ウーバーイーツ配達員で働く人の口コミ・評判

料理のデリバリーの配達員、ドライバーと聞くと、ブラックで大変だ、とうイメージを持たれる方が多いはずです。

台風の時に、暴風雨の中でピザを運んでいた配達員の人がネットで上げられて、大騒ぎになりましたよね。
どうしても激務過ぎてブラックという印象を受けます。

ところが、最近できた「ウーバーイーツ」(Uber Eats)という料理のデリバリーサービスは、そうした配達員のブラックさを払拭することができるかもしれない画期的なシステムです。

アルバイトではなく、個人事業主への業務委託という形で、「1件〇〇〇円」で好きな時に配達員の仕事ができるシステムで、やり方次第ではブラックとは縁遠い、好きな時間を有効に活用できる働き方になります。

ウーバーイーツの配達員として働くということを知るメリットはこれ

  • 通常の配達員(時給バイト)とウーバーイーツの配達員(個人事業主)の違いを理解します
  • 好きな時間に好きな場所で働くことのメリットとデメリットを理解します
  • 完全成果主義のいい面と悪い面を理解します
  • どのくらい稼ぎたいのかで、ウーバーイーツ向きかどうかがわかります
  • 給料ではないので、様々な手続きを自分でしなくてはなりません

そもそもウーバーイーツ(Uber Eats)とは?簡単に紹介します

ウーバーイーツ

「ウーバーイーツ」(Uber Eats)お気に入りのレストランの料理をすぐにお届け | Uber Eats をダウンロード

みなさん、料理の出前(デリバリー)を注文しますよね。

近所のお寿司屋やラーメン屋

→お店の店員さん(家族等)が届けてくれます。ただし、ごく近所のみ。忙しいときは出前はできません。

デリバリービザなど

→専属ドライバーがバイクや車で配達します。ある程度遠くまで配達可能。
しかし、暇なときはドライバーがすることがありません。

つまり、小さなお店の場合、配達に割くコストも人員もなく、せっかくの自慢の料理を届けられません。
一方、デリバリーピザ等のお店は、注文が少なければバイトとして雇っているドライバーの人件費が無駄になります(あれだけピザのチラシが玄関に入っているのは注文が少なくて大変なんです)。

ウーバーイーツ(Uber Eats)は両方の欠点を埋める画期的なシステムで、お店で雇用しているバイトではなく、アプリに登録している人に時給ではなく、1件〇〇〇円の業務委託として、その都度運んでもらうというシステムです。

郵便屋や宅配業者ではなく、個人が配達をその都度請け負うイメージです。

これにより、配達の余力がないお店の料理も配達することが可能になりました。
上のリンクから登録するアプリでは、料理の注文のほか、配達員(ドライバー)の募集もしています。
そこから応募します。

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員の仕事、待遇、稼ぎ(時給)

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員の仕事

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員は、自転車ないしバイクで料理をお店から受け取り、客先まで届けます。
配達が完了すると、アプリ上で入金が完了します。
自転車、バイクは自前でもいいのですが、提携業者から借りることもできます。

ウーバーイーツ(Uber Eats)で(日銭)を稼いで生活することを「ウバ活」と言い、SNSでもウバ活している人の投稿が上がっています。
1人ならばそれなりに生活できるようです。

仕事の流れ

ウーバーイーツ(Uber Eats)は「雇用」ではないので、好きな時、好きな時間だけ働くことができます。

  1. 注文が多いであろうエリアに行き、アプリを起動し、「配達可」の状態にして準備完了です。
    配達エリアは、東京23区(ほぼ全域)、さいたま市周辺、横浜市の一部、川崎市の一部、市川市と船橋市の一部、大阪市全域、京都市の一部、神戸市の一部、名古屋市の一部、福岡市の一部です(2019年1月26日現在)。
  2. 注文があると、アプリが鳴ります。配達できる場合は「許諾」を押してお店に向かいます(拒否することもできます)。
  3. お店で料理を受け取り、こぼれないように、自転車かバイクで運びます。配達先はスマホに地図として表示されるので迷いません。
  4. 配達が完了すると、スマホの「完了」ボタンを押します。これで金額が確定します。
    実際に配達を行うクラウドソーシングのようなシステムだと思ってください。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員の待遇

ウーバーイーツ配達員の待遇

特定のお店から雇用されているわけではなく、どのお店から配達の依頼が来るかわかりません。

「社員」(正規雇用)でも「アルバイト」(非正規雇用)でもなく、「個人事業主」として配達業務を請け負い、1件いくらで稼いでいきます。

社員でもバイトでもないので、時給や有給休暇、福利厚生、保険加入などはありません。
配達できなければ1円にもならないわけですが、逆に「出勤」ノルマも「欠勤」ペナルティもなく、好きな時間に好きな配達エリアに行き待機すればOKです。

結構重要なことですが、雇用関係にないので交通費の支給はありません。
自転車やバイクをレンタルする場合も100%自腹になります。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員の稼ぎ方

ウーバーイーツ配達員の稼ぎ方

「時給」ではなく、「配達1件当たり〇〇〇円」の成果報酬、歩合給になります。
ウーバーイーツ(Uber Eats)の報酬体系は以下のようになっています。

  • 基本報酬
    『お店→配達先』の距離に応じて決まる基本的な配達報酬です。遠いところへ配達するほうが報酬額が高くなります。
  • ブースト
    ランチタイムやディナータイムに基本報酬が割り増しになります(1.1倍~2倍くらい)。
    この時間は注文が集中するので、急いでがんばって宅配してもらわないといけないから、報酬アップになります。
  • インセンティブ
    配達の件数をこなすと報酬に加算されます(数百円~)。雨の日やクリスマスなど注文が殺到すると予想される日の前日までにメールで、インセンティブがつく旨案内があります。
    今は「クエスト」という宅配数ミッションがあり、達成報酬も出るようです。RPG感覚ですね。
  • 時給保証
    ウーバーイーツ(Uber Eats)は雇用ではないので時給はない、と上で書きましたが、サービスを開始した当初のエリアについては、一時的に時給が出る場合があります。これによって、最低限の配達員を確保する狙いがあります。時給は1000円ほどです。ただし、家にいてももらえれるわけではなく、実際にエリアに行き、最低1回は配達することが条件になります。

具体例を見ましょう。

Aエリアに待機(11時~14時)

a)11時~12時 1件配達。報酬600円。
この場合、1000円-600円=400円が加算されます。
つまり、600円(配達報酬)+400円(時給保証の差額)=1000円です。

b)12時~13時 3件配達。報酬1900円。
この場合、時給保証1000円を超えているので、加算はなく、1900円がそのまま報酬になります。

c)13時~14時 配達なし、報酬なし。
しかし、最低時給1000円が加算されます。
1件も配達せずに1000円ゲットです。

この日は、1000円+1900円+1000円=3900円が報酬となりました。

東京や大阪などではこの制度はありません。
報酬に最低時給が無条件にプラスされるわけではないことに注意してください!

結局どのくらい稼げるの?

慣れてくれば配達回数をこなせて、報酬も上がっていきます。

初心者の場合、一日働いて

  • 平日:10~15件 (8000~12000円)
  • 休日:14から20件 (12000~15000円)

が基本になります。

熟練者はその1.5倍くらい件数を稼げるので、インセンティブやブースト等を含めれば1日の報酬は倍以上、3万近く稼ぐ人もいるようです。

1日に3万円近く稼ぐ人、バイトの時給くらい稼ぐ人、バイトしていた方がマシな人、三者三様です。
やはり、雇用ではないので、その人の能力に大きく左右されるようです。

見かけ上は稼げても・・・注意点も!

注意点

この報酬を見ると、慣れれば1日25000円くらい、毎月20日働いたとして月商50万円です。
ひょっとすると、ランチタイムのみ、ディナータイムのみの稼働でも、月商25万円前後は可能かもしれません。

そうなると、1日8時間(以上)正社員で働くのがバカらしくなってきます。
1日4時間~5時間勤務で同じだけ収入があれば、よほどワークライフバランスが充実するのでは?

しかし、注意点、落とし穴があります。

1.件数をこなせない人はバイトの収入以下になる

配達1件につき数百円の報酬ですが、注文が来ない地域で待機したり、段取りが悪かったりすれば、最低賃金(約800円~1000円)以下の報酬しか得られないかもしれません。
「雇用」ではなく「労働者」でもなく、「個人事業主」なので、能力がなく、できない人はまったく稼げません。

2.交通費、燃料代等経費は自己負担

上でも書きましたが、稼働エリアまでの交通費や、自転車、バイクは自己負担になります。
雇用されている人のように会社が全部出してくれるわけではなく、自腹を切らなければなりません。

3.報酬=手取りではない!!確定申告が必要

ウーバーイーツ(Uber Eats)は社員でもバイトでもなく「個人事業主」です。
したがって受け取った報酬をそのまま「手取り」としてはいけません。

自分で確定申告(年収20万円以上)の場合をして所得税や住民税を確定させ、自分で納付しなければいけません。
しないと・・脱税になります!

4.社員ではないので保険や年金は自己負担

社員ならば会社の健康保険に加入し、厚生年金にも加入できます(しかも会社が半額以上補助する)。
しかし、ウーバーイーツ(Uber Eats)の社員は個人事業主なので、これらもすべて自腹を切らなければなりません。

5.事故が起きた時の保障はなし、労災もなし

自転車やバイクで配達をするということは、事故に遭う、事故に遭わせる(物損事故、人身事故)の可能性もあります。
事故に遭い働けなくなることや、物や人を傷つけて損害賠償を負わされる可能性もあります。

社員やバイトの場合、会社が入っている保険で不可抗力の事故(や過失が軽い事故)の賠償を補填することができます。
事故により働けなくなった場合は、労災や傷病手当金などが受給でき、給料の心配なく治療に専念できますが、ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員、つまり個人事業主の場合それらの保障がないので、働けなくなった場合は1円も稼げず、賠償金も全部自分で支払うことになります。

個人として加入できる労災や損害保険もありますが、それはやはり自腹を切ることになります。

6.報酬が多くてもボーナスはなし

毎月の報酬50万円であればかなり多いイメージを受けますが、個人事業主にボーナスはありません。
50万円×12か月=600万円になります。
ここから、経費や保険、年金などを差し引くわけで、実際の手取り、自由に使えるお金は社員として働いた方がマシかもしれません。

疑問 男性

このようにウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員は、個人事業主で完全成果報酬なのでデメリットが多そうに見えますが・・・。

稼げる人はやはりメリット!スキマ時間の活用や自由な働き方も!

ウーバーイーツ配達員に向いている人

デメリットが多そうですが、その逆がメリットになります。

つまり、本当に能力があり件数を効率よくこなせる人であれば、正社員やバイトよりもはるかにコスパがよく稼げるということです。

ポイント 女性

一家の大黒柱としての収入を得るのは大変ですが、主婦のバイトや、会社員の副業、夢を追っている人が時間を融通できる仕事としては、ウーバーイーツ(Uber Eats)はかなりいいです。

  • スキマ時間を有効に活用したい(シフトや勤務時間に縛られたくない)
  • 毎月10万円くらいの稼ぎでいい
  • 土日の副業として余裕がある時だけ働きたい

そういう人にとっては、忙しいエリアに行けば、勝手に仕事が降ってくるウーバーイーツ(Uber Eats)の働き方は、まことに理にかなっています。

もちろん、「スーパー配達員」として、標準的な時給や月給の枠を超えてガンガン稼いでみたい、という人もいいでしょう。
雇用ではなく、時間にとらわれない働き方ということは、(配達の需要があれば)朝から深夜まで働いても法的に問題ないのですから。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達員の評判、口コミをまとめてみた

実際に、ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員として働いている人の評判、口コミはどうなのでしょうか?SNS等から拾ってまとめてみました。

稼げるポイント、稼げないポイント

赤坂や六本木などビルが密集しているところが稼げるというわけでもないようです。配達の依頼は、お店から物理的に近い人に来るので、待機するポイントは「よく配達されるお店の近く」ということによります。

これはベテランになればなるほど身につけていくスキルなのでしょう。「新宿だから稼げる、板橋だから稼げない」という地名での差はあまり無いようです。

働いてみてわかったこと

ウーバーイーツ配達員の評判まとめ

実際に働いてみたいとわからないことがあります。

タワーマンションは時間がかかり非効率というデメリットと、常識がある富裕層が相手になるという精神的なホワイトさ、両方を持っています。

ガラの悪い人たちから「遅いぞ!こらー」と怒鳴られる地域にいても、精神的にブラックになり追い込まれそうです。
稼げてもメンタルを病んでは何にもなりません。

また、税理士の人がチャレンジしているインスタ投稿からわかるように「個人事業主」で「確定申告」が必要なのがわかります。

口コミや評判を見ても、運営に対する不満は少ないですね。
これは、雇用ではなく、個人事業主として稼げるのも稼げないのも自分の責任だということが、みなさんわかっているからです。
納得して働いているのがわかります。

現に1日3万円稼いでいる人もいるわけで、完全実力勝負の世界で、会社のように人間関係の要因やストレスがなく勝負できるので、今までにない新しい働き方になると言えるでしょう。

女性

いきなり、ウバ活だけに賭けてみるのではなく、週末や日にち限定で働いてみて、自分が向いているのか、どのくらい稼げそうなのか、試してみるといいでしょう。

自転車ではなくバイクを使う場合も、基本肉体労働になります。
エレベーターのない建物への配達もあり、事務仕事をしていた方がいい人がいるのは事実です。

今後、エリアの拡大も予想されます。
外に出て暑さや風雨の中待機しなくても、自宅近くでできるようになるかもしれません。

今現在、配達エリア外の人でエリアに待機しに行きづらい人も、こういうサービスがあり、新しい働き方があるのだと知っておくと役に立つかもしれません。

ウーバーイーツのバイト!配達員で働く人の感想や口コミ・評判 まとめ

まとめ

  • ウーバーイーツ(Uber Eats)は配達の余力がないお店の料理を個人が配達するサービス
  • 登録した配達員は個人事業主として成果報酬で働く
  • 1件〇〇〇円の基本報酬のほか、「ブースト」「インセンティブ」など配達件数に応じて報酬がアップするシステム
  • 決まった時間はなく、スキマ時間にアプリを起動してお店近くに待機すればOK
  • 待機場所によって配達の依頼が多くなったり少なくなったりする
  • 都市部だから有利というわけではなく、あくまでどのポイントで待機するかが重要
  • 個人事業主なので確定申告が必要。保険や年金など社員向けの福利厚生はない
  • 自転車やバイクで事故を起こしたときリスクは自分にある(保障はなく賠償は自腹)
  • 完全成果主義なので稼げる人と稼がない人の差が大きい
  • バイトとして時給で働いた方がマシな人もいる
  • 毎月数万円~10万円程度スキマ時間の活用で稼ぐには最適かも

こちらの記事も読まれています