薬剤師がハローワークで転職をするのは危険!5つの理由を解説します!

薬剤師_ハローワーク_危険_理由

薬剤師に限らず、転職する場合にまず思い浮かべるのがハローワークだと思います。実際ハローワークにはさまざまな業界・職種の求人があり便利ですが、実は薬剤師の求人を探す場合は危険やマイナスの面が大きいです。

今回はそんな薬剤師の転職でハローワークを利用するのは危険な理由を詳しく解説しますので、ハローワークでの転職を検討している薬剤師の方は参考にして下さい。

薬剤師がハローワークで転職するのが危険な5つの理由

まず薬剤師がハローワークで転職活動をする場合、次のような点で不安やリスクがあります。

  1. 薬剤師の求人数が少ない
  2. 業務内容の選択肢がない
  3. 求人情報の内容がわかりにくい
  4. 医療・薬剤業界にくわしいアドバイザーがいない
  5. ブラック企業の求人が紛れていることがある

ではそれぞれの危険性について詳しくご説明していきます。

薬剤師の求人数が少ない

ハローワークは幅広い業界の求人を網羅していて求人数も豊富ですが、それはあくまでも全業種を対象にした場合のことです。

正直なところ、薬剤師のハローワーク求人数は多くはありません。

実際に東京都の例でハローワークと薬剤師専門の転職エージェントの求人数を比較してみましょう。

(※データは2020年3月25日時点)

薬剤師_ハローワーク_転職1

こちらはハローワークの例です。東京都全体で薬剤師の求人は248件あることがわかります。

一方、大手薬剤師転職エージェントの場合は次のようになっています。

転職サイトでは8795件もの求人がある

薬剤師_ハローワーク_転職2

こちらはマイナビ薬剤師の地域別の求人数の画面です。なんと東京都だけで8795件あることがわかります。

また、同じく大手薬剤師サイトのリクナビ薬剤師でも求人件数は6697件もあるようでした。

薬剤師_ハローワーク_転職3

求人数の少なさはそのまま転職失敗にも繋がりますので、この時点でハローワークで薬剤師が転職をするのが危険な理由が見えてきたかと思います。

地方の求人数も転職エージェントの方が多い

地方在住の方からすると、東京都は企業や医療機関が多いから求人件数も多いと思われるかも知れません。しかし、地方でも同様にハローワークより転職エージェントの方が圧倒的に求人数は多くなっています。

例として島根県を見てみます。ハローワークでは島根県の薬剤師求人数は30件です。

薬剤師_ハローワーク_転職4

一方、マイナビ薬剤師は島根県内だけで薬剤師の全求人が241件もあり、そこから「調剤薬局」に絞っても191もの求人がありました。

薬剤師_ハローワーク_転職5

このことから、都市部であっても地方であっても、ハローワークよりも転職エージェントの方が求人数が多いことがわかりますね。

業種を選ぶことができない

ひとくちに薬剤師と言っても、業種は「調剤薬局での調剤業務」「病院やクリニック勤務」、「ドラッグストア薬剤師」など様々なものがあります。

人によっては臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、MRやMSなどの営業職への転職を検討している方もいるはずです。

薬剤師_ハローワーク_転職6

しかし、ハローワークの検索画面では「医療業界」→「薬剤師」という選択肢しかありません。ドラッグストアか病院かすらも選べないのです。

一方、転職エージェントでは下記画像のようにかなり細かく仕事内容を選択できるようになっています。

薬剤師_ハローワーク_転職7

こちらの画面はマイナビ薬剤師のものです。ご覧の通りこのように細かく分かれていると、自分が就きたい求人が見つけやすいです。

一方でハローワークではせっかく自分に合った求人があっても、見逃してしまう危険性が高いと言えるでしょう。

こちらの記事も読まれています

求人情報の内容がわかりにくい

薬剤師_ハローワーク_転職8

ハローワークの求人票は口コミ評判を見るとよくわかりにくいと言われています。というのも、ご覧通り残業時間や詳細な年収モデル、業務内容といった転職者が本当に知りたい情報が掲載されていません。

一方でマイナビ薬剤師等の大手薬剤師転職サイトの求人画面では、次のようになっています。

薬剤師_ハローワーク_転職9

残業時間や勤務時間、年収モデル、仕事内容などの本当に知りたい情報が詳しく掲載されています。

さらに離職率や職場の人間関係といったもっと詳しい情報を知りたい場合も、無料会員登録をすれば専門のアドバイザーに説明してもらえます。

医療・薬剤業界にくわしいアドバイザーがいない

ある意味、これが薬剤師がハローワークで転職するのが最も危険な理由でしょう。

ハローワークでは幅広い業界の求人を取り扱っているため、医療や薬剤の業界に詳しいアドバイザーが在籍しているわけではありません。

要は相談に乗ってくれたり、転職先への紹介などをしてくれる相手は薬剤師の知識なんてまったくない素人です。適切な紹介はもちろん、給与や休日などの条件交渉もあまり期待できないでしょう。

一方、転職サイトでは医療業界に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しており、元薬剤師のコンサルタントがいる転職サイトも珍しくありません。

そして元薬剤師なので当然各求人の業務内容や求人票には書かれていない真実、応募先の医療機関の状況なども把握しています。

そのため、給与や待遇面の交渉もしてもらえますし、自分のスキルや経験、希望に沿ったより良い転職先も紹介して貰えるでしょう。

ブラック企業の求人が紛れていることがある

ハローワークは転職サイトと違い、どんな企業でも無料で求人情報を掲載できます。そのため、零細企業や小規模な事業所でも求人を出せます。これは求人を出す側からすればメリットですが、当然待遇は微妙なところも多いので転職者からすればデメリットです。

さらにハローワークは国の就職斡旋機関のため、国から一定数の求人を掲載するようノルマが出ています。その関係で、転職サイトであれば過去に問題を起こして掲載禁止になっているようなブラック病院、ブラックドラッグストアの求人であっても堂々と掲載されているのです。

経営に余裕があれば転職サイトにお金を払って優秀な人材を豊富に雇ってホワイトな運営もできます。しかし、ハローワークは無料で掲載できる分、転職サイトに払うお金がない、あるいはケチるし人もどんどん辞めていくようなブラックでも、問題なく求人を掲載できてしまいます。

そして転職サイトと違い、ハローワーク経由で転職した人がすぐに辞めてもクレームを付けられたり、事業者の掲載禁止になるという措置もないのでハローワークはブラックが蔓延るという状況に繋がりやすいのです。

ハローワークにブラックが多いのは既に周知の事実となりつつありますが、ハローワークとしてはブラックの掲載を辞めたらノルマが達成できず国から文句を言われるので、ブラックと知りつつも文句をスルーして掲載を続けています。

このことから、ハローワークで転職をするのが危険かつ失敗する可能性が高い理由がよくおわかりいただけたかと思います。

薬剤師のハローワーク転職まとめ

ハローワークは国(厚生労働省)が設置している行政機関です。求人を出す方も仕事を探す人も無料で利用できるのがメリットですが、説明した通り転職エージェントよりも求人数が少ない、担当者や求人の質も低いなどのデメリットがあります。

特にブラック企業の求人が紛れている可能性が高く、求人票の情報も不十分なので入職してみたらとんでもないブラックだった、という危険性が高いのは問題でしょう。

一方、薬剤師専門の転職サイトは都市部だけでなく地方でも求人数が多く、業務内容や求人内容も詳しく紹介されているので、自分に合う求人が探しやすいという利点があります。

さらに無料登録するより好条件の非公開求人が見られたり、薬剤師経験のない素人でなくちゃんと業界に詳しく経験もあるアドバイザーが個別にコンサルタントをしてくれるというのは大きなメリットでしょう。

ハロワークを使って転職しようか悩んでいる薬剤師の方は、転職サイトやエージェントを活用する事をオススメします。

薬剤師におすすめの転職サイトランキング

1位:好条件の求人が多数あるマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 高年収、高待遇の求人が多数出ている
  • 一人あたり19.5件の求人を紹介
  • 実求人件数58,000件以上

公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/

こちらの記事も読まれています

2位:m3運営だから求人の質に優れた薬キャリ

薬キャリ

薬キャリ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 自分だけのオーダメイド求人により理想の転職が出来る
  • 即日求人があるので迅速な転職が可能
  • ハローワークより多数の求人があり
こちらの記事も読まれています

公式サイト:https://pcareer.m3.com/

3位:個別相談をしてくれるファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 公開求人のみで56,000件以上
  • 全国に15の実拠点ありなので地方にも強い
  • 時給5,000円↑の好条件の派遣求人が多数
こちらの記事も読まれています

公式サイト:https://www.38-8931.com/

こちらの記事も読まれています