今の仕事向いてないと思った時の4つの判断方法|2年目・3年目にも対応

仕事向いてない

仕事が向いてないと感じる時、どのような明確な指針があれば転職か続けるかを判断できるのでしょうか?ツイッターで人生哲学を語るインフルエンサー【フォロワー7万人】のすえのぶ氏に辛口アドバイスをもらいながら解説していきます。
すえのぶ

現段階でそう感じてるなら、今後も「この仕事天職だ!」って感じることなんてないぞ。

多くの人は、向いてない仕事を惰性で続け、茹でガエル状態になるだけだからな。

「石の上にも三年」っことわざがあるけど、向いてないな〜と思いながら3年過ごすなんて明らかに人生の浪費だからな。

はじめまして。すえのぶです。Twitterにて、人生哲学を発信しています。今回は向いてない仕事についてアドバイスをさせていただきます。
記事最後に自身のプロフィール掲載中。

当たる適職診断テストツールはこちら

この記事で分かること

・本当に今の仕事向いてないか判断できる4つのポイント
・仕事に向いてないから辞めるのはあり
・仕事に向いてないと感じた時の対処法
・仕事に向いてないと感じた時の適切な相談先

今の仕事向いてないと思った時の4つの判断方法|2年目・3年目にも対応

仕事向いてないイラスト

自分では一生懸命頑張ってるんだけど、上司にこの仕事向いてないって言われちゃったよ。同期と比べても自分のほうが劣ってると感じるし…楽しいとも思えない。やっぱり向いてないのかな?
すえのぶ

‪学生を終えたら仕事って人生の大半を占めるだろ?‬

その大半を占める仕事において「つまらないな〜」とか思いながら過ごすのって不幸だろ。

人は幸せになるために生きてるんだ。

それなのに仕事で不幸になってたら元も子もない。

仕事は幸せになるための重要な手段だ。だから仕事には重きを置け。

ひとつ実際の体験談を紹介しよう。

(30代女性の体験談)
私の職場では、同期9人のうち6人が入社3年以内に辞めてしまいました。かなり追い込まれての辞職ではなく、「この仕事向いていないから」くらいの理由でテンポよく辞めていったのを覚えています。
一方、私は10年目にしてうつ病になり多くの時間と健康を失い、最後は産業医から「自殺されると迷惑だから」と突き放されました。この経験で仕事向いていないと思ったら、さっさと転職するのがよかったんだと思いました。
私は耐えましたが、誰も助けてくれませんでした。一番仲良かった先輩からも「今思えば体を張ってでも辞めさせればよかった」と言われますが、会社の「歯車」になってしまった人は結局リスクを冒せません。だから、自分でスパッと判断するしかないんです。
うわあ…
やっぱり仕事向いてないと思ったら早めに見極めて決断するのがよさそうだね。
でも本当に向いてるか向いてないかの判断ってどうやってするんだろう?

しかし、今の仕事が本当に向いてないのか、まだ慣れてないだけなのか、判断は難しいです。

向いてない仕事に何年もの時間を費やすなら早めに決断して向いてる仕事を見つける方がはるかに有意義ですが、本当は向いているけど自分が向いてないと思っているだけの場合はもったいないです。

そこで今の仕事が向いてないのか分かる判断ポイントを紹介します!

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★★☆
業界ハイクラス層に特化した転職サイト
公式HP

仕事を楽しいと思えるかどうか

仕事向いてない

どれだけ自分に合った仕事でも楽しいことばかりではありません。

仕事なのでもちろん、嫌な作業をしなければいけない時もあるし苦痛に思ったりストレスを感じたりすることもあるものです。

主な業務が少しでも楽しいと思えるなら心配する必要はありません。自分が楽しいと思えるかどうかは、仕事向いてる・向いてないの一番の判断基準になります。

自分の成長を感じられるか

仕事向いてない

入社当時と比べて今の自分は成長しているか考えてみましょう。

例えば仕事をこなすスピードや仕事の完成度はどうでしょうか?上達のスピードは個人差がありますが、ゆっくりでも成長しているかどうかも判断ポイントになります。

仕事ができる上司や先輩に対して「こうなりたい」と思えるか

仕事向いてない

その仕事をサクサクこなす上司や先輩に対しての憧れや「自分もこうなりたい!」と思う気持ちは、自分の仕事に対する気持ちの表れです。

「自分もいつかは…」という気持ちがあるということは、仕事に対してのモチベーションがあるということ。

周りから「仕事向いてない」と言われるかどうか

仕事向いてない

周りからの評価もひとつの判断基準です。「自分はこの仕事向いていない」と思っていても意外と周りは評価してくれていたりする場合もあります。

上司や先輩からのお叱りで「お前はこの仕事向いてない」と言われたなら、それは本心ではないかもしれません。

しかしあなたの性格や人格をよく知っている家族や友人に「今の仕事は向いてないんじゃ…?」と言われたのなら、それも判断ポイントのひとつでしょう。

2~3つ以上当てはまっていたら今の仕事に向いていない可能性がある

上記で紹介したチェックポイントの内、0~1個しか当てはまらない方であればもう少し様子を見てもいいかもしれません。

続けている内に実は向いていた、ということが分かる可能性があります。

しかし判断ポイントの内、2個以上当てはまっていた場合は残念ながら早めに転職をした方が良い可能性があります。

特に3つ、あるいは4つ全てが当てはまっていた方は、悪いことは言いませんので病んで精神と肉体が壊れる前に転職した方が良いです。

SNSを通して知ってる人も多いと思いますが、ハローワーク求人はブラックが多いので、転職サイトやエージェントを通して転職をすることをおすすめします。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

仕事じゃなく社風や雇われることに向いてない人も多い

実は今の仕事が向いてないのではなく、会社の社風やそもそも雇われる事に向いてない人は多いです。

今の時代、雇われなくてもフリーランスとして生きる道もありますので、以下で詳しく解説していきます。

仕事じゃなく会社の社風や慣習が向いていない

仕事向いていないというより、この会社に向いていないケースです。

同じ業界であっても、実は会社によって文化やカラーは大きく違います。

例えば銀行であれば大手メガバンクとして三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行がありますが、それぞれ社風がかなり異なります。

名前は伏せますが高貴でお高くとまっている社風の緑の銀行に、体育会系シバキ主義の銀行が合併したことがあるのですが、どちらの出身者が頭取や上司になるかで同じ会社でもかなり雰囲気が違っていたようです。

会社の社風、カラーに合わなければ適応できないので、大きなストレスになり辞めたくなってしまいます。
仕事じゃなく今の会社に向いていない場合は、同業他社に転職すれば一気に力を発揮したり、ストレスフリーで働けるケースが多いです。

企業に雇われて働くこと自体に向いていない

中には会社員や公務員など、給料をもらって働くこと自体に向いていない人もいます。

勘違いしないで欲しいのは、「働くのに向いていない」=「ダメ人間」「価値が低い」ではないということです。

たとえば、プロ野球選手は会社員ではなく個人事業主です。解雇され第二の人生を歩むことになった彼らが会社員になったものの、適応できず悲惨な末路を辿っているようなことを紹介する番組もあります。

このように会社員ではなく個人事業主になったり、自分で起業をする方が向いている人は絶対にいるんです。
そのため、そもそも雇われる事に向いてないと感じた場合は、自分で生計を立てられる事業計画を作るのをおススメします。

会社員に向いていない人は何度転職しても「仕事辞めたい」「仕事向いていない」と思うだけなので、体力や行動力のある若い内に動いた方が絶対にいいです
若ければ万が一個人事業主や起業で失敗しても、もう一度サラリーマンに戻ることも難しくありません。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

今の業界や業種に向いていない

仕事に向いてないというより、今の業界や業種に向いてない人も多いです。

この場合、異業種転職をすれば一気に才能が開花するケースが多いです。

例えば金融業界やマスコミは給与が高く優秀な人が多い人気の業界ですが、向き、不向きがかなりあります。

就活の際の業界研究が甘かったと言われればそれまでですが、実際の仕事内容や勤務スタイルは「業界の掟」の前では個人の努力によってどうにもならないレベルの問題です。
この業界に向いていないと思ったら、一日も早く別の業界へ転職するのをおススメします。
また、このケースは無理に耐えても適応できる可能性が低いので、心が持たなくなると思います。

異業種転職におすすめのサイト

未経験からIT業界へ転職するなら…転職保証付きプログラミングスクール

DMM WEBCAMP今の業界が向いてないと感じていてIT業界に興味があるのならプログラミングスクールは超おすすめです。

業界自体が伸びまくっているので年収も上がりやすく、20代であれば転職保証がついてるケースも多いので、未経験でも安心して転職できます。

特にDMMが運営している、大手かつ転職保証付きのプログラミングスクール「DMM WEBCAMP」はおすすめです。

全職種に対して給与水準が高いエンジニアへの異業種転職を考えているなら、しっかりと技術を身に着けてから確実に成功する方法で転職しましょう。

⇒DMM WEBCAMPの詳細を見る

この仕事に向いてないと感じた時は何年耐えるべき?2年、3年?

入社して半年や1年でも「この仕事向いてない」と思うことあるけど、3年以内だとつらいのは慣れてないせい?と思って辞めにくいよね…
仕事なんだからつらいのも当たり前って思って我慢してしまうよ。
すえのぶ

「仕事は辛いものだ!」みたいことを堂々と言ってくる人もいるけど、そんなのは一種の洗脳だからな。‬

「自分が辛く苦しい思いをしてきたのだからお前も味わえ!」って言ってるようなものだ。

だから上司がそんなこと言ってきても、泣き寝入りして「苦しい思いをするのは当然なんだ。。」なんてことは思うなよ。

3ヶ月~半年続けても向いてないと思ったら転職するべき

結論から言うと、2年、3年どころか3ヶ月~半年ほど様子を見ても向いてないと感じたら転職を検討しても良いです。

日本には「石の上にも三年」という言葉があります。

「冷たい石にも三年も座り続ければやがて暖かくなるように、がまん強く続けていれば必ず成功する」という意味です。

誰でも最初は未経験なので、ゼロから一人前になるには相応の時間と努力・我慢が必要なことも確かです。

しかし人には「向き・不向き」というものが必ずあり、残念ながら3ヶ月経っても向いてないと感じた仕事は3年経っても向いてないと感じるままです。

努力によってある程度はできるようになるかもしれませんが、3年間も向いてない仕事をしながら無理に耐える必要はありません。

向いていないのがその仕事か、会社か、業種か見極めるのが重要

大事なのは向いてないのが仕事そのものなのか、それとも会社なのか、業種なのか見極めることです。

仕事に向いてないのであればフリーランスを目指す、今の会社に向いてないなら同業他社に転職する、業種に向いてないなら異業種転職をする、とそれぞれ対処法が異なるからです。

向いてない仕事を辞めて向いてる仕事を探すのは決して「甘え」ではなく、うつ病を回避したり自分の人生をより楽しいものにするためのポジティブな選択です。

貴重な人生を2年も3年も無駄にしてから転職するのでは遅すぎますし、精神や肉体へのダメージも計り知れません。

そのため、仕事に向いてないと感じたら早急に行動を起こすことをおすすめします。

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

今の仕事に向いてない!と感じた時の対処法

  • 大手企業かつ異動で解決できるのであればまず異動願を出す
  • 転職活動を開始する
  • すでに体調不良にある場合、即刻退職するか休職する

大手企業なら人事に相談し部署を変えてもらう

新卒で大手・一流とされる企業に入っている場合は、いきなり転職をするのは少し勿体ない場合があります。

一流企業は一度退職してしまうと、戻りたいと思っても簡単には戻れません。また、給与や福利厚生が優れていることが多いからです。

前述した仕事内容が原因の場合、部署が変わることで向いてないという思いが解決されるかもしれません。

そのため、人事担当者や人事課長と面談する機会を持って、「今の部署の仕事は自分には向いていない」ことを具体的な理由を持って伝えましょう。
今の部署にある程度在籍していれば、一度ならその後のキャリアに傷をつけずに(マイナス評価なしに)異動できるはずです。

移動せずに精神を病み、診断書を突き付けられ、訴訟を起こされるリスクを人事は嫌がりますので、受け入れてくれる可能性も高いです。
向かない部署から解放されれば、本来持っていたパフォーマンスを発揮できるはずです。

ただし、以下の場合はマイナス査定になるかもしれません。

  • 同じパターンで異動願を何回も繰り返す
  • 新卒数か月で何度も異動願を出す

最初の一回目の異動願ならば聞き入れてくれますが、短期間で複数回異動したいと思うなら会社に向いてない可能性が高いので転職するべきです。

転職サイト・エージェントに登録して転職活動をする

3ヶ月ほど仕事を続けて「仕事向いてない」と思ったり、相談しても異動が不可能な場合は転職サイトに登録し、転職活動を開始するのがオススメです。

転職活動を進めていく上でいろんな求人や仕事を見ることになるので、同業他社で興味のある求人が見つかったり、自分に向いていそうな仕事が分かることもあります。

また、転職サイト以外だと転職エージェントに登録して、専門家であるコンサルタントにアドバイスをもらうのも手です。

dodaやマイナビエージェントなどの大手であれば、年間で多数の人の転職を成功させているプロが揃っているので、あなたに向いている職種・企業を見つけてくれます。

登録や利用は無料なので、一度カウンセリングを受けてみると新しい発見があるかもしれません。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★★☆
業界ハイクラス層に特化した転職サイト
公式HP

休職または辞める⇒転職を検討する

すでに体調不良や精神的な不調がある場合、あるいは会社や業界自体が合わない場合は転職を検討しましょう。

新卒三年以内であろうと自分の体は自分で守るしかないので、体調不良や精神的な不調がある場合はさっさと転職に舵を切るべきです。

すえのぶ

‪仕事が向いてないと思うだけならまだしも、その職場において馬が合わない高圧的な上司とかがいるなら即刻辞めるべきだぞ。‬

そいつらに毎日のように嫌味を言われながら生きるなんて辛いだろ?

辛いことが続いてるとメンタルやられるぞ。

一度壊れてしまった精神や心は簡単には元に戻らないからな。

そうなる前に逃げる覚悟を持て!

就職して2年目、3年目であれば、数か月〜一年間「休職」することが可能な場合があります。

休職してしまうとその後のキャリアは絶望的になりますが、会社によってはその間も一定額の給与が出るケースもありますし、心身の調子を回復させるための「時間稼ぎ」になります。

休職しても「在職中」なので経歴の空白にもなりません。もう戻らないと腹をくくったら、休職制度を使ってる間に転職の準備を進めることもできるでしょう。

会社はあなたの人生を守ってくれないので、このくらいは許されると思い切って動くことも大切です。

入社半年や1年でも決断を!心身に影響が出る前に辞めるという選択

うつ病など精神疾患に罹ってしまうと、100%治ることは難しいと言われます。

しかもある程度回復して職場復帰できるようになるためには「数年単位の療養」が必要になります。1年も2年も何もせずひたすら寝ていないと、動くことすらできなくなってしまいます。

普通なら脳から出ている神経伝達物質が分泌されなくなることで、精神疾患は引き起こされます。

つまりうつ病は甘えなのではなく脳の病気なのに誰も責任を取ってくれません。労災を勝ち取ろうとしても会社は妨害しますし、そもそもそんな行動力がゼロになってしまいます。

こうなると、順調なキャリアどころか、まともな生活や結婚なども難しくなります。耐えすぎると自分の将来そのものを失ってしまううえ、誰もそれを補償してくれないです。

たとえ入社して3年未満、半年や1年の段階でも「仕事向いていない」「この会社やばい」と思ったときには、即刻脱出の方法(つまり転職の可否)を考えるべきです。

職場の友人も仲のいい先輩も、もちろん人事課長も産業医も誰も助けてくれません。自分の身は自分で守るしかなく、自分が壊されるくらいならば、2年目、3年目でも転職を考えるのは至極真っ当な判断なんです。

この仕事に向いてないと思った時におすすめの相談先

会社の先輩や上司、人事部があてにならないと判断した場合、以下のような外部のサービスを利用するのがおすすめです。

EAP(Employee Assistance Program)に相談する

会社によっては従業員のメンタルヘルス対策で、専門の相談機関と提携していることがあります。EAPはその代表的なもので、相談しに行ってもいいでしょう。情報が洩れるのでは?と危惧する人もいますが、情報漏洩が発覚すればそのEAPは潰れます。そこまでは気にしなくていいでしょう。

ただし、適格なアドバイスをもらえるかどうかはわかりません(筆者の経験では高田馬場のEAPは「粗悪」と言っていい対応でした)。しないよりマシ、くらいに考えておきましょう。

自治体の労働相談を受ける

労働組合や自治体がやっている労働相談を受けるのも一つの方法です。ご自身の会社の労働組合や加盟しているところの相談でも構いません。ただ、有用なアドバイスが受けられるか不透明です。

名ばかりの「御用組合」であれば相談しない方がマシですしね。

ハローワーク

ハローワークに相談する手もあります。ハローワークは必ずしも今仕事がない人向けだけではなく、転職を考えている人の相談にも乗ってくれます。
ただ、ハローワークの場合、相談員の当たり外れが大きく、ベテランで能力がある人に相談できるかは運です。

中には公務員として使えずにハローワークに捨てられている人もいると聞きます。そういう人に相談に乗ってもらっても辛いですよね。
あくまで時間があるときに行ってみてもいい、くらいの認識でいましょう。

転職エージェント

これがおススメです。転職エージェントに登録して、専門のコンサルタントに聞いてみましょう。
転職エージェントは「転職させ屋」ではありますが、プロであることには間違いなく、転職先ですぐに退職されると給与となるマージンが入らないので、転職希望者の市場価値を慎重に見極めます。
あなたの転職が「今の部署に向いていないのか」、「その会社がブラックなのか」などを経験に基づいて判断してくれますし、一刻も早く転職すべきとなれば、アドバイスとともに早急に動いてくれるはずです。

ハローワーク職員は相談に乗っているだけでお金がもらえますが、転職エージェントは「転職させて」「なおかつ一定期間定着させないと」一円ももらえない職業です。

だからこそ転職希望者について真剣に考え、適切なアドバイスを出します。転職エージェントへの登録や相談にはお金がかかりませんので仕事に向いてないと思っている人は、一度、転職エージェントに相談することをおススメします。

転職エージェントの中でもマイナビエージェントdoda(デューダ)の大手2つは、やはりダントツの実績があるので安心して相談できます。

サービス名サービスの質特徴会員数非公開求人含む求人
doda(デューダ)★★★★★業界大手!利用者満足度が非常に高い★★★★☆約13万件以上
マイナビエージェント★★★★★登録者数・求人数共に業界No.1の実績!★★★★★約24万件

仕事に向いてないと感じた2年目・3年目は第二新卒カードを活用しよう

実は「2年目、3年目(新卒三年以内)」で「一回目の転職」の場合、第二新卒扱いで転職ができます。

第二新卒は好条件の求人が多いだけでなく、場合によっては新卒求人に応募できることもあるので、非常におすすめです。

第二新卒に強いエージェントはマイナビジョブ20’sハタラクティブが有名です。
日本の企業社会は「新卒カード」が最強であとはダメと言われてきましたが、今はこの「第二新卒カード」により、若いうちの最初の一回はチャラにできるように変わっています。
四年目以降は「経験者採用」「キャリア採用」の要素が出てきます。

向いていない業界で働き続けても良いことは一つもありませんので、2年目や3年目に「仕事向いていない」と思ったら転職を考えていきましょう。
サービス名サービスの質特徴会員数20代向け求人
マイナビジョブ20’s★★★★★20代・第二新卒に特化した転職エージェント★★★★☆1500件以上
ハタラクティブ★★★★★転職内定率80.4%!未経験転職に強い★★★★☆1700件以上

この仕事向いてないと感じた時の4つの判断ポイントまとめ

今回は「今の仕事向いてないのかも」と悩んだ方が知るべき判断ポイントと対処法をお伝えしました。

向いてない仕事を無理に続けていると自分の能力が発揮できない上に心身にも影響を及ぼすリスクもあります。

向き不向きの理由が仕事内容なのか、会社なのか、業種なのかをしっかりと見極めて早めに部署異動や転職の判断しましょう。

●向き不向きの判断期間は3か月ほどでいい
●今の仕事が向いてないと判断したら転職はあり
●仕事が向いてなくて辞めるのは「甘え」じゃない
●異動で解決できる場合もある
●2年目・3年目ならば「第二新卒カード」が使える
当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★★☆
業界ハイクラス層に特化した転職サイト
公式HP

こちらの記事も読まれています

⇒自分に向いてない仕事を診断するにはこちら

この記事のアドバイザー

すえのぶ

‪Twitterで人生哲学や人間関係に関しての発信をしています。是非フォローしといてください。

すえのぶのTwitter

https://twitter.com/suenobu_fukuen