Uber Eats (ウーバーイーツ)大阪で登録した場合の配達エリアと報酬

ウーバーイーツ【Uber Eats】大阪で登録した場合の配達エリアと報酬

最近全国各地で急速に広がっているUber Eats (ウーバーイーツ)による料理の配達ですが、天下の台所、食い道楽の町大阪でも、Uber Eats (ウーバーイーツ)を活用した出来立ての料理を食べれるようになりました。

これは実際に配達してくれる配達パートナーのみなさんの登録増と、東京並みの報酬体系になったことが大きいです。

今回は大阪でUber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録した場合に特化して、実際に働く場合のエリアと報酬について解説したいと思います。

Uber Eats (ウーバーイーツ)大阪を知るメリットはこれ!

  • 大阪でのサービスが拡大中でチャンスがあります
  • 報酬体系を知ることで、働き方を考えられます
  • 実際にかなり稼いでいる人がいます/li>

Uber Eats (ウーバーイーツ)の働き方は時給ではなく業務委託である

ウーバーイーツ【Uber Eats】の働き方

まず、Uber Eats (ウーバーイーツ)の働き方についておさらいをしておきましょう。

詳しい仕組みについては、当サイトの記事
Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーで働く人の感想や口コミ・評判を徹底的にまとめてみた
を読んでいただければと思いますが、
ポイントは

  • 時給で働くのではなく「1件〇〇〇円」で業務を請け負う個人事業主である
  • 件数をこなせばこなすほどインセンティブ報酬(配達ボーナス)がつく
  • 自分の原付バイク(125cc以下)や自転車で配達する
  • 配達先への地図や報酬の出勤関係はすべてUber Eats (ウーバーイーツ)のアプリ上で完結する

ということです。

件数をこなさないと、その地域の最低時給に達しない可能性もあります(労働ではないので最低賃金の対象外です)。
配達のニーズが多そうなお店の近くに待機して、速やかに料理を受け取り配達するスキルが求められます。

大阪の配達エリアは大阪市全区

大阪での配達エリア(つまり配達パートナーが料理を運べるエリア)は、大阪市全区です。

2018年4月に大阪市内10区(中央区、北区、西区、浪速区、天王寺区、福島区、都島区、阿倍野区、西成区、大正区)で開始した、大阪でのUber Eats (ウーバーイーツ)のサービスは徐々に拡大して、2018年12月に西淀川区、此花区、港区、住之江区でサービスが開始され、ついに大阪市内全区でUber Eats (ウーバーイーツ)のサービスが行えるようになりました。

※現在のエリア(Uber Eats は大阪市内全区でご利用可能に!|公式ブログ

大阪の配達エリア

大阪市全区で利用できますが、図を見ていただくとわかるように、「全域」ではなく一部サービスのエリア外があります。
湾岸のベイエリアや関空、尼崎市との県境付近は今のところ配達エリアからは外れます。

  • 大阪市の大部分(全区)
  • 区によっては一部が配達エリアから外れる
  • 大阪市以外の大阪府内は、現在対象外

が現在の配達エリアになります。

大阪市エリアでの配達報酬はブースト次第!?東京よりも手数料が低く稼げる!?

大阪市エリアでの配達報酬

続いて、配達報酬について解説します。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の報酬は、各地域によって異なります。
現在の大阪エリア(=大阪市)の報酬は以下の計算式で割り出されます。

お支払い = ① 基本料金 + ② ブースト + ③ 特別キャンペーン[不定期] – ④ サービス手数料(5%)
となっています。

個々の項目について見ていきましょう。

【事例】
A店から1度に2か所(BとC)へ配達を依頼される。A→B→Cの距離は合計で2㎞である。
ブーストは「1.5」であり、特別ボーナスはない。

①基本料金
特に忙しくない場合の配達距離に応じた基本配達料です。

a:受け取り料金: 136円
レストランにて商品を受け取った時に発生します。同じお店から複数の場所に配達するよう指示された場合は 配達先が複数でも、受け取るプロセスは1回なので、1回分のカウントになります(つまり136円しかもらえない)。

b:受け渡し料金: 63円
注文者に商品を渡した際に発生します。配達先の数に対応しているので、複数の場所に配達した場合、それぞれ受け渡し料金63円がもらえます。

c:距離料金: 45円/km
1㎞あたりの配達料です。レストランから配達先までの距離で決まります。複数の場所への配達あった場合、合計の距離分が計算対象もらえます。

事例の場合、報酬は
136円+(63円×2か所)+(45円×2㎞)=352円 になります。

2㎞配達して約350円、これは高いのか安いのか・・・。
ちなみに、配達後お店に戻る必要はありません。
そういう手間を排してすべてアプリ上で完結するのがUber Eats (ウーバーイーツ)のメリットです。

②ブースト
忙しい時間帯や、注文が多い土日にプラスされるインセンティブです。
やればやるほど稼げます。

基本料金×(ブーストの値-1)=ブースト料となります。

ブーストが「1.5」の場合、上の事例をもとに計算すると
352円×(1.5-1)=176円 がブースト報酬です。

③特別キャンペーン[不定期]
キャンペーンボーナスがつく場合があります。詳しくはアプリやHPで確認してみましょう。
4回配達したら+400円、8回配達したら+1200円、など配達意欲を高めるのが多いです。

④サービス手数料(5%)
Uber Eats (ウーバーイーツ)に支払うシステム手数料です。
大阪の場合、手数料は5%になります(東京はなんと35%!)。

手数料は基本料金だけにかかり、ブーストはそのまま報酬として受け取れます。

つまり、上の例でみると
(A店からBとCに配達したケース)
基本料金 352円×5%=18円 が手数料になります。

⑤実際の受け取る報酬を計算してみよう
事例のケースではいくらもらえるのでしょうか?計算してみましょう。

a)基本料金 136円+(63円×2か所)+(45円×2㎞)=352円
b)ブースト 352円×(1.5-1)=176円
c)手数料  352円×5%=18円a)+b)-c)  352円+176円-18円=510円

1回の配達(2か所配達)で500円ちょっとになります。
1時間のうちに2回できれば、大阪府の最低賃金(936円 H30年)を超えますね。

ただし、1か所への配達でブーストがないと300円を切ることも多く、4回配達できないとコンビニでバイトしていた方がマシという稼ぎです。

効果的に配達するスキル、依頼が多そうな場所で待機することが重要です。

大阪と東京ではかなり料金が異なる

大阪エリア東京エリア
受け取り136円300円
受け渡し63円170円
距離報酬45円/km150円/km
手数料5%35%

上で書いたように大阪の場合
<大阪エリア>

  • 基本料金
    受け取り 136円
    受け渡し  63円
    距離報酬  45円/km
  • 手数料  5%

となっています。

実は東京ではこの値が全く異なります。

<東京エリア>

  • 基本料金
    受け取り 300円
    受け渡し  170円
    距離報酬  150円/km
  • 手数料  35%

報酬だけ見ると東京は大阪の倍以上です。
一方で手数料は大幅に高くなっています。

手数料は「ブースト」にはかからないので、大阪で東京以上に稼ごうと思ったら、回数をこなしてブースト報酬や特別報酬で稼ぐしかありません。

ちなみに、上の事例を東京に当てはめると
a)基本料金 300円+(170円×2か所)+(150円×2㎞)=940円
b)ブースト 940円×(1.5-1)=470円
c)手数料  940円×35%=329円a)+b)-c)  940円+470円-329円=1081円

何と1回配達しただけで1000円超え。東京都の最低賃金985円も軽々超えます。
一度の受け取りで多くの配達先に届けるお店の近くだともっと稼げそうです。

大阪はまだUber Eats (ウーバーイーツ)のサービス開始から日が浅いので、注文が増えて需要増になっていけば報酬体系も東京に近くなるはずです。

大阪でも稼げる!?口コミを拾ってみた

大阪ウーバーイーツドライバーの口コミ

報酬システムから見ると、東京の方が圧倒的に稼げそうですが、実際に大阪でUber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーをしている人の評判はどうなのでしょうか?いくつかSNSから拾ってみました。

最低時給に満たず、1日1000円~2000円の人もいますが、10000円以上稼いでいる人もいますね。やり方次第で十分に稼げそうです。あとはいい待機ポイントを見つけられるかだと思います。

運ぶ料理の価格は報酬とは関係ないので、運びやすい軽いものを運んで、いかに回数こなせるかだといえそうです。

今後さらに大阪でのUber Eats (ウーバーイーツ)の需要は高まりそうなので、登録をしておいてスキマ時間を活用して、ともかく1回やってみるといいかもしれません。

Uber Eats (ウーバーイーツ)大阪で登録した場合の配達エリアと報酬 まとめ

まとめ

  • 大阪市内ほぼ全域が配達エリアになっている
  • 大阪市外は今のところサービスの対象外
  • 報酬の計算式が東京とは違う
  • 基本料金もウーバーに支払う手数料も大阪では低めになっている
  • 手数料がかからない「ブースト」や「特別報酬」をいかに多く稼げるかが重要
  • 1日10000円以上稼ぐ人もいるのでやり方次第である

 

こちらの記事も読まれています

アルバイト求人サイトはこちらでも探せます
⇒アルバイト・パート・派遣の仕事 カテゴリーページ

副業を含む働き方改革関連の記事ははこちらでも探せます
⇒働き方改革 カテゴリーページ

転職活動や働き方のハウツーなどの様々なコンテンツはトップページで詳しく探すことが可能です。
⇒ジョブシフト~転職活動・就職活動をサポートするお仕事ハウツーサイト~