィック・プログラミングなどは、学歴よりもスキルが重視されます。
自分の作品を採用面接のときに持参して、才能やスキルを評価してくれれば、高卒でも正社員として採用してもらえる可能性が高いです。

高卒フリーターから正社員で就職していく人が多い職種

ポイント 女性

サービス業や飲食業をはじめ、体力勝負の仕事が多いようです!体力に自信のない方は医療事務や介護の資格取得もおすすめです!

高卒フリーターや大卒フリーターに限らず、やはりサービス・飲食業は正社員になりやすいと人気のようです。とくに20代の高卒フリーターの中では資格を取得して未経験でも正社員になれる仕事も人気です。

・通信教育や本屋さんのテキストで勉強をして資格を取った
・20代のうちに正社員になりたくて働きながら勉強した

介護職や医療事務など、資格があれば未経験でも現場で働きながら仕事のスキルを身につける職種が人気です。
資格を取りながら働く人も多いようです。また建築現場の場合、体力が重視されるため若ければ若いほど採用されやすい職種です。
18歳〜25歳くらいまでのフリーターにオススメです。
現場で活躍する仕事は学歴ではなく職歴・スキルを重視する傾向があるため、自動車工場などでフリーターとして働き、経験を買われて他社の工場で正社員に採用される人も多いようです。

高卒フリーターにおすすめの転職エージェントは転職SHOP

・フリーターから正社員になりたいけどなかなか採用されない
・書類選考の時点で落とされてしまう
・1度も就職活動をしたことがないからどうしたらいいかわからない

そんな人は転職エージェントを利用してみましょう。転職エージェントは、企業と求職者のパイプ役となって仕事を紹介してくれるサービスです。
企業とエージェントでの成功報酬のみで運用しているため、求職者に費用は一切かかりません。
仕事を紹介してくれるだけでなく、書類・面接対策、労働条件交渉などを転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

とくに転職エージェントの中でも転職SHOPは、書類選考が一切ない企業を紹介してくれる転職エージェントです。大手人材エージェントであるリクルートキャリアが運営しているため、取扱求人数が多いのが特徴です。

ポイント 女性

・学歴がないのに正社員で採用された
・あこがれのオフィス勤務ができる
・未経験職種でも内定が出た

と、フリーターの転職ユーザーに評価が高いエージェントです。

フリーターから公務員になれる?


ポイント 女性

実は公務員に学歴は関係ありません。年齢制限はありますが公務員試験にパスすれば誰でも公務員になることは可能です!

安定する仕事の代表格として人気の公務員ですが、実は学歴は関係ありません。一般枠の公務員試験に合格すれば公務員として働くことができます。
地域にもよりますが、国家公務員・地方公務員ともに30歳前後までの上限がほとんどです。
公務員といっても、市役所や税務署をはじめ、公立小中学校の事務員・市内の土木管理など職種はさまざまです。
各地方自治体によって、募集する職種・受験資格要項が提示されているのでチェックしてみましょう。

公務員カテゴリのあるオススメ転職エージェント

ポイント 女性

「公務員は自力で求人情報を探すしかない」と思っている人が多いですが、転職エージェントでも全国の公務員求人情報を取り扱っています。

リクルートエージェント

大手転職エージェントである「リクルートエージェント」は全国の公務員案件を多く取り揃えています。
役所に限らず専門学校の教師・官公庁などの求人を紹介してくれます。公開されている案件よりも非公開案件を紹介してくれることが多く、人柄・働き方のスタイルなどをヒアリングした上で紹介してくれることが特徴です。
公務員にかぎらず、リクルートエージェントでは取扱職種が業界トップクラスなので「転職といったらリクルートエージェント」という人が多いです。

・書類対策
・データに基づいた面接対策
・勤務条件の交渉
・採用後のアフターフォロー体制

求人情報の紹介だけでなく、サポート体制がかなり充実している魅力的な転職エージェントです。

フリーターの就職準備その1:就職準備には他者の協力が必要!

フリーターから正社員の就職を果たす上で何が最も大切なことか、おわかりになるでしょうか。

それはフリーターの方に限らず転職や就職に取り組む人全てに当てはまることですが、最も大切なことは「準備」です。

準備とは何も求人雑誌を取り寄せることや履歴書を購入すること等、物を準備することだけではありません。

例えば

check-c081 自分自身の仕事の適性を知ること

check-c081 長所、短所などの自分の性格を客観的に正しく把握すること

check-c081 自分が正社員になった後のキャリアプランを描くこと

 

等が就職活動の準備として、物を揃えること以上に大切です。

また、こうした準備は「独り善がり」になっては決して上手くゆくものではありません。

例えば「自分のことは自分が一番よくわかっている」と言いますが、自分では「のん気な性格」だと思っていても、他人からは「せっかちだ」と思われていることはよくあります。

これはどちらが正しいという問題ではなく、「どちらの評価を優先すべきか」という問題であることを誤解してはなりません。

就職面接時に最も問われることとは、求人企業側から見てどのような人物に映るかということです。

即ち自己評価ではなく他者評価の方が大切になってきますので、自分自身以外の客観的な物差しや診断で自分の性格を把握することが大切になってくるのです。

それだけに就職の準備は独力で行うには無理があります。

他力本願になってしまってはいけませんが、他者の協力が不可欠であること、一人だけで準備しようと思いこまないことが重要です。

就職準備その2:転職サイト(転職エージェント)に登録・相談


ではどのような他者の協力を仰げば良いのでしょうか。

近年は空前の転職ブームとなっていますが、その陰の立役者と言えるのが求人企業と求職者の仲介役を担う「転職サイト(「転職エージェント」とも呼ばれていますので、ここでは以後「転職エージェント」と呼称します)」の存在があげられます。

転職エージェントは求人企業側へ求職者を紹介し、無事採用に至った場合には「求人企業側」から成功報酬を受け取ることで事業を成り立たせています。求職者側からは一切お金は受け取りません。

そのため、転職エージェントに協力してもらう場合に費用は一切かかりませんので、安心して協力を仰ぐことができます。

求職者と転職エージェントはウイン・ウインの関係!

転職エージェントは求職者が採用されればされるほど儲かりますので、求職者とはウイン・ウインの関係です。そのため、求職者が就職や転職を果たせるよう、ありとあらゆる支援やサービスを積極的に提供してくれます

例えばその1でお伝えした、自分の適性を踏まえてどのような仕事に就きたいかを確定させるといった就職準備段階から親身になって相談にのり、経験に基づいたきめ細かいアドバイスを行なってくれる、皆さんにとって実に心強い、頼れる存在なのです。

フリーターの就職に強い転職エージェント選びが大切!

しかしながら、転職エージェントならどこを選択しても良いという訳ではありません。

転職エージェントには例えば中高年の就職や転職に特化している、あるいはIT業界やファッション分野に特化して人材紹介をしている等々、それぞれ強みや特徴としているものがあります。

そのため、フリーターから正社員への就職を目指すならフリーターの就職に強い転職エージェントを選ぶことが大切です。

ネット等で「フリーター」と「転職エージェント」というキーワードで検索を行えばフリーターに強い転職エージェントを発見することができますが、当編集部がオススメするのは次の3社です。

ハタラクティブ

20代で正社員職歴なしのフリーターの就職に大変強く、フリーターの方へ最もオススメできる転職エージェントです。

トライアットリソース

ki2

家庭教師派遣でお馴染みの「トライ」が運営する転職エージェントであり既卒者、フリーターの就職支援に力を入れています。

ジェイック


ジェイックも既卒者やフリーター求職者支援に力を入れている企業です。職種としては営業職に特に強みを発揮しています。

フリータの企業選定のポイント

転職エージェントの指導や支援を通じて、自分自身の就職に対する考え方や志望する職種や業種などの考えが整理できたら、今度はいよいよ求人企業の選定というプロセスになります。

転職エージェントを利用している場合なら、転職エージェントから条件や希望に合った求人企業の紹介を得られますので、紹介された企業を検討することから始めると良いと言えます。

勿論求人企業を紹介されたからと言って、必ず応じなければならないといったことは一切ありません。

求人条件をよく確認し、自分に合いそうにないといった場合には断ることに遠慮は無用です。

但し、フリーターで特に正社員での職務経験がないという場合には紹介を得られる求人案件数が豊富にあるとまでは言えない状況でもあります。

条件で欲張り過ぎないよう、自分で妥協できる点も考慮に入れつつ慎重に検討を行なうことが肝要です。

また、求人条件の内容によっては交渉可能な場合もありますので、もし要望があれば遠慮なく転職エージェントの担当者へ自分の希望や意見を伝えるようにしましょう。そうすれば理想的な条件に変えることができる場合もあります。

応募(書類選考)→面接:自身でも努力が大切


求人企業の選定が終われば、いよいよ選んだ企業に対して応募することになります。

通常、求人企業に応募する場合の第一段階は「書類選考」であり、書類選考を通過したら求人企業の人事担当者や役員との面接に臨むという流れが一般的です。

書類選考では履歴書の他、なぜその企業の求人に応募することにしたかの動機などをエントリーシートという専用の応募書類を作成し、提出することが求められ、それら提出した書類が審査されることになります。

転職エージェントから紹介を受けた企業へ応募する場合には、応募書類の書き方のアドバイスや添削指導などを受けられますので応募書類の作成経験がなくとも心配は無用です。

ただし、繰り返しとなりますがあまり他力本願とならないようにすることは大切です。

就職するのはあくまで本人ですから、自分自身でできる限り精魂を込めて書類を作成する心構えは必要です。

努力の甲斐あって無事書類選考をパスしたら面接となりますが、転職エージェントなら求人企業の傾向を踏まえて模擬面接指導も行ってくれます。

本番の面接試験を想定し担当者が面接官役となって受け答えをチェックし、細かく指導を行ってくれますので求人企業へ応募する場合には模擬面接指導もできるだけ受け、自身の課題を発見し、是正するよう直前まで万全の体制で臨めるよう努めましょう。

内定→入社:最後まで気を抜かないこと

求人企業との面接試験を終えた結果、企業側が採用したいとなれば「内定」の意向が企業側より通知されることになります。

内定を得られれば後は求人企業側と相談の上、入社日を確定させ、入社日を迎えたら晴れて正社員として入社という運びになります。

しかし、内定が得られたからと言ってここで気を緩めることは慎まなければなりません。

フリーターであっても正式な労働契約に基づいて働いている立場に変わりありませんので、契約に則り、雇用主にできるだけ迷惑をかけないよう円満退職を目指すことが重要です。

万一仕事の辞め方でもめるようなことがあれば、最悪内定にも大きな影響が出かねないからです。

また、職場を退職するまで約1ヶ月程度は働くことが考えられますが「どうせ辞めるから」といった発想で仕事に手を抜くことも厳禁です。

最後まで誠実に働くことや他アルバイトへ引継ぎ事項があればしっかりと引継ぎを行うことが雇用主への恩返しであり、円満退職にもつながります。

これらと並行して、例えば社会保険に関する手続きや住民票等、企業側が入社に際して提出するよう求められたものを用意することも、漏れなどないよう慎重に取り組むようにしましょう。

以上が就職準備から内定・入社までの流れです。

それぞれに大切なポイントがありますので、繰り返し記事を読んでポイントを頭に入れ、ぜひ正社員としての転身を成功させるようにしてください。

フリーターの就職まとめ

フリーター就職まとめ

・就職活動で最も大切なことは「準備」である。
・フリーター期間が長い場合は、定年まで働く意思やフリーター時代に身につけたスキルをアピールしよう
・フリーター時代に身につけたことをどのように生かして会社に貢献できるかをアピール
・フリーターから正社員に就職した方が多い職業はシフト勤務の飲食やサービス業、営業職
・学歴よりも人物評価が重視される傾向になっているので高卒でも優良企業に就職可能
・高卒フリーターから正社員で就職していく人が多い職種はサービス業・飲食業である

⇒フリーターの働き方に関する記事一覧はこちら

この他にも様々な働き方をご提案しています
⇒転職活動・就職活動をサポートするお仕事ハウツーサイト・ジョブシフト