転職を考えている20代の男性が知っておくべき転職事情

転職したい20代の男性

転職を取り巻く状況が変化している現在、20代の男性の方で転職について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、20代の男性が知っておくべき転職事情、転職成功のポイントや注意点について解説していきたいと思います。

20代男性が把握しておくべき転職事情

まずは、転職を考えている20代の男性が知っておくべき転職事情について解説していきたいと思います。

転職活動を行う前に、20代を取り巻く転職事情がどうなっているのかを把握しておくことがスムーズに行動するために大切になりますので、よく理解しておいてください。

男女を問わず20代での転職が増加している

20代を取り巻く転職事情として理解しておきたいのは、男女を問わず20代での転職が増加しているという事実です。

厚生労働省の発表によれば、すべての転職者のなかでも20代 転職者の割合が最も多くなっているのが現状です。また、大卒者の3年以内の離職率は、年々増加しているというデータもあります。

さらに、各企業はできるだけ若い人材を採用しようとする傾向にあります。これは、できるだけ長く働いてほしいと考えているからです。

そのため、20代男性の転職は、他の年代と比較して成功しやすいともいえるのです。自分の将来やキャリアを考えて転職するのであれば、20代は最適のタイミングかもしれません。

20代で複数回転職している場合は転職が難しくなることも

ただし、20代の男性でも転職が難しくなるケースもあります。それは、20代のうちに複数回転職を経験しているという場合です。

先述したように、20代での転職を選択する人の割合は増加しています。転職成功率を見てみると、20代で初めて転職活動を行った人の約95%が転職に成功しているというデータがあります。

しかし、転職2回目の人の転職成功率は約46%と一気に低くなっているのです。つまり、転職1回目なら転職は成功しやすいが、2回目以降は成功する可能性が激減するということです。

これは、20代で複数回転職を経験している求職者に対して、企業側が「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか」と懸念してしまうためだといわれています。

20代で2回以上転職している場合は、転職が難しくなるということを理解しておきましょう。

20代男性の転職では実績がなくても転職できる

20代転職の特長として、前職で大きな実績がない場合でも転職できるということが挙げられます。

その理由は、20代を採用する場合には、仕事に対する熱意や、ポテンシャルが重要視される傾向にあるからです。

そのため、20代の場合は前職で実績を残せなかった場合でも、転職できる可能性があります。また、入社した後は、即戦力としてではなく、ある程度の教育期間を設けられ、じっくりと育ててもらえるケースが多いのも特長といえます。

20代前半なら第二新卒として転職できる

また、20代前半では第二新卒枠での求人に応募できるというのも特長といえるでしょう。

第二新卒というのは、明確な定義はありませんが、一般的には大学を卒業してから3年以内の求職者のことを指します。

第二新卒者の場合、さまざまな理由から転職市場では非常に需要が高くなっているのです。具体的には以下のようなことが期待されています。

第二新卒者に企業が求めること
  • ある程度のビジネススキルを身につけていること
  • 教育コストがかからないこと
  • 社会人経験がまだ浅く、前職の企業に染まり切っていないこと
  • 柔軟な対応力があるため会社に馴染みやすいこと

など

企業によっては、大卒の新卒者ではなく、第二新卒を積極的に採用しようと考えているケースもあるほどです。そのため、求人情報を検索すると、第二新卒を募集する多くの求人情報を目にすることができるでしょう。

20代前半で転職を考えているのであれば、第二新卒枠を狙って企業を選択するのもおすすめです。

20代後半になると経験やスキルが重要視され始める

20代では求職者のポテンシャルが重要視されると解説しましたが、企業によっては20代後半の求職者を即戦力として採用したがる企業が増え始めます。

そのため、前職で身につけたスキルや経験などが徐々に重要視され始めることを覚えておきましょう。

特に、より給与が高い仕事がしたいとか、キャリアアップを目指したいと考えているのであれば、20代後半はキャリアアップ転職を狙っていくといいでしょう。

さらに、即戦力としてのスキルだけではなく、ポテンシャルも加味される傾向にあるため、比較的転職しやすいといえます。あなたも、積極的に転職を検討してみてはいかがでしょうか?

20代男性が抱える転職に対する悩みとは?

ここからは、20代男性が抱える転職に対する悩みについて紹介していきたいと思います。

転職とは、現状よりもさらにいい労働環境を手に入れるために行うものですが、何かと不安が付きまとうものです。

20代男性が転職に関してどのようなことに悩んでいるのかを知ることで、精神的な負担を少し減らすことができるかもしれません。

転職することで、より良い会社で働くことはできるのか

転職することで、より良い会社で働くことができるのか、というのは転職に関する悩みとしてよくあるものです。

結論から言えば、可能です。しかし、そのためには適切な転職活動を行うことが前提となるでしょう。

転職で大切になるのは、事前にしっかりと準備をすることと、転職支援を受けることです。準備がしっかりしていれば、希望する企業への転職は成功しやすくなりますし、転職支援を受けることで、スムーズに転職活動を進めていくことができるからです。

転職を成功させるためのポイントを押さえておけば、今よりもいい環境ではたくことができますので頑張っていきましょう。

転職して正社員を目指すことは難しいのか

現在、フリーターや無職の場合でも、転職することが正社員になれるのか不安に感じている人も多いことでしょう。

もし、20代のうちに転職活動を行うのであれば、もちろん正社員になることは可能です。特に20代の場合は、30代や40代と比較しても正社員として転職できるチャンスが多くなっています。

ただし、これから正社員を目指すのであれば、書類選考や面接のハードルが上がるということも理解しておかねばなりません。同じように正社員を目指している人が多いことに加え、企業側も正社員としてふさわしい人物かどうかしっかりと見極めるようになるからです。

転職エージェントなどの転職支援を受けながら、しっかりと転職活動を行えば、正社員としての転職に成功する確率がアップしますので、積極的に利用してみてください。

自分の希望通りの仕事を見つけることができるのか

自分が希望する通りの仕事を見つけることができるのかわからないという人もいることでしょう。

これについては、見つけられると断言できないというのが現実といえます。というのも、世の中には数多くの仕事が存在していますが、あなたの希望をすべて満たしてくれる仕事を見つけるのはかなり難しいからです。

転職を考える際、転職先に多くのことを求めてしまうのはある意味仕方のないことでしょう。しかし、そのような企業が見つかるまで行動しないようだと、いつまでたっても転職を実現させることはできません。

こちらも詳しくは後述しますが、転職の条件には優先順位を付けることが大切になります。その上位に合う仕事を探せば、ある程度理想に近い仕事を見つけることができるでしょう。

資格があったほうが転職には有利なのか

転職の際には、資格があれば有利になるのか気になるというケースもあるでしょう。

もちろん、応募する企業の仕事に関連していて、かつ仕事に活かせる資格であれば、持っていることに越したことはありません。ただ、どんな資格でも転職に有利かといえばそれは違うといえます。

転職先で活かすことが難しい資格を持っていることをアピールしても、採用が有利になることはありません。また、全く資格を持っていなくても、転職先で活躍できている人はたくさんいるものです。

転職を考える職種や業界で活用できる資格ならばともかく、そうではないということならそれほど資格にこだわりも持つ必要はないといえるでしょう。

これまでの経歴に自信はないが採用されるのか

これまでの経歴に自信がない場合、転職が実現できるかどうか不安になることがあるでしょう。

ただ、これまでの経歴を一切問わないという求人もたくさんありますので、適切に転職活動を行えば転職することは可能です。

転職市場においては、業界や職種の未経験者を歓迎するものが多くあります。これは、慢性的な人手不足であったり、未経験者をイチから教育したいと考えていたりすることが関係しています。

また、登録する転職エージェントによっては、書類選考なしで面接まで進むことができる求人案件を紹介してくれる場合もあります。

そのため、これまでの経歴に自信がないという場合でも、内定を勝ち取り転職を果たすことは十分に可能なのです。

20代男性の転職におすすめの業種や職種

ここからは、20代男性の転職におすすめな業種や職種について紹介していきたいと思います。

転職先の業界や職種は、それぞれ特徴を持っています。そのため、あなたの希望に沿った業界や職種をしっかり選別することが大切です。

未経験からでも挑戦できる業種・職種

まずは、未経験からでも挑戦できる業種・職種を紹介していきましょう。

20代男性の場合は、未経験の仕事でも転職できる可能性が高いですし、そのような意欲を持った求職者を歓迎してくれる業種や職種はたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職

未経験からでも挑戦しやすい職種の代表格が「営業職」です。

特に、未経験者を積極的に採用している業界は以下の通りです。

  • 不動産業界
  • 生命保険業界
  • 営業代行業界
  • 製薬メーカー業界
  • OA機器販売業界

など。上記の業界では、市場規模が大きいこともあって、積極的に未経験者を採用しています。もちろん、それ以外の業界でも営業職未経験者を採用しているケースが多くあります。

営業職には、法人営業やプッシュ型営業、プル型営業などさまざまなスタイルがありますが、共通していることは、一度スキルを身につけてしまえば業界が変わったとしても活躍しやすいということです。

それに、特別なスキルや資格を必要とされることもほとんどありませんので、20代男性が未経験から転職しやすい職種となっているのです。

WEBエンジニア・WEBライター

20代男性が未経験からでも転職しやすい職種には「WEBエンジニア」や「WEBライター」も挙げられるでしょう。

IT業界はその発展のスピードに人材育成がなかなか追いつていないというのが実情であるため、未経験者を積極的に採用する傾向にあります。

特に、WEBエンジニアやWEBライターは、最低限のパソコンスキルがあれば始めることができる仕事であり、転職支援サービスや入社後の研修などで、その後活躍できるスキルを身につけやすいといえます。

20代のうちなら新しい技術や知識を吸収できるスピードも速いもの。もしかしたら、一生もののスキルを身につけることができるかもしれません。また、将来的に市場規模はさらに拡大すると見込まれているので、収入やキャリアアップを実現できる可能性も高いといえるでしょう。

市場が拡大している業種・職種

次に、現在市場が拡大している業種や職種について紹介したいと思います。

このような業種や職種は、将来性が明るく長年その業界で活躍できる可能性が高くなります。ですから、比較的安心して仕事に取り組むことができるといえるでしょう。

IT・インターネット業界

市場が拡大している業界のトップがIT・インターネット業界です。

スマートフォンの普及や、5Gなどの新しいテクノロジーの採用によって、IT・インターネット業界は目覚ましい成長を遂げています。

そのため、急成長している企業も多く、年間に数十人単位で新しい人材を採用しているケースもあるのです。

また、このような業界に転職するからといって、必ずインターネットの知識が必要になるわけではありません。営業職や事務職、経理職など、基礎的な知識は必要でも、プログラミングなどの技術を必要としない仕事もたくさんあります。

今後もさらなる拡大が見込まれていますので、転職するにはおすすめの業界といえるでしょう。

建設業

市場が拡大しているといえば、建設業界も外すことはできません。現在では、2020年のオリンピック開催に向けて、日本全体で建設に対する需要が高まりを見せている状態です。

また、海外からの観光客が増加していることもあり、都市によってはオリンピック終了後も一定の需要が見込まれています。これに伴い、建設業界では人材を募集している企業がたくさんあるので、比較的転職しやすい業界といえるでしょう。

IT業界と同じように、土木や建築、電気などの知識がなくても、営業職や管理部門などさまざまな職種がありますから、自分に合ったものを選択することもできるでしょう。

人手不足の業種・職種

次に、人手不足の業種や職種について紹介します。

仕事の担い手が足りないということは、それだけ人材を欲しているということ。つまり、転職しやすい業界であるといえるのです。

介護・福祉業

介護業界や福祉関連の業界は、人手不足が大きな問題となっているので転職しやすいといえるでしょう。

現在の日本では、少子高齢化が進んでいるため、介護サービスへの需要が高まっている一方で、労働力の確保ができずサービスを継続することが難しくなっています。

介護職や福祉関連の仕事では、資格がなくても働くことができたり、入社後に資格を取得できたりもします。また、資格を取得することで、長い間仕事に困ってしまうこともないでしょう。

飲食業

飲食業界も人材不足が問題となっている業界です。

飲食業界の仕事の特長として、特別なスキルがなくても始めることができます。未経験から活躍している人もたくさんいるので、挑戦しやすい仕事といえるでしょう。

また、人と接する仕事であり、その反響をダイレクトに感じやすいので、やりがいを感じやすい仕事でもあります。

すぐにでも転職したいと考えている人にはおすすめの業界といえるでしょう。

販売業・サービス業

販売業やサービス業も人手不足に悩む企業が多いといわれています。

飲食業界同様に、スキルや資格を必要としない職種も多いので、未経験からでも飛び込みやすい仕事の一つです。

また、かつてはブラックな労働環境であることが多かったのですが、現在ではかなり改善されているといわれていますので、比較的働きやすい業種ともいえるでしょう。

キャリアアップや年収アップを狙える業種・職種

次に、キャリアアップや年収アップを狙いやすい業種・職種について紹介します。

もちろん、転職した直後から年収やキャリアが劇的に改善するというわけではありません。しかし、努力を重ねれば他の業種と比較して年収アップやキャリアアップを実現できる可能性が高いので、挑戦してみる価値はあるといえるでしょう。

外資系コンサル

年収が高い業界としては、外資系のコンサル会社が挙げられるでしょう。

一言に外資系といってもさまざまな職種がありますが、コンサルタントになることができれば、高収入になることも十分に期待できます。

一方で、英語力や一定のスキルなどハードルが高くなることも多いため、それなりの努力がもちろん必要になります。

また、外資系企業では成果主義であることが多く、結果を出さないとクビになってしまうケースもありますので、覚悟をしておきましょう。

MR

MRも高収入が期待できる職種の一つです。

MRとは、製薬会社の営業職のことを指し、製造している薬品の安全性や効能などを医師や薬剤師などに伝えていくことが仕事になります。

製薬会社では福利厚生が充実しているケースが多く、営業成績によってはインセンティブが期待できるので、一般の営業職と比較しても高い収入を得られる可能性が高いといえます。

ベンチャー企業

ベンチャー企業の仕事も、場合によっては高収入やキャリアアップが期待できます。

転職後すぐに年収がアップするわけではありませんが、会社の核となるメンバーになることができれば、年収・キャリアともに大幅なスケールアップを期待できるでしょう。

ただ、設立間もないことから福利厚生が整っていなかったり、業績によっては年収が一時的に低くなってしまったりすることもあるので、企業選びは慎重に行いましょう。

不動産営業

不動産営業も年収アップが見込める職種の一つです。

契約件数や契約金額によっては、かなり高額のインセンティブを取得でき、一般的なサラリーマンの年収を大幅に超えているというケースも散見されます。

一方で、ノルマがストレスとなってしまう場合もあるため、転職する場合は相当の覚悟と仕事を継続するための根性が必要となるでしょう。

金融・保険業

金融業界や保険業界も年収アップを見込める業界です。

不動産業界と同じく、成果主義の企業が多いため、年齢や職歴などに関係なく、業績が良ければその分収入に反映されることになります。

未経験者を歓迎する求人も多いので、現在の給与に満足できないという場合はおすすめです。

20代男性の転職でよくある転職に失敗するパターン

ここからは、20代男性が転職に失敗してしまうパターンについて解説していきたいと思います。

20代での転職は、他の年代と比較すると難易度は低いですが、適切な転職活動を行わないと、思い通りの転職とならないこともあります。

どのような失敗があるのかを事前に知り、同じミスを起こさないよう注意してください。

ブラック企業に転職してしまう

転職に失敗するパターンの一つが、ブラック企業に転職してしまうケースです。

これは、転職活動中にしっかりと企業を研究していないことで起こりやすいといわれています。

求人情報をよく観察し、以下のような点に当てはまったら注意が必要です。

ブラック企業の求人情報
  • 採用人数がやたらと多い(=離職者が多い)
  • 「夢」や「情熱」といった前向きだが具体的ではない言葉が多い
  • 同業他社と比較して給与水準が高すぎる

もちろん、企業によって違いはありますので、口コミサイトを検索したり、転職エージェントのコンサルタントに相談したりして、しっかりと確認するようにしましょう。

転職先の企業や仕事内容とのミスマッチが起こってしまう

転職してから、企業や仕事内容とのミスマッチが起こるというのもよくある話です。

これも、企業研究を怠ることで発生してしまうことが多いといわれています。

自分が持っているイメージと、現実には差があることが多いものです。特に、転職の場合は入社してからその企業で働いていくことになるので、その違いについてはしっかりと確認しておくべきでしょう。

求人情報の細かい部分までよく確認し、自分が働いていけるイメージが浮かぶ企業を選択することが大切です。

転職してから前職の良さに気が付く

意外と多いのが、転職してから前職の良さに気が付くというパターンです。

20代で転職をする場合、前職が学校を卒業して初めて就職した企業であることが多いものです。他にどのような会社があるのか知らないため、転職して初めて前職の良さに気が付くというわけです。

当時はあれだけ転職したがっていたのに、実際のほかの会社に移ってみると実は条件や人間関係が良かったり、将来性があったりしたなど、さまざまなことを感じて「働き続けていればよかった…」と後悔してしまうことも多いとのことです。

現状を改善するためには、転職だけが唯一の手段というわけではありませんので、転職前にじっくりと考えてみてください。

転職に失敗してしまう原因とは?

このように転職に失敗してしまうには、何らかの原因があります。これにもいくつかのパターンがありますので、自分に当てはまらないか確認してみましょう。

今の仕事を辞めることが目的になっている

現在の仕事を辞めることが転職の目的になっている場合、転職に失敗しやすいでしょう。

ブラック企業など、場合によっては現職から逃げることが必要になるケースもありますが、たいていの場合では、転職は現状をより良くするために行うものです。

このことをしっかり意識しなければ、転職をしても同じことに繰り返しになってしまう可能性があります。

転職や企業に対する情報収集ができていない

転職や応募する企業の情報収集がしっかりできていない場合も、転職には失敗しやすいでしょう。

先述したように、自分が抱くイメージと現実には何かしら違いがあるものです。その点についてしっかり確認しておかないと、転職後にミスマッチが発生したり、転職後にブラック企業だったと気づいたりすることになるのです。

目先のことしか考えていない

目先のことだけを考えて転職する場合も、転職に失敗してしまうかもしれません。

20代は転職しやすい時期ではありますが、自分の将来のことを総合的に判断して実行されるべきです。

目先の給料だけで判断してしまうと、その後のキャリアアップや昇給について期待できない企業に転職してしまうこともありますので、注意が必要です。

新卒の就活と同じように考えている

転職活動を新卒の就活を同じように考えていると、転職に失敗する可能性が高いでしょう。

そもそも、転職と就職は根本的に違うものです。転職では前職との比較でより良い環境を手に入れるために行ないます。また、期限が決まっているわけではないので、仕方なく入社する必要もありませんし、場合によっては転職しないという判断を下すこともできます。

このような違いがあるので、新卒の就活と同じように考えていると、転職後に後悔してしまう結果になりやすいというわけです。

転職する原因を周りのせいにしている

転職する理由を自分ではなく周りのせいにしている場合も、転職には失敗しやすいでしょう。

何かにうまくいかなかったときに、その原因が自分にあるというのはよくあることです。それを周りのせいにしていると、その課題はいつまでたっても解決することはないでしょう。

このような状態で転職しても、きっと転職先で同じ気持ちになり、また転職活動を行うことになります。どんな場合でも、自分のことを常に見つめなおす習慣を身につけるようにしましょう。

20代の男性が転職を成功させるためのポイント

最後に、20代の男性が転職を成功させるためのポイントについて解説していきたいと思います。

転職活動は、やみくもに行ってもいい結果に結びつかないことがあります。そのため、転職において何が大切なのかを知ったうえで行動を起こすことが大切です。

自己分析をしっかり行うこと

転職を成功させるためには、自己分析をしっかり行うことが大切です。

自分のこれまでを振り返ることで、これまでにどのような努力をして、どのような成果を挙げてきたのかを把握することができます。また、自分にとって得意なことや苦手なことなどもわかるので、転職先にどのような企業を選ぶべきかわかりやすくなるでしょう。

まずは、これまでの仕事の内容や実績などを紙に書き出していきましょう。コツは、できるだけ具体的にわかりやすく書くということです。

ひとりで自己分析をするのが難しい場合は、転職エージェントのコンサルタントに相談すれば、一緒に行ってくれますのでぜひ利用してみてください。

キャリアビジョンを明確にすること

20代の男性が転職を成功させるためには、キャリアビジョンを明確にすることも大切なポイントです。

仕事をしていくうえでどうなりたいのかがハッキリわかっていないと、どのような会社に転職すればいいのか判断できないからです。

前職を退職する理由や自分に足りないこと、今後どのように頑張っていきたいのかをしっかり考え、面接で質問されたときにも明確に表明できるよう準備しておきましょう。

転職理由を明確にすること

転職理由を明確するということも、転職を成功させるポイントの一つです。

何のために転職するのかがわかっていないと、キャリアビジョンを描くこともできなければ、企業に志望動機を説明することもできません。

転職理由をはっきりさせれば、転職先に希望する企業にも一貫性が生まれ、採用担当者にも納得してもらいやすくなるでしょう。

転職に対する優先順位を付けること

転職を成功させるためには、転職先に求める条件に優先順位を付けることが重要です。

転職先には多くのことを求めてしまいがちになりますが、そのすべてを満たしてくれる企業に出会える可能性はゼロに近いからです。

ですから、あなたにとってどうしても譲れない条件を選択し、それを基準に応募先の企業を選択していきましょう。きっと理想に近い企業を見つけられるはずです。

自分の市場価値を把握すること

転職市場における自分の市場価値を把握しておくことも、転職を成功させるためには大切です。

求人を出している企業がどのような人材を求めているのか、それに対して自分が適しているのかを知れば、転職活動をスムーズに進めることができるからです。

この点についても、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。あなたの条件と市場価値に適した転職先を紹介してくれるでしょう。

仕事を続けながら転職活動を行うこと

転職を成功させるためには、仕事を続けながら転職活動を行うことが重要です。

企業から内定を勝ち取り、入社できるのかはいつになるかわからないからです。

退社してしまうと無収入となってしまうので失業保険の受給期間を過ぎたり、貯蓄を食いつぶしてしまったりする可能性があります。

そうなると、精神的な負担となり、自分が希望しない企業への転職を余儀なくされるケースもあります。必ず現職を継続しながら転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを利用すること

20代の男性が転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントを利用することで、転職活動におけるさまざまなサポートを受けることができるうえ、転職の成功率がアップすることがその理由です。

また、ほとんどの転職エージェントは無料で登録・利用することができますので、余計な負担を増やすことなく、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

担当のコンサルタントがあなたの転職を成功に導いてくれますので、転職を真剣に考えているのであれば、積極的に利用するようにしましょう。

転職を本格的に考える20代男性におすすめしたい転職エージェント

ここからは、転職を本気で考えている20代男性におすすめしたい転職エージェントを紹介したいと思います。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

 公開求人非公開求人対象年代対応地域
マイナビエージェント6000件以上2万件以上全年齢全国
doda(デューダ)4万件以上13万件以上全年齢全国
リクルートエージェント3万7000件以上16万6000件以上全年齢全国+海外
type転職エージェント8500件7500件20~30代東京・神奈川・千葉・埼玉
ハタラクティブ非公開2000件20代・未経験東京・神奈川・埼玉・千葉・
愛知・大阪・兵庫・京都・福岡

ここで紹介する転職エージェントは、無料で利用できるものばかりです。また、最大限に活用したいのであれば、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

気にあるものがあれば、積極的に利用していきましょう。

マイナエージェント

最初に紹介する転職エージェントは「マイナビエージェント」です。

マイナビエージェントは人材業界最大手の株式会社マイナビが運営している総合型転職エージェント。20代~30代の転職希望者の転職成功率No.1の実績があり、特に20代からは圧倒的に支持されています。

業界大手のリソースを活かした企業とのつながりの強さに特徴を持ち、全国各地の勤務地に対応。業種・職種ともに幅広いので、利用しやすい転職エージェントといえます。

また、非公開求人を多数取り扱っているので、転職サイトなどでは知ることができない優良求人に出会える可能性も高いといえるでしょう。

さらに、書類添削や面接対策など、転職活動のサポートも万全。20代での転職を成功させたいのであれば、登録必須の転職エージェントとなっています。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 人材業界最大手の株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェント!
  • 20代から圧倒的な支持を集める転職活動には欠かせないサービスの一つ!
  • 非公開求人も多く、理想の転職先に出会える可能性大!

doda(デューダ)

次に紹介するのは「doda(デューダ)」です。

dodaは業界大手の規模を誇る転職エージェントでありながら、転職サイトやスカウトサービスとしても利用可能な総合転職支援サービスです。

特徴としては、取り扱う求人数の多さが挙げられます。公開求人は約4万件、非公開求人は約13万件を保有。あなたにとってピッタリの転職先を見つけられる、実に幅の広い求人情報を知ることができます。

また、dodaでは自社の転職エージェントだけではなく、提携している300社の転職エージェントとの橋渡しの役割も担っています。業界に特化した転職エージェントからのスカウトなどを受けることもできるなど、幅広いニーズに応えられる体制を整えています。

転職活動を開始するなら、とにかくまずはdodaへ登録することをぜひおすすめします!

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 業界最大級の総合型転職支援サービス!
  • 圧倒的な求人数を誇り、条件に見合った転職先を見つけやすい!
  • 転職サイトやスカウトサービスとして利用できるから幅広いニーズに応えることができる!

リクルートエージェント

次に紹介するのは「リクルートエージェント」です。

こちらは国内最大級の転職エージェントサービスとなっており、転職サイトなどで知名度の高いリクルートが運営しています。

リクルートエージェントも求人数の多さが特徴。非公開求人が全体の90%を占め、その数は約16万件。そのうち80%は独占求人となっているので、他のサービスでは出会えない求人をたくさん保有しています。

全国、全年代の転職支援に対応し、紹介できる業界や職種も幅広いため、転職活動を始める際に、最初の登録したい転職エージェントです。

さらに、平均年収アップ率は61%と非常に高くなっているのもポイント。キャリアチェンジがしたい方も、キャリアップがしたい方でも、利用してみる価値があるといえるでしょう。

リクルートエージェント

年代20代~30代雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)・海外もあり
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 国内最大級の総合型転職エージェント!
  • 非公開求人数は約16万件と圧倒的な規模の大きさを誇る!
  • 年代、業種などにも幅広く対応し、年収アップ率も高いため安心して利用できる!

type転職エージェント

次におすすめする転職エージェントは「type転職エージェント」です。

type転職エージェントの対応地域は首都圏となっており、年収アップ率が高い転職エージェントとして知られています。実際、この転職エージェントを利用した人の71%が年収アップを実現しているといわれています。

特に、20代~30代をターゲットにした求人情報を多く取り扱っており、IT業界や営業職などへの転職に強みを持っています。

また、紹介する企業についてはしっかりと調査を行っているので、ブラック企業に出会ってしまう心配も必要ありません。

年収アップを目指して転職したいと人には、ぜひおすすめしたい転職エージェントとなっています。

type転職エージェント

type転職エージェント
年代20代~30代雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・千葉・埼玉
業界SE/Webエンジニア広告/クリエイティブ営業職経営企画/管理事務建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント
おすすめ度
ポイント
  • 年収アップ率71%という驚異的な高水準を誇る転職エージェント!
  • 首都圏のIT企業や営業職などへの転職に強みを持つ!
  • 転職サポートも手厚く、内定後の条件交渉も安心して任せることが可能!

ハタラクティブ

最後に紹介するのは「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブは20代の転職に特化したサービスを提供している転職エージェント。未経験者を歓迎する求人情報を多く取り扱っているため、社会人経験のある方はもちろん、フリーターやニートから転社員を目指す人にもおすすめです。

気になる求人情報については、企業の内情や仕事内容についてしっかりと調査。そのため、未経験からでも安心して仕事に挑戦可能で、知らない業界への転職の可能性が広がります。

さらに、転職へのハードルが低めに設定されているのも特長の一つ。そのため、いい意味で気軽に利用できるといえるでしょう。ただし、利用者の内定率は80%以上ですので、安心して利用できることには変わりありません。

20代の方にはかなりおすすめの転職エージェントとなっていますので、登録を検討してみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
年代20代・未経験雇用形態正社員
対象エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 20代の転職支援に特化した転職エージェント!
  • 内定率は約80%!異業種や正社員を目指す人にもおすすめできる!
  • 未経験歓迎求人が多く、転職後も働きやすい企業を厳選!

20代のうちに転職を成功させて仕事を楽しむべし!

今回は、20代の男性が転職を成功させるために知っておくべきことについて解説してきました。

20代での転職は、他の年代と比較して転職しやすいという特徴があり、転職先に業種や職種も幅広くなっています。そのため、キャリアアップ・キャリアチェンジどちらの転職の場合でも、自分が希望する仕事に進める可能性が高いでしょう。

しかし、そのためにはしっかりとした準備が必要になります。実際には転職に失敗してしまったというケースも多くありますので、何が必要になるのかをしっかり把握しておきましょう。

また、転職を成功させるにはいくつかのポイントがあります。これを知らないと、いつまでたっても理想とする転職を実現できなくなるかもしれませんので、よく理解しておいてください。

本記事が転職を考える20代男性の参考になれば幸いです。