ei1

外資系企業へ転職して自分の力を広いフィールドで試してみたい!そうお考えのビジネスマンの方へ向け、転職サイトやエージェントのランキング、評判などを紹介していきます。

実り多い転職にするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

外資系企業の仕事にはどんなジャンルがある?

gai1

外資系企業へ転職を考える前に、まずどんな職種で募集があるのかを知っておきたいところですよね。
外資系とはいっても、日本には全くないという職種は珍しいものです。そもそも日本企業の職種と全く接点がなければ、転職自体が成り立ちませんから。

ただし、大まかな傾向はあります。

1.人事、総務、経理、財務など管理系職種

外資系企業の募集として多いのが、これら管理系職種です。本社が海外にある場合、日本法人を立ち上げて間もない場合などは、これら管理系職種の募集がよく出る印象がありますね。いわゆる本社機能と呼ばれる職種。特に人事、経理などは経験者が優遇される傾向にありますので、日本企業からの転職を狙っている方はおすすめです。

2.マーケティング、営業職

こちらも外資系企業の募集としてよく見かける職種です。マーケティング職や営業職は、基礎的な仕事内容(リサーチ、営業)は日本企業と変わりがありませんが、やはり英語力が問われる傾向にあるでしょう。

3、IT系エンジニア職

エンジニア職の中でも特にIT分野は、外資系企業からの求人が非常に多い分野となります。そもそも、IT技術の多くが英語圏から発祥しており、公式なドキュメントや資料自体に英語が使われていますからね。また、技術的なスキルは同一分野であれば全世界でほぼ共通なため、ボーダーレスになりやすい職ともいえます。筆者もIT業界出身ですが、外資系企業への転職経験があります。日常会話レベルの英語力、もしくはそれより少し低いくらいの英語力でも、技術的な内容は何となく話が通じてしまうことも。逆にいえば、スキルに自信があるならば英語力をつけなければもったいない!と感じますね。それくらい、世界的に需要があります。

外資系企業に転職するなら英語力は必須?

gai3

外資系企業に転職を考えるうえで重要になるのが英語力です。
ただし、これは英語力が最も大切という意味ではありません。

大切なのはあくまでも核となるスキルなのです。

では英語力はどこに関係してくるのでしょうか?
それは、自分が転職を目指す外資系企業の、「部門」や「事業部」などです。たとえば、外資系企業であってもほとんど英語力が問われないケースもあります。
これは主に国内で仕事をする職種。日本国内の各地を回る営業やフィールドエンジニア職などは、あくまでも日本国内の各拠点で仕事をするため、同僚も日本人であることが多いでしょう。

さらには直属の上司も日本人で、英語を使うのは現場を統括するマネージャークラスのみ、ということがあります。

一方、日本法人の労務、管理部門に所属し、社や海外拠点とのやりとりが発生する部署に所属する場合は、ビジネスレベルの英語力が必要になります。「ビジネスレベルの英語力」と言われてもピンとこない、という方はTOEICスコアにして730点から800点前後を想定してみてください。

TOEICを受験したことがある方は想像しやすいでしょうが、メールの読み書きや文書の作成、電話応対などが問題なく行えるレベルが想定されます。
ただし、一概にTOEICの点数だけでは判断できないため、あくまで参考として捉えていただければ幸いです。

外資系企業の社風は本社がある地域で異なる!

gai2

外資系企業への転職を考えているものの、社風や文化にうまくなじめるか不安という方も多いでしょう。
また、外資系はドライで実力主義!という印象があるかもしれません。

しかし一言に外資系企業とはいっても、どこの国の会社かで、社風や文化は変わってきます。

筆者の経験からいうと、米国系企業はドライで効率主義、実力主義な印象をうけました。

一方、欧州企業の一部、特に北欧系はどちらかといえばのんびりしていて、じっくりと働く社風がありましたね。
また、年収についても米国系企業は日本企業よりもワンランク高めで、北欧系の企業は日本企業と同等、もしくはやや上だったのを覚えています。

転職エージェントに相談すれば、社風や年収など国や地域ごとの傾向なども教えてくれますので、自分に適した社風の会社を探してみてはいかがでしょうか。

外資系の転職ならここ!転職サイト・エージェントランキング

では実際に外資系企業への転職を志す方のために、おすすめの転職サイトやエージェントを紹介したいと思います。
今回は実際の評判などを加味し、6社をピックアップ。

外資系への転職に強いと評判の転職サイト、エージェントランキング

Spring転職エージェント

 

企業母体がスイスに本社を置くアデコグループのため、世界60か国に5100拠点を持っている日本に進出している外資系企業の求人も豊富。しかも80%が非公開求人!海外とのネットワークが強いので世界のあらゆる国の状態や企業の情報に詳しいエージェントです。

DODA

大手ならではの強み!圧倒的多数の求人情報業界の中でも特に充実したDODAの転職イベント。キャリアセミナーではビジネス英語など外資系にも役立つビジネススキル向上のためのメニューも充実。英文履歴書の書き方も分かります。語学力を活かせる仕事情報がきっと見つかります。

JACリクルートメント

高年収・ハイスキルの管理職の転職なら断然JAC!海外に8つの拠点があるため、外資系の転職やキャリアアップに有利です。専門職でも企業情報が豊富で、語学力を活かした転職を望む方に最適。

4位:マイケル・ペイジ

ra1

世界中に約34もの拠点をもち、日本国内でも外資系企業への転職に特化した転職支援サービスを展開しています。グローバルに活躍できる高年収の求人を多数取り扱っており、想定する年収のラインはおよそ800万円以上。求人内容と応募者のスキルに共通点があれば、非常に迅速をしてくれます。また、業界の知識や職務内容なども担当コンサルタントから詳しく聞き出すことができますし、面接まで到達するようサポートする体制もあるため、転職活動の心強い味方となってくれるでしょう。

5位:アージスジャパン

ra2

東京、大阪、シンガポールに拠点を持ち、設立から20年近い歴史をもつ老舗エージェント。アージスジャパンでは、企業側の担当と転職希望者側の担当が同一であるため、営業とコンサルタントを兼任していることが特徴。つまり、転職希望者へ企業の詳細情報がしっかりと伝えられるという点が強みです。少数精鋭ならではの運営体制といえますね。
数より質という印象が強いですが、じっくりと腰を据えて転職を成功させたいならばおすすめできるでしょう。

6位:ロバート・ウォルターズ

ra3

1985年創業でロンドンを拠点とするロバート・ウォルターズは、世界中に24の拠点をもち、スペシャリストの転職に特化したエージェントです。コンサルタントがじっくりと転職希望者の話を聞き、中長期的な視点で転職をアドバイスしてくれることが特徴。
しかし実際の手続きはスピード感があるため、慣れない外資系企業への転職活動をしっかりとサポートしてくれます。また、スペシャリスト求人に強みを持つことから、全体的な年収も高め。
外資系企業に年収の高さを求める方であれば、よりマッチするかもしれません。

以上、外資系企業へ転職するためのおすすめエージェントをご紹介しました。

日本国内での転職と違い、外資系企業への転職は専門知識とノウハウを持ったエージェントの活用がほぼ必須といえそうです。

実際に筆者も、転職エージェントを通してのやり取りにかなり助けられた経験があります。
採用や面接のステップ、求められる書類のフォーマットなどに違いがあるため、担当のコンサルタントとよく相談しつつ、転職活動を進めてみてくださいね。

★こちらのページもよく読まれています!