UIJターン就職・転職希望者の皆様にとって、エージェントや転職サイトは必須の利用サービスと言って良いでしょう。

しかしながら、エージェントや転職サイトは近年大変急増しており、どこを選べば良いかという時点で既に迷われている方も多いと思われます。

そこでこの記事ではUIJターンでの就職、転職を希望されている方にオススメしたい、UIJターンで強みを発揮しているエージェントと転職サイトをそれぞれランキング形式でご紹介して参ります。

エージェントを使ってUIJターンをするメリット

UIJターンで就職や転職する場合、エージェントを利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

ランキングで上位となったエージェントがなぜオススメなのか理解しやすいよう、エージェントをUIJターンで利用する場合のメリットについて確認しておきましょう。

メリットその1:非公開求人の求人情報が得られる

UIJターンをする場合、求人情報としてハローワークを利用される方が多く見られます。

ハローワークは無料で求人広告をできるため中小零細企業を含めて多くの求人企業が利用していることから、求人数では確かに充実しています。

しかしながらハローワークは実質的に「公開求人」となるため、非公開で求人募集を行いたい企業は利用しません。

そうした企業は個別に求人企業を求職者へ紹介してくれるエージェントを利用することになります。

従ってエージェントを利用すれば、ハローワークなどの公開求人情報では決して得られない、非公開での求人情報を得ることができます。

メリットその2:手厚い転職支援を「完全無料」で受けられる

エージェントの良さは求人企業を個別に紹介してくれるだけでなく、応募書類作成を指導してくれたり、面接のアドバイスをしてくれたり、面接日程や入職日を調整してくれたりといった至れり尽くせりのサービスを「完全無料」で受けられることにあります。

なぜ「完全無料」かと言いますと、エージェントは求職者の方から手数料を受け取ることを法律で禁じられているからです。

そのため、エージェントは求人企業からもらえる紹介料が主な収益となりますが紹介料は雇用契約が成立してはじめてもらえる「成功報酬」が条件となっています。

だからこそエージェントは雇用契約が実現するよう、数々の手厚い支援を求職者の方へ「完全無料」で行っているのです。

メリットその3:最小限の労力で転職活動を行える

UIJターンの求職活動は遠距離での活動動となってしまうことから、特に現職を抱えており、転職活動に当てられる時間が限られる方は最小限の時間で効率的に活動へ取り組む必要があります。

エージェントを活用すれば、求人企業側の様々なやり取りを全て代行してくれます。

また、求人企業側の感触を知った上で面接に臨むことができますので、無駄な求職活動を減らすこともできます。

その結果、忙しい方であっても無理なく効率的にUIJターンでの求職活動へ取り組むことができるのです。

転職サイトを使ってUIJターンをするメリット

続いて転職サイトを使用するメリットについてもご紹介しましょう。

転職サイトとは求人情報のみを専門的に提供するサイトのことです。

エージェントのような、求職者と求人企業の間に入って雇用契約を成立させるための働きかけを個別に行うといったサービスを提供しない点が転職サイトとエージェントの違いです。

メリットその1:求人意欲が高い企業が利用する

ハローワークは無料で利用できる一方、掲載できる情報が決まっており、いくら採用意欲が高くとも他社より大々的に求人広告をアピールすることはできません。

その点で転職サイトは有料求人広告サイトですので、それなりの費用を負担すれば自社の採用意欲を大々的にアピールできます。

つまり転職サイトを確認すれば、採用意欲が旺盛な地方企業を容易に見分けることができます

メリットその2:詳細な条件で求人検索が行える

転職サイトは求人検索エンジンがサービスの要となるため、どの転職サイトも競い合うように検索条件を充実させています。

その結果、例えば「託児所完備」「服装自由」といったハローワークでは検索できないようなユニークな条件で求人検索を行えますので、より希望にマッチした求人を探しやすいという大きな特長があります。

メリットその3:自分のペースで求職活動を行える

転職サイトは自分で求人企業を検索して探すことが基本となります。

そのためエージェントのような支援は受けられませんが、その反面、自分のペースで就職、転職活動を行える良さがあります。

自分自身で考え、自分自身のペースで職探しに取り組みたいという方はエージェントではなく転職サイトがオススメとなります。

エージェントと転職サイトをランキングで紹介

では当サイトがオススメするエージェントと転職サイトをそれぞれご紹介して参ります。

UIJターンにおけるエージェントや転職サイト選びにぜひお役立てください。

転職エージェントランキング

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは言わずと知れた、就職・転職情報サービスで日本を代表するグループ企業リクルート社のエージェント部門です。

信頼性や転職支援実績という点で同社より右に出る企業はありません。

リクルートエージェントのそうした信頼性や実績の高さは求人企業側にとっても大切なことです。

特に非公開求人は慎重に採用活動を行わなければなりませんので、信頼のおけないエージェントを利用する訳にはいかないからです。

抜群の信頼性と実績を誇るリクルートエージェントが有する求人数は公開案件が約3万件、非公開案件にいたっては約14万2千件(2017年6月現在)。

圧倒的な求人依頼数を誇っています。

また、Uターン、Iターン専門の転職支援チームを設け、UIJターンでの転職希望者に向けた専門的でプロフェッショナルな支援を提供してくれます。
⇒リクルートエージェントをもっと詳しく知る!

リクルートエージェントの公式はこちら

2位:DODA

リクルートエージェントのライバルと言える大手エージェントがDODAです。

DODAは人材派遣会社で日本最大級の企業テンプスタッフのグループ企業であり、東証一部上場企業でもあるパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社が運営しており、その規模や企業実績、信頼性などではリクルートエージェントにひけをとりません。

例えば求人数では公開求人数が約3万5千件、非公開求人数が約13万2千件とほぼ互角の水準です。

DODAもUターン、Iターン転職支援サービスにおいて専門窓口を用意しており、北海道から沖縄まで全国カバーで求人企業の紹介を得られると共に、手厚い転職支援で求職者の方を徹底的にサポートしてくれます。

従って2位とはなっていますが、リクルートエージェントとDODAは共に自信をもって皆様へご紹介できる、優れたエージェントです。
⇒DODAをもっと詳しく知る!

DODAの公式サイトはこちら

3位:リージョナルキャリア

3位としてご紹介するのは地方へのUターン、Iターン専門のエージェントとして近年急成長を遂げている「リージョナルキャリア」です。

こちらをオススメする理由はずばり、UターンやIターンといった地方への転職に特化した転職支援サービスを提供していることです。

直接サポートを行うコンサルタント職員はUIJターンの転職サポートでの経験が豊富ですので、高品質なサービスを期待できます。

しかしながら中には「リージョナルキャリアって聞いたことがないけど大丈夫?」と不安を覚えている方もいるかも知れませんね。

リージョナルキャリアを運営する株式会社リージョナルスタイルは北海道から沖縄まで、全国20ヶ所に拠点や提携企業を組織化していますが、これだけの拠点を構えているエージェントは大手でもあまり例を見ません。

同社は2009年の設立以来「地方への転職支援」「働きたい場所への転職支援」を標榜し、UIJターンの転職支援一筋に7年以上にわたって取り組んできました。

従って、UIJターンでの求職支援という分野に限れば同企業は第一人者と言える経験と信頼性、そして全国的なネットワークを有する数少ない企業なのです。

リージョナルキャリアの公式サイトはこちら

転職サイトランキング

1位:リクナビNEXT

リクナビエージェントはリクルートグループのエージェント部門でしたが、リクナビNEXTはリクルートグループが運営する転職サイト部門となります。

そのため、運営企業としての信頼性や実績はリクルートエージェント同様申し分ありません。

リクナビNEXTの強みは何と言っても「求人情報の鮮度」にあります。

転職サイトは求人数のボリュームも大切ですが、それ以上に情報鮮度が大切です。

誰もが応募したいと考える好条件の求人には応募が殺到し、数日程度で募集を締め切ってしまうこともあります。

特に地方の県は求人数そのものが少ない状況にありますので、人気企業や好条件の求人が掲載されたら応募が殺到することが珍しくなく、求人情報の鮮度が古ければこうしたチャンスを逃しやすくなります。

リクナビNEXTは毎週水曜日と金曜日の週2回も更新が行われており、週単位での新着求人数は2千件以上(2017年6月現在)。

リクナビNEXTは新着求人数の更新頻度やボリュームなどで他の転職サイトをリードしています。

また転職サイトの心臓と言える検索エンジンも充実。UIJターンで狙っている地域の求人もピンポイントで検索できます。

更にリクナビNEXTには一般的には「スカウト」、同サイトでは「オファー」と呼ばれている求人企業側から直接応募の誘いが届く機能なども充実しています。

業界の王者リクルートグループの顔とも言える転職サイトがリクナビNEXTですので、転職サイト利用者の期待に必ず応えてくれます。
⇒リクナビNEXTをもっと詳しく知る!

リクナビNEXTの公式サイトはこちら

2位:@type

一昔前は「中堅優良転職サイト」として紹介されていましたが、現在では大手転職サイトの仲間入りを果たしたと言ってよいほど成長著しい転職サイトが「@type(アットタイプ)」です。

@typeにはいくつか代表的な特徴があります。

一つはIT分野に強いこと。

もともとITエンジニア専門の求人情報サービスからスタートしたこともあり、IT分野の求人はリクナビNEXTをも上回ります。

IT分野でUIJターンを果たしたい方が転職サイトを利用するなら@typeは外せないサイトと言って良いでしょう。

次に@typeの人気を押し上げた立役者となったサービス機能が「転職力診断テスト」です。

@typeの転職力診断テストは、@typeを利用して転職を果たした約13万人分の職種や年収、キャリアデータに基づいて統計的な分析を行った上に、経験豊富なコンサルタントが経験に基いて監修を行って完成させた大変精度の高い診断テストです。

転職力診断テストは@typeに登録すれば誰でも無料で受けることができます。

回答方式は選択肢を選んでゆくだけの簡単な方法で、回答所要時間もわずか10分程度で終えることができます。

しかも多数の観点から非常に緻密で詳細な転職力の評価を行ってくれます。

狙っている地域によっては競争が激化しやすくなりがちなUIJターンだからこそ、こうした転職診断テストを活用して自己分析を行っておくことが望まれます。

求人情報検索は勿論のこと、転職力診断テストだけでも@typeを利用する価値は大いにあります。
⇒@typeをもっと詳しく知る!

@typeの公式サイトはこちら

3位:キャリアインデックス

3位として皆様へオススメする転職サイトは「キャリアインデックス」です。

同サイトの強みは大手転職サイトを凌ぐ求人数の多さにあります。2017年6月現在における求人総数はなんと約67万件。

これには理由があります。

キャリアインデックスは自社限定の求人でそれだけの求人数を集めているのではなく、約30万件近くあるハローワークの求人に加え、他エージェントの公開求人なども併せて検索が行える仕組みになっているからです。

つまり、キャリアインデックスを利用すればキャリアインデックス限定の求人、複数のエージェントの求人、更にはハローワークの求人をそれぞれ別々に検索せずとも一度で行えます。

勿論地方の求人数も充実していることは申し上げるまでもありません。

あちこちサイトに飛んで求人検索を行いたくない、検索は一度で済ませたいという場合にはキャリアインデックスがオススメです。
⇒キャリアインデックスをもっと詳しく知る!

キャリアインデックスの公式サイトはこちら

U・I・Jターン希望者のための転職NEWS

転職NEWS

関西で仕事がしたい公認会計士・税理士の皆さま!
あなたのための転職セミナーが近日開催されます

公認会計士・税理士・経理のための転職支援サービス、ジャスネットキャリアでは「関西へのU・Iターン転職セミナー」が開催されます。
関西の転職市場を熟知した専門のエージェントが、Uターン、Iターン転職の極意を伝授。実際に現地に足を運ばなければ得ることの出来ない情報がGETできますよ。

2017年8月5日(土)14:00~16:00
東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル2F
ジャスネットコミュニケーションズ セミナールーム

セミナー開催場所は東京・麹町。参加費は無料!この機会に関西に帰りたいとお考えの方は参加してみては?

転職セミナーの詳細はこちら⇒https://career.jusnet.co.jp/event/seminar-170805_k.php?nws170710