就職や転職方法を表す言葉として良く聞かれるのが「☓ターン」という言葉ですが、皆様はその内の一つである「Iターン」の意味やメリット、デメリットなどについてご存知でしょうか。

Iターンに限りませんが、よく聞かれる☓ターン就職や転職にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

Iターン就職や転職を検討するならIターンとは何かを正確に理解すると共に、メリットとデメリットの両面から理解を深めておくことが大切です。

そこでこの記事ではIターンとは何か、Iターンのメリット、デメリットは何か、更には実際のIターン就職や転職を果たした方々の体験談など、Iターンについて詳しくご紹介して参ります。

Iターン(就職または転職)とは?

☓ターンという言葉は求職者の方々が就職や転職によって移動する方向を、☓の部分に入るアルファベットの字形で表す言葉です。

そのため、Iターンは「I」というアルファベットに着目すれば理解しやすくなります。

Iターンとは「I」という直線的字形からわかるとおり、就職や転職によって現在住んでいる場所から直線的に一方向へ移動する場合を指します。

仮にAという県で生まれ育ち、地元の大学を卒業したり、就職した後に就職や転職する際、Bという県へ就職や転職を果たせば「A→B」という直線移動となります。

このようなケースが「Iターン(就職または転職)」となる訳です。

Iターンの具体例

ではIターンでの就職や転職を具体例を確認してみましょう。
・東京生まれ・育ち → 東京の大学に進学 → 静岡県の企業に就職

東京→静岡と距離としてはそれ程離れていませんが、このケースはIターン就職そのものです。

・長野県生まれ・育ち → 長野県の企業に就職 →  栃木県の企業へ転職

この場合も移動は長野県→栃木県ですのでIターン転職となります。

・香川県生まれ・育ち →香川県の大学に進学 → 大分県の企業への就職

この場合も東京のケースと全く同じであり、Iターン就職となります。

Iターンは主に東京→地方県に限られるは間違い?

Iターンの説明で「東京で生まれ育った人が就職や転職で地方県へ行く場合をIターンという」といった説明が良く見かけられますが、東京から地方に限定した定義は正しくありません。

具体例でも紹介したとおり、地方県から地方県へと就職する場合も「Iターン」となります。

ただし、比率から申し上げれば東京生まれ、東京育ちの方が地方へ就職や転職するケースが「数として最も多いケース」となることは間違いありませんので、東京→地方県へのIターンは「代表的なケース」として理解しておくと良いと言えます。

地方県から東京、大阪へ就職した場合はどうか?

地方の県から東京や大阪などの大都市圏の企業へ就職や転職を果たした場合、移動としては「I」となりますが、これらの場合は通常「Iターン」とは言いません。

東京や大阪などの大都市圏は企業が集積しているエリアであり、両エリアの求人企業数は抜き出ています。

東京や大阪という地域を志向したと言うより、働き口を探した結果として東京や大阪へ就職せざるを得なくなったケースも相当含まれるためです。

従って自分の故郷より人口などの規模で上回る地域へ移動する場合は、通常Iターンとは言わないと理解しておいてください。

Iターンの特徴:今まで住んだことがない地方県で生活することになる

Iターンの具体例からわかるとおり、Iターンする前はずっと自分の生まれ育った故郷で暮らしており、Iターン先となる地域で暮らした経験がないことが前提になります。

つまりIターン先は初めて住み、生活する場所となります。

この特徴がIターン就職のメリットやデメリットを理解する上で重要になってきますので、この点も併せて理解しておいてください。

Iターン就職にはどんなメリット、デメリットがある?

Iターン就職には次のようなメリットとデメリットがあります。

Iターン就職を検討する場合には、メリット、デメリットの両方をよく踏まえた上で検討することが大切です。

Iターン就職のメリット

新鮮な気持ちで仕事に臨める

転職によって勤務先が変わったとしても住環境が変わらない場合には、生活面ではそれほど大きな変化は生まれません。

Iターンのメリットと言えるのが、今まで住んで生活したことがない地域で仕事と生活をスタートさせることにより、長期間新鮮な気持ちで仕事や生活に臨めることです。

見るもの、聞くものが初めてという機会がしばらく続きますので、生活でも仕事でも当面はマンネリ化と無縁でいられます。

緑や自然に囲まれた環境で生活できる

都会から地方県へのIターンで特に実感できることですが、自然環境が豊かな場所で生活できることも大きなメリットです。

例えば東京に住んでいた時はずっと花粉症に悩まされてきたが、地方県に移住した途端花粉症が収まったといった例はよく聞かれる話です。

アスファルトとコンクリートばかりの都会では味わえなかった緑豊かな環境の中で生活すれば、都会特有の病気やストレスからも解放される可能性も大いに高まります。

人混みによる混雑や通勤ラッシュが少ない、またはない

地方県、特に県庁所在地以外の都市や町村に住んだ場合には、都会の名物と言える人混みや混雑する場所が大変少なくなります。

そのため、仮に通勤で電車を利用したとしても、「通勤地獄」と揶揄されるようなひどい混雑に悩まされることはまずありません。

また地方ではマイカー通勤が主流となっている場合も多く、そうした地域であれば電車に立って長時間揺られる心配もなく、渋滞にもあまり悩まされることなくマイカーで快適に通勤することもできます。

家賃をはじめとした物価が安いために暮らしやすい

生活費の中で1/3以上を占める大きな支出となるのが家賃ですが、都会と比較した場合、地方の家賃は格段に安いため、それだけでもかなり生活が楽になります。

また、地方は都会より地産地消が進んでおり、食材なども安く入手できます。

それらの結果、都会で働く場合よりゆとりのある生活を送れます。

Iターンのデメリット

年収がダウンする場合もある

やむを得ない点ですが、地方の県は就職先そのものが都会より圧倒的に少ないこともあり、仮にIターン転職が果たせたとしても、年収ダウンを覚悟しなければならないケースの方が断然多くなります。

Iターンには生活費が安くなるため暮らしやすいというメリットがありますので、年収ダウンによって著しく生活が苦しくなるということもあまりありません。

しかしながら自由に使えるお金が減ることは間違いなく、その点は大きなデメリットと言えます。

都会と比較した場合には生活が不便な面もある

都会ならコンビニはいくらでも徒歩圏にありますし、映画館やカラオケ、遊技場といった娯楽施設、あるいはスポーツジムやカルチャースクール、学習塾なども近場で簡単に見つけることができます。

ところが地方ではコンビニが徒歩圏にないという地域が珍しくありません。

またカラオケなどの遊戯施設やスポーツ施設等を利用したい場合には、近隣にないため遠方までかなり時間をかけて移動しなければならなくなります。

そのため、都会ならではの利便性や刺激が乏しい生活になることを我慢する必要があります。

その地方独特の慣習や文化もあり、それらに馴染めない場合もある

地方には地方独特の文化や風習などがあります。

そうした風習などを知らないために、地元の方々にとっては失礼にあたる行為を自覚できないまま行ってしまい、地元の方々の感情を損ねてしまうことなどがあります。

また、その地域の祭りや催しに参加しないと、近所付き合いに支障が生じる場合もあります。

そうした地方独特の慣習や近所付き合いについて、特に都会から地方へIターンした方々がなかなか馴染めないことが原因で生活が嫌になり、再び都会に戻ってしまうケースも決して少なくないのです。

職種やポストが限られているため、キャリア形成という点では不利に働く

地方は職場の数そのものが限られていますので、都会と比較すれば職種やポストも限られています。

そのため、様々な職種やポストを経験することでキャリア形成を図ることが難しくなります。

Iターン先にずっと骨を埋める覚悟であるならこの点はそれほど大きなデメリットにはなりませんが、キャリア形成の一つの機会として捉え、次の転職機会を通じてキャリアアップを図るつもりなら、Iターンはマイナスに働く可能性が高くなります。

Iターンを果たした方々の感想・口コミ体験談をご紹介

「40代にして一大決心。第二の故郷を見つけた思いです」(40代男性)

「都会暮らしを続けることに少々苦痛を感じていたところ、子供が寮のある学校へ進学したことを契機に田舎の新天地で再スタートを切りたいという思いが強まったため、40代にしてIターン転職することを決断しました。
家内はそれほど反対しませんでしたが、就職口が見つかるかどうかを一番心配していました。
そこでIターンに強い転職エージェントを利用することにしたのですが、期待通り転職エージェントが頑張って職場を探してくれたお陰で、この歳ながらまずまずの条件で転職先を見つけることができました。
転職後ですが、もともと田舎暮らしに憧れの気持ちがあったからかも知れませんが、田舎暮らしにはすぐに馴染めましたね。
強いていえば病院が住んでいる場所からかなり遠いことが不安だったのですが、都会と違って渋滞に悩まされることなく移動手段として車が利用できますので、今のところそれほど不便は感じていません。
また田舎は山の幸、海の幸に恵まれており、地元の食材は美味な点がたまりません。
しかもこうした海の幸、山の幸を地元の方がおすそ分けとしてただで譲ってくれる機会も大変多く、有り難い限りです。
地元の方々ともすっかり打ち解け、都会で働いていた頃よりストレスを感じる機会も圧倒的に減りました。この地にIターンして本当に良かったと思います。」

「子供の教育を考えたら・・・そのまま暮らし続けることはできなかった」(30代男性)

「私はある地方自治体が募集していた町興し事業に大いに関心がわき、渋る妻を説得してその地へ東京からIターン転職を果たしました。
私も妻も我が子も地方暮らしの経験は全くなく、移住した当初は戸惑うことばかりで、不慣れな生活に対するストレスから妻と時々衝突することもありました。
ところが「住めば都」とよく言ったもので、その地で生活しているとだんだんと生活にも慣れてきますし、都会では味わえなかった自然環境を満喫できることなどから、徐々に暮らしが快適になってきました。
子供は川遊びや裏山での昆虫捕りに夢中になり、妻も地元の方々にすっかり溶け込み、あれほど反対していたのに、私以上に田舎暮らしが好きになっていました。
そんなこんなで順調に7~8年ほど過ぎ、このままずっとこの地で暮らすことになるだろうと思った矢先、子供の教育問題という大きな壁にぶつかることになりました。
子供は中高一貫の私立中学に進学して勉強したいと言い出したのです。
周囲には中学受験の学習塾はもとより、学習塾そのものがありません。頼れそうな家庭教師もいません。
随分と悩みましたが、親としては子供の希望を叶えて上げたいという思いが勝り、再び東京へと舞い戻ることになりました。
Iターン転職を考える方にお伝えしたいのは、自分が良くても子供は別だということです。子供自身の未来や可能性を切り開くためには一定の教育環境が必要だということです。
家族を持っておられる方は、長期的な視点をもってIターンを検討した方が良いと思います。」