工場の住み込み求人はやめとけ!カップルOKでも苦痛?理由を解説

住み込み求人_やめとけのアイキャッチ画像タウンワークなどのフリーペーパーや、ネットの求人を見ると寮完備の住み込み工場求人があります。

中には寮費無料、カップルOKという求人もあり一見すると非常に美味しいですが、実際は「やめとけ」と言いたくなるようなリスクも存在するのが事実です。

今回はそんな工場求人をやめとけと言われるような理由などを紹介していきます。

工場の住み込み求人はやめとけ!と言われる理由

結論から言うと、住み込みの工場求人をやめとけと言われる理由はとにかくプライベートがなく、住み込み先特有の悪習の被害に遭うことが多いからです。

■よくある住み込み求人の内容
・寮完備
・残業なし
・カップルや子連れOK!
・家具&家電付き
・家賃なし&食事つき
・手取り20万円以上
・2ヶ月で正社員登用可能!

一見すると住み込み求人にはかなり条件のいいことばかり記載されていて嘘もないのですが、雇用条件以外で苦痛なことが非常に多いのが住み込みです。

とにかくプライベートがないから

住み込み求人をやめとけと言うのは、とにかくプライベートがないからです。

もちろんそうじゃない職場もありますが、運が悪いと休みだろうと仕事終わりだろうと先輩が来たり、職場に近いという理由で呼び出しを食らいます。

仕事に疲れて帰ってきたら休みだった先輩が酒を持って遊びにきたり、入りたての新人だと共同で使う廊下やお風呂の掃除なんかを押し付けられたりするので、プライベートがありません。

簡単に休日出勤させられるから

また、住み込みは必ずと言っていいほど会社の近く、下手をすれば隣に住み込みで働いたりすることになるので、なにかあればすぐに休日出勤させられます。

例えば誰かが急に休んだり、人手が足りなくなったら、休みだろうと仕事が終わった後だろうとすぐに呼び出されるのです。

しかも劣悪な職場や上司だと休日出勤してもタイムカードを切らせてくれないので、疲労だけ溜まってタダ働きさせられます。

そのため、住み込み求人をおすすめすることはできません。

時代遅れの独自ルールがあるから

また、寮の一部は未だに昭和レベルの独自ルールが続いているところも多いです。

例えば郵便物を出すには許可が必要であったり検閲をされる、外出をするにも許可を取り行き先を伝えなくてはいけないなど、まるで刑務所のようなルールがある寮も存在しています。

ただでさえ工場の仕事は息が詰まるのに、家である住み込み先ですら苦痛が伴うのであれば、やめとけと言われるのも当然です。

工場の住み込み求人のメリットは?

やめとけと言われている工場の住み込み求人ですが、実際は数十万人単位の人で住み込みで働いています。

本当にやめとけというのであれば住み込みを辞めて普通の工場求人に応募すれば良いので、実の所住み込み求人には相応のメリットもあるのです。

以下ではそんな工場の住み込み求人のメリットを紹介していきます。

一部の寮を除き休みはしっかり取れる

一部の悪質な工場を除き、土日祝日休みなので基本的にカレンダー通りで休みが取れます。

悪習が残る例外的な工場もありますが、働き方改革の影響もあり最近は近くに住んでいるからといって、休日出勤を頼まれることは少ないです。

ただ、欠員がでて人員不足になったときは、やはり住み込みの方が近くに住んでいるので呼び出しされやすいのは諦めましょう。

基本的には休みはしっかり取れるし、最初に紹介したようなパワハラもほとんどないと思って良いです。

自動車メーカーは本社・工場共に祝日は勤務日!

ただ自動車メーカーの工場の場合、祝日は勤務日となることが多いです。

そのかわりお盆・年末年始・GWは振り替えで休みになるので、ニュースでよく言われる「最大○連休」に当てはまることが多いのがメリットです。

海外旅行も有給を使わずに行けるし、長い休みが取れるのでメリハリをつけて仕事ができるのは魅力的でしょう。

ただし自動車メーカーの場合、海外輸出量や為替相場で生産量が大きく変動しますので、いきなり2週間近く臨時停止になることも多いです。
正社員は月給制なのでお給料の変動はないですが、派遣社員の場合は臨時休業で収入がガクっと下がることになります。

通勤がとにかく楽

一般的に通勤には片道1時間以上かけている人が多いのですが、寮は通勤が数分で済むというのもメリットです。

交通手段によりますが、通勤のストレスは最前線の兵士並というデータがあるように、通勤時間が長いとそれだけで精神を病みやすいです。

しかし住み込みの求人は職場と寮が近くにあることが多いので、通勤時間がほとんどなかったり距離がある場合は送迎があります。

送迎バスであれば座ることができるので、何時間も立ったまま電車で通勤するより体力も精神力も使いません。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

休憩時間はしっかり取れる

休憩時間をしっかり取れるのも住み込み求人のメリットと言えるでしょう。

住み込み求人の場合、一斉に通勤することが多いのでランチタイムに1時間休憩して、午前と午後に10分ずつ休憩がある工場が多いです。

PCをずっと使う作業の場合、1時間経過後5分~10分休憩があるところもあります。

またはランチタイムを45分に設定して、15時に15分休憩を入れてトータル1時間に設定している工場も多いです。

普通の仕事だと会議が長引いたり来客でランチをとるタイミングが多少ずれたり、休憩が取れなくなることもありますが、工場は確実に休憩が取trます。

学校生活のように、出勤から退社まで1日のスケジュールがしっかり組まれていることが特徴です。

入社手当や家賃無料、福利厚生など待遇がかなり良い

住み込みの中には家賃が無料だったり、手当が豊富だったりで怪しいと感じるレベルで待遇の良い求人が多いです。
・寮の家賃は全額会社負担
・勤続1年以上経過したら待遇手当が毎月つく
・半年に1回確実にお給料があがる
・アルバイトなのにボーナスあり

このように金銭的にかなり好条件の仕事が多いので「この仕事は怪しい」と思うかもしれませんが、本当にそのままの好待遇で働けます。

工場勤務は体力勝負ですしかなりの人員がいる仕事ですので、労働条件が悪いと入社してもすぐにやめてしまう人が多いです。

そこで待遇を良くすることで人を集めたり、モチベーションを上げて離職率を下げる狙いがあります。

例えば自動車工場の技術職の場合、知識やスキルも必要なので、待遇が悪いとそのまま他社に行かれてしまいます。

また、せっかく教えたのにすぐにやめられると仕事にならないですし作業効率も悪いので、人材確保のために企業がやっていることなので安心して下さい。

専用寮があるので女性でも安心して働ける

最近は寮が男女別になっていることが多いので、女性でも安心して住み込みで働くことができます。

働くときは男女一緒でも、住まいは女性専用の女子寮に案内されますので、安心して住み込みの求人に応募して下さい。

会社が借り上げているアパートやマンションがそのまま寮になっているので、1人暮らしを負担なしでできるイメージです。

また、女性専用寮は車通りが多い場所にあったり、男性の出入りが禁止されていたり、セキュリティがしっかりしているところが多いので安心です。

保証人は不要で住み込みできる

通常、アパートを借りるときは保証人が必要ですが、住み込みと賃貸契約とは全く別物なので保証人が必要ないことが多いです。

金銭的保障が必要なことがあっても給料から天引きすることができるので、敷金や礼金の貯金がなくても安心です。

これは期間工のように数ヶ月限定で住み込みで働く人も多く、短期間で人が入れ替わるためのようです。

30歳以上でも問題ない

むしろ住み込みで30歳はかなり重宝されます。リタイアした世代でも問題なく働けます。

住み込みの工場勤務のいいところは、ある程度の年齢でも問題なく働けるところです。

工場勤務は体力勝負の仕事なので若い人しかいないイメージもあると思いますが、意外と年配の方も多いです。

仕事を早期退職した50代のセカンドライフとして、寮に入りつつお金を稼ぐ生活をしている人もいます。

また、30歳はある程度社会的知識や常識もあるので、仕事を任せやすく体力もあるので場合によっては20代よりも重宝されます。

転職は30歳までにと言いますが、工場勤務の場合あまり気にしなくてもよいです。
リーダー的ポジションにつけることも多く、やりがいもあります。

カップルで働くこともできる

職場によりますが、カップルOK、友達OKな求人も多いです!

住み込みの工場求人は「友達・カップル応募OK」というものも結構あります。

ただし「カップルは同室OK」というわけではありませんので、、仕事は一緒にできても、寮は別々になることがあるので注意して下さい。

もちろんアパートやマンションを家族寮のように借り上げているところも多いので、カップル同室で寮に入居できることもあります。

工場での仕事はとにかく人手がいるので、友達グループやカップル一緒に応募しても歓迎されやすいです。

男性寮・女性寮と性別ではっり分けている場合は一緒に入居できないこともあるので、同棲したい場合は事前に確認しておきましょう。

工場によっては、同じ種類の仕事ではなく、それぞれ違う部署に配属されることもあるようです。

工場の住み込み求人はやめとけまとめ

工場の住み込み求人はやめとけと言われることも多いですが、住み込みは収入だけでなく、待遇や職場環境も好条件であることが多いです。

寮も家具・家電がついていたり、家賃や光熱費が一切かからない、女性専用寮があるところが多いので、働いてみるのもありでしょう。

条件が良すぎて危ない会社や仕事なのか・」と不安になる方もいますが、長く続けてもらうために好条件を提示しているだけです。

ただ一部、やめとけと言われるのも仕方ない悪質な住み込み求人もありますので、転職エージェントに働いている人の評判を確認をするなど、事前調査は怠らないようにしましょう。

長期から短期間勤務の期間工まで雇用形態はさまざま^^
自分にあった条件の会社がみつかるといいですね♪
当サイト人気の転職エージェント
ビズリーチおすすめ度 ★★★★★
ハイクラス・高年収に特化!確実に年収アップしたい方に最適
公式HP
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP